アントワーヌ ユベール。 悲劇のF2スパ死傷事故、FIA最終報告書が示すアントワーヌ・ユベール死亡の真相

モーターレース界から亡くなったユベールにお悔やみ

アントワーヌ ユベール

モータースポーツを完全に安全な状態で行えることはないだろう。 しかし、F2ドライバーのアントワーヌ・ユベール(BWTアーデン)の死亡に繋がったスパでの悲劇的な事故は、このスポーツが常にさらなる安全性を追求していかなければならないという事実を浮かび上がらせる。 FIAは、すべてのモータースポーツにおけるあらゆる重大インシデントの場合と同様に、この事故を十分かつ完全に解明するための調査を開始している。 FIAレースディレクターのマイケル・マシは、今回の事故を受けた総合的な安全性向上のための調査手続きについて、「我々の側としては、土曜日の事故直後に調査を立ち上げており、今後進めていく予定だ」と語った。 「FIAの技術、安全性、その他関係するすべての部門が即座に調査を開始している。 FIAとRACB(ロイヤル・オートモービル・クラブ・オブ・ベルギー)が、関係当局とも協働しながら調査を進める。 我々としてはここを出発点とする」 複数のマシンが巻き込まれた大規模クラッシュは、FIA-F2第9戦スパ・フランコルシャンのレース1で発生した。 2周目の途中、時速270kmの高速で坂を上るオー・ルージュからラディオンにかけての連続コーナーを抜けて、ケメル・ストレートに入る地点だった。 ジュリアーノ・アレジ(トライデント)のマシンがスピンし、これを避けようとしたユベールはラディオンのウォールに激突。 その勢いでコース上へ跳ね返ってきたが、そこにファン・マヌエル・コレア(ザウバー・ジュニアチーム)が突っ込んでしまった。 安全性への懸念が噂されてきたこのセクションで実際に悲劇が発生し、コース全体を不安が覆った。 事故は8月31日(土)の現地時間午後5時7分に発生し、ユベールはコースのメディカルセンターに運び込まれたが、午後6時35分に死亡した。 コレアも、両足の複数個所に骨折と、軽度の脊椎損傷を負った。 コレアが所属するザウバー・ジュニアチームは、コレアがリエージュの病院に搬送されて集中治療室に入っているものの、容体は安定しているとの声明を発表した。 今回の事故でレースファンと各チームの関係者たちがどちらも強い衝撃を受けた理由のひとつは、レース中のドライバー死亡事故が最近あまり発生しなくなっていたからだと言える。 FIA公認のトップレベルの国際レースにおいて、レース中の事故で死亡した最後のドライバーはジュール・ビアンキだ。 2014年10月に行われたF1第15戦日本GP決勝レース中に起きたクラッシュで頭部に重傷を負い、翌年7月に亡くなった。 なおF1のレースウイーク中に複数のドライバーが死亡した最後のケースは、1994年F1サンマリノGPにおけるローランド・ラッツェンバーガーとアイルトン・セナとなっている。 ルノーのダニエル・リカルドは、「時間が経つにつれて、いろいろなことを忘れがちになる」と語った。 「ジュールの事故からすでに何年も経過した。 時間が経つと、安全性への意識も変化する。 あれは昔のことだから大丈夫、と思ってしまうんだ」 「そして再び事故が起きてようやく、まだ危険はそこにある、ということを思い知らされる。 そうすると、自分のなかで『今自分が追い求めているものには、自分のすべてを賭けるだけの価値があるだろうか?』という疑問が湧いてくる」 「でもマシンに乗り込むと、価値はあると思えてくる。 今自分たちがすべきことはこれだ、と感じるんだ。 だから、今日(決勝レースの日)は事故直後だし楽しめたとは言えないけれど、コースに出て競い合うことについて、実際にこれで良いと思う気持ちもあった」 レース1での事故を受けて、9月1日(日)予定されていたF2のレース2は中止となった。 また、F3とF1の各レース前に、ユベールをしのんで1分間の黙とうが行われた。

