サムイ島。 秘蔵地タイの離島【サムイ島】日本人が少なくゆっくり過ごせるリゾート地

サムイ島特集|海外旅行のSTW

サムイ島

tabinosuke~世界百周~のブログを本格的に稼働したのが1年2か月ほど前になります。 今回は2020年最初の記事となりますので、番外編として、ブログをを始める少し前の2018年春に訪れたタイのリゾート・サムイ島の旅行記をお届けしていこうと思います。 ブログを始めることなど考えもしていなかった時の旅行のため、細かい情報や、画像、お役立ち情報のメモや資料があまりありませんので、備忘録に綴るような内容ですが画像を中心にお届けします。 ご興味ありましたらお付き合いください。 Contents• サムイ島ってどんな所? タイのリゾートアイランド「サムイ島」とは? サムイ島ってどこにあるの? まずは簡単な地図から見ていきましょう。 出典:Google map タイの南東部に浮かぶ小さな常夏のリゾート島です。 別名「ココナッツ(ヤシの木)アイランド」と呼ばれるほど、いたるところにヤシの木を見ることができます。 空港はとてもローカル。 サムイ島にはどんなホテルがあるの? タイの楽園リゾートと言えば真っ先に名前があがってくるのがプーケット島。 プーケットに続くリゾートアイランドとして注目を集めているサムイ島にはどんなホテルがあるのでしょう バンヤンツリー、トンサイベイ、コンラッド、リッツカールトン、シックスセンシズ、アナンタラ、フォーシーズンズ、SALA Samui Chaweng,インターコンチネンタル、ルネッサンス、W・・・これだけ聞いただけでも、そうそうたる人気ホテルが集結していることがお分かりいただけると思います。 ほかにも大、小、数えきれないほどのホテルがあります。 出典: サムイ島の数あるホテルの中でも圧倒的な人気を誇るバンヤンツリー・サムイ 出典: ラグジュアリーでスタイリッシュ。 世界中のリゾートで注目を集めるシックスセンシズ。 サムイ島のビーチは? 海に囲まれた島ですので、島の各方面にビーチが点在しています。 チャウエンビーチは約7キロにわたって続く、サムイ島で最もにぎわう人気ビーチ。 観光客と地元の人たちがごちゃ混ぜで楽しんでいます。 海の色がきれいですね。 Lamaiビーチは白砂のビーチにきれいな海で人気のビーチです。 たくさんの選択肢の中から選びたい人にお薦め!「料金は現地払い」の取り扱い数が多いのも特徴です。 サポートがとても良かったです。 でホテル情報を見てみる。 エクスペディア 世界最大のオンライン旅行会社。 旅行に必要な様々な要望をまとめて解決!「航空券+ホテルをセットで予約するとホテル代が最大全額off」は今やエクスペディアの代名詞。 サポートがとても良かったです。 ホテルズドットコム エクスペディアグループ。 ホテル予約に特化した予約サイトです。 テレビCMですっかりお馴染み「10泊泊まると1泊無料」。 旅行、出張と年間でのホテル宿泊が多い人には特におすすめです。 アゴダ 取扱い数が多く、数百円の違いではあるが多くのホテルで「最安値はアゴダ」であることが多い。 特にアジア圏には独自のルートを持ち驚くほど一社だけダントツに安いケースがある。 要チェック! サポートはとても丁寧でした。 サムイ島を選んだ理由は? サムイ島はプーケット島、ピピ島などと共に、タイの人気リゾートとして、ヨーロッパやアジア圏を中心に、世界中のリゾート好きなトラベラーが集まる人気スポットとして有名です。 私がサムイ島を初めてみたのは2012年でした。 私がサムイ島を選んだ理由は? ネットで世界の秘境、一度は行ってみたい楽園・・そんな特集を目にした時にどうしても行ってみたいホテルを発見! そこを色々調べた結果、サムイ島であることがわかり、いつか必ず行ってみようと思い続けていました。 すごく単純な理由でした。 サムイ島の気候は? 一年を通して暖かく、年間通して半袖ですごせる温暖な陽気です。 タイのリゾートの中でも天候が比較的安定している点がサムイ島の人気の要因の一つです。 季節は? 年間通して乾季と雨季に分類されます。 乾季:12月~5月 11月~12月 本雨季と言われるくらいは激しい雨が降りやすく、旅行に行くには適さない時期と言われています。 12月後半くらい~2月 本雨季がすぎ2月くらいまでは、雨が少なく気温も30度前後と非常にすごしやすいと言われる時期でサムイ島の繁忙期と言われています。 