自律神経失調症 ツボ。 自律神経のバランスを整えるツボ!自律神経失調症に効く!

鍼灸・ツボ治療

自律神経失調症 ツボ

【自律神経失調症 ツボ】 自律神経失調症にツボ押しは効果ある? 自律神経失調症を改善するための方法の一つとして、 「ツボ押し」というのがあります。 ツボは体にいくつも存在しており、目には見えませんが不調を改善するためのポイントとして知られています。 「ツボ」という言葉は一般的にも馴染みがあり、聞いたことが無いという方はいないのではないでしょうか。 しかし、ツボは筋肉のコリや痛みに対して効果を発揮するというイメージがあり、自律神経失調症がツボ押しによって改善されるというのを耳にすることはあまりありません。 ツボ押しというのは、自律神経失調症に対しても効果を発揮するのでしょうか。 ここでは、自律神経失調症とツボについて解説していきます。 自律神経失調症のツボについて興味があるという方、ご参考ください。 理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院 自律神経失調症に対するツボ押しの効果とは ツボ押しは筋肉の凝りや痛みに対して効果があるというのは知られていますが、自律神経失調症に対しても効果があるのでしょうか。 答えは、「効果ある」です。 当院でも自律神経失調症の方は多く来院されますが、一言で自律神経失調粗油といってもその症状は多岐にわたります。 人によって症状もまったく異なるため、筋肉のコリや痛みと違って決まったやり方はありません。 そのため、他の整体院や鍼灸院・自律神経失調症専門を謳っている治療院に行っても改善されなかったという方も多いのです。 しかし、当院で施術を受けることでそういった方々の不調が解消されるケースは多く見られます。 自律神経失調症を改善するためには体調自体を向上させる必要がありますが、実は「ツボ」には体調不良を改善する効果もあり、ツボを意識して施術を行うこともよくあります。 実際に自律神経失調症が改善・解消されるケースは多く見られ、ツボというのは体調を整えるのに重要なポイントの一つといえるでしょう。 自律神経失調症を改善するツボ ツボは、体のいたる部分に存在しています。 そのどれもが体調不良に対しても効果があるのですが、その中でも自律神経失調症に対して一番効果を感じるのは 「腹部にあるツボ」です。 腹部にあるツボは内臓に対する効果を強く発揮しますが、実は内蔵と自律神経は解剖学的にもつながりの深い部分です。 自律神経が乱れると内蔵の調子も悪くなりやすいですし、内臓の調子が良くなることで自律神経にも良い影響が及びます。 実際に自律神経失調症の方は内臓の不調を訴える割合も多いのですが、内臓の調子が向上することで自律神経失調症が不思議と改善されるケースは多く見られます。 このことからも、内臓のツボを刺激することは自律神経失調症を改善するために欠かせないポイントといえるでしょう。 ここでは腹部のツボを中心に、自律神経失調症を改善するツボを紹介していきます。 鳩尾(きゅうび) みぞおちの所にあるツボです。 おへその直線状を上に行くと「剣状突起」という骨にぶつかりますが、その少し下がツボの場所となります。 自律神経失調症の方は、この部分に痛みや圧迫感・もやもや感があることも多いです。 自律神経失調症にかぎらず、起立性調節障害やうつ病などでメンタル的に落ち込んでいるときは、この部分を軽く押すだけでも痛みを感じたりします。 神経衰弱や精神的疾患に効果があるツボして知られており、当院でも特に意識してケアを行う部分でもあります。 中脘(ちゅうかん) おへそとみぞおちの、ちょうど中間にあるツボです。 胃の症状全般に対して、非常に効果があるツボとして知られています。 過度のストレスは胃潰瘍の原因になるというのは一般的にも知られおり、メンタルと胃はとても深い関係にあります。 自律神経失調症の方は胃痛などの不調を訴える方も多く、このツボは消化器の状態を整えるために不可欠なツボとなります。 さらに、このツボは腹部の内臓機能を調節する自律神経叢があるところに位置します。 そのため、非常に広い範囲の症状に効果があるのです。 百会(ひゃくえ) 頭頂部のほぼ中央にあるツボで、全身の状態を整えるツボとしてよく知られています。 応用範囲が広く、多くの症状に効果があるといわれています。 指圧するときは、頭のてっぺんから真っすぐ体の芯に抜けるような感じで押します。 