次の

故アントワーヌ・ユベールの葬儀にF1ドライバー多数参列 別れ惜しむ

アントワーヌ ユベール

アントワーヌ・ユベール (2013年) 基本情報 国籍 生年月日 1996-09-22 出身地 同・ 死没日 2019-08-31 (22歳没) 死没地 同・ 過去参加シリーズ 2013 2014-15 2014-15 2016 2017-18 2019 選手権タイトル 2013 2018 アントワーヌ・ユベール( Anthoine Hubert, - )は、出身の。 によっては、「 アンソニー・フバート」「 アンソニー・ユベール」と表記する場合もある。 、「」最後のシリーズチャンピオンとなる(翌年より「」へ名称変更)。 の「」第9戦・レース1での走行中のクラッシュによりマシンが大破する。 ユベールはサーキット内にあるメディカルセンターへ搬送されたものの、事故から1時間半後に死亡が確認された。 22歳没。 経歴 [ ] カート [ ] ・で誕生したユベールは、からを開始する。 、「CIK-FIA カーティング・アカデミー・トロフィー」で準優勝。 続くの「CIK-FIA "U-18" ワールド・カーティング・チャンピオンシップ」では、総合3位となる。 フォーミュラ・ルノー [ ] 、ユベールは「」への参戦が決定しデビューを果たす。 開幕戦でいきなりを飾るなど、全21戦中11回の優勝を記録して初出場初タイトルを獲得した。 は、 ()から「」へ参戦。 30ポイント(決勝最高位6位・2回)を獲得し、総合15位で終える。 また、「」シリーズへゲストドライバーとして6レース出走した。 のユベールは、テック1・レーシングへ残留し2年目のユーロカップへエントリーした。 とで2勝を挙げ、総合5位となった。 同じくアルプスシリーズへ再びゲストドライバーとして出場。 エントリーした6レース全て表彰台圏内でフィニッシュする走りを見せた(優勝4回・2位2回)。 フォーミュラ3 [ ] 2月、 ()はユベールの起用を発表。 「」への参戦が決定した。 第5戦・レース2で初優勝を飾り、総合8位となる。 GP3シリーズ [ ] 2016年11月、から「」のポストシーズンテストへ参加した。 翌年2月ARTは正式にユベールの加入を発表、度の本戦へ参戦する形となった。 初年度は総合4位、2年目はタイトルを獲得した(優勝2回・表彰台圏内11回)。 GP3は度より「」へ名称変更となるため 、ユベールが最後のシリーズチャンピオンとなった。 FIA フォーミュラ2選手権 [ ] 11月、ユベールは ()よりで行われたF2のポストシーズンテストへ参加した。 1月、()はユベールの起用を発表し「」フルタイム参戦が決定する。 第8戦戦までにおよびのレース2で優勝。 この年参戦したルーキードライバーの成績として見れば、に次ぐ2位の位置であったうえ、この時点での今季のルーキー最多勝数を記録。 そのため、来季はランキング上でアーデンより上に位置する別のF2チームから参戦するのではという噂が流れたりもしていた。 F1 [ ] 2018年5月 ()のメンバーへ加入、翌年1月に正式な承認を得る。 アカデミーからレース活動の全面的な支援を受ける。 事故死 [ ] 2019年8月31日、・で行われた第9戦のフィーチャーレース(レース1)で大クラッシュが発生する。 終了の段階では事故の詳細は完全に解明されておらず、以下の内容 はメディアの独自分析となる。 まず、スパ・フランコルシャンはそのトラックの性質上、レーススタート直後の1コーナーである鋭角なラソースヘアピンでよく接触が起きる。 また、オー・ルージュからラディオンへ続く区間は坂道となっていることやケメル・ストレートでのオーバーテイクの関係で、高速でのマシン走行が重視される。 そのため、オー・ルージュへはアクセル全開で進入するうえ、ドライバーから見れば、頂上にあたるラディオンでの異変は死角となるため、マーシャルによるフラッグ以外で気付くことは不可能に近いことを考慮する必要がある。 レース開始直後、いわゆる1周目。 チャンピオンシップ争いを繰り広げるのマシンはミック・シューマッハとの接触で右リヤタイヤがパンクし直後にスローダウン。 