このnfcタグに対応するアプリはありません。 iPhoneをかざして家電を操作。NFCタグとNature Remoを連携。

iPhoneとNFCタグを使った家電制御が便利すぎる!【Siriショートカット】

このnfcタグに対応するアプリはありません

NFCタグとは NFCとは「Neer Field Communication」の略。 日本語では「近距離無線通信」と訳されます。 SuicaやPASMOなどのICカードに使われているFeliCaをイメージすると分かりやすいかもしれません。 そしてNFCタグは情報を読み取る際に使われるタグのこと。 このNFCタグにスマホをかざすだけで、さまざまな動作が実行できます。 またFeliCaと違い、NFCタグはスマホから簡単に情報を書き換えることも可能です。 NFCタグはAndroid、iOSの両方で使うことができます。 ただしiPhoneのばあいは、5s以前の古い機種では対応できないため注意してください。 NFCタグでできること NFCタグを使うとどんなことが実現できるのか、具体的な例をいくつかご紹介します。 なお、以下でご紹介する「NFCタグでできること」は、 Android用自動化アプリ『』と組み合わせることを前提としています。 iOSでは勝手が違うこともありますのでご了承ください。 そんなとき役立つのがスマホのテザリング機能です。 テザリングの設定は、スマホの設定画面を開き、テザリングをオンにするだけ。 しかしこの小さな手間もめんどくさい……という方は、 ノートパソコンにテザリングをオンにするNFCタグを貼り付けておきましょう。 パソコンを開くついでにスマホを置くだけで、インターネット環境を作り出せます。 車載ホルダーに固定してマップアプリを起動する Googleマップなどの地図アプリで用いられている位置情報機能は高精度化し続けています。 目的地を設定して道案内をしてくれるナビ機能も充実しており、車に乗った際はカーナビ代わりに使っている方もいるのではないでしょうか。 そんな時にもNFCタグは効果を発揮します。 ダッシュボードの車載ホルダーにNFCタグを貼り付けておけば、スマホを固定したと同時にマップアプリを起動することが可能。 まるで本物のカーナビのようなスムーズさでドライブを始められます。 名刺に載りきらない情報を書き込んでいく ビジネスシーンで初対面の相手と遭遇すれば、ほぼ名刺交換の流れになるでしょう。 名刺交換は自分のことを知ってもらうために有効な手段ではありますが、名刺の小さい面積で説明できるのはせいぜい名前やメールアドレス、電話番号くらい。 無理やり情報を詰め込もうとすれば、デザインが崩れて見にくい名刺になってしまいます。 そこで提案したいのが、名刺の角や裏にNFCタグを貼り付けておくこと。 NFCタグの中に多くの情報を記録しておけるだけでなく、他の名刺にはない物珍しさから相手にインパクトを与えられます。 日用品をすぐに購入 ティッシュやシャンプー、歯磨き粉などの日用品は、足りなくなってきたら購入する方がほとんどかと思います。 しかし、使い切ってしまってからストックを買い忘れていたことに気付いた……なんてことはありませんか? 気付いた瞬間に購入できれば問題ないものの、すぐに困るわけではないので、ついつい後回しにしがちなことも多いでしょう。 