2月後半から5月の雨季の入りくらいまでは一年で最も暑く、殆ど雨の降らない「夏」となり海遊びのシーズン到来!日差しが強く「海が最も美しく見えるシーズン」と言われています。 雨季:5月中旬~11月末 雨季の入りに激しい雨が降りやすく一時的に不安定な天候になりますが、雨季と言っても6月~10月は穏やかで雨が少ない天候が続きやすくなります。 **************** 私たちがサムイ島に行った時期は? 5月の末~6月にかけて2泊3日で行ってきました。 暦では雨季の入りをすぎて過ごしやすい、雨の少ない安定したシーズンと言われていましたが、あいにく2泊3日でほとんどの時間、どんよりと厚い雲に覆われていました。 **************** 5月末~6月前半はtabinosukeにとっての旅行ベストシーズン? 私は盆、暮れ、正月、GWなどは混雑も激しく、各種旅行にかかる費用も跳ね上がって高くなるため、毎年少しシーズンをずらして休みを取るようにしています。 私が利用した飛行機は? ANAの羽田発バンコク行きの飛行機に乗りました。 0:05羽田発~4:35バンコク着 バンコクのスワンナプーム国際空港に降り立ったのは初めてでした。 とにかく広い! きょろきょろと迷いながら歩く事20分くらいでようやく国内線の入口に到着 いったん場所を確認したら、乗り継ぎまで2時間以上あったので空港のフードコートで腹ごしらえ。 大好きなグリーンカレーを注文。 タイ料理屋さんでは何度も食べてきましたが本場で食べるのは初めて! やっぱり美味しかったです。 ただし!!! ご飯の上にのせている 玉子焼きが強烈に塩しょっぱいんです。 この後も何度もグリーンカレーを食べたのですが、やはり玉子焼きが強烈にしょっぱかったんです。 お国柄なんですね。 次回は「塩を少なくしてください」「塩を入れないでください」という現地の言葉を覚えていこうと思いました。 いよいよ出発です。 ほんの1時間ほどのフライトでしたが軽食とお水がでてきて嬉しかったです。 色々な国の皆さんが続々と乗ってきました。 バンコクからサムイ島まではタイ国際航空を利用しました。 この時はANAの特典航空券を利用し、スターアライアンスの乗り継ぎでサムイ島までチケットをとることができました。 38,000マイルでした。 現在はタイ国際航空がバンコク~サムイの便を減らす(なくす?)方向のため、ANAでは特典航空券ではバンコクまでしかチケットは獲れないそうです。 一般の航空券ですとANAもJALも、バンコクからはバンコクエアウェイズを利用する航空券を案内しています。 シーズンにもよりますが羽田空港~サムイ島の往復でだいたい8万円前後でした。 サムイ島はまだまだ発展途上のリゾートなので旅行会社によって扱い規模がだいぶ異なりますね。 もちろん楽天ポイントがたまりますので利用価値は無限ですね。 オリジナリティー溢れる数々のツアーが大人気です。 S 世界中に張り巡らされた自社のネットワークにより、業界屈指の取扱量、情報量を誇り、さらに旅行先でもH. Sのスタッフによるフォローで旅のお手伝い。 近畿日本ツーリスト 国内では圧倒的な実績と信頼を積み上げてきた近ツリブランド。 海外ツアーでも魅力的なプランが多数用意されています。 JTB 経験豊富なスタッフ、長年の実績と信頼、世界中に広がるネットワーク。 海外ツアー旅行の際には必ず目を通しておきたいですね。 こちらはとても分かりやすく見やすいページ構成です。 エアトリ ホテル予約からツアーまで幅広く取り扱うエアトリ。 「海外航空券+ホテル」のセット予約でMAX12万円OFFのキャンペーン中。 最安値にとことんフォーカス。 あなたの目的に合ったプランを探して見てください! サムイ島に到着~ホテルへ ようやくサムイの空港に到着しました。 小さなローカルの空港でした。 飛行機を降りると、むわっとした蒸し暑い陽気でした。 バスに乗って到着ロビーへ 空港はとにかくローカルな雰囲気と、屋根だけの空間に扇風機だけの蒸し暑い空間でした。 空港からはホテルの送迎車をお願いしていました。 ワンボックス車にのってホテルに直行しました。 第一話はこれで終了します。 今回泊まったホテルは6年越しで憧れ続けた岸壁の絶景ホテル「コンラッド・コサムイ」。

