首 里 城 火災 原因 最新。 【首里城火災まとめ】火事の原因は正殿配管の送電線が最有力 「犯人は僕」と名乗るyoutuberや中学生の焚火はデマ?

首里城の火災の原因は?出火場所と被害状況!放火不審者の目撃情報は

首 里 城 火災 原因 最新

首里城火災の原因と理由。 たばこ、放火? 【首里城で火災 正殿、北殿、南殿がほぼ全焼】 31日午前2時50分ごろ、那覇市首里当蔵町の首里城で火災が発生したと消防から通報があった。 県警那覇署によると、正殿、北殿、南殿がほぼ全焼した。 延焼が続いており、同署と消防は周辺住民の避難誘導をしている。 10月31日午前2:50分ごろ消防に連絡が入り、約5時間以上燃え続けていることになります。 火災は首里城の本殿から上がり北殿にも延焼、全焼崩壊し、現在も燃えています。 現在ネット上では様々な憶測が飛び交っていますが、その代表例を挙げてみました。 ・たばこの不始末 信じたくはありませんが、たばこの不始末という可能性があります。 たばこのポイ捨てはいまだによく見かけます。 しかも火のついたまま車の窓から捨てているのを本当によく見かけます。 どういう神経をしているのか、燃えているたばこを捨てても何にも気にならないのか?不思議でなりません。 首里城は木造建築なので一度火が付くとあっという間に燃え上がるのは想像がつくはずです。 もしたばこの不始末が原因であれば非常に罪が重いでしょう。 ・放火 さらに悪いのが放火です。 これも信じたくはありませんが、放火であればさらに悪質です。 故意に首里城に火をつけたのであれば、何か恨みを持つ者あるいは愉快犯、火遊びなどが考えられます。 防犯カメラなどの解析が待たれますが、放火であれば本当にショックです。 ・首里城祭りの準備 最も考えられるのは、現在有名な首里城のお祭りがあってその準備が始まっていました。 未明までその準備が行われていましたので、因果関係が疑われるのは仕方ありません。 その場合失火ということになるでしょうが、それにしてもあまりにも残念な事態です。 おそらく正殿内に祭りに使われるさまざまな機材が保管されていたのでしょう。 爆発音も聞かれたので、プロパンなどの祭りに使われるものが火災を加速させたと考えられます。

次の

2月に復元が完成した矢先の惨事…なぜ、首里城の火災は一気に燃え広がったのか?その原因は?