しかし、グイグイ押しても何か起きるわけではありません。 ツボの表面に軽く触れるだけでも効果はあり、優しく心地いい感じで触るといいでしょう。 精神的なものが影響して起こる症状も含め、様々な要因で起きる頭のぼんやりした感じをスッキリさせる効果のあるツボです。 しかし、当院では施術中にこのツボを使用することはありません。 ご自分で行うケアのときに使うといいでしょう。 背中のツボ 背中には 「膀胱経(ぼうこうけい)」と呼ばれるラインがあり、その線上に多くのツボが存在しています。 「背中は健康のバロメーター」ともいわれますが、自律神経失調症では背中の張りや痛みを伴っていることも多く見られます。 背中の状態が良くなると内蔵の働きも良くなり、体調の大幅な改善が見込めます。 ただし、背中のツボをやたらに押せばいいというわけではありません。 不調があるときはツボのある部分の筋肉が緊張しますので、そういった筋肉の緊張を緩めるのが効果的です。 背中の緊張が緩むことで、凝りや痛みの解消だけでなく、胸の圧迫感、内臓の不調、精神の安定に対しても非常に効果を発揮します。 当院でも、自律神経失調症の方には背中の緊張を重視して施術を行うことが多いです。 自律神経失調症に対するツボ押しのやり方 ツボ押しは自律神経失調症に対しても効果を発揮しますが、ただ単に押せばいいというわけでもありません。 グイグイと強く押しすぎても、筋肉を傷めるだけで不調の改善にはつながらないのです。 基本的には指に力を入れず、筋肉に指が沈んだくらいの圧でいいと思います。 ツボは軽く触れるだけでも効果はあるので、やさしく刺激するくらいの感覚でやりましょう。 押すときの精神状態も重要で、「治そう!」と思って押していても、神経が高ぶった状態なので体の緊張は緩みません。 ツボを押した際の刺激が体に浸透して、不調が改善していくようなイメージを持ってやるといいでしょう。 何も考えずに感覚だけでやるのが一番効果的です。 自律神経失調症のツボ押しは、自分でやるより他人にやってもらったほうが効く? 実は自律神経失調症のツボ押しは、自分でやるよりも他人にやってもらったほうが効きます。 背中のツボは自分では刺激しにくいですし、その他のツボも他人にやってもらったほうが効果は出ます。 他人にやってもらうときは力みが無い状態なので、そういった微妙な体の状態がツボ押しの効果を左右しているのだと思われます。 自分でやるのもいいですが、家族に押してもらったり治療院でケアを受けると、また違った効果を感じたりするはずです。 自律神経失調症でお悩みなら当院へ。 お気軽にお問合せ下さい。

次の

ストレスがラクになるツボ

自律神経失調症 ツボ

この記事の目次• 自律神経を整える方法 自律神経を整えるための方法は、大きく分けると次の5つです。 ツボの刺激で自律神経を整える• 食事中に自律神経を整える方法• 体の冷えを改善して、自律神経を整える• 心の持ち方を変えて自律神経を整える• 自分に向き合って自律神経を整える それぞれのやり方などを、くわしく解説していきますね。 自律神経を整えるツボの刺激 手や足、耳にはたくさんの、体の器官を投影しているツボがあります。 ツボの刺激は、滞っている血流を改善し、自律神経を整え、反映している臓器に元気を与えます。 自律神経を整える効果のある耳のツボ「神門 しんもん 」 自律神経のバランスが崩れたら、「まず 神門を刺激するのがいい」と言われるほど、効果が高いと言われているのが、「神門」と呼ばれるツボです。 神門を耳の裏側と表側から指ではさむように持ち、優しくもんだりさすったりしてみてください。 神門の位置は、上の画像を参考にしてくださいね。 もし、気分が悪くなるようでしたら、いったん止めて様子を見ながら少しずつ行っていきましょう。 自律神経が整えられる過程で、こうした反応がでることもあります。 続けられるようでしたら、5分くらいマッサージすると効果的です。 自律神経失調症に効くツボ「心包区(しんぽうく)」 自律神経失調症の改善に効果の手のひらのツボが「心包区 しんぽうく 」です。 「心包区」の位置 心包区というツボは、中指の下で、手のひらのほぼ中央にあります。 「心包区」の押し方 親指を心包区に置き、少し強めに3秒ほど押し込みます。 押している間は 息を吐きましょう。 手を放したら、ゆっくり息を吸いましょう。 目を閉じて、押している 心包区に意識をもっていき、ゆったりとした気持ちでツボを刺激してくださいね。 