公爵 家 の メイド に。 公爵家のメイドに憑依しました【第4話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

公爵家のメイドに憑依しました【第5話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

公爵 家 の メイド に

公爵家のメイドに憑依しました17話ネタバレ (クリックでネタバレへ)では、リアンドロの体調を気にするイベリナに、 「こんなに心配してくれるのは君だけだよ」 と伝えました。 首まで真っ赤にして恥ずかしがるリアンドロに 「私に感謝を伝えるのがどうしてそんなに恥ずかしいんですか~」 と少し茶化すように、リアンドロの首をちょんと触ります。 照れた顔でリアンドロがチラっとイベリナの表情を体育すわりで見ます。 (ここのリアンドロの表情が幼くって本当に可愛いです~。 純粋無垢の12歳の表情!) 痒くて血がでるリアンドロ ある日のこと、イベリナが部屋を訪れると、リアンドロが、 「痒い~」 と言って顔面をかきむしって、血が出てしまっています・・・。 イベリナは、掻いてはだめです!とすぐに辞めさせます。 そして、今日のお散歩はやめにしましょう・・・。 と提案しますが、どうしてか分からない様子のリアンドロ。 そんな様子に 「傷口が開いている状態で太陽の下にでたらどうなるか・・・」と身震いをするイベリナ。 ちょっといじけたように、顔を膨らませて分かったと了解するリアンドロ (この表情も子供らしくていいですよね~。 ) リアンドロの血をイベリナは自分のエプロンで拭いて上げ、お薬を塗ってあげました。 イベリナは、リアンドロのパジャマと寝具、自分のエプロンも血で汚れてしまったので、着替えを取りにいってきます、とリアンドロに伝えますが・・・ リアンドロは慌ててイベリナのエプロンをガシっと掴みます。 リアンドロ「僕は大丈夫だから、君はそんなことしなくていいよ」 イベリナ「・・・すぐに戻ってきますから」 どうやらリアンドロはイベリナに側に居てほしいようです。 (甘えんぼさんなんだから~^^) そういって部屋を出て行こうとするイベリナに、アレンドロはほほを膨らませて、プンスカ!という表情。 (可愛い) やきもち爆発リアンドロ イベリナが洋服を着替えに行こうとすると、、、 「また会えたね」 ロレンゾです。 ロレンゾはイベリナに会えて嬉しそうな表情。 (可愛いやつめ) ・・・と、ロレンゾはイベリナのエプロンが血で汚れていることに驚きました。 「どうしたのソレ!? 怪我したの!?」 イベリナはこれは自分の血ではなくて、リアンドロの出血だということを説明すると・・・ ロレンゾは、君が怪我したんじゃんくてホッとした と、安心した表情です。 そんなロレンゾの様子をみて、いい人だなぁ~と思う鈍感なイベリナなのでした。 そんな会話をしていると・・・。 「お前~!!」 とリアンドロ様がお怒りモードです。 どうやら2人が仲良く話しているのを見て嫉妬したのでしょう。 ロレンゾを攻め立てます。 そんなリアンドロの様子をみて、 イベリナが、ただ話しをしていただけですよ。 着替えを持ってきますから、お部屋に戻っていてください。 と声をかけます。 リアンドロは、2人が近づいて(実際には普通の距離)で話ていたことに怒っていたようで・・・そのことを訴えます。 イベリナが、「はいはい、分かりましたよ」という感じで流して、もう一度部屋に戻るように伝えます。 すると、悔しそうな顔をして、怒って部屋に戻っていくのでした・・・。 FODプレミアムおすすめポイント!• 初月初回登録無料!(アマゾンペイ支払い)• 1200p貰える(1200円分無料で読める)• 無料登録して気に入らなければ、 翌月から登録キャンセルできる• 無料漫画のラインナップが多い•

次の

公爵家のメイドに憑依しました|ネタバレ!7話から結末まで更新!|漫画Plus!