さらにグリッド後方では、数台のマシンのパーツを破損させる小さなインシデントも生じていた。 そのため、先頭が2周目に入るころにイエローフラッグは出たが、全区間のイエローではなく、セクター1は対象外となっていた。 そのうえ、ユベールらの後方で起きた出来事であったため、前方に位置するセクター1はグリーンの状態であり、スロー走行に移行せず、レーススピードで走り続けた。 2周目に入ると()所属ののマシンが「ラディオンへの進入時に左リヤタイヤの内圧をすべて失いパンク」。 さらにコース左側に向かってスピンを喫してウォールに激突。 その際、リヤウイングとシャシーのパーツが破損し、コース上には破片が飛び散った。 さらにアレジのマシンは「衝突による跳ね返りを起こし、後続車よりもはるかに遅いスピードでコースへ押し戻された」。 破片が散乱する様子に気づいたアレジのチームメイト、 ()は「自らのマシンを大幅にスローダウンせざるを得ず、アレジとの衝突および破片回避のため、可能な限りコースの右側へと寄せざる」を得なかった。 結果的にはその動きが後続のユベールを不意に襲う形となった。 2台のマシンのスピード差があまりにも大きかったため、その時点でユベールにできることはステアリングを右に鋭く切ることだけだったが、この必死な操作も虚しくボシュングのマシンの右リヤにわずかに接触した。 およそ250キロで走行していたユベールは、このわずかな「ボシュングとの接触によってコース外へと押し出され、ラディオンの右側のタイヤバリアに激しく激突」。 だがその時点では、マシンのモノコック、特にコックピット部分は無事で負傷した可能性はあるが、死亡には至っていなかった。 ところが、ユベールのマシンは「タイヤバリアへの衝突で跳ね返りを起こしたうえ、ランオフエリアに留まれず、コース上へ押し戻される形」となった。 そこに後方から来た()所属のが「ユベールのマシン側面に高速で衝突する」事態となった。 不幸なことに、コレアのマシンは「ラディオンコーナー入口に残っていたアレジのマシンの破片によるパンク」によりマシンを制御できない状況でもあった。 さらに「オー・ルージュへの進入の関係でアクセル全開」「ドライバー視点からではラディオンでの異変が死角となったこと」「瞬間的な出来事であったためフラッグによる警告が間に合わなかった」という要素も加わり、コレアから見れば、ラディオンに進入した瞬間、ユベールのマシンが目の前に現れる結果となった。 コレアはフルブレーキングによって回避を試みたが、衝突までの距離はおよそ50メートルしか残されておらず、その時点の車速は200キロ以上。 パンクで多少スピードが落ちた反面、そのせいでグリップが効かないためブレーキがうまく機能しなかったことやステアリングによる回避行動もできず、なす術もなくユベールのマシンのコックピット左側面に激突し、ユベールのモノコックが真っ二つに分断されるほどの大クラッシュとなった。 この衝突で、コレアとユベールの2台の車両はもつれるようにタイヤバリアに突っ込み、コースの中央まで弾き返された。 コレアのマシンのノーズが粉砕され足が見える状態でひっくり返る一方、ユベールのモノコックはドライバーの胴体が見えるほど滅茶苦茶に破壊された。 これらの、アレジから始まりコレアが衝突するまでの一連の流れは、わずか3秒以内に起きた出来事であった。 レースはすぐに赤旗が宣言され、全車がピットに戻った。 一旦、全車ピットレーン上で待機となったが救出活動開始前後にレース1の中止が発表される。 ピットレーンにいたマシンは指定エリアへ移動させた後、全ドライバーはマシンから降りた。 ユベールはサーキット内のメディカルセンターへ搬送されたが、現地時刻の19時過ぎにFIAから「コレアの容体が安定している」ことと、事故発生から1時間半後の18時35分にユベールの死亡が確認されたことを伝える正式な文書が発表された。 その後、コレアは市内の病院へ救急搬送され、集中治療室に入ったものの容体は安定し、検査で両足骨折と軽度の脊髄損傷を負っていることが発表された。 アレジは跳ね返りによりコースを横断する形となったが、最終的には1つコーナーを曲がったコース右側のランオフエリアに停車し自力で下車。 