おすすめのイヤホン。 【2020年】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ人気7機種「神セブン」

有線イヤホンのおすすめ19選!マイク付きも【2020年版】

おすすめのイヤホン

・耳に装着してもイヤホンが落ちないか ・耳内が密閉されるか ・低音がスカスカになっていないか 完全ワイヤレスイヤホンがどれだけ魅力的な機能が備わっていても、耳にフィットせずポロっと落ちやすくなってしまうと、その快適さが半減してしまいます。 また、耳にフィットしていないイヤホンを使うと、紛失するリスクが高くなるだけではなく耳内の密閉度も低くなり、イヤホンの本来の音を引き出すことができません。 自分の耳にあったイヤホンを選び、長く愛用していきましょう。 イヤホンの先っちょのゴムのようなパーツ『イヤーピース』を交換すると、同じイヤホンでもフィット感が改善する可能性があります。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 接続の安定性(途切れにくさ) ・最新のBluetoothチップを搭載しているか ・Bluetoothのバージョンは5. 0以降か ・音途切れはないか 完全ワイヤレスイヤホンのデメリットとして、プレイヤーとの接続が不安定になることがあります。 音楽再生中に左右の音が途切れてしまい、ストレスを抱えてしまうことも。 最新のモデルは、クアルコム製のチップ「QCC3026」や「QCC3020」などを搭載していることが多く、接続が安定しやすくなりました。 チップ情報を公開していないイヤホンもありますが、 Bluetoothのバージョンが5. 0以降の機種は接続が安定しやすい傾向にあります。 しかし、最新のBluetoothチップを搭載していても、プレイヤーとの相性によっては音途切れが発生することもあります。 一度、店頭デモ機などを試聴し、プレイヤーをポケットやバッグに入れた状態で、音途切れが発生しないかチェックすることをオススメします。 再生時間(バッテリーの持ち時間) ・本体のみの連続再生時間 ・ケース込みの最大再生時間 ・急速充電に対応しているか 完全ワイヤレスイヤホンを使っていく上で、バッテリーの持続時間も重要です。 イヤホン本体のみで5時間以上再生できるモデルであれば、出張や作業中でもバッテリー切れが起こりにくく安心して使えます。 イヤホンを収めるケースも、充電器の役割を果たしています。 製品のスペック上では、イヤホン本体とケースを合わせた最大再生時間を表記することが多く、中には充電ケースと併せて100時間以上再生できるモデルも。 さらに、急速充電に対応していれば10分の充電で、1時間以上再生できるモデルもあります。 電車の中など雑音が気になる場所ではノイズキャンセリング、コンビニでのお会計時など声を聞き取りたい場面では外音取り込み機能とシームレスに切り替えが可能です。 防水規格については、こちらの動画で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。 コーデックの名前 特徴 簡単な説明 SBC 遅延を感じる 標準的な音質 A2DP対応のワイヤレス製品すべてが 必ずSBCに対応している AAC SBCより遅延が少ない データの変化が少なくSBCよりも高音質 iPhoneで主に対応しているコーデック aptX SBC,AACより遅延が少ない CD音源相当の高音質 Androidで主に対応しているコーデック aptX HD ハイレゾ相当の高音質再生が可能 SBC、AAC、aptXを上回る高音質コーデック aptX LL aptX Low Latencyの略称 aptXよりさらに遅延が少ない 音楽ゲームができるほどの低遅延コーデック LDAC ハイレゾ相当の高音質再生が可能 Android8. 0以降で主に対応している aptX HDを上回る高音質コーデック また、イヤホンに搭載しているドライバーの種類によっても音の傾向が異なります。 ダイナミック(D)型だと迫力と臨場感があり、バランスド・アーマチュア(BA)型だと繊細で高解像度になることが多いです。 しかし、コーデックやドライバーに関係なく、 そのイヤホンが自分の好みの音かどうかが重要です。 スペックだけではどんな音か判断ができないので、好みのジャンルに合っているか?好きな音か?試聴できる環境があれば、実際に聴いてみてください。 【迷ったらこれ!静寂の完全ワイヤレス】 爆発的な人気を博したSONYのワイヤレスイヤホン。 特にノイズキャンセリングが本当にすごい!完全ワイヤレスのなかではトップクラスだと感じました。 エアコンの音や、近くにいる人のパソコンのタイピング音など、気になる雑音を遮音してくれます。 また、外音取り込み機能も搭載しており、音楽を聴きながら会話をすることもできます。 専用アプリ「Headphones Connect」によって、さまざまな機能を活用できます。 