NFCタグがあれば、かざすだけでAmazonなどネット通販の購入ページを開くことが可能。 買い物に出かけたり、あとからAmazonでいちいち検索したりする手間を省けます。 例えば洗濯用洗剤であれば、洗濯機のボタン横にでもNFCタグを貼り付けておくとよいかもしれません。 気付いた時にすぐ行動へ移せるようになり、買い忘れで困ることが少なくなるでしょう。 寝る前に素早くアラームを設定 スマホのアラームを設定し忘れてうっかり寝坊してしまったという経験、あなたも一度くらいはありませんか? アラームは1分もあればすぐに設定できるものですが、眠気に襲われているとそれすらも面倒くさく感じてしまいますよね。 しかし普段携帯を置いておく場所にNFCタグを貼っておけば、 寝る前にスマホをいつもと同じ場所に置いておくだけでアラームを設定できます。 これで「つい設定し忘れた」なんて失敗をする心配は必要ありません。 クライアントとの面談中、ポートフォリオを素早く提示する フリーランスの方であれば、クライアントとの面談でポートフォリオを提示する機会があるはず。 せっかく時間をとってもらっているのですから、できれば待たせずスマートに対応したいですよね。 操作でモタモタすると、準備不足な印象にもつながってしまいます。 そんなときのために、 NFCタグをスマホやタブレットで読み取り、ポートフォリオをすぐに提示できるように設定しておくとよいでしょう。 帰宅時にパソコンを起動する 「家に帰ったら、まずはとりあえずパソコンを起動させる」という人も多いのではないでしょうか。 手を洗って、服を着替えて……など、帰宅してやることが終わってようやくパソコンを立ち上げても、完全に起動するまでには多少の時間がかかります。 帰宅してすぐに電源ボタンを押せればいいのですが、パソコンのある部屋が遠くて面倒なこともあるはず。 そこで、 帰ってきたときスマホを置く場所(例えばリビングのテーブルなど)にNFCタグを貼っておけば、そこにスマホを置くだけでパソコンを起動させられるようになります。 NFCタグを使うための準備 NFCタグを購入する NFCタグは家電量販店やAmazonなどの通販サイトで販売されています。 値段もお手頃で、 NFCタグ1枚あたり数十円~200円程度。 手の届きにくい金額ではありません。 NFCタグ購入は。 NFCタグを書き換える NFCタグは読み取りだけでなく、書き換えもスマホから簡単にできるのが魅力。 ただし読み取りはアプリなしでもできるケースがあります(やりたい動作によっては専用のアプリが必要)が、書き換えにはNFCタグ書き込み用のアプリが必須です。 Google PlayやApp Storeで「NFC」で検索し、いろいろ試しながら自分にとって使いやすいものを探しましょう。 NFCタグに登録できる具体的な動作には、下記のようなものがあります。 テキストを表示• アプリを開く• Wi-FiやBluetoothのオン・オフ切り替え• 電話を発信• 印刷 NFCタグへの書き込みが済んだら、あとはスマホをかざして使うだけです! まとめ 面倒なスマホの操作を自動化することができるNFCタグ。 値段もそれほど高くなく、タグへの書き込みもスマホから簡単に実行できます。 いつもの操作を自動化したいと考えている方は、ぜひ試してみてください。