この日、 ()からF2デビューを果たしたも事故発生時コレアの後方にいたことやそれを受けてコース上で緊急停車したため、一時的な安否不明となったが、自力でコースマーシャルの元に向かう姿が確認され無事であった。 ピットに戻った時点で各マシンを確認した際、ほとんどのマシンに小さなパーツの破片の当たった形跡があったことも判明。 また、コース上に散乱していた破損パーツにより制御を失うマシンが新たに発生しなかったことやコレアとユベールの2台の車両がコースの中央まで弾き返された際、他のドライバーらは寸前のフルブレーキングで回避に成功し、さらなる被害が発生しなかったことが唯一の救いでもあった。 追悼 [ ] ユベールの死去を受け、9月1日のスプリントレース(レース2)は彼に敬意を払うべく中止を決断した。 同日、他のレースとなるF1ベルギーGPとFIA F3レース2の前に、1分間の黙祷が捧げられた。 FIAはその後、ユベールが事故当時に着けていたカーナンバー「19」をF2において永久欠番にすると発表した。 0 17 2 2 2 7 172 5位 フォーミュラ・ルノー2. FIA フォーミュラ3・ヨーロピアン選手権 [ ] 年 エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 DC ポイント 17 8 6 Ret 13 14 12 7 12 16 10 16 8 1 2 9 4 10 Ret 4 2 10 5 9 5 6 6 10 7 10 8位 160• 太字は、 斜字は。 GP3シリーズ [ ] 年 エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント 5 4 4 7 2 8 3 5 Ret 7 3 C 5 3 11 5 4位 123 2 2 1 7 17 9 1 4 3 3 3 2 2 DSQ 3 4 3 Ret 1位 214• 太字は、 斜字は。 FIA フォーミュラ2選手権 [ ] 年 エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 DC ポイント 4 9 10 11 6 5 8 1 8 1 4 17 18 11 11 11 C C 10位 77• 太字は、 斜字は。 関連項目 [ ]• 出典 [ ] []• F1-Gate. com 2018年11月24日. 2019年9月1日閲覧。 日刊スポーツ 2019年9月1日. 2019年9月1日閲覧。 F1-Gate. com 2019年9月1日. 2019年9月1日閲覧。 DRIVER DATABASE. 2019年9月1日閲覧。 DRIVER DATABASE. 2019年9月1日閲覧。 DRIVER DATABASE. 2019年9月1日閲覧。 DRIVER DATABASE. 2019年9月1日閲覧。 DRIVER DATABASE. 2019年9月1日閲覧。 FIA - FEDERATION INTERNATIONALE DE L'AUTOMOBILE. 2019年9月1日閲覧。 motorsport. com 2018年3月14日. 2019年9月2日閲覧。 F2 - FIA FORMULA 2 CHAMPIONSHIP 2019年1月23日. 2019年9月1日閲覧。 他のルーキーで優勝したのはのハンガリーのレース2のみとなる。 motorsport. com 2019年8月22日. 2019年9月5日閲覧。 F1 - FORMULA1 DATA 2019年1月24日. 2019年9月1日閲覧。 www. as-web. jp 2019年9月3日. 2019年9月4日閲覧。 auto sport Web 2019年9月1日. 2019年9月1日閲覧。 motorsport. com 2019年9月1日. 2019年9月1日閲覧。 F1-Gate. com 2019年9月1日. 2019年9月1日閲覧。 motorsport. com 2019年9月1日. 2019年9月1日閲覧。 F1-Gate. com 2019年9月1日. 2019年9月1日閲覧。 motorsport. com 2019年9月1日. 2019年9月4日閲覧。 F1-Gate. com 2020年1月8日. 2020年1月23日閲覧。

