米国株 取引時間。 米国株の取引時間はいつ?プレマーケット、アフターマーケットとは│投資は一生の相棒

アメリカ株(米国株)の買い方や注意点をどこよりもやさしく解説!

米国株 取引時間

注文数が少ないので、値段が飛びやすい点に注意してください。 プレマーケットやアフターマーケットは、 立会時間と比べると買い注文や売り注文の数が少ないです。 (投資の世界では、これを「流動性が低い」と言います。 ) 注文が少ないと、値段が飛びやすくなるので、注意してください。 少し極端な例ですが、以下のようにイメージしてください。 「100ドルで売りたい人」と「99ドルで買いたい人」がいたら、値段は1ドルずつしか動きません。 一方、「105ドルで売りたい人」と「95ドルで買いたい人」しかいなければ、値段は10ドルずつ動きます。 また、買った株を売ろうと思ったときにも、流動性が少ないと、損失が大きくなります。 前者であれば、100ドルで買って、99ドルで売るので、1ドルしか損しません。 後者であれば、105ドルで買って、95ドルで売るので、10ドル損します。 (投資の世界では、これを「スプレッドが広い」と言います) 時間外取引では、このように思っていたよりも高く買うことになったり、安く売ることになったりする可能性があります。 現在値だけでなく、買値や売値もきちんと確認して取引するようにしましょう。 心配であれば、無理にプレマーケットやアフターマーケットで取引をせず、立会時間にだけ取引をするのもおすすめです。

次の

アメリカ株(米国株)の買い方や注意点をどこよりもやさしく解説!

米国株 取引時間

米国株式が取引できるネット証券を徹底比較 米国株は何十年にもわたって上昇を続けており「米国株の方が日本株よりも簡単!?」という意見の専門家も多くいます。 最近ではネット証券を通じて日本株に近い感覚で投資ができるようになったことから、急速に人気が高まっています。 ただし、気軽に取引ができるようになってから日が浅いために、証券会社によって条件に大きな開きがあるのが現状。 ここでは、個人投資家が重要視する「手数料」「取引可能な銘柄数」「取引条件」等について比較を行いました。 【管理人から一言】 米国株の取引ができる大手ネット証券としては、 マネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社がありますが、各社で取引条件が大きく異なるので注意してください。 総合的に判断すると、マネックス証券の取引条件が高くなっています。 (時間外取引に対応しているので、有利な価格で売買できる可能性が高い!? ) 米国株式の手数料比較 日本株と比べて手数料が高めの為、小額取引だと負担が大きくなるケースがあります。 1回の取引でも数千円の差になるケースがあるので、シビアに選んだ方が良いと思います。 大手の店頭証券でも米国株の取引は可能ですが、3社の手数料に関しての優位性は圧倒的です。 サービス面で若干の違いはありますが、3社とも 約定金額の0. 45%( 最大20$)で手数料は横並び。 また、海外ETFに関しては銘柄限定で実質手数料が無料になるサービスも証券会社から発表されています。 詳細: 米国株は長期投資が基本になるので、手数料以外の 取引条件の方が重要になります。 銘柄数や取引時間など総合的な評価をした上で証券会社を決めるのが良いでしょう。 米国株式・取引可能な銘柄数(ETF含む) 米国株は証券会社によって「取引できる銘柄数」に違いがあります。 単純に考えて銘柄数が多い方が、希望の株式を購入きる可能性が高くなるので魅力的です。 銘柄数は取引の選択肢と関わってくる問題ですので重要視すべき事柄だと思います。 取扱銘柄数は各社一律ではありません!(2020年2月末 現在) 約3300銘 約3000銘柄 約 3000銘柄 取扱銘柄数はマネックス証券が最多となっています。 米国株の取引でもっとも悔しいのは「興味がある銘柄があるのに、取引が出来ない」という事ですので、銘柄数は手数料と並ぶ重要事項です。 ただし、大型銘柄を中心に取引を行うのであれば3証券とも十分なボリューム。 中小型銘柄の取引を行う予定が無い場合は、いずれも不都合はありません。 もっとも、最近は小型有望株の情報も取りやすくなってきています。 中小型株は大きなリターンが期待できるので、銘柄数は多い証券会社の方が魅力でることは間違いありません。 関連: 【重要】米国株 時間外取引の可否は? 時間外取引は通常の立会時間の開始前や開始後でも取引ができる便利なサービスです。 (リターンやリスク回避に影響が出る事があり重要) 時間外取引することで立会時間よりも有利な価格で売買できたり、大きな事件があった時などは通常の立会時間前に売買を行う事でリスクを抑える事が可能です。 米国企業は立会時間終了後に決算を発表することが多く、 アフターマーケット(時間外取引)で株価が大きく動くケースがあります。 取引時間外で取引ができるメリットは非常に大きいと言えます。 (これを理由にマネックス証券を選択する人が多い) マネックス証券は、立会開始前90分間と立会終了後4時間の時間外取引に対応! 一日のうち 最大で12時間の取引きが可能のですから、他の2社とくらべると約1. 5倍の長さです。 余談ですが、管理人はマネックス証券で注文を入れる際に『GTC+』という記号を選択しています。 このワンタッチ操作だけで『通常時間&時間外取引で指値が90日間有効』になるので非常に便利です。 米国株の初心者や少額投資の人は ワンタップバイに注目です。 少額投資や積立設定ができるメリット から利用者が増加しています。 【重要】注文方法と指値期間 ~投資戦略で大切~ 日本株に近い感覚で取引ができるようになった米国株ですが、証券会社により「注文方法の選択肢」や「指値の有効期限」には大きな差があります。 管理人は運が良い事に、近年は米国株で数百万の利益が安定的に出せています。 そして、その成績を支えてくれているのが 注文方法と指値期間になります。 米国株の取引は日本時間の夜中~早朝(深夜の睡眠時間帯)に行われますので、 注文方法や指値の有効期間はとても大切です。 この 『トレールストップ』 は名前を聞くと難しそうですが、実際には凄く簡単! 私自身もこの注文を活用することで利益が爆発的に増えたので、口座を持っている人は積極的に活用して欲しいと思います。 ちなみに、この方法に関してはブログに書いてあるので興味がある人は覗いてみてください。 ここで考えて欲しいのは、手数料の違いは大きくても数千円程度ですが、投資のタイミング 取引条件 の違いは数万~数十万の差に繋がるという事です。 つまり、 注文条件や取引時間の長さ(時間外取引の有無)は、手数料や銘柄数よりも遥かに重要。 私がマネックス証券を利用しているのは、この点が他社よりも優れているからです。 証券会社選びは投資戦略にも影響度が大きい部分ですから妥協は禁物です。 余談になりますが、最近はスマホで手軽に取引をしたいという人も増えてきました。 現状としては「米国株取引専用スマートフォンアプリ」が利用できるのはマネックス証券だけとなっています。 米国株の総合力でいえば、マネックス証券が一歩リードしていると思います。 証券会社選びの参考にしてみてください。 尚、各証券の詳細確認や申込みは以下から可能です。 本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。 万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

