タカラ レーベン 株主 優待。 【株式投資】株主優待も魅力なタカラレーベン分析【高配当株】|ゲーム会社員の副業雑記

タカラレーベン (8897) : 株主優待・優待利回り [Takara Leben]

タカラ レーベン 株主 優待

株主優待の おこめ券 1kgは期限無しで 1枚440円で商品券扱いで使用できます• 5年来安値更新中でした 当時300円。 好業績背景にチャートは転換• 株主還元姿勢は旺盛。 5~20億単位の自社株買いを5年継続。 配当金7年で7倍。 資産株については以下をレギュラー分析・紹介していきます。 事業概要• 財務分析 高配当、優待を維持できる体力がどれだけあるか?• 業績分析 安定して稼げる利益はどれほどか?• 過去10年配当の推移 大きく減配していないか• 10年間で資産価値を2. 5倍にした! 資産株ノウハウに従っています。 会社名:株式会社タカラレーベン• 1972年設立• 東京証券取引所市場第一部上場• 事業内容:自社ブランドマンション「レーベン」、「ネベル」シリーズ等、分譲マンション・戸建ての企画・開発・販売。 発電事業 首都圏を中心に展開されています。 2018年ファミリータイプ向けの分譲マンション供給戸数は8位です。 、より抜粋 8897タカラレーベンの事業内容• マンション事業を中心として、建替・再開発事業、戸建事業、買取・再販事業、ホテル事業、海外事業、発電事業、賃貸・管理・流通事業、アセットマネジメント事業を展開しています• 不動産関連の滲みだし領域で拡大しているので事業展開の進め方は堅いですね 自社ブランドマンション「LEBEN」、「NEBEL」• 住まう人の人生 LEBEN を考え抜いたLEBENブランド。 ハイクオリティのThe LEBEN。 こちらはファミリー向けですね。 共働き世帯のDINKSや単身世帯向けのNEBELブランド。 多様化する暮らしに応えるコンパクトマンションがコンセプトです。 より抜粋 セグメント別情報 セグメント別売上高・売上総利益• 2019年3月期の決算説明会資料を抜粋してセグメント別売上高、利益について調べます• 売上の6割を新築分譲マンション、新築戸建分譲事業で挙げています• 次いで多いのが不動産流動化事業 不動産が生み出す将来のキャッシュフローを元手に資金調達する事業。 高成長ですが不動産特有の危ない匂いがします。 以降、不動産賃貸、発電、その他事業と続きます• 売上高利益率が高いのは不動産流動化、その他事業ですね。 連結貸借対照表• 長期で成長しているタカラレーベンですがひとつだけ気になる事があります• 不動産では普通ではありますが、 借金が多く現金が少ないのです• 運転資金に余裕が無い状態に見えます。 これだと棚卸資産、つまり販売用不動産を運転資金回収のため安売りする事もあるでしょうし、 一時的に全く売れなければ資金がショートする恐れがあります• これを回避するために1年以内に返済しなくて良い、長期借入金があるわけですがその額も巨大化しています。 現金預金の3倍以上 いつかは返さないといけない負債です• この点は、伸びはいまいちですが 安定黒字の高配当を出している の方が余力があります ここは注意深く見るべきです。 不動産業は1部上場でもあっけなく倒産するケースはあります。 など より抜粋 2. 8897タカラレーベンの各種指標 以下の指標を表にまとめています。 過去3年利益に対する今期配当金予想の配当性向• 1株配当、優待金• 配当利回り• 優待利回り• 低PERですが不動産では普通です。 個人的にはの方がPBRもPERも低くバリュー株投資であればこちらの方がお勧めです• おこめ券を獲得するためには• 3月末日 この期日に 100株以上保有しておく必要があります。 100株 :おこめ券1枚 1kg -440円相当• 500株 :おこめ券3枚 3kg -1320円相当• 1000株:おこめ券5枚 5kg -2200円相当 より抜粋 100株保有時に優待利回りが最も高くなります。 おこめ券は使い勝手が良いので使えるお店が多いです。 伊勢丹、小田急、京急などの 百貨店• イオン、イズミヤ、イトーヨーカドー、エコスなどの スーパー などで使えます。 以下のお店で使えます。 8897タカラレーベンの5年株価チャート• 好業績を背景にチャートは右肩下がりから反転し、右肩上がり基調になりました• 今の株価水準は買っても良いレベルとみます 出来高は絶えずあるので100株保有はいけるでしょう。 高配当や優待を維持できる体力がどれほどあるのか• 体力は過去から増え続けているか 高配当と優待を維持しながら体力増強しているか を確認していきます。 株主資本と利益剰余金の増加額で確認しています。 から抜粋して独自に加工ています。 業績、配当・自社株買いの項目も同様 8897タカラレーベンの財務分析• 09年以降は順調に伸ばして剰余金も積み上げてきています。 しかし、帳簿上剰余金が積み上がってはいますが現金はあまりない事を1章で説明しました。 剰余金の増加と流動資産の増加が連動していない銘柄はこの指標だけでは安全性を推し量れないですね。 09年の剰余金の減り方がやばいです。 当時の規模は今よりも小さかったはずなのに127億も減らしています。 リーマンショックで買手が激減したのかもしれません。 こうなると、流動資産の棚卸資産が売れずに現金化できず、資金がショートするでしょう。 今同じ事が起こると何倍のマイナスになるのか…. 高成長は結構ですが、ディフェンス強化もしてほしいものです。 黒字でも大幅な減益になると資金がショートするかもしれません。 業績悪化時に注意が必要です。 8897タカラレーベン- 配当金、自社株買い 8897タカラレーベン の株主還元姿勢を見ます。 利益の成長と共に安定して配当を伸ばしているか• 自社株買いを実施して配当・優待維持に繋げているか• 減益でも配当維持 実質累進配当姿勢 の株主への還元姿勢があるか などで判断します。 8897タカラレーベンの配当金・自社株買い• 株主還元姿勢は旺盛ですね• 自社株買いを12年から連続で行っており、 その規模もでかいです 5~20億単位• 増配も継続しており11年から7年で 約7倍に伸びています 株主還元に旺盛な姿勢はよく分かります。 資金繰りが心配です。 多少還元を抑えてでも借金返済や流動資産増加に努めて欲しいところ。 負債のレバレッジを効かせて伸ばすのが不動産業の常識である事は分かりますが、しかし…. 8897タカラレーベン- 魅力とリスク 僕が考える 8897タカラレーベンの魅力とリスクは以下です。 8897タカラレーベンの魅力• 現金預金が少なく短期借入・支払い手形を補填できない。 長期借入金巨大• 09年並の赤字が今の規模で起こると倒産リスクが高いとみます• 黒字でも利益が半減するような棚卸資産が売れない状態だと黒字倒産の心配も 会社の事業等のリスクを確認するのもいいでしょう。 金融機関への借入に依存した経営をしているので、銀行が手を引くと倒産リスクは….。 より抜粋 以上です! 他の資産株分析も宜しければ閲覧ください。 更に詳しく 8897タカラレーベンを調べられたい方は 会社サイトから有価証券報告書を調べたり 会社四季報で業績、財務、株主構成などを調べられたら如何でしょうか? 閲覧有難うございました! 全世界の投資家とランナーに幸あれ!.