次の

F2ベルギーで壮絶クラッシュ、フランス期待の22歳の選手が死亡 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

アントワーヌ ユベール

31日(土)にベルギーのF2フィーチャーレースでアントワーヌ・ユベールが亡くなったというニュースを知り、F1とモータースポーツコミュニティーは悲しみに暮れた。 それぞれが哀悼の意を示している。 22歳だったユベールは、レース2周目に高速コーナーのラディオンでマシンのコントロールを失い、大きなクラッシュに巻き込まれた。 この事故で負ったけがにより彼が死去したという訃報が届いている。 彼のBWTアーデンのマシンはバリアに当たった衝撃でコースにはじき返され、やってきたファン・マヌエル・コレアの前に飛び出す形になった。 ここで2つ目のハイスピードインパクトが起きている。 ユベールはこれからモーターレースで開花しようとする期待の若手有望株だった。 現役GP3チャンピオンであり、育成ドライバーとしてルノー・スポール・アカデミーに所属していた。 今年からF1のフィーダーシリーズであるF2にステップアップし、ルーキーながら2勝を挙げる活躍を見せていた。 事故の知らせを受けて、日曜日に行われるはずだったF2のスプリントレースは中止が発表されている。 モータースポーツ統括団体のFIAがユベール死去のニュースを伝えると、チームやドライバーたちがソーシャルメディアを通じて彼に哀悼の意を示した。 F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは『Instagram(インスタグラム)』のストーリーズにメッセージを投稿している。 「なんて悲しいことだ。 アントワーヌに安らかな眠りを。 今日は君と君の家族を思い、祈りをささげる」 別の投稿ではこう追記された。 「このスポーツを見て楽しんでいるみんなの中に僕らのしていることが安全だと考える人が1人でもいるなら、それは大きな間違いだ」 「ドライバーたちはみんなコースに出る時は命を賭けている。 そのことを真剣に理解してほしい。 それが十分に理解されているとは言えないからだ。 ファンからもそうだし、このスポーツで実際に働いている人たちでさえも認識が十分じゃない人がいる」 「僕にとってアントワーヌは夢を追うためにリスクを選んだヒーローだよ。 こんなことが起きてしまい悲しくてたまらない。 彼の素晴らしさを広め、記憶しよう。 安らかに眠りたまえ」 ルノーも声明を発表し、"輝かしい若き才能の1人を失い、打ちのめされている"と述べた。 ルノーF1のシリル・アビテブールは次のようにコメントしている。 「この悲劇的な時にわれわれの思いはアントワーヌの友人、家族と共にある。 アントワーヌは聡明(そうめい)な若者だった。 コース内外でのパフォーマンスと振る舞いは真のジェントルマンらしいものであり、彼をわがアカデミーに迎えられたことは喜びであり誇りだった」 「彼がいなくなることはエンストンとヴィリーの皆からひどく惜しまれるだろう。 彼の魂はチームに残り、われわれは彼の思い出を胸にレースをする」 以下はドライバーやチームたち関係者メッセージだ。 We are devastated by the news of Anthoine Hubert's tragic passing All our thoughts are with his family and friends He will never be forgotten — Formula 1 F1 F1公式:「アントワーヌ・ユベールの悲しい知らせに打ちのめされています。 彼のご家族と友人たちに心からお悔やみを。 彼が忘れられることは決してありません」 A tragic loss. The thoughts of all of us go to the family of Anthoine Hubert at this time of great shock and sadness. — Aston Martin Red Bull Racing redbullracing アストンマーティン・レッドブル・レーシング:「悲劇だ。 われわれの思いは大きなショックと悲しみに揺れるアントワーヌ・ユベールの家族と共に」 Devastating news from Spa today, the super talented Anthoine Hubert succumbed to his injuries after an accident in today's F2 race. rest in peace Champion — Jenson Button JensonButton ジェンソン・バトン:「今日、スパから悲しすぎるニュースが届いた。 才能あふれるアントワーヌ・ユベールがF2のレースで負ったけがにより亡くなった。 チャンピオンに静かな祈りを」 incredibly sad news. RIP Anthoine. my thoughts are with your family and friends. RIP(安らかに)アントワーヌ。 君の家族と友人に哀悼の意をささげる。 それからファン・マヌエルの無事を祈っている」 Absolutely shocked by the tragic accident of Anthoine Hubert. Terrible. My thoughts are with him and his family, friends, team and loved ones. — Max Verstappen Max33Verstappen マックス・フェルスタッペン:「アントワーヌ・ユベールの悲劇の事故のことを知り、大変なショックを受けている。 なんてことだ。 彼とご家族、友人たち、親しい人々にお悔やみを」 Can't believe it, we had the same age, we started racing together and battled on track for years. All my thoughts goes to his family. Repose en paix Anthoine — Esteban Ocon OconEsteban エステバン・オコン:「信じられないよ。 僕らは同い年で、一緒にレースを始め、何年もコース上で戦ってきた。 僕の思いを彼のご家族にささげる」 I can not believe it. RIP my friend — George Russell GeorgeRussell63 ジョージ・ラッセル:「とても信じられない。 RIP友よ」 Haas F1 Team sends its deepest condolences to Anthoine Hubert's family following this evening's tragic news. Our thoughts go out to them as well as Arden, Renault and the FIA F2 community at this time. — Haas F1 Team HaasF1Team ハースF1チーム:「飛び込んできたこの悲劇の知らせに、ハースF1チームよりアントワーヌ・ユベールのご家族に心から哀悼の意を表する。 