特におすすめの機能は『止まっている時』や『歩いている時』、『走っている時』や『乗り物に乗っている時』など、シーンに合わせてノイズキャンセリングと外音取込機能が自動で調節してくれるところです。 音質については、凛とした透明感あふれるサウンドで、輪郭がくっきりとしており、あらゆるジャンルと相性が良いです。 ボーカルは伸びやかで自然な音声で、ドラムは生々しく響き渡たり、楽曲がより華やかになります。 低域も程良く引き締まり、軽やかで弾むようなナチュラルなサウンド。 ノイズキャンセリング作動時は音にさらに厚みがでます。 高解像度系の明るいサウンドを聴きたい方や、どんなジャンルでも卒なくこなす万能なイヤホンが欲しい方におすすめです。 【高音質と言えばこれ!ノイズキャンセリングも搭載し、バッテリーも強化!】 完全ワイヤレスの中でも音質の最高峰!SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless」の二世代目! 前作から新たに搭載されたノイズキャンセル機能。 これが全く違和感なし!完全に音を消すというわけではなく、自然にスッと周りの雑音を消してくれます。 ノイズキャンセリングの圧もそこまで強くないので、長時間装着していても疲れにくいです。 専用アプリ「Smart Control」によって、イコライザーと外音取り込みの調整なども可能。 合計28時間と前モデルより12時間も再生時間が長くなりました。 ワイヤレスイヤホンという事を忘れてしまうほど、音の繋がりが自然かつ滑らかで、どの音も主張しすぎず、全体的にしっとり鳴らします。 重心が低く、豊かで温かみのある低域と、控えめながらも艶感がある中高域の残響音がちょうど良いバランスです。 音にこだわりがある方必聴でございます! 【音の空間に包み込まれるナチュラルサウンド】 自然なサウンドで一音一音が細やかで涼やか。 シ ンバルや金物類のきらめく残響音がたまらないほど心地よく、ギターやピアノ、ボーカルの光沢感を非常に妖美に表現します。 音の空間づくりが得意で、その空間で音がジュワッとはじけて溢れだすような瑞々しさ。 クセになる魅力的な中高域と、表現豊かで程よい量感の低域を鳴らし、余韻を逃さず耳に残してくれます。 全体的にまとまりのあるバランスの取れた製品です。 専用アプリ「Technics Audio Connect」でイコライザー機能を搭載しており、ボーカルが明瞭に聴こえる『クリアボイス』、低域の表現がより豊かになる『バスエンハンサー』といったプリセットを備えており、好みの音質に変えることができます。 また、アプリ内でノイズキャンセリング、外音取込機能の強さ調節も可能です。 アプリも使いやすく、音質もナチュラルで音の空間に包み込まれるようなサウンドを体感できる音質重視の完全ワイヤレスイヤホンです。 【最高の低域を求めている方必聴】 重低音を迫力たっぷり味わいたい方に朗報!この子の低域が圧倒的です!!量感たっぷりな低域で迫力満載!沈み込むようなバスドラムは味わいがあり、ベースラインも活き活きしています。 そして、それに負けない中高域!全体的にすっきりとしていて、低域との音のバランスがいいです。 透明感もあり、素直に鳴らしてくれてボーカルも埋もれません! 全体的に音場も広く空間表現も得意。 臨場感あふれるサウンドでライブ感も味わえます。 EDMやJ-POP、ジャズなど様々な楽曲に合うイヤホンです! イヤホン本体は大きいのですが、耳にフィットしやすく、軽量なので装着疲れが起きにくいです。 連続再生9時間と長時間使用でき、クイック充電にも対応しているので10分間の充電で60分使用可能です。 とにかく ライブのような臨場感を味わいたい方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです! 【大本命!? 聴けば聴くほど化けていくイヤホン】 まず鳴らし続けてみてください。 この子化けます。 有線イヤホンで素晴らしい製品を生み出し続けている『Noble Audio』から、待望の完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。 初めて聴いた時は、ボーカルが埋もれ気味で高域が刺さりやすいかな?と感じました。 しかし、鳴らしこんであげると、角がとれて聴きやすくなり、ボーカルの距離感も近くなったように感じました。 艶っぽく透き通った中高域は、細やかながらも柔らかく、聴き疲れしにくい印象。 ほどよい分離感もあり、楽器本来の美しさが生々しく響きます。 全体的に味付けが少なく、濁りのないあっさりとした音で、ジャンルを選びません。 音の量感が多いわけではありませんが、タイトで輪郭がはっきりしているので、音をほどよく締めてくれます。 そしてIPX7相当の防水性能があるため、万が一水没させてしまった場合でも安心です。 中高域寄りのフラット傾向な音なので、楽器重視で聴きたい方や、楽曲の全体感を聴きたい方におすすめです。 【初めての完全ワイヤレスイヤホンはこれで間違いなし!? 