何回か繰り返し、両方の手を、同じように押すと効果があがります。 「心包区」の効果 心包区の心包には、心臓を包んでいる袋、という意味があります。 心包区の刺激は、緊張状態にある 心臓と 交感神経をリラックスさせて、自律神経を整える効果があるのですよ。 心包区は、自律神経失調症のほかに、不眠症や多汗、疲れを解消する効果もあります。 心包区は 足の裏の中央にもありますので、同じように刺激すると、さらに効果的です。 自律神経失調症に効くツボ「指間穴(しかんけつ)」 「指間穴」 しかんけつ というツボも、自律神経失調症の改善に効果があります。 「指間穴」の位置 「指間穴」は、指と指の間で、手の甲側にあります。 「指間穴」の押し方 親指と人差し指で、 「指間穴」を挟むようにして、刺激してください。 「指間穴」の効果 「指間穴」というツボは、自律神経を整えるほかに、冷え性や体の疲れをとる効果があります。 足の甲の、指と指の間にも「 八風(はっぷう)」というツボがありますので、同じように刺激すると、さらに効果的です。 自律神経失調症に効く足裏のツボ 足の親指には、頭の中に関係するツボが集まっており、親指全体をマッサージすることで、自律神経を整える効果があります。 脳内の血行がよくなりますますので、頭の疲れがとれると同時に、体も気分もすっきりしてくるでしょう。 親指が硬い人は、脳に疲れがたまっている傾向にありますよ。 足の親指をマッサージする方法 まず、足の親指全体的を軽くほぐします。 手は温めておいたほうがいいでしょう。 親指がほぐれてきたら、少し力を入れてさらにほぐしていきましょう。 気分が悪くなったら止めて、様子をみながらゆっくり行ってください。 次に、親指の付け根に、手の親指の腹を当てて、指先の方に向かって、押すように刺激します。 両方の足を同じようにしてください。 マッサージの方法が難しいと思ったら、この通りにしなくても大丈夫です。 気持ちいいと感じるやり方で、優しくマッサージしてあげてくださいね。 最後に、 肩や首をゆっくり回して、さらに血行を促しましょう。 ツボの刺激は効果がありますので、毎日少しずつでも、続けてやってみてくださいね。 Sponsored Links 食事中に自律神経を整える方法 食事中はリラックスすることが大切です 簡単すぎて、軽視されがちだけど、とっても大切なのが食事中の心の持ち方です。 食事の時は、自律神経の中の副交感神経が優位になるときで、消化がうまく進むように、調整しています。 副交感神経が働くためには、食事中は リラックスしていることが大切です。 食欲がないときは、無理をして食べる必要はないでしょう。 食欲がないということは、内臓がまだ消化の体制に入っていない、ということが考えられます。 お腹がすいてきたら、少しずつゆっくりと、楽しい雰囲気の中で食べるようにして、 副交感神経が働ける状態を作ってあげてくださいね。 よく噛んで食べましょう 食べたものの消化を助けるために、よく噛んで沢山の 唾液 だえき を出すことも、自律神経を整えるためには大切なことです。 一口で 30回くらい、かむようにするといいでしょう。 唾液は消化を助けるだけではなく、口の中の菌の増殖を抑えたり、虫歯になりにくくしたり、 活性酸素を消去する働きがあるとも言われていますので、さらに自律神経を整える効果があると言えます。 身体のゆがみや、肩こり、首のコリを解消するには、 ストレッチが効果的です。 こちらで、やり方をご紹介しています。 体の冷えを改善して、自律神経を整える 冷え性を改善しましょう 身体に暖かい血液を運ぶ血管を調整しているのも、自律神経で、冷え性になっていると自律神経の働きを正常に保つことが難しくなります。 冷え性を改善する方法は色々ありますが、筋肉を鍛えて柔軟にしたり、熱を発生させるために、糖質やミネラル、ビタミンなどの栄養素をまめにとることも大切です。 筋肉を鍛えるために、つらい筋トレをする必要はありません。 身体の中で一番大きな太ももの筋肉を使う、 ウォーキングがおすすめですよ。 お尻の筋肉をほぐしましょう。 お尻の筋肉が固くなることで、血液の流れを悪くし、自律神経に悪影響を与えていることもあります。 お尻には梨状筋(りじょうきん)と呼ばれる筋肉があり、そばには大きな神経が通っています。 固くなることで、神経を圧迫したり、下半身の血行を悪くしたりすることがあるのです。 