医療 事務 資格。 医療事務の資格に意味はないのか?【資格の知名度も重要】

医療事務の資格は国家資格なのか?

医療 事務 資格

医療事務の資格について第一に知っておかなければならないのは、医療事務の資格は1つだけではないという点です。 「医療事務の資格」と聞くと、医療事務の仕事をするための、ただ1つの資格をイメージしてしまいますが、そういうわけではありません。 80種類以上の資格がある 実は、医療事務資格と言えるものは80種類以上が存在しています。 これだけの数があると、一体どれを取得すればよいのかわからなくなってしまいますね。 国家資格はない なぜ、医療事務の仕事だけでこれだけたくさんの種類があるのかというと、それは医療事務に国家資格がないからです。 80以上の資格は、すべて民間資格となっており、様々な民間機関がそれぞれに検定を実施しているのです。 難易度も様々 非常に取得難易度が低いものもあるという、このような医療事務の現実を知ると、本当に医療事務という資格は就職に役立つのかと思われるでしょう。 事実、医療事務の資格が就職に有利になるのか、疑問といえる点があります。 病院側が全資格を把握しているわけではない そもそも、これだけたくさんの種類があり、その名前もよく似ている各医療事務の資格について、採用する側、つまり病院などの機関がその名前や内容の違い、取得難易度を把握してはいないということです。 「この資格を取っているのか!」と評価されるのではなく、「どうやらこういう資格があって、この人はそれを取得しているんだな」程度の見方になる場合が多いでしょう。 重要なのは資格よりも経験 では、医療事務資格は全く取得する意味がないのかというと、もちろんそういうわけではありません。 就職に直結こそしにくいですが、医療事務という専門的な分野で仕事をしようとするのであれば、資格という指標は確実に役に立ちます。 基礎知識の習得 医療事務の資格を取得するために勉強する内容は、医療事務の仕事をする上では基礎となる知識になります。 採用する側も、資格のある人とない人ではある人に目を向けるでしょうから、ライバルに遅れを取らないためにも、資格取得は有効です。 やる気のアピール しかし、資格以上にやる気や人間性を重視する採用担当者もいるかもしれません。 資格がなくても、やる気をアピールできれば採用される可能性はあります。 とはいえ、そのやる気は具体的にどのようにアピールするのでしょうか?資格取得は、そのやる気のアピールとして説得力がある方法だといえます。 医療事務資格3例とその難易度 それでは、どのような医療事務資格を取得すればよいでしょうか。 数多くある医療事務資格の中から、3つの例とその合格率、難易度をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 医療事務の代表的な仕事の一つに、レセプト(診療報酬明細書)を作成する業務があります。 これは医療費の点数や健康保険から、患者や、国・保険者が負担する医療費などを計算する業務で、医療事務の中でも専門性の高い業務となります。 レセプト業務に特化した試験 診療報酬請求事務能力検定試験は、このレセプト業務に特化した試験です。 この試験さえ押さえれば、レセプト業務についての実力を示せると言えます。 医療事務資格の中では高めの難易度 診療報酬請求事務能力認定試験には、医科と歯科の2つがあります。 