次の

はじめてのサムイ島旅行のブログ 「サムイ島ってどんな島?」

サムイ島

この記事のURLとタイトルをコピーする タイ料理って美味しいですよね?「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。 日本よりも物価が安いこともあり、食事や買い物、マッサージなどを楽しむためにタイを旅行する方も多いと思います。 都市部ではファッションやレストランなどのレベルが本当に高く注目され、ローカルな街では日本では体験できないカルチャーに触れることができることでしょう。 そして、ビーチリゾートでは大自然に身をゆだね、時間を忘れられる旅ができるんです。 今回は、タイの旅の中でも「サムイ島」にフォーカスして、島ライフについてまとめてみました! ご参考になれば幸いです。 サムイ島とは? サムイ島は、全島がココナッツの木で覆われていることから「ココナッツ・アイランド」とも呼ばれているタイの島です。 実は、朝食を食べていたら、目の前に広がるヤシの木の森(?)の中で、ドスっという音が・・・。 なんと、猿を木に登らせて実を落としていたんですよ!こういう光景が、普通に見れました。 サムイ島は、タイの中でも3番目に大きな島なんですが、環境に配慮した開発が定められているため大自然がそのまま残っているのも特徴。 自然と調和したリゾートを楽しむことができます! サムイ島は11月~12月の 豪雨季を除いて、年間を通しての気候が比較的安定しているのが嬉しいポイント!タイ国内では5月から10月は雨季になりますが、サムイ島は雨量が少なんです。 このビーチリゾート、本当に最高ですよ!• ベストシーズンは、3月から10月上旬!• 11月~12月は雨多め。 時には台風も・・・。 1月~2月は、季節風の影響で海が荒れることがあるそうです サムイ島への行き方 まずはサムイ島への行き方についてご紹介します。 日本国内からサムイ島に向かう場合には、基本的にはバンコク・スワンナプーム国際空港を経由する方法が一般的です。 格安チケットの検索や、安い時期の検索については「 」で調べるとわかりやすいですよ! 使い方については、下記をご参照ください。 島の西と東で旅のコンセプトが変わる! サムイ島は、島の入口となるサムイ空港をはじめ、観光名所、最もメジャーなビーチ「チャウエンビーチ」など、ほとんどが島の東側に集まっています。 結果、観光客のほとんどは島の東側に集まっているイメージですね!初めてのサムイ島であれば、東側が安定といえば安定かもしれません。 逆に、西側は空港からも離れていることもあり観光客が少なく「のんびり滞在したい人向け」のビーチリゾートになっています。 私は、自然の中でのんびりすることを目的としていたので島の西側を拠点とし、サムイ島を楽しみました! せっかくビーチリゾートや大自然を楽しみに来たのに、観光客ばかりではちょっと残念ですよね・・・! そこでお勧めしたいのが、島の西側に位置する「」というホテル。 このホテルは、日本語対応など一切できませんでしたが、海・空・風など自然を感じることができ、本当にゆったりとした「サムイタイム」を楽しめることができました。 もちろん西側と東側ではメリットデメリットがあります。 観光客が多く施設面や近隣のショップ事情が整っている東側、人が少なく大自然をゆったりのんびり楽しむことができる西側。 さて、ここからはサムイ島の食事について書いていこうと思います。 ベースは私が体験したサムイ島の西側のお話になります。 サムイ島の食事全般は、東側(チャウエンビーチ近郊)に滞在している場合お店にはほとんど困らないと思います。 スーパーマーケットにコンビニ、その他レストランなど何でもあります。 さすが観光地といった感じですね! 西側のビーチリゾートを拠点にした場合、ホテルでの食事がメインとなります。 もちろん、定期的に出ているバスやタクシー、レンタサイクルやバイクなどで東側に行くことも可能ですし、隠れ家的なレストランがあったりするので散策するのもよいでしょう! 私は「ビーチリゾートでのんびりしまくる!」と決めていたので、ホテル内の食事レポートがメインとなります。 私が宿泊したサンセットビーチリゾート&スパの朝食は、洋食のビュッフェを中心に南国の果物ジュースやココナッツを使ったジャムなど、まさに南国感抜群な朝食を海を見ながら食べることができます! 朝日と南国の風を感じながら食べる朝食は、言うまでもなく最高です。 バイクで1周まわる旅もしたかったんですが、今回の旅のコンセプトは「のんびりるす!」ということでしたので、ちょっと優雅にまわってみました。 参加してみてわかったのは、観光スポット自体は1日いれる場所はほとんどなく、巡るのがちょうどよい感じですね。 朝からアクティブに動き、午後からビーチでのんびり。 こんな生活も楽しめるのがサムイ島! ちなみに、1日もあれば十分バイクや車でまわれるくらいの島です。 ホテルで無料レンタルができる自転車でも行けなくはないですが、日が沈む前に帰宅することをお勧めします・・・! サムイ島の大自然をぜひ楽しんでください。 サムイ島での移動手段について 基本的な移動手段ですが、「ソンテウ」というトラックの荷台に屋根がついている相乗りバス、タクシー、バイクタクシー(バイクの後ろに乗る)が主です。 タクシーは、メーターがついていてもほとんどの場合乗る前に交渉する形になります。 ホテルから出発するときには、タクシーを呼んでもらうのが安全でしょう。 また、ホテルによっては定期バスも出ているので宿泊施設で確認しておくとよいかもしれません。 サムイ島を訪れたことのある方は「バイクか自転車が楽しいよ!」とのことでした! サムイ島から帰る。 楽しいサムイ島ライフも最終日。 日本では見ることができないほど魅力的な自然あふれるサムイ空港を楽しんだら、飛行機で大陸を目指します。 サムイ島からはスワンナプーム国際空港に飛ぶのが一般的ですね。 私は、帰りの便もLCCを利用する予定だったので、スワンナプーム国際空港からドンムアン空港に移動する必要がありました。 ここでポイント。 朝一でサムイ空港を出発し、深夜のドンムアン空港発の便で日本に帰ります! スワンナプーム国際空港からドンムアン空港に移動するのであれば、荷物を空港で預けてバンコクで1日遊び、その日の夜にドンムアン空港に行けばいいんですよ。 タイを最後の最後まで楽しんじゃいましょう・・・!.

