イルミナティカード デマ。 【イルミナティカード】Population Reductionの詳細と都市伝説まとめ【人口削減】

【イルミナティカード】Population Reductionの詳細と都市伝説まとめ【人口削減】

イルミナティカード デマ

イルミナティは自分たちがこれからしようとしている事をメデイアなどを通して事前に知らせるようなルールみたいなのがあると言われています。 今回の5月11日の予告についてもイルミナティカードに載っているということなのですが、こちらが該当のカードです。 この時計台が壊れて逃げ回っている人が居ますが、緑の服を着た人の後ろの影をご覧ください。 少し強引には見えますが 511に見えなくないでしょうか? しかもこの時計台は 銀座の時計台に酷似しています。 つまり、511(5月11日)に銀座がこのようになること、つまり大震災や、もしかしたらテロなどがあるかもしれないということです。 次にこれを見て頂きたいと思います。 これはエコノミストがだしている 「The World in」という年末に出る本の表紙なのですが、右下の後ろ向きの女の子の隣の黄色い矢みたいなものを見てください。 5 11. 3と書いています。 これを逆さに読むと 5. 11 3. 11になります。 この2つの数字はアベノミクスの3本の矢と言われているターニングポイントのうち2つを表しているとされます。 11以降民主から自民党に政権が変わってそこから始まり5. 11まで続くことが印されています。 ではもう一つは? そう、3本目がありません。 これ3本目の前に安倍政権が終わることを意味しています。 さらにこの中に安倍首相が何故か居ませんよね? 変わりにパンダの隣にカップラーメンを食べている子供が居ます。 この小さい子供は阿部さんの幼少時代に激似しているらしいです。 なぜカップラーメンなのでしょう? そう、これはカップラーメンを食べざるを得ない状況になっていることを指しています。 つまり5. 11の首都直下型地震により食料の安定供給ができずに首相でさえカップラーメンしか食べられない状況を意味しているといいうのです。 では実際に明日首都直下型地震が起きるのでしょうか? それは誰にもまだわかりません。 明日になれば答えは出るでしょう。 もし明日で日本がだいぶ変わってしまうならば今日思いきり楽しいことでもしたいですね。 ちなみに本日私は仕事です。

次の

新型コロナウイルスはイルミナティによる人口削減計画?予言者の発言が衝撃的!

イルミナティカード デマ

ネットのウワサは無視してよいです。 予言者は予言できる人ではなく、トリックを使って予言できているように見せている人です。 人をだます仕事ですね。 トリックにはいろいろありますが、たくさん予言を出してまぐれで当たったときだけ大騒ぎする、あいまいな予言を出して何かが起きてから実はこのことを予言していたのだという、などがあります。 予言者本人以外に、周囲がもりあげるのも特徴で、その周囲の人たちもお金もうけの仲間です。 地震の予言を流してお金もうけをしている人たちはいますが、無視するのが一番よいです。 その予言が話題になって、予言のサイトを見に行く人が増えると、広告収入が入るという仕組みになっています。 ですから、またつまらないことを言っているな、と思って無視しましょう。 予言は全部ウソだと思っていてよいです。 当たる予言者は居ません。 スペイン風邪のときは、戦争>感染症の順番でしたから、ツィッターで流れているものもウソですね。 ネットで流れる地震のウワサは全部無視でよいです。 本当に警戒が必要になれば気象庁が発表してNHKで放送します。

