ペットの気持ち。 亡くなったペットからのメッセージ。あなたに伝えたがっている気持ちは?

ペットロスから早く立ち直る方法!寂しい気持ちはどうしたらいい?

ペットの気持ち

え?どういう事? まず最初に伝えたいことは、あなたは既にペットロスを乗り越えたも同然だと言う事です。 「はあ?」と思った方も多いと思いますが、本当にそうなので信じて下さい。 というのも、ペットロスの悲しみを打ち破るには「ペットロスを乗り越えたい!」という気持ちが一番重要だからです。 この記事にたどり着いたという事は、「ペットロスの乗り越え方を調べたい!」というあなたの自発的な行動力を発揮できたということです。 おそらく、ペットを亡くした直後は頭の整理をするので精一杯で、ペットロスにならないように行動すること自体が難しい状況だったでしょう。 しかし、少なくとも今のあなたは「このままではいけない」と実感しているので、既にペットロスから回復しつつあります。 寂しさは中々消えないかもしれませんが、いつかきっと、これまでのように幸せな日々を送ることができますよ。 それではここから、具体的なペットロスの乗り越え方をひとつずつ解説していきたいと思います。 現実を受け入れる ペットロスになった直後は、ペットを亡くしたことが信じられず、夢だったんじゃないかと疑うこともあるでしょう。 しかしいくら現実逃避しても、残酷ですがペットが亡くなってしまったことは受け入れるしか無いのです。 人間の脳のシステムは、あまりにも辛い出来事があると気持ちにブレーキがかかり、自然と現実逃避を図ろうとします。 受け入れてしまうと、あまりにも刺激が強すぎて体に負担が掛かるからだそうです。 最初はそれでも仕方ないかもしれませんが、実際に脳から送られている信号は偽りであり、いつまでも現実を受け入れずにいると根本的な解決には結びつきません。 とことん泣く 泣くということは睡眠以上に人間の精神を安定させる効果があります。 泣くのを我慢するというのはペットロスを乗り越えるには逆効果です。 感情を押し殺すのはやめて、大好きだったペットと過ごした日常を思い出しとことん泣きましょう。 ここで注意するポイントは、後悔などから生まれるマイナスの感情の涙ではなく、いい思い出から生まれるプラスの感情の涙を流すことです。 一緒に過ごした楽しい毎日、 その子がいて当たり前だと思っていた頃の事を思い浮かべれば、 辛いかもしれませんが泣き終わった後にきっとスッキリするでしょう。 話を聞いてもらう 誰か信頼できる人に話を聞いてもらうというのも、ペットロスを乗り越えるには効果が高いです。 特に、そのペットのことを知っている人であれば必ず共感してもらえるので、その分親身になって話を聞いてくれる事だろうと思います。 自分だけでは解消できないモヤモヤした気持ちを感情的になってぶつけてみるのも良いかと思います。 迷惑をかけてしまうかもしれませんがこんな時ぐらい人に頼るのは間違った判断ではないでしょう。 集中出来る物を探す ペットロスの乗り越え方の中でもかなり有効なのが、集中できるものを探すということです。 趣味や仕事、勉強など忙しいことに集中できればそれだけ自然と気持ちも晴れていくものです。 特にスポーツなどの運動系はかなり効果が高く、続けていればペットロスからの回復はそれだけ早くなっていくでしょう。 時間が解決する ペットロスは特に何もしなくても時間が勝手に解決してくれるという考え方もあります。 時間というのは本当にすごい力を持っており、どんなに辛いことや悲しいことが起こっても自然と心の傷は癒えていきます。 もちろんわざと自分で自分を苦しめて、傷をほじくるような考え方を持っていたらどんなに時間が経ってもペットロスは解決しませんが、 「ペットロスの乗り越え方を知りたい」と感じているあなたであれば、 心の傷が癒えるのも時間の問題と言えるでしょう。 