妊娠 後期 不眠。 妊娠中のママが眠れないのはどうして? 妊婦の不眠の原因や不眠パターン、対処法を紹介

妊娠中のママが眠れないのはどうして? 妊婦の不眠の原因や不眠パターン、対処法を紹介

妊娠 後期 不眠

もくじ• 妊娠中のアロマ利用法3つの心得え! 妊娠初期のアロマは芳香浴のみを楽しむこと アロマの楽しみ方は「オイルを焚く芳香浴」「お風呂に数滴入れるアロマバス」「アロママッサージ」などさまざまです。 ただ、 妊娠初期のアロマについては、香りを楽しむ芳香浴のみにしましょう。 というのも、アロマオイルの中には月経を促進する作用や、ホルモンに影響するものもあって、直接肌に触れると刺激が強く、赤ちゃんに悪い影響を及ぼす可能性があるからです。 ですので、 少なくとも妊娠初期 3ヵ月目 くらいまでは、芳香浴だけにとどめる事をオススメします。 そして、妊婦さんOKのアロマオイルのみを使用しましょう。 妊娠初期のマッサージはキャリオイルで! 妊娠初期の時期にアロママッサージをしたい場合は、アロマオイルの代わりに、キャリオイルを使ってマッサージをしましょう。 キャリオイルというのは、 ホホバオイル、小麦胚芽オイル、オリーブオイル、グレープシードオイルなどです。 妊娠初期の時期を過ぎて安定期に入ったら、妊婦さん使用OKのアロマオイルを1%程度の濃度に薄めることで、アロママッサージに利用しても大丈夫とされています。 一日中、芳香浴をするのはNG! 芳香浴は気分転換やリラックスするのにお勧めではありますが、だからと言って、一日中ずーーっと焚き続けるのは良くありません。 「寝る前に一時間ほど」「家事を済ませてから一時間ほど」など、気分転換したい時にだけ楽しむようにしましょう。 安定期に入ったら、妊婦さんOKのアロマオイルでアロマバス・アロママッサージをしても問題ありません。 妊娠中に使ってはいけないアロマオイルの特徴 妊婦さんNGのアロマオイルに関しては、専門家の間でも意見が分かれていますが… ・月経を促進する作用 通経作用 ・ホルモンの分泌を促す作用 の効果があるアロマオイルは使わない方が無難です。 妊婦さんの身体はとてもデリケートですから、これらの作用により、 お腹の赤ちゃんに悪い影響を与えたり、流産しやすくなる可能性があるとされています。 特に妊娠初期は注意が必要でしょう。 また、妊娠中は肌が敏感になるため、刺激の強いアロマオイルも使用しない事をオススメします。 しかし、本サイトの考えとしては、リスクを少しでも減らすために控えて欲しいところです。 妊婦さんNGのアロマオイルまとめ では具体的に、妊娠中に避けた方が良いアロマオイルをご紹介します。 代表例として有名なのは 「ジャスミン」で、これは子宮収縮を促して、ホルモンバランスに影響を与えるからです。 ですので、逆に、スムーズにお産をしたい出産時にジャスミンが使われる事があります。 他にも、 カモミール、サイプレス、セージ、 ジュニパーベリー、ゼラニウム、ペパーミント、マジョラム、ミルラ、メリッサ、ラベンダー、ローズ、ローズマリー、レモングラス、タイム、クラリセージ、カレンデュラ、シナモン、ジュニパーベリー、ナツメグ、パチューリ、パルマローザ、ベティバー、フェンネル、ミルラ、オレガノ、クローブ、イランイラン、スペアミント、バジル、パセリ、ヒソップ、シダーウッド、 ペニーロイヤル、アンジェリカ、ヤロウ…などなど。 他にも妊婦さんNGとされているアロマオイルがありますが、基本的によく分からないものは避けた方が良いでしょう。 または専門家の指示を仰ぐことをオススメします。 妊婦さんOKのアロマオイル 妊娠中にオススメのアロマオイルの代表例と言えば、 「レモン・グレープフルーツ・ベルガモット」などの柑橘系です。 さわやかでフレッシュな香りの柑橘系は、特に、つわり期にはとても人気があります。 ・ レモンは気分の落ち込みをなくし、明るくリフレッシュしたい時にオススメ。 身体のめぐりをスムーズにする効果も。 ・ グレープフルーツは別名天然の抗うつ剤とも言われており、精神的なリフレッシュ効果が高いです。 食欲の抑制効果もあるので、食べつわりの妊婦さんにもオススメ。 ・ ベルガモットはオレンジに近いフルーティーな香り。 不安や緊張を穏やかにし、心と身体の疲労を回復してくれます。 などなど、妊娠中、つわり中にはとても魅力的なアロマオイルですね。 レモン、グレープフルーツ、ベルガモットの3種の精油を配合したAMOMA のアロマオイルはとてもおすすめです。 >> 他にも、 マンダリン、タンジェリン、ティートリー、ネロリ、パチュリー、プチグレン、ユーカリ、ローズウッド、オレンジ…などなどもオススメ。 ここで紹介したオイル以外でも、 通経作用が少なく、ホルモンの分泌を促す作用が少ないアロマオイルであれば、芳香浴に利用しても大丈夫でしょう。 作用が分からない場合は専門家に相談し、あなた好みのアロマオイルでリラックスして頂けたらと思います。 AMOMAでは「妊娠線・母乳つまり・母乳不足・夜泣き・産後うつ」など、ママの悩み対策のための、ハーブティやアロマなどが提供されています。 もしこのような悩みがあるなら、解決手段の1つとしてご活用いただくと良いでしょう。 >> アロマオイルの芳香浴、7つのやり方 ハンカチやマスク これは特にツラいつわり中の、外出時にオススメの方法です。 ハンカチやマスクにアロマオイルを1~2滴垂らしておく事で、外出時にさりげなく香りを楽しむ事が出来ます。 つわり中は苦手な匂いが増えますが、外出時にはそういった匂いを避けられません。 電車の中や職場、スーパーなど、いろんな場所で有効活用できるでしょう。 >> アロマポット アロマポットはキャンドル式のアロマ芳香器で、安い値段で手に入るのがメリットです。 キャンドル上部の受け皿に、お湯や水を入れ、アロマオイルを数滴垂らしてから火を付けます。 火によって温められたオイルが揮発して、部屋に香りが広がるという仕組みですね。 アロマランプ アロマライト アロマランプは火ではなく、電球の熱を使ったアロマ芳香器です。 アロマポットと同じく、温める事で香りを広げる仕組みですが、火を使わないので安全性が高いです。 コンセントに差して利用します。 ランプの上のくぼみ部分にアロマオイルを数滴たらして使います。 本体のプラグを直接コンセントに差して使用するタイプです。 コンセントがあればどこでも使用することができます。 こちらはコード式のタイプです。 枕元にコンセントはないけど枕元にアロマランプを置きたいときなどに便利です。 かわいいモザイクガラスのアロマランプもあります。 光を灯すとキラキラとした幻想的な光が壁や床に映し出されます。 アロマの香りとともに一瞬でお部屋の雰囲気を変えることができます。 アロマブリーズ 風の力を使ったアロマ芳香器で、マットに染み込ませたオイルの香りを、内臓されたファンの風力で広げるという仕組みです。 手のひらサイズのコンパクトなものが多く、持ち運びしやすいです。 アロマディフューザー ミスト 霧 が出るタイプのアロマ芳香器で、アロマミスト、アロマ加湿器とも呼ばれています。 一般的なのは超音波式といって、音波振動板で水を振動させて冷たいミストを発生させる仕組みのもので、商品数が多く人気もあります。 また、エアー式といって、水や熱を使わず圧縮空気を使って、微粒子にして外に送り出すタイプのものもあります。 オイル消費量は多いですが、アロマオイル本来の香りをそのままに、広範囲に広げることができるのがメリットです。 こちらが水を使わず、直接アロマオイルボトルを取り付けますタイプです。 市販のアロマオイルをそのまま取り付けられるのでとても簡単。 水の管理も必要なし。 アロマオイルもなくなるまで交換等は必要ないのでオイルを取り付けたらしばらくはそのまま何もせず使用ができます。 マグカップ マグカップに注いだお湯にアロマオイルを数滴たらして、お湯の蒸気によって香りを広げる方法です。 必要なのはお湯とアロマオイルだけですから、お手軽に楽しむことができます。 アロマスプレー スプレー容器に「エタノール・水・アロマオイル」を入れ、ファブリーズをシュシュッと散布するように、香りを部屋に広げる方法です。 カーテンやソファーなど、気になる部分に散布すると良いでしょう。 などなど、あなたの好みの合わせて、芳香浴を楽しんで頂けたらと思います。

