トラネキサム サン。 【医師監修】トラネキサム酸(トランサミン)の美白効果と副作用とは

トラネキサム酸は「白髪が増える」以外の副作用が怖くて飲めない【個人的感想です】

トラネキサム サン

トラキサネム酸はプラスミンというたんぱく質分解酵素の働きを阻害する成分で、抗プラスミン薬ともよばれます。 喉や口内などの患部に何らかの異常が発生すると、血液中に流れているたんぱく質であるプラスミノーゲンがプラスミンに変化し、粘膜から浸透していきます。 プラスミンは、炎症を起こすヒスタミンや痛みの原因となるプロスタグランジン、ブラジキニンも発生させ、同時に血管を拡張させるため患部が腫れて、痛みが発生します。 つまりプラスミンは、炎症や痛みの引き金になる物質でもあるのです。 トラキサネム酸を使用するとプラスミンの働きが阻害されるため、ヒスタミンやプロスタグランジン、ブラジキニンの作用も抑制されます。 その結果、炎症や痛みが抑えられるという仕組みです。 医療機関で処方される薬でトラネキサム酸が配合されているものは、トランサミンが有名です。 トランサミンはトラネキサム酸を主成分とした薬で、主に喉の痛みや口内炎に対して効果を発揮する薬です。 トラネキサム酸は通常、成人であれば1日750~2000mgを3~4回に分けて服用します。 なお、年齢や症状により適宜増減します。 1日あたりの用量にかなり幅がありますが、腫れや痛みが強いときは多めに、症状が改善されれば減量するなど、患者の症状に合わせて各医師が服用量を指示します。 また、トラネキサム酸の妊娠中や授乳中に対する注意喚起はありませんが、服用前に医師に相談することをおすすめします。 抗生物質の併用について 風邪症状でもある喉の炎症の治療のためにトラネキサム酸が使用される場合、抗生物質も処方されるということが多くあります。 トラネキサム酸は抗生物質と併用することで喉の炎症を抑え、風邪の症状を早く鎮めることができます。 抗生物質というと飲み合わせなどを心配する人もいますが、トラネキサム酸と一緒に処方された場合はしっかり飲み切るようにしてください。 トラネキサム酸を主成分とした薬は副作用が少なく、比較的安全な薬とされていますが、リスクがまったくないわけではありません。 服用時には次のことに注意してください。 重複服用を防ぐためにも診察の際に、医師に飲んでいる薬を申告するようにしてください。 このため、トロンビンなど他の止血薬を服用中の方は服用できません。 止血薬は抜歯後などに処方されることがあるので、ご注意ください。 また、血栓のある患者(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎等)や、術後で横になっている時間が長い方、圧迫止血の処置を受けている方、腎不全の方などは、症状の悪化や副作用のリスクが高まるおそれがあります。 トラネキサム酸配合の薬を服用する前に、必ず医師に確認してください。 風邪は初期症状のサインを見逃さずに早めに対処すれば軽症ですみます。 喉が腫れやすい、風邪症状は喉の痛みからくるという方は、薬箱の中にトラネキサム酸配合の市販薬を常備してみてはいかがでしょうか。 なお、市販薬を3~5日服用しても症状が改善されない場合には、服用を中止し、医師の診療を受けてください。

