あべの マスク 寄付。 アベノマスクは福岡にいつ届く?寄付したい場合や届かない時の対処法!

【最新】アベノマスク(あべのマスク)を寄付したい!寄付先一覧まとめ!大阪では回収もあり

あべの マスク 寄付

三重県内で、下記の活動が実施されています。 【アベノマスクをいなべ市内施設に寄付しよう!】 ( いなこね『いなべ子育てネットワーク』/いなべ) 政府から配布される布マスク。 いなべ市でもそろそろ配布されると思います。 子育てママたちのボランティアグループ「いなこね」は、いなべ市市民活動センターとコラボして、未開封の布マスクを集め、市内の福祉施設、放課後児童クラブ、医療機関等に寄附する活動を実施します。 ぜひ、ご協力をお願いします。 住所:いなべ市員弁町笠田新田111(いなべ市役所旧員弁庁舎北) <受付日時> 月曜日~金曜日、9:00から17:00まで。 ) <問い合わせ先> いなこね(いなべ子育てネットワーク) 代表 服部純子(090-51007322) <寄付先> 市内小・中学校、放課後児童クラブ、高齢者福祉施設等、必要としている施設 【マスクの数にゆとりのある方へ】 (一般社団法人ネクストステップ研究会/四日市) 一般社団法人ネクストステップ研究会では、マスクのつなぎ役をスタートしました。 ・マスクを必要としている団体への寄贈にご協力お願いします。 ・マスクの数にゆとりのある方からのマスクの寄贈を募集しています。 寄贈いただいたマスクは四日市市社会福祉協議会を通じて、必要としている団体へお届けします。 回収ボックスは、四日市市なやプラザに設置しています。 無理のない範囲で構いません。 皆さまからの寄贈をお待ちしています。 詳細は、 まで 〈回収方法〉 手作りマスクは袋に入れて、配布マスクならできれば未開封の状態で、 ご寄贈ください。 ご持参でも郵送でも構いません。 〈回収場所〉 四日市市なやプラザ事務室(開館時間:午前9時~午後10時、第2月曜日休館) 〒510-0045 三重県四日市市蔵町4番17号 電話:059-357-1370 【マスク寄付 in津】 (津市市民活動センター/津市) 「政府より全戸配布される布製マスクを寄贈したい」と相談がありました。 マスクを寄贈、寄付するための簡易窓口を作成しました。 政府より配布されるマスクの他、手作りの布製マスク、サージカルマスクの寄贈もお受けいたします。 お手数ですが下記の郵送先へ郵送、またはご持参ください。 集まったマスクは、集約・整理し、希望する津市内(または三重県内)の非営利組織や医療機関へお配りします。 ・マスクは未使用のものをお送りください。 ・郵送にかかる手数料は、恐れ入りますがご負担いただくようお願い申し上げます。 ・受取状況や配布状況は、ホームページなどで報告させていただきますので、ご了承ください。 配布先は、医療機関、学童保育、福祉施設、子ども関係のNPOなどを予定しています。 配布先は引き続き募集されています。 とくに必要のない世帯があれば、必要とされるところに当団体が送ります! 送料はご負担願います。 布マスク2枚に466億円もの経費がかかるとか話題となっていますが、必要のない世帯があれば、当団体宛てに送付してもらえませんか? 5月末までを第1期分として集めて、全て必要とされる施設等に送ります。 また、この費用は、当団体が負担します。 ご近所の方は、持参いただいても大丈夫です。 なにかのついでに、手渡しでも大丈夫です。 ただし、できる限り開封しないで、開封しても布マスクのビニルまでは開封しないでください。 できることから、皆さんの願いを形にできたらと考えていますので、よろしくお願いします! 詳細はをご確認ください。 ぜひ情報をお寄せください。

次の

アベノマスクは福岡にいつ届く?寄付したい場合や届かない時の対処法!