その合格率は以下のようになっています。 もっとも信頼性のある医療事務資格 そしてこの資格は、医療事務資格の中では知名度も高く、信頼性のある資格です。 この資格取得が、そもそも採用条件になっている病院もあるようです。 ですから、医療事務の資格取得を目指すときは、他の資格を勉強して基礎知識を付けるとしても、最終的にはこの診療報酬請求事務能力認定試験の、とくに「医科」の合格を目指すとよいでしょう。 1つだけ目指すとすれば一番目に紹介した診療報酬請求事務能力認定試験がおすすめですが、それでは他の医療事務資格はどのように扱えばよいでしょうか。 各専門分野の仕事は難易度が高い 医療事務資格は、医療事務に関する一般的な知識を問われるものから、各専門分野に特化した内容まで様々あります。 そして、専門分野に特化していくほど、その取得難易度は高くなるようです。 専門分野の資格は、働き始めてから取得してもOK とはいえそういったすべての資格を、就職前に取る必要はありません。 むしろ、自分の仕事にマッチした知識を確実に勉強できるよう、働き始めてからキャリアアップのために取得する、という形が良いかもしれません。 医療事務資格を取得するかどうか それでは最後に、そもそも医療事務資格を取得するかどうか、迷っている場合の考え方を見ていきましょう。 医療事務資格を検討している人は、医療事務として働くことを考えているのではないでしょうか。 難易度だけでなく、仕事概要を調べて決めよう ゴールは医療事務としての就職なのですから、医療事務資格を目指すかどうか決める時は、資格そのものの難易度だけでなく、医療事務という仕事についても調べておくべきです。 その仕事内容やライフスタイルなどを見てみましょう。 医療事務の仕事内容 医療事務は、その名の通り医療に関わる事務作業をおこなう仕事です。 医療事務の仕事として代表的なものは「受付窓口業務」と「レセプト作成業務」があります。 レセプト作成業務については先にご紹介した通りです。 受付窓口業務はその名の通り、病院の窓口で患者の対応をする仕事です。 単なる事務だけでなく、薬についての知識や、コミュニケーション能力も問われる仕事になります。 また、入院患者と医師や看護師との橋渡し役になることもあります。 小さな病院では広範囲の仕事、大きな病院では専門的な仕事を任されるケースが多いようです。 医療事務の平均年収 それでは、医療事務として働く場合、収入はどれくらいになるでしょうか。 医療事務の月収は、病院の規模によっても異なりますが、大体20万円前後です。 年収としては、初年度で250万円前後、医療事務として働いている人全体で300~400万円ほどになるようです。 その一つは、家庭と仕事の両立にあります。 契約社員やアルバイトとして働く場合、医療事務は勤務日数や勤務時間を調整しやすい仕事であり、家庭と仕事を両立しやすいのです。 事務仕事もIT化が進み、事務作業自体の需要が減っている予想もできますが、同時に少子高齢化によって、医療機関の数そのものが増えていくことも事実です。 そのような中で、医療事務という職を手に付け経験を積めば、就職先が見つかりやすい堅い仕事となるでしょう。 そのため、出産などの理由で一度退職してから復職口を探しやすいというメリットもあります。 医療事務資格は80以上あり難易度も様々!よく検討して受験しよう.