足の後ろを伸ばすストレッチや、梨状筋をほぐすマッサージで、血液やエネルギーのとどこおりを解消し、自律神経を整えましょう。 Sponsored Links 心の持ち方を変えて自律神経を整える 心に負担をかけないようにしましょう 身体にかかる様々なストレスもそうですが、心にかかるストレスは心臓やその他の臓器に負担をかけてしまいます。 精神的にしんどい時は、自分の 身体の健康を最優先に考え、無理をしないで、ストレスのある状況からは、一旦離れるなどしてみましょう。 心の負担をできるだけ軽くして、まずは体力をつけるようにすれば、自律神経も整ってきます。 身体が元気になれば、今まで気になっていたことも、それほど気にならなくなったりしますよ。 夜はゆったり過ごして、ゆっくり休みましょう 入眠体制を作ることが大切です。 睡眠は副交感神経の出番です。 この時に、元気に活動するための交感神経が働くようなことがあれば、自然な睡眠に入っていくことが難しくなり、自律神経を乱す原因にもなります。 夜はできるだけリラックスしていることが大切です。 カフェインなどの刺激物は、身体を緊張状態にしてしまいますので、夜はできるだけ飲まない方がいいですね。 寝る2時間前くらいに炭酸水を飲むことをオススメします。 炭酸水に含まれる炭酸ガスが、身体にたまっている疲労物質と結びつき、体外へ排出してくれることで、 疲労回復に役立ちます。 また、炭酸水には血管を広げる作用がありますので、冷え性や肩こりの改善にも役立ちますよ。 炭酸水の効果については、こちらでもご紹介しています。 (ただし、お腹の弱い人は飲まないでくださいね。 ) 寝る前の糖質の摂取は控えましょう 寝る前の 糖質の摂取は出来るだけ控えましょう。 糖質をとると血糖値が上がり、上がった血糖値は次にガクンと下がって、下がった血糖値を上げるために次は交感神経が働きだすのです。 寝ているときに交感神経が働きだすと、熟睡もできません。 悪夢を見たり、汗をかいたり、歯ぎしりしたりします。 寝る前にお腹がすいたら、お豆腐やチーズといった糖分の少ないものを食べるようにしてくださいね。 動きすぎたりしていませんか。 自律神経を整えるために、 ゆっくりと行動して、気分を落ち着けることが大切です。 やらなければならないことが多いかもしれませんが、身体の健康を優先して、ゆっくりと動いたり、少し休みを入れたりしましょう。 Sponsored Links 自分に向き合って自律神経を整える 泣きましょう 涙の中には、ストレスで生じた有毒物質の コルチゾールと言う成分が、含まれています。 人は泣いた時に、このコルチゾールを体外に排出して、身体のストレスを減らしているのです。 感動する映画やドラマを見て、ときには大泣きし、 自律神経のバランスを整えましょう。 泣くことは恥ずかしいことではありませんので、悲しいときや嬉しいときには泣いてくださいね。 姿勢を正して、丹田呼吸をしましょう。 背中が丸くなっていたり、肩に力が入りすぎたりすると、呼吸がとても浅くなります。 呼吸が浅いと、酸素の供給も充分ではなく、自律神経が十分に働けなくなります。 肩の力を抜いて、自然に胸を開いて、お腹で息をするようなつもりで、呼吸してください。 おへそから、指3本くらい下のところに「 丹田(たんでん)」というツボがあります。 ここに 意識をもっていき、ゆっくり出したりへこましたりを、呼吸とともに繰り返してみてください。 身体が温まってきて、自律神経が整えられ、気分が落ち着きますよ。 自律神経を整える瞑想しましょう 瞑想の効果には、いまやグーグルやインテルといった大企業が、社内プログラムに取り入れているくらい、素晴らしいものがあります。 能力開発やストレス軽減、不眠症の解消にも効果を発揮しています。 瞑想と言っても、座ってじっとしているばかりではありません。 歩く瞑想や、自分の中の子どもである、インナーチャイルドを認め、癒すといった瞑想もあります。 気持ちが落ち着き、物事にあまりこだわらなくなったりしますよ。 とってもおすすめです。 色んなタイプの瞑想をこちらでご紹介しています。 自律神経を整える効果のある食べ物は? 自律神経を整えるためには、栄養バランスのよい食事を心がけることが大切です。 それぞれの栄養素が、バランスよく体内にあることで、よく働いてくれるからです。 ストレスへの抵抗力に強いと言われる ビタミンCやB群は、不足しやすい栄養素なので、まめに摂るようにしましょう。 