後悔は捨てろ! ペットロスの乗り越え方において最も基本となるのは、後悔は捨てるということです。 ペットが死んでしまった時、事故や病気など死因に限らず自分を責めてしまう人も多いと思います。 また、ペットの事を愛していればいるほど 「もっと早く気付いていれば…」とか、 「もっと可愛がってあげれば良かった…」などと後悔するのは当然です。 しかし、今一度自分に自問自答して欲しいのですが、本当に後悔をする事でメリットはありますか? 冷静になって考えてみると、後悔をしても何も解決しないし、何の得にもならないという事は誰でも実感できるはずです。 しかし、はっきり言ってそれは間違いです。 そもそも後悔という感情の出所を紐解いていくと、その正体は罪悪感であるケースが多いです。 しかし罪悪感の解消(罪を償う)というのは結局、自分の気持ちの整理が必要になるので後悔をするという行為自体がペットロスの解消には全く結びつかないのです。 それに、あなたが後悔して自分を責めたとしても死んでしまったペットは嬉しいはずもなく、 むしろ自分のせいで飼い主さんが苦しい思いをしていると辛い気持ちになってしまうのではないでしょうか? ペットロスの乗り越え方でダメな例 他にも、やってはいけない気持ちの整理法がいくつかあるから注意してね。 ここからはペットロスの乗り越え方でダメな例を具体的に解説していきます。 人形を可愛がる 「ペットががいなくなって寂しい」という理由で、飼っていたペットにそっくりの人形を可愛がる人も中にはいますが、これは正直おすすめしません。 というのも、このペットロスの乗り越え方はペットの代わりに人形を飼うわけなのでペットが死んだことを認めていないのと同じだからです。 ペットロスの乗り越え方で重要なのは現実を受け入れた上で、気持ちの整理をつけることなのでペットを亡くした人に人形をプレゼントするのは最悪の行動と言えるでしょう。 ペットの事を忘れる ペットのことを忘れると言う方法も最適なペットロスの乗り越え方とは言えません。 忘れることで確かに気持ちは楽になるかもしれませんが、それは人形を飼う事と同様、心の奥底に問題をしまいこんでいるのと一緒です。 他の何かに集中して気を紛らわすのは構いませんが、ペットの事を完全に忘れてしまうというのは現実逃避になるので、ペットロスの解決に余計時間がかかってしまう事になりかねません。 それでも後悔してしまう人は ここまで様々なペットロスの乗り越え方やペットロスの乗り越え方でダメな例を解説してきましたが、それでもなお後悔してしまう人は、かなり心に深い傷を負っているものだと思います。 それほどまでに深刻なペットロスになってしまっている方は、 なるべく自分の心が落ち着く考え方を持つことが重要となるでしょう。 ペットロスの解消に繋がると広く知られている、【虹の橋 】という有名な話がありますが、 下の記事では 「虹の橋が本当にある理由」を科学的な解釈も含めて解説しています。 宗教じみた胡散臭い話ではないので一度ご覧になってみてください。 どんなに時間がかかっても、結局は自分の心の整理が着いた時に初めて幸せを実感できるものなのです。 今はまだ自分が幸せになる事に 罪悪感を感じて 自分の感情にブレーキをかけてしまうのかもしれませんが、最後にひとつだけ伝えたいことがあります。 それは、あなたは幸せになっても良いということです。 あなたが不幸になることは消してペットにとっての幸せではありません。 あなたが今まで通り笑って幸せに暮らすことが天国のペットにとっても嬉しいことなのではないでしょうか? 以上、いぬさいとでした。