次の

【楽天市場】クリアターン エッセンスマスク (トラネキサムサン):YaTOWN ART

トラネキサム サン

扁桃炎• 口内炎• プラスミンを抑制することで、血液凝固が正常になり止血効果を発揮。 成分名 美白効果 即効性 刺激 トラネキサム酸 1ヶ月~2ヶ月で効果発揮 1ヶ月~2ヶ月で効果発揮 シミ、シワに効果的 ビタミンC誘導体の種類によっては早い 2ヶ月~3ヶ月で効果発揮 約20日で効果発揮 ニキビ、シワに効果的 1ヶ月~2ヶ月で効果発揮 トラネキサム酸も他の美容成分も、 それぞれに得意分野があるので甲乙つけ難く一長一短。 トラネキサム酸にスポットを当てると、即効性に少々欠けるといったところです。 とはいえトラネキサム酸は美白効果と抗炎症作用があるので、 美白だけでなく肌トラブルにも効果的。 また肌への刺激が少なく、 副作用はほとんどありません。 トラネキサム酸は肌に低刺激な上に美白&美容にアプローチする、バランスのとれた美白成分です。 「イオン導入」でトラネキサム酸の即効性を高める トラネキサム酸の即効性をグンッと高めるなら イオン導入を施すのもあり。 イオン導入は肌に微弱な電流を流して、 トラネキサム酸を肌の奥まで届ける施術方法です。 引用: 電流を流して トラネキサム酸の浸透力を高めることができるので、そのまま使うよりも効果バツグン。 自宅で使えるイオン導入機器も市販されているので、興味がある方は併せてチェックしてみてください。 トラネキサム酸の美白効果で大きなポイントとなるのが、 メラノサイトの抑制と 抗炎症作用。 この2つの作用によって以下3つの効果を実感できます。 シミの解消• 肝斑の解消• ニキビや湿疹の改善 美白効果だけでなく、肌トラブル改善の美容効果も得たい方にはおすすめです。 「効かない」のは継続期間のせい トラネキサム酸の美肌効果には「効果がない」といった口コミもありますが、これは 使用する期間が関係。 トラネキサム酸を塗ったからといって1週間2週間では大きな変化はなく、効果をきちんと実感するまでには 1~2ヶ月のスパンが必要です。 肌細胞の生まれ変わりサイクルは 通常28日~40日。 トラネキサム酸の作用もターンオーバーに沿って発揮されるので、最低でも1ヶ月はかかります。 そもそも顔のシミは肌のメラノサイト(色素細胞)の働きにより、 色素沈着の原因物質がつくり続けられることで引き起こります。 しかもシミ部分は軽い炎症を起こした状態で、メラノサイトが活性化を継続。 そこでトラネキサム酸の「 メラニン色素の抑制」「 抗炎症作用」が本領を発揮します。 トラネキサム酸配合の化粧品を塗ることで、• メラノサイトの根本的な抑制• シミの炎症抑制 といった2つにアプローチしてシミや色素沈着を薄くできるんですね。 今あるシミの炎症悪化を抑えて、新しくシミができるのを防げます。 肝斑患者11名にトラネキサム酸0. 75~1. 投与 開始後1~2カ 月後には,11例 全て において着色の軽減を認めた。 投与を中止すると,1~2カ 月後 には着色の程度は旧に復した。 副作 用は認めなか った。 トラネキサム酸の内服療法 は肝斑の治療法と して きわめて優れた治療法と考えた。 出典: 2007年には 肝斑の改善効果があると医薬品として認可されました。 肝斑はシミのように紫外線だけが原因ではなく、 女性ホルモンの乱れも関わっています。 トラネキサム酸は女性ホルモンに影響するのではなく、あくまでも 肝斑を作っているメラノサイトへアプローチ。 メラノサイトを抑制することでシミと併せて、肝斑も改善へ導きます。 ちなみに 通常のレーザーや光治療では肝斑に逆効果で、レーザー・光治療では改善しにくいです。 効果的に肝斑を改善するためにも、トラネキサム酸は欠かせません。 ニキビ(赤ニキビ)• 蕁麻疹 といた炎症による肌トラブルの改善も期待できます。 赤ニキビは跡になりやすいですが、トラネキサム酸でニキビの炎症を防げば二次的な肌トラブルも起こりません。 また抗炎症作用によってアレルギー症状が和らぐので、 湿疹・蕁麻疹などのアレルギー性の肌荒れにも有効です。 ニキビ跡もシミ・肝斑と同様に 色素沈着が原因。 そのため何度もお伝えしてきたトラネキサム酸のメラノサイトの抑制効果で、ニキビ跡を解消できます。 トラネキサム酸配合の化粧品に副作用はある? トラネキサム酸配合の化粧品による 副作用は稀ですが、絶対に副作用がないわけではありません。 肌にトラネキサム酸が合わない方だと、 肌に赤みがでる場合も少なからずあります。 敏感肌で肌トラブルが不安な方は、パッチテストをしたり医師に相談したりして使いましょう。 またトラネキサム酸は 日焼け止めとの併用もOK。 最近では「トラネキサム酸配合」の日焼け止めが出ているほどで、日焼けとシミをダブルで対策できます。 白斑の影響も限りなくゼロ トラネキサム酸はメラノサイトに影響しますが、 白斑になる可能性はまず考えにくいとのこと。 メラノサイトが死んでしまって白斑になるリスクはまず考えにくい…(中略) 出典: トラネキサム酸そのものが細胞毒性を持っているわけではないので、 メラノサイトが死ぬことはありません。 飲み薬の場合は「食欲不振」などの影響がある… トラネキサム酸配合の化粧品を塗ってつかう場合は、ほぼ副作用はありません。 しかし飲み薬として服用すると、• 食欲不振• 吐き気• 血栓(50代以上がほとんど) といった副作用が起こる可能性もあります。 また 人工透析の患者だと痙攣の症状が表れた事例もあるので注意が必要。 今後トラネキサム酸を服用されるときは気をつけましょう。

次の

トラネキサム酸はアミノ酸の一種!肝斑・シミへの美白効果は医薬品レベル?