次の

【株式投資】株主優待も魅力なタカラレーベン分析【高配当株】|ゲーム会社員の副業雑記

タカラ レーベン 株主 優待

株主優待 タカラレーベン 8897 の株主優待は『全国共通おこめ券』、優待利回りは1. 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

タカラレーベン(8897)の株主優待と配当はオススメか?

タカラ レーベン 株主 優待

株主優待の おこめ券 1kgは期限無しで 1枚440円で商品券扱いで使用できます• 5年来安値更新中でした 当時300円。 好業績背景にチャートは転換• 株主還元姿勢は旺盛。 5~20億単位の自社株買いを5年継続。 配当金7年で7倍。 資産株については以下をレギュラー分析・紹介していきます。 事業概要• 財務分析 高配当、優待を維持できる体力がどれだけあるか?• 業績分析 安定して稼げる利益はどれほどか?• 過去10年配当の推移 大きく減配していないか• 10年間で資産価値を2. 5倍にした! 資産株ノウハウに従っています。 会社名:株式会社タカラレーベン• 1972年設立• 東京証券取引所市場第一部上場• 事業内容:自社ブランドマンション「レーベン」、「ネベル」シリーズ等、分譲マンション・戸建ての企画・開発・販売。 発電事業 首都圏を中心に展開されています。 2018年ファミリータイプ向けの分譲マンション供給戸数は8位です。 、より抜粋 8897タカラレーベンの事業内容• マンション事業を中心として、建替・再開発事業、戸建事業、買取・再販事業、ホテル事業、海外事業、発電事業、賃貸・管理・流通事業、アセットマネジメント事業を展開しています• 不動産関連の滲みだし領域で拡大しているので事業展開の進め方は堅いですね 自社ブランドマンション「LEBEN」、「NEBEL」• 住まう人の人生 LEBEN を考え抜いたLEBENブランド。 ハイクオリティのThe LEBEN。 こちらはファミリー向けですね。 共働き世帯のDINKSや単身世帯向けのNEBELブランド。 多様化する暮らしに応えるコンパクトマンションがコンセプトです。 より抜粋 セグメント別情報 セグメント別売上高・売上総利益• 2019年3月期の決算説明会資料を抜粋してセグメント別売上高、利益について調べます• 売上の6割を新築分譲マンション、新築戸建分譲事業で挙げています• 次いで多いのが不動産流動化事業 不動産が生み出す将来のキャッシュフローを元手に資金調達する事業。 高成長ですが不動産特有の危ない匂いがします。 以降、不動産賃貸、発電、その他事業と続きます• 売上高利益率が高いのは不動産流動化、その他事業ですね。 連結貸借対照表• 長期で成長しているタカラレーベンですがひとつだけ気になる事があります• 不動産では普通ではありますが、 借金が多く現金が少ないのです• 運転資金に余裕が無い状態に見えます。 これだと棚卸資産、つまり販売用不動産を運転資金回収のため安売りする事もあるでしょうし、 一時的に全く売れなければ資金がショートする恐れがあります• これを回避するために1年以内に返済しなくて良い、長期借入金があるわけですがその額も巨大化しています。 現金預金の3倍以上 いつかは返さないといけない負債です• この点は、伸びはいまいちですが 安定黒字の高配当を出している の方が余力があります ここは注意深く見るべきです。 不動産業は1部上場でもあっけなく倒産するケースはあります。 など より抜粋 2. 8897タカラレーベンの各種指標 以下の指標を表にまとめています。 過去3年利益に対する今期配当金予想の配当性向• 1株配当、優待金• 配当利回り• 優待利回り• 低PERですが不動産では普通です。 