首 里 城 火災 原因 最新

火災発生の概要 午前 2時41分に、首里城の火災報知器が火を検知したと警備会社から消防に通報が入りました。 中庭に常駐していた警備員が、火災報知器の動作を聞きつけ、正殿の左側にあるシャッターへ向かいシャッターを開けたところ、内部からすごい勢いで煙があふれ、あわてて消防に通報したというのが初報となっています。 首里城の正殿と北殿が全焼したとのことです。 南殿にも延焼しており、けが人の情報はありません。 首里城火災の内部、、 悲惨すぎます😭😭 — T 目指せフォロワー1000人! subaka1010 首里城とは 沖縄のシンボル 首里城は 世界文化遺産にも登録されており、年間4000万人が観光に訪れる沖縄県のシンボルです。 首里城は15世紀から続いた琉球王国の象徴として広く知られおり、1429年から1879年までの450年にわたり栄ました。 1945年の沖縄戦で消失し、1992年に沖縄の本土復帰20周年を記念して国営公園として復元されました。 なんと、2019年2月に修復作業を終えたばかりでした。 2000年には 高い文化的・歴史的な価値があるとして、首里城跡を含む「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」は、世界文化遺産に登録されていました。 また、つい先日「御内原(おうちばる)エリア」と、最も高い物見台がある「東(あがり)のアザナエリア」が復元作業が完了し公開されたばかりでした。 今月初めころ。 旦那が仕事の合間に送ってきてくれた写メです。 これを見て、今度また首里城を見に行こう!と思ってた分、今回の衝撃が強くてしんどい — 座間味 レスポンスマンガ広告制作所:星野工房 siozamami 昨日の夕方と夜の — あかね 39rako0412 九州沖縄サミット会場の夕食会場 2000年の九州・沖縄サミットでは北殿で各国首脳の夕食会が催されました。 東京オリンピック聖火リレーの出発地点 また、2020年5月に沖縄を走る東京五輪聖火リレーの沖縄ルートの出発地点にもなっています。 焼失は実は5回目 首里城が焼失するのは、実はこれで5回目です。 1453年、1660年、1709年、1945年に焼失したり、沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊されたりしています。 わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っている状態でした。 その後、本格的な復元が1980年代の後半から行われ、1992年に、正殿などが復元されました。 平成に復元したのに。 正殿前の御庭に入る入り口の奉神門が一部延焼、南殿に隣接する「書院」も一部延焼とのことです。 首里城HPにあります、首里城マップで該当する場所をチェックしましたが、かなり広範囲に渡って延焼してしまっていることがわかります。 首里城の火災が鎮火したということです — Twitter モーメント MomentsJapan どれが本殿?てなると思いますが跡形もなくなってるのが本殿です。 本当に残念。 Okinawa is the symbol of the tragedy in the Pacific war. This castle vanished in the war,but was recostructed after that. This is just the second tragedy! Feel sad! — ken ken94122369 上記ツイートのGoogle翻訳 沖縄の首里城は昨夜焼けました。 沖縄は太平洋戦争の悲劇の象徴です。 この城は戦争で消滅しましたが、その後再建されました。 これは2番目の悲劇です!悲しく感じる! とのことで、海外でも首里城のことが話題になっています。 再建には木材・職人の課題あり 1992年に首里城を再建した際には、22万枚の赤瓦が使われました。 また、首里城では塗装に漆喰がふんだんに使われています。 ですが、 赤瓦や漆喰の職人は減少しており、現在は1992年の半分まで漆喰の職人が減少しているようです。 また、復興に使われる木材ですが、ヒノキを使用したいが1992年当時は戦後復興のため木材が枯渇しており台湾等のヒノキを輸入して対応、台湾の森林管理局から「これで最後だ」と特例で調達を認められたものでした。 これらの問題から、 首里城の図面はあるため技術的には復興することは可能だが、復興には多くのお金や時間がかかるものと見られています。 募金・義援金等をする場合の注意点 募金・義援金ですが、必ず信頼できる機関に対して行うようにしてください。 現在ですと例えば、熊本県が募集をしています。 自身の知らない団体や、信用してよいかわからない団体に寄付をしても、本当に寄付金が寄付されるかわかりません。 必ずこのような信頼できる期間に対して募金をするようにしてください。 沖縄県に対して確実に支援をする方法 災害募金については、先程記載したとおり信頼できる機関に行わなければいけません。 しかし、 現状募金の募集が行われておらず、このような場合募金が開始されるのは自治体などのフットワークの軽さにもよりますが、かなりあとになってしまうケースが多いのが現状です。 最も確実に、かつ募金する側にもメリットが有る支援の仕方として などのサイトを活用したふるさと納税による支援をおすすめします。 これでしたら、 納税と言う形で沖縄県に確実に支援ができますし、こちら側も返礼品を受け取ることができます。 首里城は沖縄県のシンボルですから、県が税金を投入して復興するのは明らかです。 ぜひ ふるさと納税という形で、沖縄県へのご支援をよろしく願いします! その他首里城に関連するニュース 「犯人は僕」とYouTuberが告白 「沖縄の首里城を燃やしたのは僕です。 」というタイトルで動画をアップしたYouTuberが現れました。 現状このYoutuberが犯人かどうかはわかっていませんが、 愉快犯 であると見られています。 芸能人のツイート りゅうちぇるさん どうして?僕たちの宝物。 誇りでありシンボルのような存在が、どうしてこうなってしまったの?ショックが大きすぎるよ — RYUCHELL RYUZi33WORLD929 山本彩さん たった今帰国して ニュースを見ると首里城が… どうして… — 山本彩 SayakaNeon 茂木健一郎さん 首里城が焼けてしまったこと、時が経つにつれて、衝撃と悲しみが深まります。 雑誌モモト()に連載してきた沖縄についてのエッセイのうち、約半分にあたる10編を、ブログにて公開いたしました。 首里城、沖縄にふたたび光がありますように。 — 茂木健一郎 kenichiromogi マキシマムザホルモンさん 首里城の全焼、本当に悲しすぎる… 4日前に初沖縄のスタッフ連れて感動したばっかりだった。 あたしも10年以上振りに行ったのにその子の写真ばっかり撮って首里城の思い出はなぜかコレしかない…涙 いつでも観れる、いつでも会える、と思ったら大間違いだ。 何でも誰でもその日その時しかない。 悲しい。 — 平野啓一郎 hiranok 青木真也さん なぜ。 原因は明らかになっていないのですが、放火だとしたら本当に残念。 歴史に学ぶことの重要性と芸術に学ぶことの重要性を考えていたので残念です。

次の

首里城の火災の原因は?出火場所と被害状況!放火不審者の目撃情報は

首 里 城 火災 原因 最新

31日未明、世界遺産に登録されている沖縄県那覇市の首里城正殿で火災が発生した。 同午前2時41分、首里城の警備員から那覇市消防に通報があった。 同午前5時現在、鎮火していない。 消防車両が15台以上が出て、消火活動をしている。 これまでのところ、けが人の情報は入っていない。 那覇市消防局は防災無線を使い市内全域に対し、首里城で火災が発生していることや、火の粉が遠くまで飛ぶ恐れがあることから窓を閉めることなどを警戒を呼び掛けている。 首里城周辺には午前4時半現在、爆発音のような音が響き、火災元とみられる正殿が激しく燃え、煙が上がっている。 火災原因について、調べました。 火災が収まっていない状況で、原因までは詳細に報道されていません。 ただし、夜間の正殿への入館は、通常できないため、地元の方々は、なぜ火災が起こったのか理解できていない状況です。 考えたくはありませんが、放火の可能性が高いのかもしれません。 もしくは、設備の異常などで漏電などにより、引火した可能性もあるかもしれません。 一部ネット上で火災原因に関するコメントがあり、 「イベント準備に関係する出火」 とありました。 断定はできませんが、このような情報もあります。 近日開催予定のイベントは 「琉球泡盛の粋」 「古式行列」 などが今週予定されていました。 これらの準備に関係する出火なのかもしれません。 幸いなことに、 けが人に関する情報なく、その点はよかったなと思います。 火災状況は? 上記施設マップから見ると、正殿があのような燃え方をしているとなると、 北殿、黄金御殿、奥書院、近習詰め所、南殿などに火が回っている可能性も高いかもしれません。 戦時中、司令部が設置されていたこともあり標的になったようです。 これまでの火災による消失が数回あり、その都度再建しています。 現在のものがレプリカとはいえ、貴重な文化財が燃えてなくなるさまはつらいものがあります。 最後に 現状、分かる範囲で調べた結果をまとめてみました。 鎮火後調査が入り詳細は判明していくかと思いますが、何より首里城自体が消失してしまったことが本当に残念でなりません。 新たな情報があれば、随時更新していきたいと思います。 被害が最小限にとどまってくれることを祈るばかりです。

次の