次の

【電話占い】ペットの気持ちを透視・霊視できる占い師【ペット鑑定】

ペットの気持ち

「死んだ犬の気持ちを知りたい」 「亡くなった猫は幸せだったのかな?」 天国にいるペットに対して「生きていたころは幸せだった?」と聞いてみたくなることってありますよね。 あまり聞き慣れない言葉ですが霊能者や占い師が扱うワードに ペット霊視という言葉があります。 ペット霊視とは簡単に言うと ペットの気持ちや亡くなってからの状況を視る占術の一つです。 たとえば霊感の強い人にペット霊視を頼んでペットの気持ちを聞いたりメッセージを届けてもらうことができます。 自由な会話とまではいきませんが、霊感の強い人を通訳にしてペットとコミニュケーションがとれます。 ペット霊視なら「ペットと話したい」という方の期待に応えられると思います。 ペット霊視はどんなふうにペットが視える?ある占い師さんの話では、相談者とペットの話をしていると頭の中にフワーっと光景が広がってくるそうです。 飼い主さんと遊んでいる姿・だれもいない部屋でグッスリと昼寝をしている姿・飼い主さんを待ちわびている姿などなど。 ときには 「嬉しい・寂しい」といった感情まで視えることもあります。 ペット霊視はどんな動物の種類でも視えるペット霊視の多くは犬か猫の相談ですが、どんなペットでも同じように視ることは可能です。 鳥などの小動物はもちろん、中には 動物園の飼育係さんからトラの相談を受けた方もいます。 ペット霊視の相談にペットの種類を気にする必要はありません。 こんな人には注意!本物を見極めるポイント世の中には能力も無いのに悩みや不安につけこんで騙そうとする悪い人もいます。 そんな 偽物を見極めるためのポイントを紹介します。 なんでもかんでも聞いてくる人には注意 相談者をさらに傷つける霊能者の例• ペットのことを「この犬・この猫」と呼ぶ• 乱暴な口調で話してくる• 「ペットは苦しんでいる・恨んでいる」と心無いことを言う 相談をする方はペットロスで苦しんでいます。 そんな悲しみや後悔の傷口をさらに悪化させてくるような霊能者は偽物です。 ペットの気持ちの前にまず人の気持ちがわかっていません。 霊能者や占い師は相談者の気持ちに寄り添うプロなのですから人を傷つけるようなことは絶対にしません。 相談をしていて少しでも不快に感じるならすぐに中断してください。 安心して話せる人なら大丈夫「質問ばかりしてくる人」と「悲しませることを言う人」、この2つに注意すれば良い人を見つけることができます。 しかし最初から疑って相談していては、せっかく本物の霊能者と出会えてもなんだか嘘っぽく感じてしまいますよね。 そうならないためにまずは普通に相談してみましょう。 会話の流れをスムーズにするためにあえて質問をしてくることもあるので素直に答えてみてください。 本物の霊能者なら教えてもいないことを何気なく言ってきます。 相談中に「あれ?こんなこと教えたかな」と思わせてくる方は本物と思っていいですね。 そういう方とは話をしているだけで居心地が良いというか、張りつめていた筋肉が緩んでいくようなリラックスを感じます。 ここまで読んでペット霊視に興味が湧いてきた人もいると思います。 ただペット霊視を頼む前に1つだけ知っておいてほしいことがあります。 ペット霊視を頼む前に知っておいてほしいこと 突然ですが質問です。 ペットは亡くなったあとにまず何をするかご存知ですか? 「すぐ天国に行くんじゃないの?」と思った方もいるかもしれません。 実はペットが天国に行くまでには少し時間がかかります。 まずは普段通りに生活する亡くなった直後は自分が死んだことに気づいていない子もたくさんいます。 なのでペットの魂はいつも通りの生活をしています。 しばらくすると少し違和感があることに気づきます。 壁をすり抜けることができたり、空中を歩くことができたり。 いつもとはなにかが違うことに気づきます。 今までより元気になることも亡くなって魂だけの存在になると あらゆる苦しみから解放されるので、いつも以上に元気に動き回ったりします。 なので霊視をすると 嬉しくて外を元気に走り回っている姿が見えることもあるそうです。 次は飼い主さんのそばに寄り添ういつもとはなにか違うと気づき始めたペットは 不安になって飼い主さんに近寄ってきます。 しかし飼い主さんが「自分の存在に気づいていない」とわかるとようやく自分が死んだことに気づきます。 このときに霊視をすると 飼い主さんに向かって「ここにいるよ!」と一所懸命にアピールする子もいるそうです。 