インスタ 統一感 グレー。 北欧テイストにぴったりの壁紙は?インスタで見つけたおしゃれなお家も拝見|mamagirl [ママガール]

インスタで統一感を出すフィルター加工!白・黒・グレー・ピンクなど

インスタ 統一感 グレー

毎日のコーディネート、どうやって決めていますか? Instagramを見ると、いろいろなコーディネートを楽しんでいるぽっちゃりさんの姿が。 バッグと靴はブラックで全体にまとまるようにしてみました!ロングスカートとロングコートのバランスが好みです」 プロのスタイリストから見たこちらのコーデ、どんなポイントがあるのでしょうか? ダークレッドのベレーが秋らしい着こなし。 そして、トップス、スカート、アウターの色合わせ、バランスともに完璧なコーデです! 白いトップスの面積を小さめに、タックロングスカートを丈長のアウターを羽織ってボリュームダウン。 アウターのミディアムベージュがトップスの白とスカートのメリハリ配色をつなぐ役割をしています。 ひとつひとつのアイテムの選び方もさすが! 特にスカートは前中央にタックが入っているので拡がりすぎない縦ラインを感じさせる、きれいなスカートのラインがでています。 小物選びもバッグと靴をブラックに揃えてコーデ全体を引き締めています。 コーデにメリハリがつくように、ニット帽やバッグにはネイビーを選び、ケーブルニットが引き立つきれいめカジュアルコーデにしました!」 ケーブルニットは今季のトレンドアイテム。 さりげなく着こなしていらっしゃいますが、素敵にみえる要素満載! 白のケーブルニットはどんな色にも合わせやすく、取り入れやすいアイテムと思いきや、ボリューミーにみえてしまうという難点も…。 こちらのコーデでは色使いと丈、小物使いで見事にカバーしています! 特にケーブルニットの丈に注目。 お腹が隠れるくらい(後ろからみるとちょうどお尻の真ん中あたり)の丈で、ふんわりかわいく着こなせるギリギリの絶妙なゆとり感のワイドパンツを合わせています。 セーターの丈が長すぎると(お尻を隠してしまうくらい)、パンツのカジュアルでゆるい感じの着こなしのラインが見えず、この和み感あるコーデが叶いません! ただ、このままの着こなしだとゆるい感じだけで終わってしまうところを、ニット帽とトートバッグのブラックで辛口テイストをプラス! トートバッグの持ち手の縦ラインが効いていますね。 アクセントカラーとして縦長な印象に導いています。 凄い! さらに靴と、時計と髪のブラウンがリンクしてスタイリングに統一感を与えています。 ヘアスタイルも首周りを見せているので更にスッキリ見えますね。 ジャンスカコーデ chieさん 「今回のコーデは、ジャンパースカート(以下ジャンスカ)がシンプルなのでトップスも落ち着いたシンプルなものを選んでみました。 ジャンスカとシャツの色を統一して、大人っぽくて可愛いコーデに。 その中でもバッグや帽子にホワイトを選び、足元にはスリッポンを合わせてよりカジュアルに仕上げています。 ジャンスカがピーチスキン素材なので、これからの季節にぴったり。 今年の冬はボリュームあるアウターを着ても可愛いなと思っています」 ジャンスカは幼くみえてしまう…と、大人の女性は敬遠しがち。 