次の

GMOクリック証券

米国株 取引時間

Contents• 米国株式市場の取引時間 まず、米国株と日本株の違い、取引時間からおさえておきましょう! 米国株式市場の取引時間は以下の通りです。 現地時間9:30〜16:00• 日本時間23:30〜翌日6:00 標準時間期間• 日本時間22:30〜翌日5:00 サマータイム期間 米国株の現地取引時間はニューヨークがある米国東部時間の9:30〜16:00になっています。 米国と日本は時差がありますので、 日本時間では23:30〜翌日6:00までです。 ただ、 米国は3月第2日曜日から11月第1日曜日までの8ヶ月間はサマータイム期間になり1時間繰上げられます サマータイム期間は日本時間の22:30〜翌日の5:00までとなります。 おはぎゃーとは?「おはよう+ぎゃー」の意味。 米国株において起床 おはよう して、株価をみたときに叫ぶ ぎゃー 行為を指す。 (特にTwitterでは)ネタ化しており、一部投資家のなかでは相場下落の衝撃を和らげるため、多用化されている 米国株式市場の休日 米国株株式市場の休日は土曜・日曜および祝日です。 祝日は以下のとおりとなっています。 *()は2020年です。 Daマーティン・ルーサー・キング牧師生誕祭• 7月3日 振替 IndependenceDay独立記念日• 12月25日 ChristmasDayクリスマス• 年末年始、ゴールデンウィーク近辺など、現地受渡日と国内受渡日のずれが大きい場合は、米国営業日に該当していても米国株の取扱を行わない場合がありますのであらかじめご了承下さい。 米国株式市場と日本株式市場の違い 米国株式市場と日本株式市場の違いで特に覚えておいたほうが良いのは次のとおりです。 米国株は1株から売買できる• 米国株には値幅制限(ストップ高・安)がない• 米国株にはサーキットブレーカー制度がある 米国株取引は日本株と違い単位株制がありません(日本株は100株単位での売買が一般的)。 取引は1株あたり1セント単位で行われます。 ですので、金額的には米国株のほうが取引しやすい場合があります。 日本株には1日の値幅を制限する制度(ストップ高・ストップ安)があります。 株価の動きが値幅制限を超える場合、それ以上の取引が停止される制度です()。 米国市場にはその値幅制限制度がありません。 注文時に思わぬ変動があった場合は想定と大きく異なる取引になる場合があります。 成行注文の際は気をつけましょう。 一方で、米国株には市場が大きく動いたとき一定時間の取引を停止する制度があります。 市場全体が止まるサーキットブレーカー制度は下記の3つのレベルに分けられています。 赤矢印の現地配当権利落ち日ですが、この日付ってどう解釈していいのかわからなくありませんか? 日本株の場合は、権利落ち日の前日までに購入すれば配当が貰えることになっていますが、米国株ですと時差があるため、なかなか難しいのが本音です。 しかし、ミスターマーケットが2017年年末に現地配当権利落ち日のギリギリに購入をした実例があるため、参考にしてください。 2017年12月27日深夜にマコーミックをNISA口座で15株購入。 結果として、配当を受け取ることができました。

次の