そのあとは少しずつ成仏していく自分の死を受け入れると少しずつ空気に溶け込んでいくように消え始めます。 いわゆる 成仏です。 霊視をすると キラキラと光る小さな粒が泡のようになって消えていく様子が見えるそうです。 ようやく魂は天国に向かって進み始めます。 成仏するまでの期間は3か月以内ここまでにかかる時間は個体差があり、早い子では 1か月、遅くても 3か月以内には自分の死を受け入れて成仏を始めます。 なので亡くなってから3か月以内にペット霊視を頼めば、生きているときに近い状態で視てもらえる可能性があります。 もちろん天国に行っても霊視をすることはできますが、ペットが記憶を鮮明に残しているあいだに霊視をすればより本当の気持ちが聞けると思います。 ペット霊視で亡くなったペットと話をする方法 亡くなったペットと話をするためには 霊感の強い方にペット霊視をお願いする必要があります。 「ペット霊視をしてくれる人なんてどうやって探すの?」と疑問に思う方もいますよね。 まずはネットや知人から情報を集めてみてください。 ちなみに実力がある霊能者なら 30,000~50,000円ほどが相場です。 「探してみたけど見つからなかった」という方は次に紹介する方法を試してみてください。 心霊知恵袋はだれでも自由に質問できる当サイトのコンテンツです。 「こういった事情でペットを亡くしました。 ペットはどう思っているのでしょうか?」と質問すれば通りすがりの専門家や有識者が答えてくれます。 必ず霊感の強い人が答えてくれるわけではないので信頼度は落ちますが、 同じ境遇でペットを亡くした人や動物好きな人が答えてくれるので悲しみを共有することができます。 とりあえず今の気持ちを誰かに話したいという人にオススメです。 過去にはこんな質問があります。 霊感が強い占い師さんだからこそ、その霊感を使ってペットの魂と交信することができるのです。 今なら 会員になるだけで1,500円分のポイントが貰えるので、とりあえず会員登録をしておいて、それから相談するかどうかを決めても良いと思います。 会員登録は無料なので「やっぱり気が向かない」と思ったら放置しても問題はありません。 各占い師のプロフィールやレビューなどを読んで「良さそう」と思ったら相談してみてください。 しかし実際は 「ネットでおすすめされていた占い師に相談したけどあまり良くなかった」という意見もあります。 その理由は占い師と相談者の相性が悪かったからだと思います。 ズバズバ言う人が良いという方もいれば、ホッと安心する言葉をかけてほしいという方もいますからね。 なので 少しめんどくさくても相談する占い師は自分で決めるべきです。 実は相性の良い占い師を選ぶのは難しくありません。 頭が下がって地べたに倒れていました。 こんなふうに寝ている姿は見たことがありません。 ピースケ?ピースケ?と声をかけても全然反応がありませんでした。 ケージの扉を開けても体を触ってもピクリとも動きませんでした。 死んだの?と思いゆっくり手で抱き上げると苦しそうな顔をして硬直していました。 箱にティッシュを敷いてそこに寝かせてあげました。 突然の出来事にショックで泣いても泣いてもずっと涙がとまりませんでした。 ちゃんと天国に行ってもらいたい。 でもピースケにもう一度会いたい。 悲しかったです。 そして私が一番気がかりだったのはピースケが私のことを恨んでいるのではないかということです。 もしかしたらピースケは私にずっと助けを求めていたのかもしれない。 それなのに私は気づいてあげられなかった。 そんな思いで占い師さんに相談しました。 恨まれているのならそれも受け入れる覚悟でした。 だけど占い師さんが言うにはピースケは私のことを全然恨んでなんかいないそうです。 それどころかそんなに悲しませてしまって謝りたいと言っているのだそうです。 「本当にピースケちゃんのことを想っているのならクヨクヨしてないで泣き止みなさい。 ピースケちゃんのことは忘れないで。 月に一度でいいからピースケちゃんのお墓にチンゲンサイを備えてあげて」 最後に占い師さんがそう言ってくれました。 チンゲンサイはピースケの大好物でした。 そのことを私は占い師さんに教えていなかったので驚きましたが、言う通りにしようと決心しました。 今でもやっぱり寂しいですけどそれでもだいぶ気持ちが明るくなったと思います。 なによりピースケが私を恨んでいないとわかったことが嬉しかったです。 相談してスッキリしました。 この記事を読んで本当に良かったです。

