木製 オブジェ 火災。 オブジェ火災5歳死亡 「責任者追及されず納得できない」 両親がコメント

【神宮外苑イベント火災】日本工業大学の奴ら終了のお知らせ…とんでもない嘘を付いていた…2ch「おがくずに白熱電球は驚愕」「逮捕あるな」【ジャングルジム画像あり】

木製 オブジェ 火災

事故の概要 6日午後5時15分ごろ、東京都新宿区霞ケ丘町の明治神宮外苑のイベント会場で木製のオブジェが燃えた。 火はまもなく消し止められたが、オブジェで遊んでいた港区港南の幼稚園児、佐伯健仁(けんと)君(5)が全身やけどで死亡。 救出しようとした健仁君の父親(44)と40代の男性が軽傷を負った。 オブジェ内部には大量の木くずがあり、強いライトが当てられていた。 警視庁四谷署は何らかの原因で木くずに引火した可能性もあるとみて、業務上過失致死傷容疑も視野に関係者らから事情を聴いている。 火災があったイベントはアート作品を展示する「東京デザインウイーク2016」。 燃えたのは「素(す)の家」と名付けられた日本工業大(埼玉県宮代町)が出展した木製のジャングルジムのようなオブジェで、人が中で遊べるようになっていた。 出火当時は数人が遊んでいたとみられる。 展示に携わった学生の一人は同大に「発光ダイオード(LED)照明の電球を使っていた」と話しているという。 イベントは昭和61年から続き、昨年は10日間で10万人が来場。 事務局は最終日となる7日の中止を決めた。 ソース:神宮外苑で火災、5歳死亡2人けが アート展作品出火 動画:5歳児死亡、男性2人けが 神宮外苑のイベント火災 関連:【火災】神宮外苑の火事の原因!?日本工業大学メンバーのその後 新建築デザイン研究会NADS.

次の

神宮外苑イベント火災で大学生ら6人書類送検 業過致死傷容疑など

木製 オブジェ 火災

芸術の秋。 週末でにぎわう都心のアートイベント会場で、まさかの悲劇が起きた。 6日夕、東京都新宿区の明治神宮外苑で開催中のイベント会場に展示されていた木製ジャングルジムが突然燃え、中で遊んでいた5歳の男児が死亡した。 「中に子供がいる!」。 近くにいた40代の父親ら大人たちの叫び声が響いたが、男児を救い出すことはできなかった。 「子供がいる! 中に子供がいる!」「消火器持ってこい!」「下がって、下がって」。 叫び声が飛び交う会場。 木製ジャングルジムのオブジェは、既にオレンジ色の炎に包まれていた。 明治神宮外苑にある軟式野球場の敷地内で開催されていたイベント「TOKYO DESIGN WEEK2016」。 午後5時15分ごろ、展示物の1つから火の手が上がった。 周囲の人が消火器を持って駆けつけ、火は10~15分後に消し止められた。 が、展示物の中で直前まで楽しく遊んでいた男児が、外に出てくることはなかった。 死亡したのは東京都港区在住の幼稚園児、佐伯健仁(けんと)ちゃん(5)と判明した。 救出しようとした健仁ちゃんの父親(44)と別の40代男性もやけどを負ったが、意識はあり命に別条はないという。

