コロナ の 女王。 ランキング大異変!?「好きなコメンテーター」橋下1位で“コロナの女王”は?

“コロナの女王”岡田晴恵教授、リモート出演しない理由がヤバ過ぎる!

コロナ の 女王

牧太郎の青い空白い雲/762 情報番組で一躍「コロナの女王」に祭り上げられた岡田晴恵さん(白鷗大教授)にネット上で〝嫌がらせ〟が続いているらしい。 例えば「岡田晴恵は薬剤師で医師ではない!」。 岡田さんは共立薬科大大学院出身で、医学博士。 ドイツのマールブルク大医学部ウイルス学研究所客員研究員を務めている。 真っ赤な噓(うそ)だ。 不倫疑惑?まで取り上げられて、彼女、ちょっぴり元気がない。 実は、標的になっているのは彼女だけではない。 ほぼ毎日、情報番組に出ずっぱりの呼吸器疾患のスペシャリスト、某クリニック院長はある日、突然、テレビから姿を消した。 また、ある「専門家」はテレビのディレクターから「『安倍政権の批判は控えてくれ』と言われた」と告白している。 3人には共通点がある。 「PCR検査の必要性」「マスク不足」を一貫して訴えてきた人たちだ。 彼らは「新型コロナウイルス感染拡大の実態把握・早期根絶を諦め、軽症例は『普通の風邪』として対応している」と安倍政権の対応を批判している。 〝検査不要〟の安倍政権はこれが気に入らない。 「重症者だけ検査・治療する。 そうしないと医療崩壊になってしまう」というのだ。 イタリアのケースもあり一理あるが、それにしても検査件数が少な過ぎる。 ごく普通に考えると、無症状者や軽症者を放置すれば感染は拡大するに違いない。 安倍政権は下手な世論操作をしている。 そんなことより、安倍政権に求められているのは「コロナ・ショックで自殺しかねない人々」を助けることだ。 消費増税に続いて、コロナ・ショックで失業・倒産、株の大暴落...... リーマン・ショック以上の大不況だ。 安倍政権は「消費税減税」「1人10万円の給付金」などを考えているようだが、せいぜい「25兆円程度」の財政出動。 このぐらいの「知恵」で、日本が立ち直るとも思えない。 もしもの時の「兵糧」があるじゃないか! 大企業が貯(た)め込んだ利益剰余金(内部留保)があるじゃないか? 財産を食いつぶさないように積み立てる「利益準備金」。 特定の目的のために積み立てる「積立金」、利益の蓄積部分である「繰越利益剰余金」...... 大企業が2008年のリーマン危機に懲りて、貯め込んだ潤沢なカネが一説では479兆円。 過去最高である。 給料を低く抑え「雇用」を増やさず、世間が何と言おうと貯め込んだ「479兆円」をこの際、吐き出してもらう。 「雇用」を守り、世界中で起こる「資金繰り危機」を乗り越えるためには、このカネを使うしかない。 日本には米国や欧州より「潤沢な兵糧」が残っているのだ。 「コロナの女王」の悪口を言っている暇があったら、日本再生の知恵を探してくれ!.