次の

Androidスマホに搭載された “NFC” を使う方法

このnfcタグに対応するアプリはありません

Android NFCが繰り返しスキャン後にスキャンを停止する 1 概要 :固定Nexus SでNFC対応のカードを使用してチェックインできるアプリを開発しました。 アプリはカードを読む準備ができています。 カードをタップすると、アプリはNFCカードの一意のIDを読み取ります。 問題 :私達が遭遇した挑戦は、Nexus Sが50から100個のタグをスキャンした後に固まることです。 アプリは機能し続けます、そしてアンドロイドもそうします、しかし我々のアプリもアンドロイド内のネイティブアプリもタグを読みません。 スキャナが無効になっているかのようです。 私はAndroid 2. 6を実行している4つの異なるNexus Sデバイスを使用してそれをテストしました。 このバグを修正する方法、または問題を回避する方法はありますか。 更新:これは私たちのアプリだけではないように見えますが、Nexus Sに付属の「タグ」ネイティブアプリのテストにもこの問題があります。

次の

android

このnfcタグに対応するアプリはありません

この記事によって分かること• NFCとはかざすだけで周辺機器と通信ができる技術• NFCを活用することでスマホ決済が利用できる• NFCの普及は今後も拡大見込み スマホの普及とともに「おサイフケータイ」など、スマホなどの通信端末をかざすだけでデータ通信ができるようになりました。 こういったサービスのもとになっているのが「NFC」という技術です。 名前だけ耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。 NFCとは、簡単にいうと「端末をかざすだけで通信ができる技術」のことで、私たちの生活に大きなメリットを与えてくれる技術です。 そこで本記事では、NFCについてよく分からない人に向けて、NFCの概要やできること、スマホでの使い方などを解説します! 目次• そもそもNFCとは? NFCとは「Near field communication」の略で、日本語では「近距離無線通信」という意味。 NFC(近距離無線通信)をもう少しわかりやすく説明すると、 NFCを搭載した機器同士を近づけるだけで通信ができる技術のことです。 たとえば交通系ICカードのSuicaは、改札にカードをかざすだけで機器が認証し、チャージしたお金が自動的に引き落としされる仕組みですが、これにもNFC技術が活用されています。 また、最近ではNFCを搭載したクレジットカードも登場し、クレジットカードを決済機器にかざすだけで支払いができるのです。 このようにNFCは簡単に通信ができるので、お金のやり取りがスムーズになり、私たちの生活をより便利にしてくれます。 NFCでできることや使用する場面は? 次に、NFCでできることやNFCが使用される場面を紹介します。 特に身近な場面だと、以下の3つの場面でNFCが活躍しています。 スマホで簡単に決済• パスワード不要で周辺機器とペアリング• スマホ同士でデータ通信 これらの3つについて詳しく解説します。 スマホで簡単に決済 NFCを搭載しているスマホを利用すると簡単に決済ができるようになります。 これは、スマホにあらかじめお金をチャージしておけば、NFCが搭載された機器にかざすだけで決済が完了する仕組みを利用できるためです。 この機能を活用すれば、スマホでの決済は買い物の支払いだけでなく、電車や飛行機などに乗るときの改札やゲートでも利用できます。 パスワード不要で周辺機器とペアリング NFC搭載の機器なら、パスワード不要で周辺機器とのペアリングが可能です。 普段スマホやPCをWi-Fiに接続するときや、Bluetoothのスピーカーなどの機器に接続するときはパスワードや接続の設定をする必要があります。 しかし、スマホとこれらの機器にNFCが搭載されていれば、かざすだけで簡単にペアリングができるので、わざわざパスワードを入力するする必要がありません。 スマホ同士でデータ通信 NFCでは、スマホ同士のデータ通信が可能です。 たとえば、AndroidのスマホにはNFCが搭載されており、「Android Beam(アンドロイドビーム)」機能を使うことで簡単にデータ転送をすることができます。 NFCとFeliCaの違い これまでNFCについて解説をしましたが、日本では「Felica」(フェリカ)と呼ばれるNFC規格の一種が主流です。 Felicaはソニーが開発したもので、他の規格のものよりも処理速度が速くセキュリティー面も優れているため、日本の多くの電子マネーはFelicaを採用している場合が多いです。 NFCは近距離無線通信のベースとなるもので、FelicaはNFCの技術を応用しさらに使いやすくなったものだということです。 Felicaの他にも、「TypeA」「TypeB」といったNFCの規格もあり、分かりやすく表にすると以下のとおりです。 NFC FeliCa TypeA TypeB 特徴 ・ソニーが開発 ・カードにICチップを搭載 ・処理速度約0. また、日本で利用されている多くの電子マネーやICカードには、Felicaが用いられていることを知っておきましょう。 iPhoneとNFCの関係性と使い方 NFCの技術は電子マネーやICカードだけでなく、iPhoneにも活用されています。 現在iPhoneはNFCリーダー機器として対応しており、NFC機器と通信が可能です。 iPhoneではApple PayやモバイルSuicaなどが利用できる iPhoneでは「Apple Pay」が利用でき、専用の機器にかざすことで決済ができます。 