公爵 家 の メイド に

すると、 「あなたはもしかして…」 とリリアーナはイベリナを知っている様子だった。 「屋敷の近くを通ったときあなたと小さいご主人が一緒にいたのを見ました」 そう言われ、言い訳するように「声を掛けてくるので…」と困った表情をする。 イベリナは以前執事から睨みつけられてから気を付けていたが、見られていたとは…と戸惑っていた。 あなたと親しくなってから健康を取り戻されましたから。 」 とリリアーナ。 (鋭い!) おどおどしながら 自分は何もしていないと言うと… 意味深に間を開けて 「…そうですね」 と言うリリアーナだった。 」 そう言いながら、イベリナを探すリアンドロ。 剣術訓練する姿を見せようと思っていたのだ。 するとそこで、イベリナを発見! しかし、リリアーナと話している。 「小さなご主人は本当にすごいです。 」 リリアーナはリアンドロが小さい頃から騎士として仕えていた。 そのころにリアンドロの強いところを垣間見たのだという。 (小説の途中から登場する人物だけど、リアンドロに対する忠誠心が強いのはこういうこと…) (フェデリカになんて言おう…) (中性的な外貌だから勘違いしちゃうよね…) なんと… リリアーナは女性だったのだ。 リリアーナは、イベリナが自分の性別が女だと分かっていることに驚く。 「時々数人の下女の方々が私に恋心を抱いてくれるので…」 とため息をつく。 それを見て、クスっと笑うイベリナ。 そんなイベリナを見てクスッと笑うリリアーナ。 すると、イベリナはリリアーナの手の甲から血が出ていることに気付く。 大したことは無いと言うが、 イベリナはハンカチを渡し拭くように言う。 ハンカチを受け取り、 お互いに自己紹介するのでした。 (一体なんだよ) (ロレンゾだけ牽制すればよかったんじゃないのか!) 八つ当たりのように剣を振るリアンドロ。 剣術の先生も戸惑う。 (あいつに笑ってハンカチまで渡して…) (まさか、、) すると剣をポイっと投げつけ剣術の授業を勝手に終わらせるリアンドロだった。 「!」 リアンドロはリリアーナを睨みつける。 リリアーナはリアンドロに気付くとサッと道を空け会釈するが…何も言わずに通り過ぎるリアンドロだった。 そこにはイベリナがシーツの交換をしているところだった。 笑顔で話しかけると… 口をへの字にしながらも… 「暑い、お風呂」 と言い風呂へ。 (おー、病弱の美少年だと思ったのに…) リアンドロの胸板は厚く、筋肉がついていた。 「お風呂に入るのも久しぶりですね!」 と不意打ち気味に話しかけるイベリナ。 その手には石鹸が。 ビクッ 驚くリアンドロ。 「洗うのか!?」 「もちろんです~」 とニコニコのイベリナ。 背中を向けるリアンドロ ニコニコ笑いながら 「坊ちゃんそうしないで~!」 と近づくイベリナ。 「お前は一体いつまで俺を子ども扱いするんだ?」 と呆れた顔をするのでした。 28話ネタバレ! 少し考えるイベリナだったが… 「一生・・・?」 その言葉を聞いてショックを受けるリアンドロ。 「これぐらい1人でできるから放っておいて!」 そう言われ親離れしたと感じるイベリナ。 (私の赤ちゃん、大きくなったのね) 少し寂し気な表情のイベリナ。 後ろを向いてズーンと落ち込む。 そんなイベリナを見て、 仕方ないような顔で 「髪は洗ってね」 と言うリアンドロ。 イベリナは喜んで頭を洗うのでした。 周りから何も言われないの?」 と意味深に言うリアンドロ。 (なんで急に?) と戸惑うイベリナ。 しかしリアンドロはそれ以上は何も言わないのでした。 夕食もいらないと。 「もう行って」 急に態度が変わってしまうリアンドロについて行けないイベリナ。 ため息をついて部屋を出ようとドアに触れると…。 急に壁ドンするリアンドロ。 ドアを背にして振り向くと… リアンドロは顔を近づける 「坊ちゃん・・・?」 (こうしてみると、見知らぬ男と向かい合っているようだわ。 毎日見る顔だけど…美しい…) お互い見つめ合い… イベリナの肩に頭を乗せるリアンドロ。 「お前は…(リリアーナのような)奴が好きか」 「え?」 頭を肩に置いたまま… 「全部見た。 ハンカチを渡すところ」 (あ、まさかリリアーナ?) 「その方は女性ですよ」 それを聞いて驚くリアンドロ。 苦笑いしながら「女性なんです」と言うと・・ 「騎士の割には小柄だと思った…」 と頭を押さえる。 リリアーナの話をすると気まずそうな表情になるリアンドロ。 自分がしたことを後悔していた。 そして、 「平民は普通成年に達するとすぐに結婚を準備すると聞いた。 もしかして君に縁談が入ったのかと…」 と本音を話すリアンドロ。 それを聞いて、 「坊ちゃん、もうお嫁に行くんじゃないかと心配したの~?」と笑顔になるイベリナ。 背中を見せ、照れ隠しをするリアンドロ。 そんなリアンドロに 「心配しないでください。 」 「一人にしません」 とイベリナ 自分が小説に入ったのは、1人泣くリアンドロが放っておけなかったから。 でも呪いが解けた今、どんどんリアンドロの世界が広がっている。 その反動で、リアンドロは自分に依存している。 と考えるイベリナ。 (でも、これもあと少し) (すぐやめる時が来る。 ) そう思いながらも… 「坊ちゃんももうすぐ友達ができて忙しくなるでしょう!その時になって煩わしがらないでくださいね」 と背中をさするイベリナ。 しかし、リアンドロは寂し気な表情になり… (他の人はいらない) (お前さえいればいいんだ、イベリナ) と思うのでした。