トラネキサム サン

トラネキサム酸は、1981年から発売されている「トランサミン」というお薬のジェネリック医薬品になります。 ジェネリック医薬品とは、先発品(トランサミン)の特許が切れた後に他社から発売された同じ成分からなるお薬の事です。 お薬の開発・研究費がかかっていない分だけ、薬価が安くなっているというメリットがあります。 トラネキサム酸は「抗プラスミン薬」という種類に属し、プラスミンという物質のはたらきをブロックする作用を持ちます。 これによって出血を止める作用や炎症を抑える作用、更には皮膚のシミや色素沈着を改善させる作用などをもたらしてくれます。 「プラスミンをブロックする」と言っても、これが一体どういう事なのかイメージが沸かないかもしれません。 詳しい作用機序は記事中で説明していきますが、プラスミンをブロックする事は身体に様々な作用をもたらしてくれるのです。 トラネキサム酸の作用機序を詳しく理解すれば、このお薬が様々な領域で用いられている理由も分かるでしょう。 ここでは様々な作用を持つトラネキサム酸というお薬の特徴や効果・副作用などをみていき、このお薬がどのような方に適しているのかを考えていきましょう。 1.トラネキサム酸の特徴 まずはトラネキサム酸の全体的な特徴について紹介します。 トラネキサム酸はプラスミンのはたらきを抑える作用を持ち、それによって• 止血作用(出血を抑える作用)• 抗炎症作用(炎症を和らげる作用) などの作用を発揮します。 トラネキサム酸は、プラスミンという物質のはたらきをブロックする作用があります。 プラスミンは酵素の一種で、フィブリンやフィブリノーゲンといった繊維素を溶かしてしまうはたらきを持つ「繊維素溶解酵素」になります。 「繊維素」や「繊維素溶解酵素」など難しい名前が出てきましたが、これらは私たちの身体の中でどのようなはたらきをしているのでしょうか。 皮膚に傷が生じたりすると血管が傷付き、出血してしまう事があります。 血管から血液が漏れてしまうと、フィブリンやフィブリノーゲンといった繊維素が活性化し、血液中の血小板と反応して、出血部位に「血餅」という血の固まりを作ります。 この血餅が出血部位をふさぐことによって、出血が止まります。 もし血餅が出来ないと大量の血液が失われてしまう事になり、最悪の場合は「失血死」に至ってしまいます。 出血を抑える役割を持つ繊維素が、とても重要な物質である事が分かりますね。 しかし一方で、血餅が血流に乗って無関係なところに流れていってしまうと、細い血管を詰まらせてしまう可能性もあります。 血管を詰まらせてしまうとその先にある臓器に血液が届かなくなってしまうため、これらの臓器の細胞が死んでしまいます。 これは脳梗塞や心筋梗塞などの病態と同じであり、身体にとって重篤な事態となってしまう事もあります。 これを防いでくれるのがプラスミンなのです。 プラスミンはフィブリンやフィブリノーゲンといった繊維素を溶かす事で血栓を溶かしてくれるのです。 プラスミンは本来必要のない部位で血栓が出来てしまうとそれを感知して活性化され、私たちの血管内で不要な血栓が出来ないようにしてくれているのです。 トラネキサム酸は、このプラスミンのはたらきをブロックします。 すると血餅や血栓が溶かされにくくなるため、血が止まりやすくなります。 これがトラネキサム酸の1つ目の作用です。 そしてトラネキサム酸にはもう1つ作用があります。 プラスミンは血栓を溶かす以外にも、炎症を誘発する作用もあります。 プラスミンは炎症を引き起こす物質であるキニンを遊離したり、血管の透過性を亢進させることで炎症反応を促してしまうはたらきがあるのです。 炎症が起きるとその部位には、• 発赤(赤くなる)• 熱感(熱を持つ)• 腫脹(腫れる)• 疼痛(痛む) といった変化が生じます。 トラネキサム酸はプラスミンのはたらきをブロックすることで炎症を抑え、これらの炎症で生じる症状を和らげるはたらきがあります。 例えば咽頭炎や扁桃炎といった上気道に炎症が生じている疾患にトラネキサム酸を用いると、咽頭や扁桃の炎症を抑える事で腫れや痛みを抑える事が出来るのです。 