次の

秘蔵地タイの離島【サムイ島】日本人が少なくゆっくり過ごせるリゾート地

サムイ島

全島がココナッツの木で覆われていることから、別名「ココナッツ・アイランド」とも呼ばれるサムイ島。 タイで三番目に大きな島ながら、環境に配慮した開発が条例によって定められているため、その大自然と調和した、大人の洗練されたリゾートステイを心ゆくまで堪能できます。 オン・ザ・ビーチのリゾートに滞在して、沖合の熱帯雨林に覆われたパガン島(通称パンガン島)や、海水の浸食によってできた独特の景観が見どころのアーントーン諸島などへのアイランド・ホッピング、あるいはダイビングやシュノーケリングなど定番のマリン・スポーツからゴルフやジャングルでのアクティビティ、さらに古くから島民の信仰を集める寺院や彼らの暮らしに触れる観光スポットまで、楽しみはさまざまです。 ビーチ・宿泊施設 個性的なビーチの数々[サムイ島のビーチ] サムイ島東岸はさらさらとしたパウダーサンドのビーチが連なるエリア。 島内で最も賑やかなビーチであるチャウエンやラマイでは活気あふれる南国リゾートの雰囲気を、少し北にあがった閑静なチューンモン・ビーチでは美しい景観をのぞむことができます。 一方、ボプット・ビーチやメナム・ビーチなどが点在する北岸は静かで波も穏やか。 手つかずの自然がそのまま残された未開発のビーチが広がる西岸からは、とても美しい夕陽を眺めることができます。 リゾートとスパでリラックス[サムイ島の宿泊施設とスパ] 国際的なスタンダードを備える高級ホテルから、ロマンティックな隠れ家ブティックリゾートに至るまで、様々なスタイルの宿泊施設が揃うサムイ島。 そのほとんどがオン・ザ・ビーチで、海をのぞむ抜群のロケーションにあります。 もちろん、条例でココナッツの木より高い建物が建てられないため、自然と調和した景観は保たれたまま。 また、各ホテル内をはじめ、島内にはスパ施設も充実しており、優雅なリゾートライフをゆったりと過ごすことができます。 観光施設・アクティビティ アイランド・ホッピングで自然を満喫[サムイ島周辺の島々] サムイ島の沖合には手つかずの自然が残る個性的な島々が点在しています。 北へ約20キロメートルのパガン島(通称パンガン島)は、周辺でサムイ島に次ぐ大きさの島。 入り組んだ入り江に大小のビーチが数多くあり、波が穏やかでシュノーケリングやシーカヤックに最適です。 また島内で最も美しいといわれるリンビーチで満月の夜に行われるフルムーンパーティも有名。 島の中央部は深い森に覆われた山地となり、その一角にはラーマ5世や現国王が愛したという美しい滝・ターンサデットがあるなど、ハイキングにもおすすめです。 一方、サムイ島の西へ約20キロメートル、43の島々から形成されるアーントーン諸島では、海水の浸食によってできた独特な景観が広がっています。 国立公園事務所が置かれるウアタラップ島やサームサオ島では、真っ白な砂浜と長さ1キロメートルにわたる珊瑚礁がつづき、シュノーケリングを楽しむスポットとして知られています。 世界中のダイバーたちが目指す島[タオ島/ナンユアン島] サムイ島から北へ約60キロメートルのところにあるタオ島は、小さい島ながら、世界中のダイバーの間でジンベエザメに会えるポイントとして知られます。 島周辺に点在するダイブサイトは潮流が穏やかで、魚影が非常に濃いことが特徴。 