次の

【神宮イベント火災】悪夢の「東京デザインウィーク」事件、二年を経てようやく書類送検【おがくずと投光器】

木製 オブジェ 火災

この記事の目次• 「神宮外苑イベント火災」とは?5歳の子供が亡くなった火災事故 「神宮外苑イベント火災」は2016年11月6日の午後5時20分頃、「神宮外苑」で開催されたアート系イベント「東京デザインウィーク2016」の最中に発生した火災事故です。 展示されていた木製のオブジェが燃え上がり、5歳の男児が巻き込まれて死亡、他2名の成人男性が負傷しました。 燃え上がった展示物は、ジャングルジムのような形状の木製オブジェで、中に木屑(木毛)が敷き詰められており、中に人が入って遊ぶ事ができる構造でした。 火災事故の直前には3〜4人の子供が遊んでおり、火が起こってからわずか数秒後に一気に燃え広がり、1人が逃げ遅れました。 逃げ遅れた5歳児の父親と、付近にいた40代の男性が助けようとしたものの、火の広がりが早く手が出せない状態でした。 「神宮外苑イベント火災」で燃えたのは日本工業大学のアート作品 「神宮外苑イベント火災」で燃え上がったのは、埼玉県の日本工業大学建築学科の建築デザイン団体「新建築デザイン研究会(NADS)」の学生らが制作した「素の家」というタイトルのアート作品だったという事です。 木製の枠組みで作られた立方体をいくつか積み上げたような形状で、高さが約2. 7メートル、幅が約3. 8メートル、奥行きが約3メートルだと発表されています。 枠組みの中には上の方まで木屑(木毛)が絡ませるように入れられていたようです。 この「素の家」は、子供が遊ぶ事を想定した体験型のアート作品として展示されていました。 この作品にはパクり疑惑も浮上 「神宮外苑イベント火災」で炎上した日本工業大学建築学科「新建築デザイン研究会(NADS)」が制作したアート作品「素の家」には、パクリ疑惑も浮上しています。 パクリ元と言われているのは、デザイナー谷尻誠氏が事件の4年前に発表、東京六本木に展示した「マウンテンジム」というアート作品です。 (「マウンテンジム」には安全対策がしっかりとなされています) 規模は全く違いますが、木製の木枠をジャングルジムのように組み合わせ、ライトアップするという発想がかなり似通っているとしてパクリ疑惑が浮上しています。 「神宮外苑イベント火災」の原因は? 「神宮外苑イベント火災」が起きた原因ははっきりしています。 炎上したアート作品「素の家」にはLEDライトが取り付けられ発光するようになっていましたが、日が暮れて辺りが暗くなったため、より明るくライトアップする目的で、前日までに夜間作業用として持ち込まれていた白熱電球の投光器を学生らが作品の内部に設置、その白熱電球の発する熱が原因で木屑に火がつき、それが一気に燃え広がったのが火災の原因だと見られています。 投光器の白熱電球の熱で木くずから出火した可能性がある。 植木鉢で電球が木くずに直接触れないようにしていたことなどから、制作を担当した日本工業大の学生らが発火の危険性を認識していた疑いがある。 木製の枠の中に木屑(非常に燃えやすい木毛)を敷き詰めた構造物が非常に燃えやすいという事は、ほとんどの人が認識しているかと思います。 この作品を制作した学生らが、それを認識していた可能性は否定できないでしょう。 炎上事故発生前、火災対策について質問していた来場者がいた その後、このイベントに来場していたとあるTwitterユーザーが事故の発生前、炎上事故を起こしたアート作品の傍にいた学生と思しき人物に、「これ発火しないように対策してる?」と質問していた事が判明しています。 展示された直後位に、会場で展示物の傍らにいた学生?に 「これ発火しないように対策してる?」 と尋ねたら鼻で笑われて聞き流されました。 別にいちゃもん付けに行った訳ではないし、 そういうクリエイタ君が今はいくらでもいるので そのまま離れて他見に行きましたが。 鼻で笑われて聞き流されたという事ですが、この事実からは、少なくともこのアート作品の展示を見て火災の危険性を感じていた人がいたという事がわかります。 このアート作品が子供が遊べる体験型作品として制作されている事からすれば、安全対策は完璧を目指して徹底的に行うべきだと考えます。 「神宮外苑イベント火災」が発生した時、現場に居合わせた来場者が撮影したとみられる動画がネット上に投稿されています。 衝撃的な動画なので、視聴には充分にご注意ください。 動画前半の落ち着いた雰囲気に違和感を抱きますが、撮影者とその周辺の人々は当初、まさか中に子供が取り残されているとは気が付いておらず、後半ではその事実に気がつきパニックが起こりはじめる瞬間が確認できます。 また、父親とみられる男性が取り乱す様子も確認できます。 救急車の手配も遅れた様子が見られ、消化も含めてもう少し迅速に対応できていたのではないか?と悔やまれます。 「神宮外苑イベント火災」のその後は?忘年会メールが批判され炎上騒動に 「神宮外苑イベント火災」の後、その後の主催者側や大学の対応に批判が集まっています。 会見でLEDしか使用していないとの嘘 「神宮外苑イベント火災」が発生した直後に開かれた会見では、問題の制作物には「LEDライト」しか使用されていなとの発表が行われました。 しかし、翌日の現場検証の結果「白熱電球」が発見され、前日の「LEDしか使用していない」との発表は嘘だった事が判明し批判が集まりました。 そのメールの文面があまりにも不謹慎すぎるとして炎上騒動に発展しています。 炎上した「TDW」からの忘年会メールを引用して紹介します。 