またアレルギー性疾患でも、アレルギーが生じている部位の血管の透過性が亢進して炎症が生じてしまうため、トラネキサム酸はアレルギーによって引き起こされた炎症を抑えるはたらきも期待できます。 このようにトラネキサム酸はプラスミンのはたらきをブロックすることで、• 止血作用(血を止める作用)• 抗炎症作用(炎症を抑える作用) の2つの作用を発揮します。 またそれ以外にもプラスミンは、皮膚の色素沈着を生じやすくさせる作用があるといわれており、この作用からトラネキサム酸は皮膚科や美容外科にてシミや肝斑の治療薬として処方される事もあります。 トラネキサム酸は副作用が少なく安全性が高いのもメリットです。 副作用が生じないわけではありませんが、その頻度は少なく、また重篤な副作用もほとんど生じません。 更にトラネキサム酸はジェネリック医薬品であり、薬価が安いというメリットもあります。 ただし先発品のトラネキサム酸も元々薬価が安いお薬であるため、実感としてはそこまでは感じないかもしれません。 以上からトラネキサム酸の特徴として次のようなことが挙げられます。 【トラネキサム酸の特徴】 ・プラスミンのはたらきをブロックするお薬である ・止血作用(血を止める作用)がある ・抗炎症作用(炎症を和らげる作用)がある ・皮膚の色素沈着を抑制する作用がある ・副作用が少なく安全性が高い ・ジェネリック医薬品であり、薬価が安い スポンサーリンク 2.トラネキサム酸の適応疾患と有効率 トラネキサム酸はどのような疾患に用いられるのでしょうか。 添付文書には次のように記載されています。 血を止める作用• 炎症を抑える作用 のいずれかの目的で投与されます。 「効果又は効能」のうち、最初の2つは止血作用を期待した投与になります。 出血しやすい病態に対してトラネキサム酸は過度な出血を防ぐ作用が期待できます。 3つ目はアレルギー症状の緩和を期待した投与です。 アレルギーが生じるとその部位に炎症反応が生じますので、炎症を抑える作用を持つトラネキサム酸は症状緩和の作用が期待できます。 またトラネキサム酸は血管の透過性亢進を抑える作用があるため、これもアレルギー症状の緩和に役立ちます。 最後の2つは抗炎症作用を期待した投与です。 臨床で多いのは、上気道の感染(上記で言うと咽頭炎や扁桃炎)に対して、腫れや痛みを抑える目的で投与されるケースがあります。 また保険適応外にはなりますが、トラネキサム酸は皮膚の色素沈着を抑える作用が報告されており、皮膚科や美容外科でシミや肝斑の治療のために処方される事もあります。 ではこれらの疾患に対してトラネキサム酸はどのくらいの効果が期待できるのでしょうか。 トラネキサム酸はジェネリック医薬品であるため、有効性についての詳しい調査は行われていません。 しかし先発品の「トランサミン」では行われており、その有効性は、• 止血作用が認められた率は73. 皮膚疾患に対する抗アレルギー作用が認められた率は60. 扁桃炎・咽頭炎・口内炎などに他する抗炎症作用が認められた率は70. 8% と報告されています。 同じ主成分から成るトラネキサム酸も同程度の有効率があると考えられます。 3.トラネキサム酸の作用 トラネキサム酸はどのような作用機序を持ち、それによってどのような作用が期待できるのでしょうか。 トラネキサム酸の作用について詳しく説明します。 より具体的にみると、プラスミンはフィブリンやフィブリノーゲンといった繊維素に結合し、これら繊維素が血栓を作ろうとするのをジャマします。 プラスミンが活性化すると血栓が作れなくなり、血栓は分解されていきます。 トラネキサム酸はプラスミンのリジン結合部位(LBS)に結合することで、プラスミンがフィブリンやフィブリノーゲンに結合できないようにさせます。 するとフィブリンやフィブリノーゲンは血餅を作りやすくなるため、血が止まりやすくなるというわけです。 これがトラネキサム酸の止血作用の機序になります。 より具体的に見ると、プラスミンには血管の透過性を亢進させる作用があります。 血管透過性が亢進すると血管外に様々な物質が移動しやすいようになるため、炎症を引き起こす物質や免疫細胞が血管外の組織に移行しやすくなり、これは炎症反応を引き起こしやすい環境を作ります。 