ビタミンCは野菜や果物に、ビタミンBは肉類、レバー、青魚、たまごなどに多く含まれています。 レバーは、貧血を予防し病気への抵抗力を高める効果のある 鉄分も多く含んでいます。 不足すると、イライラしやすくなる カルシウムは、小魚や海藻、乳製品などで摂りましょう。 エネルギー不足は、良質の たんぱく質で補いましょう。 大豆製品や乳製品、たまご、牛肉、豚肉、鶏肉、いか、マグロ、カツオなどに含まれるたんぱく質には、脳を活性化し神経の働きを改善する効果があります。 自律神経を整える効果のある漢方薬は? 漢方薬には、自然の恵みを利用しておだやかに自律神経を整えていく効果があります。 自律神経に効果のある漢方薬は、15種類以上あり、様々な症状や体質に合わせて用いられることで効果が発揮されます。 なるべく医療機関を受診して処方してもらうようにしましょう。 自律神経失調症によく用いられる漢方薬には、次のようなものがあります。 「桂枝加芍薬大黄湯 けいしかしゃくやくだいおうとう 」疲れやすい、便秘などの症状に効果的• 「酸棗仁湯 さんそうにんとう 」疲れやすい、不眠 などの症状に効果的• 「 竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)」不眠、イライラする などの症状に効果的• 「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」熱感、イライラする などの症状に効果的• 「釣藤散(ちょうとうさん)」頭痛、めまい などの症状に効果的• 「加味逍遙散(かみしょうようさん)」ほてり、疲労、生理不順、冷え性 などの症状に効果的 などです。 すでに「自律神経失調症」と診断されていらっしゃるなら、 心療内科を受診されるのもいいでしょう。 自律神経を整える効果のある音楽は? 心地よいと感じる音楽には、心をリラックスさせるアルファ派を増やす効果があります。 毎日、あるいは数日に1回、あなたにとって心地いいと感じる音楽を聞きましょう。 もし、どれがいいのかわからない、ということでしたら「モーツァルト」をおすすめします。 モーツァルトの音楽には、癒し効果の高い曲が多いと言われているのですよ。

次の

ストレスがラクになるツボ

自律神経失調症 ツボ

自律神経失調症を自力でできる治し方を紹介しています。 憂うつな気分で体に力が入らない・・・。 体がだるいし重くて何をしたら良いのかわからない・・・。 自律神経失調症で、そんな不快な思いをしていませんか? そもそも、自律神経失調症は• 精神的に弱くなり体調が崩れたのか?• 体調が崩れたから精神的に弱くなったのか? どちらが原因で自律神経失調症になったのでしょうか。 なかなか他人には説明できずモヤモヤすると悩んでいる人も多いかもしれません。 だからこそ 他人のペースに乱されないよう、自力で出来る自律神経失調症の治し方を探しているのかもしれませんね。 私の場合は、何年も専門の病院で治療を受けていましたが、一向に心がはずまない感じが良くなる気配がないと思っていました。 定期的な治療では、近況報告や症状、いつもの薬、世間話などをして終わってしまいます。 病院では、改善の兆しが見えませんでした。 その他には、整体やカイロプラクティック、針灸、健康食品、催眠療法・・・なども試したことがあります。 こんな内容の繰り返しでは治るものも治りません。 自律神経を自宅で改善する方法は? 自律神経を自宅で改善するには、自分のペースで無理なく出来る方法が大切です。 正直なところ自力でできる自律神経失調症の治し方をどうしたら良いのかわからず困り果てていたのです。 一体何から実践したら良いのか・・・正直分かりませんよね。 病院でも薬でも思ったように改善しない・・・、これでは治療の施しようがありません! しかし、そんな私にも救いの手があったのです。 私の最悪な症状を見かねた友人が「自宅でできる改善法」をインターネットから見つけてくれたのです。 友人は、自律神経で悩んでいないからこそ、客観的に私を見て情報をリサーチできたと言っていました。 驚いたことに、 自力で自律神経失調症を改善できる方法のほとんどが、姿勢や骨格の乱れを矯正して治すというのです。 メンタルが問題ではなく、姿勢が悪化することで自律神経を圧迫して気持ちが落ち込んでしまいます。 