また、アーデン、ルノーとFIA F2コミュニティーにもお悔やみを申し上げる」 No words. My deepest condolences to Anthoine's family and friends. Rest in peace. — Carlos Sainz Carlossainz55 カルロス・サインツ:「言葉が浮かばない。 アントワーヌの家族と友人たちに深い追悼の意を表する。 安らかな眠りを」 This day has gone from peak to low. Absolutely speechless by the death of Anthoine Hubert. Thoughts are with him and his loved ones. Rest In Peace. — Giedo van der Garde GvanderGarde ギド・ヴァン・デル・ガルデ:「1日が興奮から絶望へと急転した。 アントワーヌ・ユベールが亡くなっただなんて言葉にならない。 彼と彼の愛する人々にお悔やみを。 どうか静かな眠りを」 Awful, terrible news. All my thoughts with his family and friends. 僕の思いは彼の家族や友人たちと共ににある。 安らかな眠りを」 Thoughts and prayers to Hubert's family, friends and team. It is never easy to lose someone in the racing community. — Santino Ferrucci SantinoFerrucci サンティノ・フェルッチ:「ユベールの家族、友人とチームにお悔やみと祈りを。 レースコミュニティの誰かを失うのはいつだってつらいよ」 The entire Mercedes family sends its deepest condolences to the family and friends of Anthoine Hubert, and his Arden and Renault teams on this tragic day. — Mercedes-AMG F1 MercedesAMGF1 メルセデスAMG F1:「この悲しき日に、メルセデスファミリーよりアントワーヌ・ユベールのご家族と友人、アーデンとルノーチームに心から哀悼の意を表する」 It is with deep sadness that McLaren Racing learns of the passing of Anthoine Hubert in today's Formula 2 race. The team sends its heartfelt condolences to Anthoine's family and loved ones, his colleagues at the Arden team, and the entire F2 community. — McLaren McLarenF1 マクラーレンF1:「今日のF2レースでアントワーヌ・ユベールが亡くなったことを知り、マクラーレン・レーシングは深い悲しみに沈んでいる。 チームより心を込めてアントワーヌのご家族、愛する人々、アーデンチームの仲間とF2コミュニティー全体に哀悼の意を表したい」 Very sad news regarding Anthoine Hubert. Our thoughts are with his family. — Alfa Romeo Racing alfaromeoracing アルファロメオ・レーシング:「アントワーヌ・ユベールに関するとても悲しい知らせが届いた。 われわれの思いは彼のご家族と共に」 "On behalf of Scuderia Toro Rosso, I would like to offer our deepest condolences to his family and friends at such a difficult time. Our thoughts are also with Juan Manuel Correa in the hope that he makes a full recovery. これはモータースポーツコミュニティー全体にとってひどく悲しい時である。 スクーデリア・トロ・ロッソを代表して、困難な時を過ごす彼のご家族と友人たちに心より哀悼の意をささげたい。 また、ファン・マヌエル・コレアにも祈りをささげ、彼の完全な回復を願っている」 Haas F1 Team sends its deepest condolences to Anthoine Hubert's family following this evening's tragic news. Our thoughts go out to them as well as Arden, Renault and the FIA F2 community at this time. — Haas F1 Team HaasF1Team ハースF1チーム:「この悲しい知らせに、ハースF1チームはアントワーヌ・ユベールのご家族に心より哀悼の意を表したい。 彼らとアーデン、ルノー、そしてFIA F2コミュニティーにお悔やみを申し上げる」 "We are deeply saddened to learn of the death of Anthoine Hubert. On behalf of the Honda Motor Company, I offer our sincere condolences to his family and friends. " - Toyoharu Tanabe — Honda Racing F1 HondaRacingF1 Honda Racing F1:「本日のF2決勝レースでの事故によるアントワーヌ・ユベール選手の逝去に際し、Hondaを代表して同選手のご冥福をお祈りするとともに、ご家族、ご友人の皆様に心からお悔やみ申し上げます。 また、負傷されたファン・マヌエル・コレア選手の、少しでも早い回復をお祈りいたします。 Honda F1 田辺豊冶」 From everyone at ROKiT Williams Racing, our thoughts and prayers go out to the colleagues, friends and family of Anthoine Hubert following the tragic news in Spa today. — ROKiT WILLIAMS RACING WilliamsRacing ROKiT ウィリアムズ・レーシング:「今日、スパで飛び込んだ悲報を受けて、ROKiT ウィリアムズ・レーシング全員の思いと祈りはアントワーヌ・ユベールの友人たちとご家族にささげられる」 All of us at Pirelli feel so incredibly sad to hear the tragic news about Anthoine Hubert, which has just been made official. Our thoughts and condolences are with his family, team, and many friends. — Pirelli Motorsport pirellisport ピレリ・モータースポーツ:「公式となったアントワーヌ・ユベールの訃報に、われわれピレリは大きな悲しみに暮れている。

次の