特にアプリをダウンロードする必要はなく、クレジットカードをiPhoneに登録するだけで、電車やバスに乗れたりお店での買い物が可能。 クレジットカードと連携しているため、Apple Payで支払いをするだけでクレジットカードのポイントも貯まります。 また、Apple PayとモバイルSuicaを連携させると、普段の通学・通勤がスマホ1つでできるようになり、いつでも残高の確認やSuicaへのチャージができるようになります。 iPhoneでのNFCの使い方 iPhoneのNFCは液晶画面と反対に搭載されています。 そのため、決済するときは画面側をかざすのではかく、裏側をかざして決済するようにしてください。 また、Apple Payを利用するのにWalletアプリにクレジットカードを登録する必要があります。 利用方法はとても簡単で、Walletアプリを開き、任意のクレジットカードを登録するだけ。 iPhoneでSuicaを利用する場合も、WalletアプリでSuicaを登録すれば利用できます。 AndroidスマホとNFCの関係性と使い方 AndroidにはNFCではなくFelicaが搭載されており、iPhoneよりもできることが多いのが特徴です。 AndroidのFelicaでできることは以下のとおりです。 おサイフケータイが利用できる• Android Beamでデータの送信ができる AndroidスマホではおサイフケータイとAndroid Beamが利用できる Androidを利用するメリットとして、おサイフケータイが使える点です。 おサイフケータイでは、クレジットカードと連携することで決済がスマホでできるだけでなく、電子マネーやクーポン・会員証・ポイントカードなどもスマホで管理できます。 また、Android Beamを使うと、Felicaが搭載されたAndroidの端末同士で写真や連絡先、サイトのURLも簡単に送信できます。 このAndroid Beamは、モバイルデータ通信量を消費せず、大きなサイズのデータもすぐに送信できるのが特徴です。 インターネットの環境がない場合や相手の連絡先を持っていないときに非常に便利です。 AndroidスマホでのFelicaの使い方 AndroidでFelicaを用いたおサイフケータイを使う方法はとても簡単。 以下の手順で利用できます。 おサイフケータイアプリを起動• 使いたいサービスを選択する(楽天Edyやnanacoなど)• クレジットカードの登録や初期設定• あとはお店でかざすだけ このように一度登録をしておけば、かざすときにアプリを開くなど、何か操作する必要はありません。 レジで支払う時に「おサイフケータイで」と伝えて、専用の機器にかざすだけで決済が完了します。 NFCの今後の展望 IoT(Intertnet of Things:モノがインターネット経由で通信すること)の分野がさらに発展することが予測されるため、決済シーン以外でもさらに広い分野でNFCやFelicaが活用されることが予測がされます。 たとえば、家のドアにNFCの技術が導入されれば、スマホをかざすだけでドアを開けることができるなど、日頃の生活すべてがNFCと結びつく時代がくるかもしれません。 このようにNFCはこれからのキャッシュレス社会や、IoTの分野においてますます欠かすことのできない技術となるでしょう。 まとめ 本記事では、NFCの基礎情報やどんな場面で活用されているかなどを解説しました。 改めて内容をまとめると以下のとおりです。 NFCとは距離無線通信のことで、かざすだけで通信ができる技術• NFCによりスマホでの支払い、ペアリング、データ通信が容易になる• 日本ではNFCの中でも特にFeliCaが主流 お使いのスマホでも、NFCやFelicaを用いて支払いをスマートにしたり、お得に買い物ができたりするようになるので、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。 ・「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。 ・「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。 ・Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。 USAの商標または登録商標です。 ・「Android」は、Google LLC の登録商標です。 ・「Felica」は、ソニー株式会社の登録商標です。 ・iPhone、Apple PayはApple Inc. の登録商標です。 ・楽天Edy (ラクテンエディ)は、楽天Edy株式会社の商標または登録商標です。 ・nanacoは株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。 注意事項• ・お申込みの際に、加盟店審査がございます。 ・掲載内容は予告なく変更する場合があります。 あらかじめご了承ください。 ・決済システム利用料は、2021年9月30日まで無料です。 2020年4月1日以降新たに加盟店になる年商10億円以上の法人の場合は有料です。 詳細はまでお問い合わせください。 ・入金手数料はジャパンネット銀行の場合のみ永年無料です。 その他の場合は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。 ・PayPayとの関係での消費者還元(2%、5%)対象店舗にてPayPayピックアップをご利用の場合、消費者還元(2%、5%)が適用にならない場合があります。 お客様へ誤案内の無いようご注意ください。

次の