】 そのかわいい見た目と、お求めになりやすい価格から、発売してから初心者向けの定番になりつつある『ag』の完全ワイヤレスイヤホン。 カラーも6色展開と豊富で、イヤホンと充電ケースの表面は、指紋や汚れが付きにくいマット加工。 イヤホン本体は小型で、耳の小さい方にもおすすめです。 この小さな筐体からは考えられないほど音質が良く、一つ一つの音の輪郭がわかりやすく、高域も伸びやかで自然な優しい音です。 ピアノやボーカルの表現力も良くキレイな残響音で、シンバル音や金物類などの高域が素直で表現豊かな印象。 角が取れた音でギターのアルペジオも耳あたりが良く滑らかです。 低域は主張が控えめながら、輪郭がクッキリして沈み込みも軽やかです。 音もボヤけず他の音と引き立てあい、バランスの取れたまとまりの良い仕上がりです。 初めてのイヤホンにはもちろん、自然なサウンドなので楽曲本来の音を楽しみたい方におすすめです! 【マニアのサブ機だけでなく、初心者のメイン機としてもおすすめ!】 連続再生時間は最大9時間と長時間再生が可能!ケースと併用すると最大180時間再生と『TWS01K』と比べて3倍以上と大幅にパワーアップしモバイルバッテリーとしても活躍できます!そして、防水仕様が完全防水のIPX7!! 30分水没しても浸水しません! 付属のイヤーピースは完全ワイヤレスの為に設計されたfinalの「TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様」。 完全ワイヤレスイヤホンに特化したホールド感と、異物感のない自然な付け心地を実現! 空間表現が丁寧で音が自然に広がり、まわりを包みこんでくれるような優しい音です。 低域は主張が強めというよりは重心がどっしりと構えており、中高域を支えてくれるように鳴らしてくれます。 澄み切った中高域は見晴らしも良くナチュラルで力強く、楽曲を忠実に再現してくれます。 ボーカルは伸びやかで奥行きがあり、絶妙な距離感で圧倒的な存在感があります。 ボーカル重視の方はもちろん、低域重視の方、全体の音をバランス良く聴きたい方にもおすすめです。 音質も機能性も一切妥協のない完全ワイヤレスイヤホンです! 【22種類のイコライザー機能でいろんな楽曲に対応可能!? 】 音質は量感豊かで、しっかりと沈み込む低域が迫力満点で、臨場感もたっぷりです。 低域の量感が多いため、中高域は控えめです。 音の距離は遠めですが、繊細な音は埋もれずに鳴らしてくれます。 専用アプリ「Soundcore」に22種類のイコライザー機能や、グラミー賞受賞のプロデューサーによるカスタムイコライザーを搭載し、設定をすることで まるで色んなイヤホンを聴き比べているような錯覚を起こします。 アプリ内の機能「HearID」で聴覚テストができ、自分の聴覚に合わせてイヤホンの音を最適化してくれます。 本当に自分の欲しかった音域に迫力が増し、一気に解像度と深みが増しました。 専用アプリに対応しているイヤホンの中で、個人的に一番おすすめです!可能性をたくさん含んだイヤホンなので、ぜひ試してみてください! 【高い防水性能と、2種類の外部音声取込み機能付き!ジョギングに使うならコレ!】 一言で伝えると、こちらのイヤホンは機能満載のハイスペックな子です!防水性能IPX7と水や汗に強く、連続再生時間もなんと10時間!充電ケースと併用で最大30時間使用可能で急速充電にも対応しています! 操作方法もシンプルで、ボタン1つで周囲の環境音を取り込める『アンビエントアウェア機能』や、イヤホン装着時でも会話ができる『トークスルー機能』に切り替えができます。 スペックだけでも充分すぎるくらい高機能ですが、音質も全帯域がバランス良く鳴り、味付けも少なめで癖のないサウンドです。 あらゆる楽曲との相性が良く、パワフルで聴きごたえがありますが、聴き疲れもしにくい音です。 装着感も良く安定感があり、水や汗にも強いため、 ジョギング中の使用に最適です! 【歪みのない真っすぐなサウンドと、抜群の装着感がたまらない!】 前作の大人気モデル『Elite 65t』がパワーアップし『Elite 75t』として登場!! 高域はきらびやかで分離感が良く、どの音も埋もれないよう抜けの良い音です。 低域のアタック感は強めで、勢いや臨場感があり、解像度も高めです。 音場は横の広がりは狭めですが、立体感があり粒立ちもキレイ。 曲によって鋭く聴こえてしまうことがありますが、専用アプリで高域を抑えることもできます。 アプリ内にヒアスルーという機能があり、音楽も楽しみながら外の音を自然に取り込むことができます。 前作と比べると本体がコンパクトになり、格段に装着感がよくなったため、耳が小さな方にもおすすめです。 マルチポイントにも対応しており、プライベート用と仕事用、それぞれのスマホに2台同時接続ができます!片方のスマホから着信があった時も、すぐに応答できるので大変便利です。 スポーツに特化したモデルをお求めの場合は、「Elite Active 75t」もおすすめです!.