そんなアイテムを、chieさんは幼く見えないように今季トレンドの「くすみカラー」のブルーグレーを上手に選んで大人が着こなせるジャンスカスタイルを実現。 トップスもご自身でハンドメイドしたギンガムチェック柄のモノトーン配色のブラウスを合わせているので「大人配色」で幼みえしていません。 こちらのコーデはニット帽とバッグをホワイト系にしていることで重くなりがちな配色を軽くしています。 ただ、色使いのバランスについてひとつだけアドバイスを加えるとすれば… 上半身にホワイト系の小物が集中して見えるので「上は軽く、下は重ため」にみえてしまいがち。 また、もっと「オトナみせ」したい時にはシューズを黒・グレーのスエードのチャンキーヒールや、ローヒールパンプスなどにするのもオススメ。 サロペットコーデ chieさん 「スッキリしたグレーンチェックサロペットにトップスはボリュームスリーブ。 全体的にゆるすぎずスッキリ見えるきれいめコーデを意識しました。 黒トップスと合わせているので柄パンツをあわせてもスッキリ見えますね。 そして、女性らしくみせるには「3つの首」を出すことだとよく言われますが、このコーデは「手首みせ」のテクニックが使われています。 身長157㎝、3L~4Lを普段着られているそう。 今回のジャンスカコーデでもシャツをハンドメイドされているなど、自分で作ったお洋服をコーデに取り入れられています。 シンプルな色の中に女性らしいデザインがかわいらしいアイテムばかり。 chieさん 「ハンドメイドを始めて7年目になります。 仕事柄洋服にふれる事が多く、私も洋服を作ってみたい!デザインしてみたい!と思い洋服作りを教えていただき作るようになりました。 インスタはハンドメイドの記録用、コーディネートや同じぽっちゃりの方達と情報交換をしたいと思ったので始めました!いろんな方から刺激をもらって自分らしくいられる場所になっています」 chieさんのファッションポイントが知りたい! ハンドメイドを楽しんでいらっしゃるchieさん。 コーディネートを組むコツについてお教えいただきました。 chieさん 「ボーダーなどの太って見えがちなアイテムには、あえてボリュームのあるパンツやスカートをウエストインしたりしています。 サーカスパンツなど、シンプルでデザインが可愛い商品が多いのでよく色違いで購入しています。 スタイリストの眞本さんは「chieさんの着こなしのポイントは、色数をおさえていることで統一感のあるスッキリしたコーデになっている点。 差し色も、目立たせるよりも全体のバランスをとる色を使っているので、センス良くまとまっていますね!」と仰っていました。 自分で洋服を作ると、好きな素材・柄を選べ、気になる箇所の仕様を自分好みにカスタマイズでき、何より、自分で作ったものは愛着がもてます。 記録や情報交換のために始めたインスタが「自分らしくいられる場所」というコメントも、洋服づくり・毎日のコーディネートを楽しんでいるところが伝わってきました。 差し色の使い方や色数をおさえるところなどの取り入れやすいテクニックだけでなく、お洋服を楽しんでいるところも参考にしたいですね。 ほかにも、ぽっちゃりインスタグラマーさんの着こなしを紹介しています こちらの記事もオススメ 公開日:2018年12月14日12時00分 更新日:2020年02月20日14時53分.

