クッキー ババア。 秒速1億枚でクッキーを焼く症候群「クッキークリッカー」でばあさん増殖無限大

クッキーババアがあらわれた!(追記あり)

クッキー ババア

クッキーババア(ana)とは、 でを焼いてくれる素敵なである。 概要 の流行での()として注されている。 大量動員した上にや工場にしたり、やにまで飛ばすことで毎億のを焼きまくるが、あまりに重労働を課すと機嫌が悪くなり、それでも酷使するとしまいにゃぶれる。 ぶれた後の展開についてはの記事の「 」 の項を参照。 また、開されている. 0の版では他の施設の生産を大幅に伸ばすことが出来るようになり、さらなる活躍が期待されている。 おばあちゃんの道具 名前 訳 解説 Forw om ana からの返信 これで喜んでくれればいいけど… eel-ped rli pins 製ののし棒 bred tes なめらかな ぐしゃっ P ン もっと -th ges 2倍分厚い ああ…今まで私が焼いてきたものはコレだったのね… i s 老化防止剤 は老化によりさらに強になる薄気味悪いを持っている。 おばあちゃんのバージョン の。 セクな。 ブな農婆。 工場で働く。 鉱夫じゃなくて鉱婆。 に行くなら飛行士かと思いきや、になるを行く。 でメッキされた。 さんはいない。 へ行って名状しがたいものになったあちゃん。 こわすぎる。 からやってきた、の。 を起こすのでおさわり厳禁。 とが素敵。 いている。 のを着ている。

次の

あのクッキークリッカーがまさかのバージョン2に進化

クッキー ババア

おい中高年女性どもー!財布は持ったかー!スーパーやコンビニのチェックは済んだかー!よーし!シャルウィのキャンペーン応募受付は17日から!繰り返す!シャルウィのキャンペーン応募受付は17日からだー!フライングは失格だ気をつけろー!! まあそんな感じでですね、グリコさんに狙い撃ちされた我々中高年女性の意気も上がろうというものです。 残念ながら菓子の対象年齢は50代〜60代らしいのでそこからは外れてるんだがまあいい、ババアはババアである。 俺が!俺たちが!クッキーババアだ!いやワシ個人的に交流のある大輔さんのファンって20代の人が多いから、そういったお若い方々には「すまぬ…オレらババアと一緒くたにされてすまぬ…」とちょっと申し訳ない気持ちにもなるけどな! (追記:何か勘違いされてる方もいるようなので念のため補足しておきますと、菓子の対象年齢50〜60代って、の対象層が男子中高生とかそういう感じのメーカーが想定する菓子のメインターゲット年齢層であって、キャンペーンがその年齢じゃないと応募できないとかそーゆー意味じゃないからね!とグリコさんを代弁しておく) しかし何だね、グリコさんもやはり「ファンは富裕層のマダム」幻想にとらえられているのかね。 そこらへんの妙な認識のズレについては過去に書いたのでこの記事を参照して下さい。 なんつーか、惜しいの。 ファンの多くが求めているものと若干ちょっと凄いズレがあんのね。 違うんだよ自分が大輔さんにエされたいんじゃないんだよ、我々は大輔さんと音楽のマリをガン見したいんですよ!わかりますか!俺がグリコの企画の人だったらこういうキャンペーンにするね! の新プログラム振付風景をスタンドで生見学! もちろん20名なんて言わねえ、まあ1000名ぐらいは入れるね。 もちろん撮影厳禁私語厳禁、静まり返ったリンクに響くラジカセの音楽、振付師の動きを移していくの動き、徐々に形を現す誰も見たことのないプログラム、これ!これだよ!!もちろん練習着だ!いいか、もちろん!練習着だ!!! それが無理ならひたすらバッククロスで滑る見学会でもいいよ。 もちろん練習着だ。 もちろん練習着だとも。 そんなわけでグリコさん、もし今後も大輔さんで何かしらキャンペーンを行って下さるとしたら、こういう形での企画をぜひともお願いします。 見学会が無理なら練習風景DVDプレゼントでもいいですよ。 もちろん練習着で。 もちろん練習着で。