そして、よくある 「精神論」では、無理やり体を動かさないといけないので逆に何もできなくなってしまいます。 もし、あなたも自宅できる改善方法に興味があるのでしたら確認してみてください。 自律神経を改善する教材 こちらは自宅で自律神経を整える教材です。 自律神経失調症で悩まれた方が実際に改善に向かうまでの方法を考案したノウハウとなっています。 あなたと同じように自律神経で悩まれた川口さん(考案者さん)が、無理なく改善できた方法です。 公式サイトでは、ちょっと長めの文章になっていますが、徹底的に悩みや改善法を紹介しています。 自宅で体に負担なく、通院もせずに自律神経失調症をどうにかしたい方は試してみてください。 あなたのペースでできるからゆっくりでき、気持ちも混乱しません。 こちらの方法では、 体の歪みなどを自宅で矯正することで自律神経失調症を改善していきます。 体の歪みと自律神経は深く関係しており、体の歪みが自律神経を司る器官を圧迫している可能性があります。 その歪みを自宅でじっくりと自分のペースで改善し自律神経を直していくのです。 もちろん難し内容ではありません。 1日たった数分体を動かす程度でも大丈夫。 無理なくあなたのペースで行うことができるのでプレッシャーやストレスが一切ありませんよ。 それとありがたいことに、病院や他の教材と違うところは、 川口さんが親身になって相談に乗ってくださることです。 日頃から不安に感じている• 誰に聞いたら良いのか悩んでいる• 誰にも相談できない• 気持ちが落ち込み過ぎてどうしたら良いのか分からない• 何も手に付かない というような悩みを抱えている人に救いの手を差し伸べてくださいます。 わたしも、症状が悪化し仕事が出来なくなってしまった時に本当に助けて頂き感謝しています。 川口さんは、自律神経についての知識も深く明確なのですが、これまで多くの悩みを改善に導いているデータが集まっています。 つまり、症状別に改善する方法を把握されているのです。 家族のようにあなたの悩みを聞いてくれるので、心の不安なども解消できます。 自律神経失調症といった症状は、悩みや相談をメールなどでやり取りするだけでも快方に向かう場合があります。 自律神経を改善する方法も大切ですが、専門家が悩みを聞いてくれることも重要ですよ。 ちょっと動き出す勇気がないと自宅でも改善できません。 ちなみに、こちらが ですが、ちょっと長めの内容となっているため、読むのが大変だと思います。 そして、そのノウハウを簡潔に紹介していますので、興味がある方は をご覧くださいね。 以上が、自宅で簡単にできる自律神経失調症を改善する方法でした。 病院に通ってなかなか治らない・・・と悩みを抱えている人は、薬を飲むのではなく自分の力で身体を良い方向へ向かわせることが大切です。 あなたに合った方法で、なんのストレスも無くできる方法ばかりなので、まずは実践してみる事が大切です。 自律神経失調症で乱れた心を落ち着かせるには? しっかりと睡眠をとることです。 乱れた自律神経を整えるためには、睡眠と栄養は欠かせません。 特に睡眠は1日の疲れを癒すばかりか、頭の中でグルグルと回り続けているイライラも解消してくれます。 ただ、悩み事や仕事のストレスなどを考えていると、なかなか寝付けない…という方も多いかもしれません・・・。 わたしも頭の中で考えてしまうと、全然眠れなくなってしまいます。 すると、眠れないというイライラからストレスが溜まり、悪循環からさらに眠れないという負のスパイラルに陥ってしまいます。 夜になり布団に入って目をつむるだけで眠れたら問題はないのですが・・・。 こんなに眠れないなら「睡眠導入剤」を飲んでみようと、友人に相談したのです。 すると友人は「 睡眠導入剤は、効果が強すぎてふら付いたり、飲んだ後はボーっとして何もできない、飲むのを止めると更に不眠になる。 」とアドバイスをくれたのです。 実は、友人も不眠や自律神経で悩んでいる時期があり、同じ悩みを分かってくれる人でもあるのです。 そして、友人は「良質な睡眠」と「ストレスを緩和」する効果が期待できる「機能性表示食品」を薦めてくれました。 その機能性表示食品を調べてみたところ• 寝つきが良くなり起きた時のスッキリ感が味わえるようになりました!40代女性• 眠剤のような眠りではなく、 自然な眠りが心地良いです!60代男性• 朝の目覚めにだるさがないので感動しています。 70代女性• 生活リズムの乱れが良い感じになりました。 