次の

羽鳥慎一も困惑!?「コロナの女王」が“ド素人発言”で叩かれまくっていた

コロナ の 女王

専門家ながら、その発言は危ういこともあり、PCR検査を拡充できない原因について、「データを独占したい感染研OBがネックになっている」と根拠を示さないまま発言し、批判を受けたこともあった。 「ズバズバと政府のコロナ対応を追及するので視聴者のウケがいい。 あくまでもコメンテーターなので、その発言に事実誤認があったとしても、特に番組自体が謝罪する必要はないというスタンスでやっているので、岡田教授は相変わらず忖度なしでの発言を続けている」 テレビ朝日関係者 とはいえ、岡田氏がほぼレギュラーとなっている、テレ朝の「モーニングショー」ではコロナ感染防止のため、先月中旬からほぼ全てのコメンテーターがリモート出演になっているが、だが、岡田氏は依然としてスタジオ出演を続けている。 気になるその理由だが、発売中の「週刊文春」 文芸春秋 によると、自宅の中はかなり独特。 2階の天井に10~30センチのリアルに怖いビジュアルの魔女の人形が何十体も吊り下げられ、さらには使った物をそのまま放り投げておく性格のようで、部屋は物で溢れ返っていたというのだ。 そのため、自宅からのリモート出演を回避しているようだ。 おそらく、自宅ではああいう風にメイクできないだろう。 コロナが収束したら、岡田教授に密着して自宅の中まで公開する企画は、それなりに数字が取れるのでは」 芸能記者 今後、どこかの芸能事務所が獲得に名乗りを上げる可能性もありそうだ。 2020. 危機感を煽り人々を不安にさせる 2. 「国立感染症研究所研究員」という肩書き 3. 厚生労働省の政策を批判しているので、「国立感染症研究所」vs「厚生労働省」の構図が作れる 〇発言の信ぴょう性 著書の中で「新型インフルエンザは空気感染する」と明記しているが、インフルエンザウイルスは飛沫感染がメインで、空気感染は可能性が考えられる程度 限られた密室ならともかく、岡田晴恵氏は「屋外でも空気感染する」とも受け取れるパンフレットを監修している 厚生労働省も、「国立感染症研究所研究員」の肩書で発言するので、まるで自分たちもそれを認めてると思われるように思われて困っている そもそも岡田晴恵は単なる田代眞人部長の研究所のテクニシャンの1人にすぎず、影響力は全くない.

次の

「コロナの女王」岡田晴恵教授“アラ還”セクシーグラビア争奪戦

コロナ の 女王

一事は全盛期のビートたけしを上回る勢いでワイドショーに出ずぱりだった岡田晴恵先生が週刊文春の発売翌日から完全に姿を消してしまいました。 日に日に髪型やメイクが派手になり、服装や眼鏡も高価なブランド物に変っていたのに明日からの七変化が観れなくなってとても残念に思います。 もしかして良からぬ過去や怪しげな資格と職歴が暴露されてしまった事で何処かの秘密機関の手で粛清されてしまったのでしょうか? 降って沸いたテレビ出演のギャラで贅沢を覚え、高級家具や新型家電、多くのブラント品等をローンで買いまくっていたとしたら、今後はローンの返済に追われて大変な事になると思います。 どなたか、晴恵先生の消息をご存知でしたらお教え頂けると有難く思います。 私は久しぶりに観たので身なり風体の激変に驚きました。 後ろ姿だけを見れば金持ちに嫁いだ30代前半のシロカネーゼネーゼのようなファッショになっていたので思わず眩暈が… 土台が土台だけに限界はあると言うものの、プラセンタやヒアルロンサン、コラーゲン等の大量投与やメイクやスタイリスト総がかりの若返り作戦が実行中である事が容易に推察出来ました。 他、「検査、検査、検査!! 」の連呼が一度もなかった事と、非正規雇用の特任教授から常勤・正規雇用の教授に昇格していた事が新鮮でした。 昨日もちゃんとテレビに出てましたから、安心してもいいのでは? 確かに出たての頃から比べたら、かなり垢抜けてきたな~と言う印象ですね。 そりゃテレビに出ずっぱりになれば、自分がどう映っているか気になるし、人の評価も否が応でも耳に入ってきます。 特に女性は見られれば見られるほど、いい意味で洗練されていくんだと言う見本のようなもの。 でも、あの人はそんな下らないうわさに振り回されるくらいのキャリアの持ち主ではないだろうし、話しぶりも知識も確かなものがあります。 感染者が増えていく現状では、まだ当分の間テレビで解説を続けると思います。 東京五輪の延期が1年より2年先の公算があるし、感染者に抗体が出来ても麻疹などと違って効果が弱いらしく、ワクチンの開発までは早くても1年はかかるようです。 たとえ日本が収束に向かっても、まだ欧米での流行が収まりません。 ましてこれから医療体制の乏しいアフリカや中南米諸国に広まっていく恐れが大きい。 「我々は見えない敵との戦争に勝たねばならない」とメルケルやトランプが言っているように、MERSやSERSとは感染者の数がまるで違います。 各局で顔を見る方々もだいたい固定してますから、テレビに出られて解説出来る専門家も限りがあるのでしょう。 それで最初から出ていた岡田さんですから、これからも出演されると思います。

次の