次の

開放感のあるインテリアはライトグレーを基調にすると間違いない!! 横浜・名古屋・神戸のモダン家具 songdream onlinestore(ソングドリーム)

インスタ 統一感 グレー

ライトグレーを使うコツ ・ 主要3アイテムにライトグレーを使う これから紹介する海外インテリア画像はライトグレーを基調としたお部屋ばかりを集めています。 ・ラグマット• ・カーテン• ・ソファー この3つのうち必ずどれかにグレーを使っています。 3つともグレーでグラデーションで調整したりしている画像もあります。 ライトグレーは強い主張がないのでこれから新しいインテリアを構築しようと思っている方にはお勧めのカラーといえます。 ・ アクセントカラーは面積の小さいもので使う クッションやランチョンマット、時計などでアクセントカラーを用いる事で空間全体を引き締めます。 面積が小さいのでくどくないのがおすすめポイントです。 コツはリビングダイニングにそれぞれ一つ以上配置して散らすことです。 リビングだけに集中させるのではなく分散させるのが重要です。 海外インテリア画像集 体積の大きい3人掛けのソファーを淡いライトグレーにして体積の小さい1人用のリビングチェアを濃い色にするのはとても上手な配色といえます。 またテレビの位置を高い位置にすることでソファーからテレビが見えるだけでなくテレビをつけていない時は会話もできます。 日本ではテレビが主役のようなリビングがとても多いですが、実際にはテレビを見る時間が減ってきている人は多いと思います。 部屋全体にWi-Fiが通っていればどこでもインターネットを楽しむことができます。 テレビの位置を高めにすることでリビングチェアーを配置できています。 有機ELなどもこれから発売されていきますが絵をかけるようにテレビを配置する事も可能になるような気がします。 おすすめ記事 モノトーン系のインテリアはホワイトやライトグレーを多めに使用する事で空間を広く見せることができます。 逆にブラックを多めに使用する事でシックでモダンなインテリアを作ることができます。 戸建からマンションに転居したものの、戸建より圧倒的に収納が少なく困ったことはありませんか。 室内の内装を決める際に、つい意識しがちなのは距離が近い壁や床でしょう。 視界に入ることが多いこともあり、色や素材についていろいろとこだわって仕上げ材を選びますね。 しかし天井については、「壁の延長」「シンプルであればいい」など、あまりこだわりを持たないでいる人が多いのではないでしょうか。 LIXILのシステムキッチン「リシェルSI」。 songdreamの家具を検討されているお客様の中で人気のシステムキッチンです。 リシェルSIの中でも特にセラミックトップの施工事例を見ると焼き物ならではの味わい深い表情がありかっこいいです! 米国ワシントン州シアトル発祥のコーヒー店チェーン。 1971年にコーヒー焙煎 ばいせん 会社として創業。 82年に現CEOのハワード・シュルツが入社。 その年、会社はレストランやエスプレッソバーなどにコーヒーの提供を開始した。 安定した人気をもつインテリアテイストはいろいろありますが、中でも定番と言われているのがモノトーンインテリアです。 モノトーンというと「白と黒」というイメージが強いですが、本来は2つの単色を使って濃淡や明暗をつけながら配色する方法をさします。 快適な睡眠は人が生きていくうえで欠かせない要素です。 快適な睡眠は体力を回復し新たな活力を生み出します。 最近、新築予定のお客様に内装についてお伺いするとテレビボードを置く壁にアクセントクロスやタイルを張るという話をよく耳にします。 songdreamNAGOYAのモデルルームもテレビボード後ろの面にエコカラットを貼っています。 こんにちは。 今回はウォールナットとブラックでコーディネートした納品事例を紹介したいと思います。 愛知県で住宅を販売しているアップウィッシュ㈱様(以下敬称略)で新築されたお客様です。 吹き抜けは窓が高い位置にあるので部屋が明るくなるメリットもあります。 ロフトの場合はリビング階段や螺旋階段などにするとビジュアル的におしゃれだと思います。 コンクリートの打ちっぱなしの住宅というとデザイナーズ系の住宅をイメージする方も多いかと思います。 クールでかっこいい部屋にあこがれる方であれば一度は夢に描くと思います。 ソングドリームのソファで一番人気カラーは 「グレー」です。 幼い頃から独学であらゆる楽器を習得。 ハイスクール入学時にはほとんどの楽器を演奏、中退後は自らのサウンドを追求し、スタジオワークに没頭。 毎日家族が使う場所であるパウダールーム。 機能的にはメイクやヘアスタイルを整える場所や入浴前後の着替えを行う場所ですが、最近は好みのインテリアに仕上げてお気に入りの空間として過ごす人が増えています。 こんにちは。 最近はおしゃれなカフェのようなスタイルを求めてビンテージ感のあるインテリアに憧れている方がたくさんいらっしゃいます。 特に倉庫を改造したイメージのブルックリンスタイルはトレンドのスタイルですね。