次の

クッキーババアとは (クッキーババアとは) [単語記事]

クッキー ババア

Cookie Clicker クッキークリッカー ジュリアン・シーノット(Orteil) 初版 2013年8月8日 (6年前) ( 2013-08-08) 最新版 v. 日本では、2013年9月の付近に爆発的な流行を見せた。 概要 [ ] 画面に現れるクッキーを1回クリックするごとに1枚(アイテムで1クリックあたりの枚数を増やすことができる)クッキーを焼くことができる。 焼いたクッキーはクッキーの生産施設購入費用に充てることができ、次第に大量のクッキーが手に入るようになる仕組みをとっている。 クッキーで購入できる施設には、10秒に1枚のクッキーを生産できる「」をはじめ、1秒毎に1クッキーの「グランマ()」といった具合に、「」、「」、「反物質コンデンサ」、「プリズム」などがあり、それらによってさらに多くのクッキー生産が可能となる。 また、それらの施設単体のクッキー生産能力を強化(アップグレード)することも可能である。 クッキー生産量の単位は「Cps(Cookies per second)」と呼ばれる。 ごく稀に画面上に「ゴールデンクッキー」が現れ、これをクリックすることで一時的にクリック、および施設のクッキー生産能力が強化されたり、大量のクッキーを入手できる。 ある程度までクッキーを焼くと、一度リセットしたうえで永続的な効果を持つ特殊なクッキーと名声レベルを獲得したうえで周回プレイ 強くてニューゲーム が可能になる。 画面上部にはニュース欄があり、クッキーやCookie Clicker内の世界に関する情報が手に入る。 には、大規模バージョンアップが行われ 、新システムである「ドラゴン」や、クリック音の導入、アイテム・実績の追加が行われた。 これにより、イベントなどの効果により成長シミュレーションの要素が大きく強化された。 歴史 [ ]• - 公開。 - バージョンアップ(v. 評価 [ ] ウェブサイトはこのゲームを興味深いと評し、ファンがこのゲームに夢中になっているとも述べた。 はこのゲームを究極のと呼んでいる。 日本での流行 [ ] 日本では、2013年9月14日からの三連休「シルバーウィーク」頃にインターネット上で爆発的な流行を見せた。 の公式も、クッキークリッカーに言及したツイートを行い 話題となった。 また、日本での流行を受け、日本人向けに有志による非公式の日本語版が公開された。 特にゲーム内唯一の人間キャラクターである「グランマ(通称:クッキーババア)」に対する人気が高く、Twitterなどに大量の画像が投稿された。 また、クッキークリッカーやクッキーババアに関するが「酒の勢いで」開催される などした。 何故流行を引き起こしたかは定かではないが、日本のネットユーザーが海外のネットユーザーと「時間泥棒ゲーム」に関する情報交換をしたのがきっかけ、という話もある。 ブームはすぐに落ち着きを見せたが、2015年2月になりCookie Clickerの更なるに関しなどで話題になった。 また、同種のゲームを「クッキークリッカー系ゲーム」と呼称することがある 他、原作者のOrteilによってクッキークリッカー系ゲーム作成用のソースコードも公開されている。 出典 [ ] []• エキサイトレビュー 2013年9月17日. 2015年3月4日閲覧。 2013年11月1日閲覧。 マイナビニュース 2013年9月18日. 2015年3月4日閲覧。 2013年9月17日. 2015年3月4日閲覧。 ねとらぼ 2016年2月9日. 2016年4月28日閲覧。 Schultz, Warren. 2014年4月2日閲覧。 (2013年9月17日)、2015年3月4日閲覧。 livedoorニュース 2013年9月24日. 2015年3月4日閲覧。 ねとらぼ 2013年9月18日. 2015年3月4日閲覧。 アメーバニュース 2015年2月10日. 2015年3月4日閲覧。 AppBank 2015年2月16日. 2015年3月4日閲覧。 ライフハッカー 2014年2月2日. 2015年3月4日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の