次の

医療事務員になるには?資格の取り方【女性の仕事図鑑】

医療 事務 資格

医療事務の通信講座一覧と料金比較 医療事務の通信講座一覧と料金比較 このページでは、医療事務の通信講座(通信教育)一覧と、各講座の料金を比較しています。 医療事務の資格は数多く存在して(50種類以上!)、医療事務の通信講座によって、取得出来る資格が違います。 例えば、これはあまり知られていないのですが・・・。 医療事務の講座というとユーキャンやニチイが有名ですよね。 でも、ユーキャンとニチイでは医療事務の資格で最も評価される資格だといわれるは取る事が出来ないのです。 よって、講座選びはシッカリ行った方が良いのです。 このページでは料金だけを比較していますが、取得資格まで含めて比較してから学ぶ講座は決めた方が良いです。 このページで料金を比較している通信講座は以下の通りです。 最安値で医療事務資格が目指せる通信講座は?(一括支払) 講座 受講期間 テキスト・教材 料金 6カ月 ・テキスト4冊・ステディブック4冊 ・医療事務ハンドブック ・保険薬早見表・レポート ・修了試験問題・アドバイスレター 67,250円 6カ月 ・テキスト5冊・接遇とマナー (テキスト&DVD) ・トレーニングブック・解答解説集 ・医療用語、資料集・薬価早見表 ・診療点数早見表・医科点数便覧 ・会計欄用紙集・レセプト用紙集 ・添削課題集・ガイドブック ・合格ナビ・合格BOOK・医科試験問題 49,000円 6カ月 ・医療事務入門講座DVD・テキスト4冊 ・医科診療報酬点数表・レセプト用紙 ・略語・用語集・学科問題集 ・診療報酬請求事務能力認定試験模擬試験 (問題・解答解説) ・返信用封筒・質問票・受講ガイド 46,000円 5ヶ月 ・テキスト3冊・医科トレーニングブック ・医科サポートブック ・診療報酬明細書(レセプト) ・医科学習レポート集 ・医科コンピュータテキスト ・身につけたい接遇・診療報酬点数表 44,000円 3カ月 ・テキスト5冊・診療報酬明細書 ・添削問題2冊・DVD3巻 (添削問題全16回) 48,000円 3~4カ月 日本医療事務協会のオリジナルテキスト。 35年にわたる医療事務教育のノウハウ を基に基礎からしっかり学べる教材。 他の通信講座と比べて圧倒的に安いですが、これは就職サポートがうけられないことと、取得資格が凄く簡単な試験であって(価値が無いとはあえて言いませんが・・)、そのような理由があってこその値段になってます。 ニチイと日本医療事務協会が6万円台で最高値ですが、この2つの講座は歴史もあり、それなりの資格試験も目指していて就職サポートもきちんとしているので、この値段でも私的には納得いく内容です。 他は4万円台が平均のようです。 確かに費用が安いのは良い事ですが、料金だけでなく、 取得できる資格や就職サポートの面など、中身もきちんと比較して講座は決めるべきです。 医療事務講座は必ず比較してから決めるべき!です。 1度の入力で、複数の医療事務講座の資料請求ができます(無料です) 医療事務講座の資料をまとめて請求して比較できます。 【取得資格+就職サポート+料金+教材を総合的に比較しました】 【第1位】 合格率75%の資格を確実に目指し、かつ 医療事務の最高峰試験である、診療報酬請求事務能力認定試験を最終的に目指せる。 とても現実的だし、W取得はかなり安心感があります。 基本の医療事務講座にプラスして、医事コンピュータ、レセプトチェックなどオーダーメード感覚で学びたいものだけ受講が可能というのも評価点が高いです。 就職支援制度も手厚く、求人内容もパート・正社員・派遣と豊富。 なかでも 正社員の求人数の多さが最大の魅力です!堂々の総合第1位です。 【第2位】 40年以上の歴史を持つ医療事務講座。 ニチイの修了生5万人以上が現在医療機関で働いていて、実績&信頼が厚いです。 年間6万人が受験する、日本最大規模の試験医療事務技能審査試験を目指します。 契約医療機関数は11,000件。 医療機関との太いパイプが就職サポートを後押ししてくれます。 通学、通信にWeb上で学べるWebカレッジも加わり、益々学習スタイルが選びやすくなりました。 認定試験には対応していないため、総合比較第2位です。 【第3位】 医療事務の最高峰&最難関試験である 診療報酬請求事務能力認定試験に対応。 そのほか医療秘書資格、医事コンピュータ資格等最大5つの資格が目指せます。 「医療保険士」資格は 100%合格保証制度付き。 就職サポートはヒューマンリソシアによる就職先の紹介となります。 5つの資格を取得できるのは魅力大!ですが、料金設定が高めなため総合第3位です。 次に分割での料金を比較してみます。 合計金額を見ると、一括払いよりも高くつきますが、月々支払っていくことで費用の面での負担を減らす事ができるのが、分割払いの良い点です。

次の

【合格率で比較】医療事務資格の難易度ランキング!