次の

ペットの気持ちがわかる方法【動物の感情を知るために大切なこと】

ペットの気持ち

「死んだ犬の気持ちを知りたい」 「亡くなった猫は幸せだったのかな?」 天国にいるペットに対して「生きていたころは幸せだった?」と聞いてみたくなることってありますよね。 あまり聞き慣れない言葉ですが霊能者や占い師が扱うワードに ペット霊視という言葉があります。 ペット霊視とは簡単に言うと ペットの気持ちや亡くなってからの状況を視る占術の一つです。 たとえば霊感の強い人にペット霊視を頼んでペットの気持ちを聞いたりメッセージを届けてもらうことができます。 自由な会話とまではいきませんが、霊感の強い人を通訳にしてペットとコミニュケーションがとれます。 ペット霊視なら「ペットと話したい」という方の期待に応えられると思います。 ペット霊視はどんなふうにペットが視える?ある占い師さんの話では、相談者とペットの話をしていると頭の中にフワーっと光景が広がってくるそうです。 飼い主さんと遊んでいる姿・だれもいない部屋でグッスリと昼寝をしている姿・飼い主さんを待ちわびている姿などなど。 ときには 「嬉しい・寂しい」といった感情まで視えることもあります。 ペット霊視はどんな動物の種類でも視えるペット霊視の多くは犬か猫の相談ですが、どんなペットでも同じように視ることは可能です。 鳥などの小動物はもちろん、中には 動物園の飼育係さんからトラの相談を受けた方もいます。 ペット霊視の相談にペットの種類を気にする必要はありません。 こんな人には注意!本物を見極めるポイント世の中には能力も無いのに悩みや不安につけこんで騙そうとする悪い人もいます。 そんな 偽物を見極めるためのポイントを紹介します。 なんでもかんでも聞いてくる人には注意 相談者をさらに傷つける霊能者の例• ペットのことを「この犬・この猫」と呼ぶ• 乱暴な口調で話してくる• 「ペットは苦しんでいる・恨んでいる」と心無いことを言う 相談をする方はペットロスで苦しんでいます。 そんな悲しみや後悔の傷口をさらに悪化させてくるような霊能者は偽物です。 ペットの気持ちの前にまず人の気持ちがわかっていません。 霊能者や占い師は相談者の気持ちに寄り添うプロなのですから人を傷つけるようなことは絶対にしません。 相談をしていて少しでも不快に感じるならすぐに中断してください。 安心して話せる人なら大丈夫「質問ばかりしてくる人」と「悲しませることを言う人」、この2つに注意すれば良い人を見つけることができます。 しかし最初から疑って相談していては、せっかく本物の霊能者と出会えてもなんだか嘘っぽく感じてしまいますよね。 そうならないためにまずは普通に相談してみましょう。 会話の流れをスムーズにするためにあえて質問をしてくることもあるので素直に答えてみてください。 本物の霊能者なら教えてもいないことを何気なく言ってきます。 相談中に「あれ?こんなこと教えたかな」と思わせてくる方は本物と思っていいですね。 そういう方とは話をしているだけで居心地が良いというか、張りつめていた筋肉が緩んでいくようなリラックスを感じます。 ここまで読んでペット霊視に興味が湧いてきた人もいると思います。 ただペット霊視を頼む前に1つだけ知っておいてほしいことがあります。 ペット霊視を頼む前に知っておいてほしいこと 突然ですが質問です。 ペットは亡くなったあとにまず何をするかご存知ですか? 「すぐ天国に行くんじゃないの?」と思った方もいるかもしれません。 実はペットが天国に行くまでには少し時間がかかります。 まずは普段通りに生活する亡くなった直後は自分が死んだことに気づいていない子もたくさんいます。 なのでペットの魂はいつも通りの生活をしています。 しばらくすると少し違和感があることに気づきます。 壁をすり抜けることができたり、空中を歩くことができたり。 いつもとはなにかが違うことに気づきます。 今までより元気になることも亡くなって魂だけの存在になると あらゆる苦しみから解放されるので、いつも以上に元気に動き回ったりします。 なので霊視をすると 嬉しくて外を元気に走り回っている姿が見えることもあるそうです。 次は飼い主さんのそばに寄り添ういつもとはなにか違うと気づき始めたペットは 不安になって飼い主さんに近寄ってきます。 しかし飼い主さんが「自分の存在に気づいていない」とわかるとようやく自分が死んだことに気づきます。 このときに霊視をすると 飼い主さんに向かって「ここにいるよ!」と一所懸命にアピールする子もいるそうです。 