タオ島から約8キロメートルのチュンポンピナクルがジンベエザメの出現で有名ですが、他にもナンユアン島西側に位置し「ハゼ天国」としてタイ湾で一二を争う癒し系サイトのツインズ、さらにはタオ島のメインビーチであるサイリービーチでも、時期によってはトウアカクマノミの卵が孵化する貴重なシーンが見られるなど、ビギナーからエキスパートまで楽しめるダイバーたちのパラダイスとなっています。 もちろん、アフターダイビングは島内の充実したリゾートやマッサージ・スパでゆったりと。 多彩な陸上のアクティビティと島内観光[サムイ島のその他のスポット] 全島の約54%が山地で占められているサムイ島は、陸上のアクティビティも充実しています。 山の傾斜を利用して設計されたサムイ島の唯一のゴルフコースは、他とは違った難しさがあり、充分な攻め応えが期待できるでしょう。 山合いには豊富な水量を誇る滝が4ヶ所あり、そのうちヒンラード滝やナームアン滝などでは遊泳も可能です。 また、雄大な海を眺めながらのエレファント・トレッキングは、なかなか他所では経験できないサムイ島ならではのもの。 他にもサムイ島のランドマークである黄金のビッグ・ブッダ寺院や、猿たちがココナッツを収穫する様子を見学したり、猿たちによる愉快なショーを観ることができるモンキーセンターなど、島内には多くの名所があります。 基本情報 位置 スラーターニー市内の東の沖合約80キロメートル 隣接する県 旅の季節 2月〜6月 晴天が続き、波も穏やかなベストシーズンです。 7月〜9月 夕方に小一時間ほどスコールが降る程度で、モンスーンの影響もありません。 セカンドベストシーズンです。 10月〜1月 スコールと強風モンスーンの頻度が高く、不安定な天候が続きます。 ダイビング、シュノーケリングに関しては、2月上旬〜10月下旬がベストシーズンとなります。 行き方 飛行機 スワンナプーム国際空港から、サムイ島行きのタイ国際航空が1日2便、バンコクエアウェイズが1日10便以上運航[所要約1時間20分] 鉄道 バンコクのフアランポーン駅から南線の夜行列車でスラーターニー駅下車。 ナートンから主要なビーチ間はソンテウが往来しています。 チャーター制のメータータクシーも数は少ないがあります。 主要連絡先 TATスラーターニー 077-288-817, 077-288-818, 077-288-819 TATサムイ ツーリズムコーディネーションセンター 077-420-504 ツーリスト・ポリス 077-421-281 ナートン警察署 077-421-095 チャウエン警察署 077-422-067 ラマイ警察署 077-424-068 メーナム警察署 077-425-070 ボプット警察署 077-425-071 サムイ国際空港 077-425-012 イミグレーションオフィス(ナートン) 077-421-069 サムイ病院 077-421-230, 077-421-232 バンコクサムイ病院 077-429-500 サムイ国際病院(チャウエン) 077-230-781, 077-230-782 タイ国際病院(ボプット) 077-414-400, 077-414-401, 077-414-402, 077-414-403 バンドン国際病院(ボプット) 077-245-236, 077-245-237, 077-245-238, 077-245-239.

次の