あべの マスク 寄付

5月10日にはマスク自体の寄付は受付を終了したが、活動継続のための寄付を呼びかけている。 マスクについては個人支援をしているNPO団体や福祉施設などへ、そして最終的に希望する個人に寄贈される予定だという。 募集している物品や注意事項は公式HPの「」、「」のページに掲載されている。 なお、 マスクは新品未開封品のみを希望しており「手作りマスク」は受け付けていないので注意が必要だ。 加えて、現在新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ボランティアが直接物品を渡すことができないことから、送料の原資となる切手や書き損じはがき、年賀状なども大募集中だという。 その一環として、現在、ご寄付の品物の持ち込みをご遠慮いただいております。 ご寄付をいただける場合は、任意の箱にお詰めいただき、上記の住所にお送りください。 児童養護施設は岡山県だけでも13施設あり、約600人の子ども達が暮らしている。 子どもサイズのサージカルマスクは大人サイズ以上に不足している状況で、各施設が手作りのマスクで対応を余儀なくされているとのことで、同社が寄付マスクを集約し届けることにしたという。 未開封の政府支給の布マスクのみを受け付けており、まずは岡山県内の児童養護施設へ、その後数が集まれば他都道府県の児童養護施設にも届けたいとしている。 マスクを希望する団体・施設は必要とする理由を記載したうえで下記の画像にあるメールアドレスや、商店街Facebookページのコメント欄に連絡してほしいとのこと。 募集するのは「未使用・未開封・手作りマスク不可」となっており、集めたマスクは「地域の子どもや高齢者などの施設・団体など、本当に必要としている方にお配りする」としている。 寄付方法は郵送または北海道各地に設置された専用ポストに投函する方法も可能。 寄付受付期間:5月11日(月)から当面は6月30日(火)までとします(政府からの配布状況によっては期間を延長します) 寄付方法:郵送または北海道各地に設置された専用ポストに投函。 受け付けているのは「未使用・未開封品」のみ。 高齢者や障害者、医療関係者などに配布するとしている。 送付先:〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1 奈良市役所 新型コロナウイルス対策本部事務局 TEL:0742-34-4945 メールアドレス:covid city. nara. 募集しているのは「新品未使用品」のみ。 集めたマスクは児童養護施設へと送られ、「多く集まりすぎた場合は責任を持って必要とされる施設などを探し出して必要としている方々へお届けいたします」としている。 活動報告は随時公式HPにて行う。 募集するのは「未使用・未開封品のみ」だが、 手作りマスクも「チャック付きビニール袋等に入れ、袋に作成者の名前と連絡先(住所・電話番号)を明記」したうえで寄付を受け付けている。 回収方法としては愛知県・岐阜県・三重県・静岡県浜松市にあるキョーワ薬局86店舗のほか、プロジェクトに賛同する店舗やクリニックなどで専用回収ボックスを設置する。 集めたマスクは高齢者施設や障害者施設などに送るとしている。 最新情報はでも随時発信中。 手作りマスクはチャック付きビニール袋等に入れ、袋に作成者の名前と連絡先(住所・電話番号)を明記の上、ご寄付ください。 使用済みのものや汚れがあるもの等は、寄付者に返品させていただきますので、ご了承ください。 マスクは未開封品のみを募集。 寄付されたマスクは小児病院や入院中の子ども・その保護者、保育所などに贈るとしている。 募集するマスクは新品未開封品のみ。 集めたマスクは「パートナー団体(児童養護施設、シニアホーム、スペシャルニーズの団体など)」に配布するとしている。 送付先:〒106-0032 東京都港区六本木5-16-46 ガーデニア六本木101号室 認定NPO法人 ハンズオン東京 mail:info handsontokyo. 受付:ホームレス支援全国ネットワーク 住所:〒805-0015 北九州市八幡東区荒生田2-1-32 方法:普通郵便で可です。 恐れ入りますが、送料はご負担ください。 TEL:093-651-7557 E-mail:postmaster homeless-net. なお、その他にもカンパや物資(男性もの衣類や下着類など)も募集しており、必要な物資は常に変動しているので、詳細はHPを確認してほしい。 なお、発送する場合は必ず「日曜12~14時(不可の場合は14~16時)」の到着日時指定をしてほしいとしている。 また、浅草にあるカフェ・バーを併設したアートスペース「」の店頭でも「アベノマスクポスト」と題した段ボールが設置されており、こちらで寄付しても山谷労働者福祉会館へと送られる。 パンの給食さえ新たな人には拒否する城北労働福祉センター前で朝めし続けています。 米、マスク、レトルトカレー、梅干し、缶詰、カップ麺、コーヒー、砂糖、クリープ、一人用テントのカンパを! 台東区日本堤1-25-11山谷労働者福祉会館あて日曜12-14時(不可の時は14-16時)着指定でお願いいたします。 アベノマスクだけではなく、使い捨てマスクや布マスクの寄付も募集している。 送付先:〒177-0045 練馬区石神井台6-1-28 てのはし TEL:090-1611-1970.

次の

布マスク “使わないなら子どもたちに” 岡山の企業が寄付募る

あべの マスク 寄付

興和株式会社• 伊藤忠商事株式会社• 株式会社松岡コーポレーション この3社にマスクを発注したと明らかになりました。 興和株式会社のプレスリリースにて中国で生産したマスクと発表がありました。 中国を中心とす る海外の生産協力工場を活用した布製マスクの緊急生産を推進してまいりました。 引用: また、他の製造メーカーについては厚生労働相から説明があったとのこと。 厚生労働省は23日の主要野党の会合で、全世帯配布が始まった布マスクの生産国について、 中国、ミャンマー、ベトナムと明らかにした。 受注した興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションと生産国の関係に関しては「企業活動に関わるので答えは控える」と述べるにとどめた。 引用: 布マスクは「ガーゼマスク」のことで、 興和株式会社が製造するものが配布されるのではないか?という情報がありました。 興和株式会社のプレスリリースでも「 政府からの要請でガーゼマスクの取り扱いを推進する」と書かれています。 さらにテレビで報道されたのは、マツオカコーポレーションという衣料品製造メーカーが国から要請を受けてマスクの製造をされているという情報。 マツオカコーポレーションは広島にある衣料品のOEMをされている会社です。 布マスクのメーカーを公表していないのには訳があるのかもしれませんが、使用する側としてはどこで作られたものなのか知りたいなぁと思います。 興和株式会社は「三次元マスク」を販売しているメーカー。 三次元マスクの製造ラインとガーゼマスクの製造ラインは別になるので、 ガーゼマスクの製造を推進することで三次元マスクの製造には影響しないそう。 不織布製のマスクの生産も早く追いついてほしいですね・・・!.

次の