次の

生活感を出さないおしゃれインテリアにするコツ*リビングダイニング編

インスタ 統一感 グレー

一人暮らしのインテリアコーディネート ~自分好みの統一感ある部屋の作り方~ 新しく一人暮らしをスタートする際、部屋のインテリアコーディネートをどのようにするのか?いろいろと考えるのは楽しみの一つです。 部屋のテイストを自分好みの雰囲気に演出して、一人暮らしを充実させるためのインテリコーディネートのコツをご紹介致します。 好みの部屋を作るにはインテリアコーディネートによる統一感が大事 一人暮らしで自分の好きな部屋イメージを作るには、インテリアコーディネートが欠かせませんが、その際に意識したいのが 「部屋の統一感」です。 一人暮らしの場合、部屋の間取りやサイズに限りもあるため、出来るだけ部屋のインテリアイメージを統一した方がおしゃれで綺麗に見えやすくなります。 もし、やみくもに家具や装飾を選んでしまうと空間に様々な要素が詰め込まれ過ぎてチグハグなイメージの部屋になることも有ります。 ワンルームなど限られた空間でも、インテリアコーディネート次第で、自分の好きなイメージで統一感があるお洒落な部屋を作ることが可能です。 希望の部屋イメージを実現してくれる家具とインテリア装飾 自分好みの部屋を実現するには、まずイメージに合いそうな家具を検討することです。 例えば、海っぽい雰囲気のマリンテイストを希望する場合は少し自然感のある家具などが合います。 ですが、家具だけでは部屋のイメージは作れません。 次に部屋を希望のイメージで更に魅力的に見せるインテリア装飾をプラスすることが大事です。 例えば、下記例ではブルー中心にコーディネートすることで、初めて希望通りの部屋が叶えられます。 部屋の作り方には上記事例のように 「家具」だけで無く、たくさんの 「インテリア装飾」が盛り込まれています。 ご希望のイメージ通りに部屋を完成させるには、統一感のあるインテリアコーディネートが欠かせません。 下記の3つのポイントを見ながら、自分好みの一人暮らし部屋を作ってみましょう。 INDEX 1. 最初に検討しておきたい3つの家具カテゴリー 2. 虹の7色を中心に装飾を追加 をイメージして淡いブルーのラグや虹色を連想するクッションカバーをプラス。 海に架かる虹のように色鮮やかなワンルームが完成 自然を感じる木製家具やヒヤシンス家具をベースに、青空をイメージしたや虹色のなどを更に加えれば、海に架かる虹のごとく色彩豊かな部屋が完成します。 「9つのインテリア装飾」で自分好みの部屋をコーディネートする 希望の部屋イメージを叶えてくれる「9つのインテリア装飾」 一人暮らしの部屋を好みのイメージで統一するには、家具イメージに加えてインテリア装飾も大事になります。 様々な装飾がある中で何から考えればよいか分からない時は下記の 「基本的な装飾選び」や 「イメージをより印象付ける装飾選び」、 「部屋をより魅力的に見せる装飾」と分けて検討してみましょう。 気軽に取り入れやすい基本のインテリア装飾3点 まずは、基本のインテリア装飾をプラスしましょう。 クッションカバーは一人暮らしでも手軽に取り入れやすく、ラグは敷くだけでインテリア性や防音性などをアップします。 また、カーテンはプライバシーを守りながらイメージ作りできる大事なアイテムです。 この3点をプラスするだけでも部屋の雰囲気が良くなります。 これらの 「9つのインテリア装飾」を使ってインテリアコーディネートすることで、希望の部屋イメージを実現しやすくなります。 最初から全てを取り入れなくても、少しづつ気になった部分を検討して、自分の思い描くイメージに合わせてコーディネートしてみましょう。 「インテリアコーディネート事例」を参考にして部屋を作る 希望の部屋への近道はインテリアコーディネート事例を参考にすること インテリアコーディネートを考える場合、頭の中で考えても好みのイメージが沸きにくい事が有るのではないでしょうか。 仮に希望イメージが既にあっても、何か具体的なヴィジュアルが無いと検討しにくいと思います。 そこで、お薦めなのは 「コーディネート事例・写真」を参考に検討することです。 【特集コラム】このコーディネート例の部屋の作り方詳細 上記でご紹介したコーディネート事例の特集コラムです。 インテリアや家具選び、レイアウトのポイントなどをより詳しくご覧頂けます。 イエローは太陽や光のイメージが有り、有彩色の中で最も明るい色です。 