次の

なぜ妊娠中に不眠になる?原因は?

妊娠 後期 不眠

妊娠後期のトラブル。 体の変化や痛み もう後期に入ってからトラブルだらけです。 ラクになるなんて誰が言ったんだよ!って感じです。 ほんとに辛い早く産みたい! 胃痛と胃もたれの復活 1ヵ月前のちょうど妊娠8か月に入った頃から、強烈な胃もたれに襲われるようになり、つわりの頃と同じように嘔吐するようになりました。 つわりの時のように、船酔い状態で気持ち悪いわけではなく、とにかく胃もたれが酷くて、少ししか食べることが出来ません。 しかも夜だけ胃もたれなので、昼間はものすごく食べちゃうのです。 そして夜に後悔して結局嘔吐。 もうマジで辛いです。 しかも汚い話ですが、吐くたびに尿漏れ。 つわりも長かったのに、もう嫌だ~!! でもママ頑張るからね!!あと少しなんだからと自分に言い聞かせて、この胃痛と胃もたれを耐えています。 あ、ちなみに太田胃酸は妊婦OKです。 病院で頂いた薬が全く無意味で効かないので、我慢できないくらい酷い時は太田胃酸を飲んでいます。 だいたい週に1回くらいかな。 以下、太田胃酸の公式ホームページより抜粋します。 太田胃散、太田胃散<分包>、太田胃散チュアブルNEO、太田胃散<内服液>は妊娠中でも服用頂けます。 オムツしたいくらい。 尿漏れがひどくなってきました。 妊娠中期になってから時々尿漏れするようになったのですが、今は毎日です。 しかも今は花粉症の季節なので、くしゃみをするたびに漏れる漏れる(笑)。 しかも私は旦那にいちいち報告しないと気が済まないタイプなので『漏れたわ』とか言っちゃうのですが、先日旦那に『漏れるの大変そうやし、何度も何度もトイレ行ってるし、夜眠れないならオムツしたらいいよ、俺は気にせえへん』と言われたのですが・・・。 うむむ、そこまで行ったらダメな気がすると思い、今のところオムツは使っていません。 あと、破水した時にオムツしていたら分からなくなっちゃうしね。 対処法としては、ナプキンを付けるのが良いと思いますが、私はカンジタになりやすいタイプで、妊娠してからデリケートゾーンが荒れたりかゆくなったりするようになったので、以下のような布ナプキンを使用しています。 この布ナプキンを使うようになってから、妊娠初期に繰り返したカンジタや痒みがなくなったので、肌荒れしやすい方はお勧めです。 持ち運ぶ時は、折りたたんでポーチに居れればOK。 あと100円ショップにも売っている「セスキ炭酸ソーダ」に付け置きしておいて、洗濯機で洗えば汚れは綺麗に落ちます。 私が購入したのが以下の商品です。 尿漏れもよく吸収してくれるので安心ですよ~。 楽天 Amazon この商品は、1枚515円なので他の布ナプキンよりは少し安いのに、純オーガニックな点で一目ぼれ。 ちなみに産褥期にもそのまま使います。 血の気が引いていくヤバイ感じになることがある 先日久しぶりに美容室に行ったのですが、シャンプーをしてもらっている途中で、くらくらしてきて、血の気が引いていく感じがありました。 おそらく貧血の一種だと思います。 血圧は『130/85mmHg未満』が標準と言われていますが、今のところ私は標準範囲内なので血圧について病院側に注意を受けたことが無いのですが、それでも貧血が起きました。 鉄分不足だと思います。 妊娠中は鉄分が一般女性の2倍必要なのに、なかなか食事からは取得できないので、鉄分入りのお菓子を食べたりしています。 楽天 Amazon 以下の記事でも詳しく書いています。 本当は、食事から取得したいのですが、レバーは妊娠中は避けたいし、プルーンは苦手だし。 ウェハースで摂取できるのは非常に楽ちんです。 肋骨痛で息苦しくて辛い ちょうど妊娠34週から痛みはじめた私の肋骨。 赤ちゃんが大きくなりすぎて肋骨を圧迫しているからのようです。 病院からは湿布をもらって張っていますが、まあ気休めですね。 しかもその痛い場所を、思いっきり蹴られるので「うっ!!」って声が出るほど痛いです。 夜寝る前とか特に痛くて、呼吸も苦しいのですが、こんな状態で出産時の呼吸法は大丈夫なのかしらと看護師さんに聞いてみたら、『赤ちゃんが下がってくるので痛みは治まると思うよ』とのことでした。 赤ちゃんが下がり始めるのはあと数週間先。 それまで耐えるしかない。 足がムズムズしてキー!イライラ病? ここ2週間ですが、夜眠れなくなってしまいました。 布団に入っても一切眠れずに、足がムズムズして「キーー!!」って感じになってイライラしてくるのです。 体の置き所が無い感じで本当につらい。 これは何ていう症状なのかは分かりませんが、仕事でストレスが溜まっていた時にも同様の症状になったことがあるので、妊婦特有の症状ではないと思います。 最近は眠れずに、結局朝を迎えてしまって午前に爆睡するというサイクルになっています。 でも、今は仕事も行かなくていいわけですから、気にせず自分の眠りたい時に眠るような生活に切り替えました。 赤ちゃんが産まれたらどうせ生活のサイクルなんて不規則になるわけですからね。 もう気にしないことにしました。 夜中に洗濯物をたたんだり、日記を書いたり、明日の献立を考えたり、こうやってブログを書いたりして思い思いの時間を過ごしています。 どうしようもない現象なんだから、あきらめも必要です。 あとこちらの安産ハーブティーもオススメ。 妊娠8ヶ月から飲める安産を目指したハーブティーがあります。 分娩時間が短くなるという報告があるそうで、私は毎日せっせと飲んでました.