50代女性 というように嬉しい効果を実感されているようでした。 実は、機能性表示食品というのは、検証結果が出ており効果効能の報告がされています。 だから、嬉しい口コミが多数寄せられているのですよ。 早速、友人に教えてもらい数日飲んでみると・・・。 寝つきが良くなり、起きた時のスッキリ感を実感できるようになったのです。 あれほど、イライラで寝付けなかったのが嘘のように。 以前は、苦しみながら目を開けて起床していたのですが、今では自然に目が覚める感じです。 少しでも気分が良いと次への行動に繋がります。 睡眠は様々な症状を回復してくれます。 一人で悩んでいたり、症状と戦っていても浮き沈みがあるため、なかなか改善しません。 もしかしたら、悪化する可能性もあります。 だから、まずは 体を休めるためにも睡眠に嬉しい栄養をしっかりと摂り、次のステップに進めるように頑張ってみてください。 「あ…今日の目覚めはちょっと良いかも。 」という程度でも全然前進しているのです! ストレスを減少させる作用もあるため眠りの深さの向上をサポート。 睡眠は自分の力で何とでもなりますが、必要な栄養を補給すれば効率よく眠れるようになります。 以前のようにリラックスしながら眠れた時を思い出してくださいね。 を試してみてください。 自律神経失調症を患う人の共通点とは 自律神経失調症を患っている人にはある共通点があるという事。 その共通点を理解し改善する事で悩んでいた症状を緩和もしくは改善できるのです。 まず、考えられる共通点は「ストレスが溜まって不調、心が重い、むしゃくしゃする」というのです。 日頃の仕事や家事、プライベートのストレスが溜まり心の不調や気持ちが滅入ってくる…。 しかも、ストレスが溜まると寝る前に色々と思い出してしまい不眠症になる確率が高くなります。 「考えれば考えるほど眠れなくなりめいります。 」 すると、日中はキレがないようになり何も集中できなくなり更に憂鬱なストレスが溜まるという悪循環。 このストレスを解消するには、体を動かす趣味や没頭できる趣味などがおすすめです。 しかし、体調不良で気持ちが落ち込んでいるときはそんな余裕がありません。 「何もできなんです…。 何となく気分が重い。 」 だから、誰にでもできるストレス解消法を試してほしいのです。 自律神経失調症を自力でやれる治し方で骨盤や姿勢を改善 そして、もう一つの共通点というは 脳の一番奥にある「脳幹」という部分の機能障害が症状を悪化させるのだそうです。 「え・・・。 脳とか関係あるの?よくある精神論じゃない?」 正直、脳の障害がこの辛い自律神経失調症を発病するなんて信じられませんでした。 気持ちが乗らないから• 体調が優れないから その結果、今の症状なんだと思っていたのです。 でも、この脳幹の働きを理解すればするほど自律神経と深い関係なのだと知らされました。 実は、脳幹は内臓機能、体温調整、ホルモン分泌、心拍、血管運動というような生きていくうえで必要な働きを司どっています。 つまり、脳幹の機能が低下や不全となると体を動かすのも、難しくなるのです。 ただ、そんな大切な部位である脳幹の機能を自力で改善できるのでしょうか。 もしかしたら手術とか必要になってくるのでは?と不安になるかもしれません。 でも、安心してくださいね。 姿勢や骨盤の位置を整えると自律神経失調症を改善してくれます。 自律神経失調症の苦しさを自力できる治し方で解消 自律神経失調症について色々調べていくうちにわかったのですが、陰鬱な症状で悩まれている方のほとんどが女性でした。 どうして、女性が多いのかと言うとホルモンバランスの乱れが男性よりも複雑だからです。 女性は、初潮から始まり生理、妊娠、出産、更年期と一生のほとんどでホルモンバランスが乱れています。 そのため、仕事や育児などでストレスが溜まり変調を感じる、イライラしたり、憂鬱な気分で落ち込んでしまうと、更に症状を悪化させていまう恐れがあるのです。 ただ、人それぞれ異常な症状が違うので他人は気づきにくいかもしれません。 このさっぱりしない辛さがわかってもらえないのが、本当に悲しいんです…涙 自分と向き合う事も大切!自律神経失調症を自力でやれる治し方は 自律神経失調症になる特徴として挙げられるのが、『周囲に気を使いすぎる』『仕事を頑張りすぎる』というような性格の人に多いようです。 確かに私も人づきあいが得意ではなく、ついつい周りに気を使ったり、足を引っ張ってはいけないと思い、途中で仕事を止める事ができません。 