次の

日本が終わるって本当?イルミナティカードによる未来の予言とその目的

イルミナティカード デマ

2016年4月14日21時26分に 熊本で非常に大きな地震が発生しました。 まだまだ、強い余震が発生しており、 未だに地震の脅威にさらされています。 初日は熊本地震での死者は9名でしたが、 現在は死者34人に上っています。 これ以上、地震の被害が 大きくならないように祈るばかりです。 前回、イルミナティカードについて こちらの記事を書きましたが 大きな反響がありました。 今日は、その第2弾という事で、 イルミナティカードの予言について 情報をまとめていきます。 情報を調べてみると、冒頭でお話しした 熊本地震も人工地震とする説もあります。 関連性があれば、情報掘り下げて、 1つの記事まとめていきたいと思います。 イルミナティカードの予言は有言実行 イルミナティカードは、 1995年にアメリカのスティーブ・ジャクソン という企業が発売したカードです。 正式名称は「イルミナティ・ニューワールドオーダー」です。 小説「イルミナティ3部作」に触発され 販売されたという経緯があります。 ここで、改めてイルミナティが 達成したいと考えている目的について お伝えしておきます。 イルミナティの真の目的は 人類を1つにまとめ、 世界政府を作り上げる事とされています。 世界政府を作り、悪い言い方をすれば、 彼らが人間を管理するために必要な事が イルミナティカードに書かれています。 「予言ではなく、カードの内容を実行した。 」 そう考えていくべきだと、私は考えています。 今回は、別のカードを参考に、 日本・世界に降りかかる災害を見ていきます。 【イルミナティカード】横浜の予言 『Up Against the Wall』 「壁に手をつけ」という意味を持つ イルミナティカードです。 壁には手を繋ごうとしている 親子らしき人型の影があります。 そして、 地面には原子力のマークの様な 看板がうもれています。 カードの奥にあるシルエットは、 横浜なみなとみらいにあるホテルに シルエットにそっくりとの事です。 ホテルの名前は 「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」で 南西から見るとカードに似ています。 こちらが「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」です。 さらに、人影が壁が赤いのは、 赤レンガ倉庫なのでは?と思われます。 横浜や神奈川には、原発はありませんが、 民間企業の原発炉など、 関連施設が多いという事実があります。 川崎市には原子炉が5基、 横須賀にも原子炉が1基あります。 川崎市の原子炉は3基が解体処理中で、 1基はすでに解体されていますので、 5基全てが稼働しているわけではありません。 また、横須賀にアメリカ軍原子力空母の 「ジョージ・ワシントン」もあるのです。 核の事故や事件が起きる可能性は 0ではないという事です。 カードの壁にある人型は、高熱で焼かれたときに 壁に影が残ったような描き方をしているので、 核爆発のあとの風景とも捉える事ができます。 もしくは、原子力発電に頼っていた 日本を揶揄しているようにも思います。 イルミナティカードの予言と 現実に符合する点がいくつかある以上、 頭の片隅に記憶を残していくべきでしょう。 【イルミナティカード】箱根山噴火「Volcano」の予言 より引用 『Volcano』 火山・一触即発・激情という 意味があります。 日本は火山地帯にある島国ですが、 日本以外にも火山が噴火する事もあります。 そのため、このイルミナティカードを 日本に結びつけるのは強引な気がします。 しかし、2つの理由から 箱根山の噴火であると言われています。 第1の理由が、実はこのカードに 描かれているマグマの形に注目です。 流れ出るマグマが「JAPANのJ」に 見えると言われているためです。 第2の理由が、 2つ目の画像のように カードに日本の東海地方の地図を重ねると、 神奈川県、東海地方の海岸線と一致するためです。 偶然にピッタリ一致する者でしょうか・・・。 地図とカードを照らし合わせたときに、 噴火から出た岩石が箱根山あたりに、 1番大きな赤い点が富士山に位置しています。 箱根山も富士山も現在でも 活動している「活火山」です。 富士山の噴火に間する歴史は古く、 約3000年前、縄文時代後期に 約4回の噴火がありました。 このイルミナティカードが 純粋に火山の噴火を予知しているのかは 分かりかねます。 本来の意味である一触触発や激情という 別の爆発を意味しているかもしれません。 【イルミナティカード】銀座の予言(和光本店) より引用 2001年9月11日に発生した アメリカ同時多発テロです。 世界貿易センタービルと 国防総省へのテロ攻撃は、いまだに大きな衝撃です。 【イルミナティカード】地震兵器ハープの予言 「Earthquake Projector」 地震製造機を意味します。 地震はすでに、人工的に起こす事が 可能であると言われています。 学会で論文が発表されていますし、 実験も行われています。 このイルミナティカードが 有名な地震兵器ハープ(HAARP)かは 今のところ不明です。 しかし、人工地震は自然発生の地震と 地震の波形が違うようです。 まとめ 今回は災害を中心にまとめました。 イルミナティカードについては、 テーマごとに随時更新していきます。

次の