個人的にはの方がPBRもPERも低くバリュー株投資であればこちらの方がお勧めです• おこめ券を獲得するためには• 3月末日 この期日に 100株以上保有しておく必要があります。 100株 :おこめ券1枚 1kg -440円相当• 500株 :おこめ券3枚 3kg -1320円相当• 1000株:おこめ券5枚 5kg -2200円相当 より抜粋 100株保有時に優待利回りが最も高くなります。 おこめ券は使い勝手が良いので使えるお店が多いです。 伊勢丹、小田急、京急などの 百貨店• イオン、イズミヤ、イトーヨーカドー、エコスなどの スーパー などで使えます。 以下のお店で使えます。 8897タカラレーベンの5年株価チャート• 好業績を背景にチャートは右肩下がりから反転し、右肩上がり基調になりました• 今の株価水準は買っても良いレベルとみます 出来高は絶えずあるので100株保有はいけるでしょう。 高配当や優待を維持できる体力がどれほどあるのか• 体力は過去から増え続けているか 高配当と優待を維持しながら体力増強しているか を確認していきます。 株主資本と利益剰余金の増加額で確認しています。 から抜粋して独自に加工ています。 業績、配当・自社株買いの項目も同様 8897タカラレーベンの財務分析• 09年以降は順調に伸ばして剰余金も積み上げてきています。 しかし、帳簿上剰余金が積み上がってはいますが現金はあまりない事を1章で説明しました。 剰余金の増加と流動資産の増加が連動していない銘柄はこの指標だけでは安全性を推し量れないですね。 09年の剰余金の減り方がやばいです。 当時の規模は今よりも小さかったはずなのに127億も減らしています。 リーマンショックで買手が激減したのかもしれません。 こうなると、流動資産の棚卸資産が売れずに現金化できず、資金がショートするでしょう。 今同じ事が起こると何倍のマイナスになるのか…. 高成長は結構ですが、ディフェンス強化もしてほしいものです。 黒字でも大幅な減益になると資金がショートするかもしれません。 業績悪化時に注意が必要です。 8897タカラレーベン- 配当金、自社株買い 8897タカラレーベン の株主還元姿勢を見ます。 利益の成長と共に安定して配当を伸ばしているか• 自社株買いを実施して配当・優待維持に繋げているか• 減益でも配当維持 実質累進配当姿勢 の株主への還元姿勢があるか などで判断します。 8897タカラレーベンの配当金・自社株買い• 株主還元姿勢は旺盛ですね• 自社株買いを12年から連続で行っており、 その規模もでかいです 5~20億単位• 増配も継続しており11年から7年で 約7倍に伸びています 株主還元に旺盛な姿勢はよく分かります。 資金繰りが心配です。 多少還元を抑えてでも借金返済や流動資産増加に努めて欲しいところ。 負債のレバレッジを効かせて伸ばすのが不動産業の常識である事は分かりますが、しかし…. 8897タカラレーベン- 魅力とリスク 僕が考える 8897タカラレーベンの魅力とリスクは以下です。 8897タカラレーベンの魅力• 現金預金が少なく短期借入・支払い手形を補填できない。 長期借入金巨大• 09年並の赤字が今の規模で起こると倒産リスクが高いとみます• 黒字でも利益が半減するような棚卸資産が売れない状態だと黒字倒産の心配も 会社の事業等のリスクを確認するのもいいでしょう。 金融機関への借入に依存した経営をしているので、銀行が手を引くと倒産リスクは….。 より抜粋 以上です! 他の資産株分析も宜しければ閲覧ください。 更に詳しく 8897タカラレーベンを調べられたい方は 会社サイトから有価証券報告書を調べたり 会社四季報で業績、財務、株主構成などを調べられたら如何でしょうか? 閲覧有難うございました! 全世界の投資家とランナーに幸あれ!.

次の