次の

2020年最新のおすすめゲーミングイヤホンを紹介!知っておきた選び方やブランドも解説

おすすめのイヤホン

・バッテリー、連続再生時間を確認 ・装着感をチェック ・使い勝手の良さ ・音質を確認 しっかり合うBluetoothイヤホンを見つけるために、ぜひご確認ください。 バッテリー、連続再生時間を確認 現代人にとって、イヤホンは必須のアイテムかと思います。 あまりバッテリーの容量が少なかったり、連続再生時間が短いと、帰り道にイヤホン使おうと思ったら電源が切れてたということになりかねません。 いつも電源の近くにいる生活をしているのであればいいですが、充電できない時間がある、旅行などでもよく使うという方は、必ず確認しましょう。 装着感をチェック Bluetoothイヤホンには、 完全に独立していて、耳にはめる部分しかないものもあり、装着感が非常に大切です。 重量や、形を確認して、ぜひご自分に合うBluetoothイヤホンを見つけてください。 使い勝手の良さ Bluetoothイヤホンには、ボタンで曲送りができたり、マイクがついていたりなど、便利機能が色々あります。 使い方に合わせて、機能面もしっかりチェックしていきましょう。 使い勝手の面でチェックしたいポイント• ボタンで何ができるか• マイクが付いているか• Bluetoothの接続は途切れないか• 防水、防塵機能はついているか• ケースを含め、重かったり大きかったりしないか 音質を確認 音質もBluetoothイヤホンを選ぶ上で、非常に重要なポイントでしょう。 イヤホンには色々なスペックが書かれていますが、音質を判断する際に主にチェックするポイントは、以下の3つです。 ・再生周波数帯域 再生周波数帯域とは、どれくらい高い音と低い音が出るかということで、広いと音質が良い可能性が高いです。 音質を見る際にまずチェックしたいポイントでしょう。 ・インピーダンス インピーダンスが大きければ大きいほど、音が小さくなり音量を大きく設定しなくてはなりません。 ただ、その分ノイズが減り音質が良くなります。 ・スピーカー径 これはそのままスピーカーの大きさで、大きければ大きいほど、迫力のある音になります。 迫力がある音が好きな方は、できるだけ大きめを選んでいきましょう。 おすすめのBluetoothイヤホン13選• Premium Style ワイヤレス イヤホン PG-BTE4S01 参考価格 4,378円• 使いやすさにとことんこだわったとにかく使いやすいBluetoothイヤホン!• 『ワイヤレス イヤホン PG-BTE4S01』は、使いやすさにとことんこだわったコスパ抜群のBluetoothイヤホンです。 付けていることを忘れるような軽量設計になっていて、気にせず音楽を楽しむことができるでしょう。 また滑りにくい素材を使っていたり、ヘッドをマグネットでつけて収納できたりなど、細かい部分まで使いやすさにこだわっています。 音質もナチュラスな印象がある音で、音楽はもちろん、ラジオを聴いたり、通話をしたりなどの話している内容も聞き取りやすいです。 非常に便利で、価格もかなり抑えめなので、初めてのBluetoothイヤホンにもおすすめです。 タイプ 首掛け 連続再生時間 最大約6時間 重さ 20g 音域 20Hz ~ 20,000Hz マイク あり• LEPLUS ワイヤレスイヤフォン「極の音域」 3,218円 税込• 初心者でも使いやすい日本語ガイド機能付き• 初めてBluetoothイヤホンを使うという方には、LEPLUSの『極の音域』がおすすめです。 操作がシンプルでわかりやすく、日本語ガイド機能も搭載されています。 ケーブルがフラットになっているので絡みにくく、便利なリモコンと音声マイク付き。 音質についても、劣化しにくい「AAC規格」を採用しているため、綺麗なサウンドを楽しめます。 また連続再生時間は、最大4. 5時間と言われているので、通勤・通学の途中で切れてしまう心配もないでしょう。 6種類のカラーバリエーションの中から、自分好みのワイヤレスイヤホンを探してみてください。 タイプ 首掛け 連続再生時間 最大4. 5時間 重さ 約11. 5g(ケーブル部分除く) 音域 20Hz ~ 20,000Hz マイク あり• オーディオテクニカ ATH-DSR5BT 参考価格 42,000円• 劣化の少ない音転送技術を用いた首掛け型イヤホン!