そのあとは少しずつ成仏していく自分の死を受け入れると少しずつ空気に溶け込んでいくように消え始めます。 いわゆる 成仏です。 霊視をすると キラキラと光る小さな粒が泡のようになって消えていく様子が見えるそうです。 ようやく魂は天国に向かって進み始めます。 成仏するまでの期間は3か月以内ここまでにかかる時間は個体差があり、早い子では 1か月、遅くても 3か月以内には自分の死を受け入れて成仏を始めます。 なので亡くなってから3か月以内にペット霊視を頼めば、生きているときに近い状態で視てもらえる可能性があります。 もちろん天国に行っても霊視をすることはできますが、ペットが記憶を鮮明に残しているあいだに霊視をすればより本当の気持ちが聞けると思います。 ペット霊視で亡くなったペットと話をする方法 亡くなったペットと話をするためには 霊感の強い方にペット霊視をお願いする必要があります。 「ペット霊視をしてくれる人なんてどうやって探すの?」と疑問に思う方もいますよね。 まずはネットや知人から情報を集めてみてください。 ちなみに実力がある霊能者なら 30,000~50,000円ほどが相場です。 「探してみたけど見つからなかった」という方は次に紹介する方法を試してみてください。 心霊知恵袋はだれでも自由に質問できる当サイトのコンテンツです。 「こういった事情でペットを亡くしました。 ペットはどう思っているのでしょうか?」と質問すれば通りすがりの専門家や有識者が答えてくれます。 必ず霊感の強い人が答えてくれるわけではないので信頼度は落ちますが、 同じ境遇でペットを亡くした人や動物好きな人が答えてくれるので悲しみを共有することができます。 とりあえず今の気持ちを誰かに話したいという人にオススメです。 過去にはこんな質問があります。 霊感が強い占い師さんだからこそ、その霊感を使ってペットの魂と交信することができるのです。 今なら 会員になるだけで1,500円分のポイントが貰えるので、とりあえず会員登録をしておいて、それから相談するかどうかを決めても良いと思います。 会員登録は無料なので「やっぱり気が向かない」と思ったら放置しても問題はありません。 各占い師のプロフィールやレビューなどを読んで「良さそう」と思ったら相談してみてください。 しかし実際は 「ネットでおすすめされていた占い師に相談したけどあまり良くなかった」という意見もあります。 その理由は占い師と相談者の相性が悪かったからだと思います。 ズバズバ言う人が良いという方もいれば、ホッと安心する言葉をかけてほしいという方もいますからね。 なので 少しめんどくさくても相談する占い師は自分で決めるべきです。 実は相性の良い占い師を選ぶのは難しくありません。 頭が下がって地べたに倒れていました。 こんなふうに寝ている姿は見たことがありません。 ピースケ?ピースケ?と声をかけても全然反応がありませんでした。 ケージの扉を開けても体を触ってもピクリとも動きませんでした。 死んだの?と思いゆっくり手で抱き上げると苦しそうな顔をして硬直していました。 箱にティッシュを敷いてそこに寝かせてあげました。 突然の出来事にショックで泣いても泣いてもずっと涙がとまりませんでした。 ちゃんと天国に行ってもらいたい。 でもピースケにもう一度会いたい。 悲しかったです。 そして私が一番気がかりだったのはピースケが私のことを恨んでいるのではないかということです。 もしかしたらピースケは私にずっと助けを求めていたのかもしれない。 それなのに私は気づいてあげられなかった。 そんな思いで占い師さんに相談しました。 恨まれているのならそれも受け入れる覚悟でした。 だけど占い師さんが言うにはピースケは私のことを全然恨んでなんかいないそうです。 それどころかそんなに悲しませてしまって謝りたいと言っているのだそうです。 「本当にピースケちゃんのことを想っているのならクヨクヨしてないで泣き止みなさい。 ピースケちゃんのことは忘れないで。 月に一度でいいからピースケちゃんのお墓にチンゲンサイを備えてあげて」 最後に占い師さんがそう言ってくれました。 チンゲンサイはピースケの大好物でした。 そのことを私は占い師さんに教えていなかったので驚きましたが、言う通りにしようと決心しました。 今でもやっぱり寂しいですけどそれでもだいぶ気持ちが明るくなったと思います。 なによりピースケが私を恨んでいないとわかったことが嬉しかったです。 相談してスッキリしました。 この記事を読んで本当に良かったです。

次の