もう少し気楽にいかなくては…と感じているのですがなかなか上手くいかないんですよね…涙 そんな時に、担当の医師以外に診察してもらった時にあるアドバイスをいただいたのです。 それは、自分を客観視して自分と向き合う事も大切という事でした。 心構えを変えるだけで気持ちが楽になる!? 自分を客観視するなんて今までした事がないので、どうやってするのか理解できませんでした。 その医師が言うには、自分の性格を考え直す切っ掛けになり、性格をコントロールする事で症状をやわらげられるのです。 そして、客観視する方法は自分がどのような状況にいるのか考え直す。 性格を全て改善する事はできませんが、調子が外れる・ストレスや問題点を考え直し、改善できるところは正していく事が大切です。 その事によって、症状の予防にもなります。 仕事が休みの日は、仕事の事は考えない! 休みの日でも、仕事の事が頭から離れないかもしれません。 それでは、頭の中や体は無意識に緊張しっぱなしで、ふっきれないため疲れを取る事ができないのです。 人に悩みを話すことで、落ち込んだ気分を解消したり予防する事ができるはずです。 規則正しい生活を心がける 自律神経失調症の人は、生活が乱れているケースがあると言われています。 仕事が終わらず晩飯が遅くなったり、就寝中に色々と考え事をしてしまい眠れず朝を迎えたり…。 これでは、自律神経が休めないのでさらに気持ちが晴れない症状が悪くなってしまいます。 だから、規則正しい生活を心がけるようにする必要があります。 以上が、医師からアドバイスを頂いた自分と向き合う方法です。 そして、一通り実践法を教えて頂き終わりかと思っていたら、医師はもうひとつアドバイスをくださりました。 そのアドバイスは、当然と言えば当然なのですが無知な私にとっては目から鱗の情報だったのです。 医師がオススメする自律神経失調症を自力でやれる治し方のアドバイスとは!? 偶然にも私の担当ではないその医師は、驚きのアドバイスをくださったのです。 自律神経は首に集中しています。 これは、本を読んで知っていたのですが、首にコリや疲れが溜まっていると肩回りも緊張して常に突っ張った状態になります。 その状態は、首にある自律神経を圧迫してしまうのです。 自律神経が抑えつけられるとどうなると思いますか?• イライラ• めまい• だるさ といった症状が現れてきます…。 自律神経を圧迫し続けていると、私たちが悩み続けている気分が落ち込む症状が、体中に発症してくるのです! これは凄い事を聞くことができた!と思い、その医師に治し方も相談しました…。 もしかしたら、今まで悩み続けていたすっきりしない自律神経失調症をこんなに簡単に治すことができるかも!?と思ったのです。 でも…残念ながら、そんなに上手くはいきませんでした…涙 なぜなら、その医師が指示してくれた治し方は、湿布を首に貼り、炎症やコリを解すという方法だったからです。 それを聞いたとき『え!?そんな治し方で!!』と、言いかけてしまいました。 時間さえあればスマホで、色々なホームページを観たり図書館に通って調べたりしました。 そんな時に、友人の勧めで自律神経失調症を改善する方法を紹介しているあるホームページに行きついたのです。 ホームページでは、私たちと同じような不調を訴える悩みを持っていた方が治し方や症状、原因など紹介していました。 先ほども紹介させていただきましたが。 その治し方は、骨盤の歪みを正しい位置に戻し、体自体の歪みを改善し緩んだ筋肉を馴染ませます。 そして、歪んだ姿勢が圧迫していた脳幹の働きを改善させるのです。 これは気分がすぐれない状態の自律神経はもちろん、姿勢も美しくなるので、家族や友人は違いにも気づくはずです。 そして、その自力でできる自律神経失調症の治し方を実践してから約1ヶ月が過ぎた頃でしょうか・・・。 外に出るのも頭が重く憂鬱だったのが、徐々に気分が良くなり外出できるまでになったのです。 しかも、あれほど嫌だった他人との会話も無理なくできるようになりました。 これも、自律神経失調症を自力でできる治し方があったおかげです^^ 本当に、感謝です!! もし、あなたも自力で自律神経失調症の治し方を探しているのでしたら一度、この方法のホームページを観てはいかがでしょうか。 きっと、今よりも改善する事ができるはずです! そして、以前のように気持ちの良い日の光を浴びに元気に外に出ていきましょう!.

次の