部屋に取り入れることで一人暮らしを朗らかな気持ちで過ごしやすくなります。 【特集コラム】このコーディネート例の部屋の作り方詳細 上記でご紹介したコーディネート事例の特集コラムです。 インテリアや家具選び、レイアウトのポイントなどをより詳しくご覧頂けます。 仮に都会や内陸など海が遠い地域で暮らしていても、部屋に海のようなブルーを散りばめれば、心が落ち着くクールな空間で日々過ごせるようになります。 【特集コラム】このコーディネート例の部屋の作り方詳細 上記でご紹介したコーディネート事例の特集コラムです。 インテリアや家具選び、レイアウトのポイントなどをより詳しくご覧頂けます。 もし、日々の生活において、疲れた体や心を優しく休ませてくれる部屋があったら最高です。 数有る部屋の中でも、緑や木々に囲まれたヴィラ風インテリアで部屋の作り方をすれば、毎日の一人暮らしに休息を与えてくれるでしょう。 【特集コラム】このコーディネート例の部屋の作り方詳細 上記でご紹介したコーディネート事例の特集コラムです。 インテリアや家具選び、レイアウトのポイントなどをより詳しくご覧頂けます。 色使いや素材使いが特徴的なインテリアテイストで、日本には少ない華やかで独特な配色を上手く使えば海外のようなお洒落な部屋で過ごすことができます。 【特集コラム】このコーディネート例の部屋の作り方詳細 上記でご紹介したコーディネート事例の特集コラムです。 インテリアや家具選び、レイアウトのポイントなどをより詳しくご覧頂けます。 素朴な風合いの家具や装飾と、全体的に落ち着きのある色合いが気持ちを和ませます。 また、空間全体をロースタイルにして床座暮らしにしながらソファも置けるなど、和洋折衷の生活スタイルを楽しめる良さも有ります。 【特集コラム】このコーディネート例の部屋の作り方詳細 上記でご紹介したコーディネート事例の特集コラムです。 インテリアや家具選び、レイアウトのポイントなどをより詳しくご覧頂けます。 色は気品のあるパープルをメインに部屋を作ることで、高級リゾートのような空間に様変わりします。 自宅をラグジュアリーな雰囲気に変えて、大人っぽい空間で日々過ごしてみてはいかがでしょうか。 【特集コラム】このコーディネート例の部屋の作り方詳細 上記でご紹介したコーディネート事例の特集コラムです。 インテリアや家具選び、レイアウトのポイントなどをより詳しくご覧頂けます。 一人暮らしの部屋にそれらの雰囲気を作ることができれば、ハワイの開放的な気分で日々過ごせるでしょう。 ハワイの魅力の一つでもある、海に架かった虹の情景を表現してハワイアンインテリアを楽しんでみましょう。 一人暮らしの部屋に寛ぎを与えてくれるダイニングテーブル。 ゆったりと食事が取れる事や、デスク代わりとしても使用出来たりと、日々の暮らしを充実させてくれるアイテムです。 今回のコラムでは一人暮らしの間取りに... 家具選びの際は「これがあればどれだけ便利に生活できるか」という利便性を考慮することも大切です。 日常生活の中でも特に朝や出かける前など時間がない身支度の場面では、便利な家具がその手助けをし、時間の短縮に... 1LDKの一人暮らしを快適に過ごす為のすおすすめの家具やインテリアをコーディネート実例と一緒に御紹介します。 ワンルームよりも部屋数が増えてスペースも広くなる1LDKは、自由に家具の配置が出来るようにな... 都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。 ゆったり寛ぐリラックススタイル、友人を招いて食事会を楽しめる両方のスタイルを演出する、拘りの... 一人暮らしの部屋は、自分が日々を快適に過ごせるシンプルなインテリアにしたいもの。 今回は取り入れやすく失敗をしにくい、シンプルなコーディネートを、一人暮らしのインテリア実例から紹介します。 ただシンプルな... 一人暮らし・ワンルームのコンパクトなお部屋でも理想のインテリアを楽しみたい。 けれど部屋のサイズに制限があるため、どんな家具やインテリアコーディネートが良いのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。 1LDKはシンプルなレイアウトにすることで、日々の暮らしを快適にすることができます。 LD10畳というコンパクトな1LDKのインテリアコーディネートをお客様の実例と共にご紹介します。 アジアンインテリアコ...

次の