次の

【医療監修】妊娠9ヶ月の妊婦と胎児の様子。頻尿や睡眠不足になりやすい時期です [ママリ]

妊娠 後期 不眠

妊娠初期は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の影響で、日中の眠気が強くなります。 昼寝は、悪いものではないのですが、昼間にあまりに長い時間眠ってしまえば、夜になっても眠くならない場合があります。 妊娠中期の不眠の原因 1. 不眠を招くホルモンの影響 不眠を招くホルモン「エストロゲン」が優位になることで眠りが浅くなり、寝付きにくくなる場合あがります。 運動量の減少 お腹が大きくなることで、体を動かすのが負担となり、運動量が減る人もいます。 運動量が減れば体の疲れも少なくなり、夜眠れなくなる場合があります。 妊娠後期の不眠の原因 1. 寝る姿勢が苦しいため いよいよお腹がおおきくなり、寝ている時でも体制を保つのが難しく、何度か起きて体制を変える必要があります。 体調の変化や緊張 子宮の増大・収縮や胎動、頻尿、腰痛など、さらにはいつ陣痛がくるかと神経を研ぎ澄ませていることで、深い眠りに入りにくい人もいるでしょう。 また、寝ている途中に何度か目が覚める、入眠までの時間がかかるという方も多いようです。 妊娠中の不眠の「胎児への影響」.

次の