医療 事務 資格

医療事務の資格について第一に知っておかなければならないのは、医療事務の資格は1つだけではないという点です。 「医療事務の資格」と聞くと、医療事務の仕事をするための、ただ1つの資格をイメージしてしまいますが、そういうわけではありません。 80種類以上の資格がある 実は、医療事務資格と言えるものは80種類以上が存在しています。 これだけの数があると、一体どれを取得すればよいのかわからなくなってしまいますね。 国家資格はない なぜ、医療事務の仕事だけでこれだけたくさんの種類があるのかというと、それは医療事務に国家資格がないからです。 80以上の資格は、すべて民間資格となっており、様々な民間機関がそれぞれに検定を実施しているのです。 難易度も様々 非常に取得難易度が低いものもあるという、このような医療事務の現実を知ると、本当に医療事務という資格は就職に役立つのかと思われるでしょう。 事実、医療事務の資格が就職に有利になるのか、疑問といえる点があります。 病院側が全資格を把握しているわけではない そもそも、これだけたくさんの種類があり、その名前もよく似ている各医療事務の資格について、採用する側、つまり病院などの機関がその名前や内容の違い、取得難易度を把握してはいないということです。 「この資格を取っているのか!」と評価されるのではなく、「どうやらこういう資格があって、この人はそれを取得しているんだな」程度の見方になる場合が多いでしょう。 重要なのは資格よりも経験 では、医療事務資格は全く取得する意味がないのかというと、もちろんそういうわけではありません。 就職に直結こそしにくいですが、医療事務という専門的な分野で仕事をしようとするのであれば、資格という指標は確実に役に立ちます。 基礎知識の習得 医療事務の資格を取得するために勉強する内容は、医療事務の仕事をする上では基礎となる知識になります。 採用する側も、資格のある人とない人ではある人に目を向けるでしょうから、ライバルに遅れを取らないためにも、資格取得は有効です。 やる気のアピール しかし、資格以上にやる気や人間性を重視する採用担当者もいるかもしれません。 資格がなくても、やる気をアピールできれば採用される可能性はあります。 とはいえ、そのやる気は具体的にどのようにアピールするのでしょうか?資格取得は、そのやる気のアピールとして説得力がある方法だといえます。 医療事務資格3例とその難易度 それでは、どのような医療事務資格を取得すればよいでしょうか。 数多くある医療事務資格の中から、3つの例とその合格率、難易度をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 医療事務の代表的な仕事の一つに、レセプト(診療報酬明細書)を作成する業務があります。 これは医療費の点数や健康保険から、患者や、国・保険者が負担する医療費などを計算する業務で、医療事務の中でも専門性の高い業務となります。 レセプト業務に特化した試験 診療報酬請求事務能力検定試験は、このレセプト業務に特化した試験です。 この試験さえ押さえれば、レセプト業務についての実力を示せると言えます。 医療事務資格の中では高めの難易度 診療報酬請求事務能力認定試験には、医科と歯科の2つがあります。 その合格率は以下のようになっています。 もっとも信頼性のある医療事務資格 そしてこの資格は、医療事務資格の中では知名度も高く、信頼性のある資格です。 この資格取得が、そもそも採用条件になっている病院もあるようです。 ですから、医療事務の資格取得を目指すときは、他の資格を勉強して基礎知識を付けるとしても、最終的にはこの診療報酬請求事務能力認定試験の、とくに「医科」の合格を目指すとよいでしょう。 1つだけ目指すとすれば一番目に紹介した診療報酬請求事務能力認定試験がおすすめですが、それでは他の医療事務資格はどのように扱えばよいでしょうか。 各専門分野の仕事は難易度が高い 医療事務資格は、医療事務に関する一般的な知識を問われるものから、各専門分野に特化した内容まで様々あります。 そして、専門分野に特化していくほど、その取得難易度は高くなるようです。 専門分野の資格は、働き始めてから取得してもOK とはいえそういったすべての資格を、就職前に取る必要はありません。 むしろ、自分の仕事にマッチした知識を確実に勉強できるよう、働き始めてからキャリアアップのために取得する、という形が良いかもしれません。 医療事務資格を取得するかどうか それでは最後に、そもそも医療事務資格を取得するかどうか、迷っている場合の考え方を見ていきましょう。 医療事務資格を検討している人は、医療事務として働くことを考えているのではないでしょうか。 難易度だけでなく、仕事概要を調べて決めよう ゴールは医療事務としての就職なのですから、医療事務資格を目指すかどうか決める時は、資格そのものの難易度だけでなく、医療事務という仕事についても調べておくべきです。 その仕事内容やライフスタイルなどを見てみましょう。 医療事務の仕事内容 医療事務は、その名の通り医療に関わる事務作業をおこなう仕事です。 医療事務の仕事として代表的なものは「受付窓口業務」と「レセプト作成業務」があります。 レセプト作成業務については先にご紹介した通りです。 受付窓口業務はその名の通り、病院の窓口で患者の対応をする仕事です。 単なる事務だけでなく、薬についての知識や、コミュニケーション能力も問われる仕事になります。 また、入院患者と医師や看護師との橋渡し役になることもあります。 小さな病院では広範囲の仕事、大きな病院では専門的な仕事を任されるケースが多いようです。 医療事務の平均年収 それでは、医療事務として働く場合、収入はどれくらいになるでしょうか。 医療事務の月収は、病院の規模によっても異なりますが、大体20万円前後です。 年収としては、初年度で250万円前後、医療事務として働いている人全体で300~400万円ほどになるようです。 その一つは、家庭と仕事の両立にあります。 契約社員やアルバイトとして働く場合、医療事務は勤務日数や勤務時間を調整しやすい仕事であり、家庭と仕事を両立しやすいのです。 事務仕事もIT化が進み、事務作業自体の需要が減っている予想もできますが、同時に少子高齢化によって、医療機関の数そのものが増えていくことも事実です。 そのような中で、医療事務という職を手に付け経験を積めば、就職先が見つかりやすい堅い仕事となるでしょう。 そのため、出産などの理由で一度退職してから復職口を探しやすいというメリットもあります。 医療事務資格は80以上あり難易度も様々!よく検討して受験しよう.

次の