またプラスミンは炎症反応を引き起こす物質(キニンなど)を産生するはたらきがあり、これも炎症反応を引き起こしやすい環境を作ります。 トラネキサム酸は、プラスミンのはたらきをブロックすることで、これらの作用を起こしにくくし、炎症反応を抑えるはたらきがあります。 炎症を抑えることによって、炎症の所見である• 発赤(赤くなる)• 熱感(熱くなる)• 腫脹(晴れる)• 疼痛(痛む) を和らげる作用が期待できます。 またアレルギー性疾患もアレルギー反応によって炎症を引き起こすため、トラネキサム酸はアレルギーによって生じた炎症を和らげる作用も期待できます。 プラスミンのはたらきをブロックするトラネキサム酸は、皮膚の色素沈着を抑える作用が期待でき、このような目的で投与される事もあります。 主に皮膚科や美容外科にてトラネキサム酸はシミや肝斑を治療する目的で処方されています。 ただしこれらはトラネキサム酸の適応疾患ではないため、保険外処方になります。 スポンサーリンク 4.トラネキサム酸の副作用 トラネキサム酸にはどのような副作用があるのでしょうか。 また副作用の頻度はどのくらいなのでしょうか。 トラネキサム酸はジェネリック医薬品ですので、副作用発生率の詳しい調査は行われていません。 しかし先発品の「トランサミン」では行われており、生じる副作用とその頻度としては、• 食欲不振(0. 61%)• 悪心(0. 41%)• 嘔吐(0. 20%)• 胸やけ(0. 17%)• そう痒感(0. 07%)• 発疹(0. 07%) と報告されています。 同じ主成分からなるトラネキサム酸も同程度の副作用が生じると考えられます。 いずれも頻度は低く、トラネキサム酸は副作用が少なく安全性の高いお薬だという事が出来ます。 また、頻度は稀ですが重篤な副作用として• けいれん が報告されています。 なおトランサミンは血が固まりやすい環境を作りますので、元々血栓が生じやすい基礎疾患が背景にある方は慎重に用いる必要があります。 このような方が安易にトランサミンを服用すると、血栓の形成を促してしまい、脳梗塞や心筋梗塞のリスクとなる可能性もありえます。 トラネキサム酸の使い方としては、 【錠剤・カプセル・散剤】 通常成人1日750~2,000mgを3~4回に分割経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 【シロップ】 通常下記1日量を3~4回に分割経口投与する。 なお、症状により適宜増減する。 ~1歳 75~200mg 2~3歳 150~350mg 4~6歳 250~650mg 7~14歳 400~1,000mg 15歳~ 750~2,000mg となっています。 6.トラネキサム酸が向いている人は? 以上から考えて、トラネキサム酸が向いている人はどのような方なのかを考えてみましょう。 トラネキサム酸の特徴をおさらいすると、 【トラネキサム酸の特徴】 ・プラスミンのはたらきをブロックするお薬である ・止血作用(血を止める作用)がある ・抗炎症作用(炎症を和らげる作用)がある ・皮膚の色素沈着を抑制する作用がある ・副作用が少なく安全性が高い ・ジェネリック医薬品であり、薬価が安い といったものがありました。 トラネキサム酸は古いお薬ではありますが、• 止血作用• 抗炎症作用 のいずれにおいても、現在でも広く用いられているお薬です。 特に上気道の炎症(咽頭炎や扁桃炎など)で、腫れが痛みが強い場合には用いられる頻度の多いお薬です。 また皮膚のシミや肝斑の改善にも(保険内で処方はできませんが)、皮膚科や美容外科でよく処方されています。 劇的な効果が期待できるお薬ではありませんが、安全性も高く重篤な副作用もまず生じないため、安心して服用しやすいお薬であるというのも現在でもよく用いられている理由の1つでしょう。 7.トラネキサム酸の成分が含まれる市販薬は? トラネキサム酸を含むお薬は、病院で処方してもらう他に薬局でも購入する事が出来ます。 トラネキサム酸を含む市販薬はいくつかありますが、用途によって、• 炎症を抑える作用を期待しているお薬(風邪薬)• 皮膚のシミ・色素沈着を抑える作用を期待しているお薬 の2つに分けられます。 前者には、 カテゴリー• 247•

次の