次の

公爵家のメイドに憑依しました|ネタバレ!31話から32話までの感想も!|漫画Plus!

公爵 家 の メイド に

Contents• 公爵家のメイドに憑依しました18話ネタバレ 優しいロレンゾ イベリナは庭で休んでいるロレンゾの元へ行きました。 イベリナ「ごめんなさいね。 怒ったかしら・・・。 リアンドロ様は子供っぽいところがあるから・・・。 」 ロレンゾ「いや、怒ってないし、君が謝る必要はないよ。 」 だけど、初めてリアンドロ様を近くでみてビックリしたな・・・。 とロレンゾは、噂で聞いていたような「呪いで恐ろしい姿をしている」リアンドロを想像していたようですが、 実際に会ってみると「普通の男の子」であることがびっくりしたようです。 リアンドロ様の朝食をとりに・・」 とまでいうと、ロレンゾは、 「分かった!これ以上君の邪魔しちゃ悪いから、またね!」 とにっこり笑顔を見せてくれるのでした。 (これ、絶対会いにいきますよねww可愛いやつめ!) ご機嫌斜めのリアンドロ イベリナがリアンドロの部屋へ戻ってノックをするも、リアンドロは返事をしてくれません。 イベリナ「返事をしてくれませんか?」 と、持ってきた洋服を渡すも リアンドロ「ボクが機嫌が悪いのが分からない?」 とお怒りモード。 イベリナ「機嫌が悪いなら、私は離れたほうがいいですか?」 と、聞いても無視・・・。 イベリナが部屋を去ろうとすると・・・ リアンドロ「・・・行くな!ここに座って」と自分のベッドの横を叩きます。 しょうがないなぁと言う表情のイベリナ。 リアンドロ「ほかの奴の前で笑うなって言わなかったけ?」 とやはりお怒りモードで話すリアンドロ。 (イベリナが好きすぎて、怒る理由が理不尽すぎるwカワイイw) イベリナは困ったような笑顔で 「そんな約束しましたっけ?覚えていないんですけど・・・」 と内心では、リアンドロが反抗期を迎えてお世話をする難しさを感じていました。 ・・・これが理由でほかのメイドさんより給料が高いのだけれど・・・。 返事がないイベリナに対して、ズイっと顔を近づけて、 「分かった?」 とまだお怒りムード。 そんなリアンドロに、 「分かりましたから、少し落ち着いてください。 また調子が悪くなっちゃいますよ」 と頭をポンポンすると、少し落ち着いた様子のリアンドロ。 リアンドロ「・・・ところで、あの執事の名前はなんていうの?」 ロレンゾをクビにしよう! イベリナが、ロレンゾの名前を教えると・・・。 「いけません!職権乱用ですよ!」と両腕を掴んで真剣な声色で伝えるイベリナ。 分からない!といった風にリアンドロも大きなこえで言い返します。 たかが執事をクビにするだけだろう!と。 イベリナはそのセリフを聞いて悲しくなりました・・・。 イベリナ「その理由を聞いてもいいですか。 」 リアンドロは理由はいいたくないといいます。 イベリナは、「それでは彼をここには呼べません」と。 その返答に、ボクの命令が聞けないの? と言ってしまうリアンドロ、自分でも言ってしまって、しまったという表情です。 やはりイベリナもこのセリフにショックを覚えますが・・・立ち上がって 「分かりました。 ロレンゾを呼んで来ます。 ・・・ですが、リアンドロ様には失望しました。 」 といつになく真剣な表情でのイベリナに、リアンドロもオムところがあったのか 「ボクが悪かった!!」と謝ります。 「でもその代わり、約束して、ボク以外には笑顔を向けないって」 と羽毛のクッションから羽毛を取り出して、イベリナの耳に飾って約束を取り付けるのでした。

次の