ダンジョン に 出会い を 求める の は 間違っ て いる だろ うか ss。 api.rethinkrobotics.com: ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか: 松岡禎丞, 水瀬いのり, 大西沙織, 内田真礼, 戸松 遥, 石上静香, 山川吉樹, GENCO: generic

SS投稿掲示板

ダンジョン に 出会い を 求める の は 間違っ て いる だろ うか ss

約束を果たせなかった1人の青年が……。 白猫プロジェクトの主人公、その過去の人物の闇の王子が、世界の《大崩壊》に巻き込まれた後、ダンまちの世界に転移してしまうというものです。 英雄を志す彼は、殺人鬼と出会う。 万物を殺す魔眼を持つ彼に。 真壁 式。 直死の魔眼を持つ、虚ろの彼にしかしこの世界はどこまでも優しかった……。 主人公ベル・クラネルはミノタウルスに殺され掛けそうになったところを一人のプレデターに助けてもらい、以来ベルはそのプレデターやその仲間たちと共に強くなろうと決心し、一人、オラリオを旅立った。 追申:文章の修正を行いました。 全ての世界と合わせても秀でた容姿。 人柄の良い性格。 そして…全てを凌駕する〝才〟 を持っていた。 そんな剛は転生した世界、ダンまちで今日もダンジョンに潜る。 彼は、生前よくプレイしていたゲームのキャラの身体を得て、冒険者達が生きる世界で2度目の生を受けた。 彼らにヘスティアファミリアの主神 ヘスティアと仲間を人質に取られ、なす術無かった冒険者は女神フレイヤからの交換条件で【フレイヤファミリア】に入らされた。 そして女神に心の底まで魅了された。 これはそんな少年、ベル・クラネルの物語。 *一応R-15指定ですが、それでも少し過激な描写もあるかもしれませんので、ご覧になる方は出来れば18歳以上の方でお願いします。 苦手要素があるかもしれません。 細かいケアが行き届いていない場合があります。 オリジナル要素を多分に含んでいます。 平穏な生活を夢見る特殊な体質もちの彼はある日、商品の暴発により消滅。 神を名乗る存在により異世界へと飛ばされる。 転移した先はダンまちの世界。 神からの指令は『面白おかしく生きろ』。 神からの『オマケ』と体質を武器に、今日もマサは生きて行く。 Page 2 of 4, showing 10 records out of 32 total, starting on record 11, ending on 20.

次の

剣姫と白兎の物語

ダンジョン に 出会い を 求める の は 間違っ て いる だろ うか ss

ダンまちを読みハマった。 だから二次小説を書きたい。 だがしかし原作のベル君ハーレムに至るエピソードは至高。 どれも涙なしに読めない。 そこにオリ主をブチこんでヒロインを奪うのは邪悪。 ならばどうすればいいのか……。 その答えがこの作品である。 地雷要素を盛り込み、茶化せばきっと許される。 そんな作者の浅い考えの結晶がこれである。 流石忍者、ミノタウロスもスリケン1発撃破のチートぶりを発揮するものの、チート過ぎて戦闘は金儲けの手段に成り下がり、商売と暗躍でもっと楽に儲けていい暮らしを目指す。 汚いなさすが忍者きたない 暗躍といっても結果Win-Winだし、全体にコメディ要素が強く、原作キャラと舞台がオラリオという以外、原作ストーリーは関連しない。 チートでハーレムで自由な軽いSSが読みたい人は特におすすめ。 幼き頃より剣を振るい、剣しか振らずに育ってきた青年アゼル・バーナム。 ベル・クラネルの幼馴染でもある彼は、ベルに付いて田舎から迷宮都市オラリオまでやってきた。 そこで彼は、ベルと同じ主神のファミリアに入りダンジョンへと身を投じる。 その身に宿すは【剣】。 すべてを斬ることも、すべてを斬らないこともできる【剣】。 圧倒的とも言えるその剣の腕で彼は今日もモンスターを屠り続ける。 急激な成長を遂げていく仲間であるベルの横で、アゼルは変わらずすべてを斬る。 これは一人の青年が剣を振るい、すべてを斬り裂く【 眷属の物語 ファミリア・ミイス 】。 その先に何が待ち望むのかは、神でさえ知らない。 それぞれの視点で話が進むが、メインはアゼル。 有りそうでそう多くない、リュー・リオンがヒロインのSS。 所謂「最強物」でバトルシーンも多く飽きないが、なにより「斬る」の良し悪しが主題になっており、伏線も多く終盤が楽しみ。 でも、なによりもリューさんの出番が多いだけで個人的には超満足!.

次の

ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか ダンまちSSまとめ【随時更新】

ダンジョン に 出会い を 求める の は 間違っ て いる だろ うか ss

しかし念願のLv.6に昇格した【剣姫】の表情が冴えないのには理由が。 だが、そんなアイズを試すように再びダンジョン探索のクエストが舞い込む。 何がなんでも、辿り着かなければならない場所が、遥か先の高みにある。 少女にも、少年にも。 ついに始まる『遠征』。 未到達領域59階層への挑戦。 だが道中、ダンジョンの異常事態により行動停止となる一行は18階層で野営を行うことに。 そこにはアイズが再会を望む白髪の少年の姿が…… 「ベル……?」 昇格の世界最速記録を樹立した少年に興味津々のアイズ達、そして一人不機嫌に陥るエルフの少女。 下心丸出しの主神に振り回されながらも青い湖に癒される少女達。 しかし異邦より現れた船が波乱をもたらす。 闘争と殺戮の女神が統べる【カーリー・ファミリア】。 ティオネとティオナの悪しき因縁。 不穏な影が暗躍する港街で、双子の姉妹は忌々しき過去と対峙する。 「人造迷宮クノッソス……始祖傑作の礎となれ」 かつてない闇の迷執が牙を剥く。 呪われた血族、勇者への因縁、姿を現す最後の邪神、そして舞い戻る赤き髪の怪人(クリーチャー)。 『悪』の巣窟が今、アイズ達に最大の危機をもたらす。 「さようなら、【ロキ・ファミリア】。 【ロキ・ファミリア】の中でも過度なほど実力主義を謳う一匹狼。 人造迷宮(クノッソス)撤退を受けて死者にさえ嘲笑を向ける彼は派閥から孤立するが…… 「いたぁー! ベート・ローガ!」 突如アマゾネスの少女レナからの猛烈な求愛(アプローチ)により、なし崩し的に同居生活が始まってしまう! 戸惑うベートだったが、彼女との交流が『牙』にまつわる記憶を喚起させ、己の過去と向き合うことになる。 一方、その裏で静かに暗躍する死神の眷族達。 ベートの活躍によりアマゾネス狩りの事件を収束させたのも束の間、都市外からの侵略者の迎撃に乗り出す【ロキ・ファミリア】。 強過ぎる冒険者達によって万の軍勢が蹴散らされていく中、ひょんなことから発せられた少女の問いが、リヴェリアの記憶の扉を叩く。 「昔のアイズさんの話、聞かせて頂けないでしょうか?」 それは、当時『人形姫』と謳われていた少女の秘話。 人造迷宮の『鍵』を探し求める【ロキ・ファミリア】に訪れる運命の契機、オラリオに動乱をもたらす異常事態。 剣姫は懊悩する。 勇者は覚悟する。 己の戦う意味、破られた誓い、怪物の涙。 全てを自覚した上で少女はもう一度少年に会いに行く。 迫りくる人造迷宮(クノッソス)攻略作戦。 垣根が取り払われた神々は結託し、冒険者達は意志を一つにし、異端の怪物達もまた、その運命の日に集う。

次の