「イベントでは、さまざまご協力いただきありがとうございます。 また事故によりいろいろとご迷惑ご心配おかけいたしました」 まず、この文面に対しては「5歳の子供がなくなった事故を『いろいろ』で済ませる神経が信じられない」という批判が殺到します。 現在も警察消防による調査が続き、主催者である私たちも様々な対処を行っており、あのとき自分はあれ以上になにができたのだろうかと、日々考えています。 ボランティアみなさんにとっても、楽しいはずのイベントを残念な終わりかたにしてしまったこと、担当として本当に申し訳なく思います。 こんな状況ではあるのですが、それでも前を向き、これからどうしていくかを考えて行かなければならないとも考えています さらに、上のような文面が続いています。 これに対しては、1人の何の罪もない5歳の子供が完全な制作側の過失により死亡した事を「残念な終わりかた」などと言い、なおかつ、「それでも前を向き」などと書いた上に、楽しく「忘年会」を開くという考え方が、多くの人の怒りを呼びました。 そして、メールの最後は以下の言葉で締められていたそうです。 みんなに良いお年を〜って言いたい〜。 呆れてものも言えないほど軽いノリです。 これを亡くなった子供の親が見たら、どれほどの怒りがこみ上げるか想像すら出来ません。 なお、この「忘年会」は炎上に発展した事を受け、開催が中止されています。 「何でもかんでも自粛すればいいわけではない」という声も出ましたが、事故からわずか1ヶ月の時点でこのような砕けた内容のメールを送信し、みんなで「忘年会」を楽しもうという発想になるのはやはりおかしい、という考え方が多数だったようです。 炎上したアート作品を制作した学生らのSNSが特定され炎上 「神宮外苑イベント火災」で炎上したアート作品を制作した日本工業大学建築学科の建築デザイン団体「新建築デザイン研究会(NADS)」に所属する学生らのTwitterやInstagramなどのSNSが特定され、名前や顔画像などを晒された上に炎上するという事態も発生しています。 これは少々やり過ぎな感もありましたが、学生らが特定されたSNSアカウントを削除し、また新しいSNSを作り直したりしていた事なども発覚し、それがさらに炎上に油をそそぐ形になっています。 また、正式な謝罪を学生らがすべきという声も少なからずあったようです。 事故後に日本工業大学で学園祭が開催された事にまで批判 「神宮外苑イベント火災」の発生後、炎上したアート作品を制作した学生らの所属する日本工業大学で、予定通り学園祭が開催された事に対してまで批判が集まりました。 さすがに、大多数の学生は事故とは何の関係もないため、学校全体で責任を取って学園祭を中止にしろというのは無茶な話だと感じますが、この学園祭で花火を打ち上げるイベントが行われており、「こうした火を使うようなイベントは自粛すべきだったのでは?」という批判の声が出たのでした。 「神宮外苑イベント火災」の現在は?日本工業大学の学生らが書類送検 続いては、「神宮外苑イベント火災」の現在についても見ていきましょう。 日本工業大学の学生、運営会社社長ら関係者が書類送検 「神宮外苑イベント火災」の事故から約2年が経過した2019年3月18日、警視庁は「重過失致死傷容疑」で作品を展示した日本工業大学の21歳の男子学生2人を、「業務上過失致死傷容疑」で日本工業大学の男性教諭、運営会社「TOKYO DESIGN WEEK」の社長、男性役員、女性元社員の4人をそれぞれ書類送検しています。 捜査1課は学生らが高温になる危険性のある投光器を、燃えやすい木くずを敷き詰めたオブジェの内部に設置した行為が、過失にあたると判断。 主催者側についても、持ち込まれる機材の確認やスタッフによる見回りなどの安全管理態勢が不十分だったと結論付けた。 被害者の5歳児の両親がコメント 「神宮外苑イベント火災」の関係者ら6名が書類送検されたことを受け、被害者の5歳男児の両親が文章でコメントを発表しています。 息子さんが亡くなってからの日々が「本当に長く辛い毎日」だった事を綴った後、以下の文章が続けられています。 この度の起訴の結果を受け、学生には起きた事故の事実にきちんと向き合うことを望むと同時に、主催者、大学等の責任者・監督者への責任が追及されないことに、納得することができず、心の整理がつきません。 それにより息子が犠牲になったこの事故が今後の対策に活かされず、風化されてしまうのではないかという不安と悲しみを覚えています。 子供を持つ親であれば、この両親の気持ちは痛いほどよくわかるのではないでしょうか? まとめ 神宮外苑で開催されていたアートイベント会場で、展示されていた中で遊ぶ事ができる体験型のアート作品が炎上し、中で遊んでいた5歳の男児が焼死するというあまりに痛ましい事故「神宮外苑イベント火災」についてまとめてみました。 炎上したアート作品は木で作られたジャングルジムのような構造で、中には燃えやすい木屑(木毛)が敷き詰められていました。 制作した学生らが、この作品をライトアップするために白熱電球付きの照射機で照射したため、木屑が熱を帯び、そこから発火したと見られています。 事件後には、制作した学生らや大学、運営会社にも批判が集まりました。 事件から2年後にようやく関係者6名が書類送検されました。 両親はこれを受けコメントを発表し、事件が風化してしまうのではという不安や悲しみを覚えている事などを明かしました。 こうした悲惨な事故を2度と起こさないためにも、もう一度この事件について真剣に考える必要があるのではないでしょうか?.

次の