• 大手イヤホンメーカー・オーディオテクニカから販売されているワイヤレスヘッドホン「ATH-DSR5BT」。 高品質な音声データ転送を実現するPure Digital Driveを搭載した製品で、ワイヤレスにもかかわらず劣化の少ない音質で楽しむことができます。 この技術によって音楽デバイスから発信されたデジタル信号をドライバーまで高純度転送、空気振動によって音声へとダイレクトに変換。 他にもダイナミックレンジを拡張するバーチャルコイルテクノロジーによって広大な冴え冴えとしたサウンドを再現しています。 連続再生時間は最大8時間。 劣化の少ない良い音をできるだけ長く楽しめる製品です。 タイプ 首掛け ネックバンド 連続再生時間 最大8時間 重さ 約63g 音域 5~45,000Hz マイク なし• SHURE SE215 WIRELESS Special Edition 参考価格 16,700円• 高遮音のイヤーパッドでクリアな音質を!• 迫力あふれるクリアなサウンドで通勤時間をコンサートに変える、SHURE発売のワイヤレスイヤホン「SE215 WIRELESS Special Edition」。 シングルダイナミックドライバーで、いつでもどこでも使いやすいパッケージになっています。 高遮音性の設計で周囲の騒音を最大37dbまでカット。 車内や人混みの中の騒がしいところでも鮮明でクリアなサウンドを楽しめます。 ワイヤレスモデルにはリモート&マイク機能を搭載しているため、通話やSiriなどの音声アシスタントも着用しながら操作可能。 音楽の再生・停止やボリュームコントロールなどもラクラクです。 充電ケーブル、3サイズのイヤーパッド、装着用クリップのほかジッパー式キャリングポーチが付属します。 遮音性が高く、ワイヤレスイヤホンに通話も兼ねたい方におすすめです。 アンカー・ジャパン Soundcore Spirit Pro ワイヤレスイヤホン ブラック 4298円 税込• コスパ第一でBluetoothイヤホンをお探しの方に!• 「Soundcore Sprit Pro」は、さまざまな電子機器を発売する中国発のメーカーであるアンカーから発売のワイヤレスイヤホン。 有名ブランドとは違い、比較的安価に手に入れられるのがポイントです。 この「Soundcore Sprit Pro」は、アンカーの「Soundcore Spirit」モデルの最新版。 連続再生時間が長く、音声コーデックも新たに高音質なaptXに対応するなど大幅にスペックアップした上位モデルという位置づけになっています。 イヤホンとしては低価格ながらも、高音質な再生に対応していることかられなりの体裁を整えた音楽を楽しめることは確かです。 ちょっとワイヤレスを試してみたいという方やイヤホンにそれほどお金をかけられないという方におすすめです。 タイプ 首掛け 連続再生時間 10時間 重さ 16g 音域 - マイク あり• Beats by Dr. Dre BeatsX 9800円 税抜• 「BeatsX」は街中でも見かけることの多いイヤホンの一つ。 「BeatsX」にはApple W1テクノロジーが搭載されており、Appleデバイス間でのシームレスな切り替えはもちろん、豊富なバッテリー駆動時間が保証されています。 バッテリー面で更に注目なのがFasu Fuel機能。 バッテリー残量が少なくなった際でも、たった5分間の充電で2時間の再生が可能になります。 さらにSiri搭載のRemoteTalkをイヤホンに内蔵。 電話の応答や音楽再生時のトラック切り替えも軽快です。 選べるカラーは3種類。 タイプ 首掛け 連続再生時間 最大8時間 重さ 約18g 音域 - マイク あり• AIR by MPOW X5. 1J 8,250円• 日本人に合わせたワイヤレスイヤホンで使いやすく聴きやすい!• AIR by MPOWの「X5. 1J」は、日本人のサウンドエキスパートが監修していて、日本人に好まれる音質になっています。 日本人の需要に合わせて作ったことにより、比較的お求めやすい価格ながらも音質が非常に心地よく、幅広く使うことができます。 優れた装着感と遮音性で、音漏れも防ぐことができます また連続再生時間6時間と、よほど長時間使わない限り、丸一日持たせることができるでしょう。 さらには、非常に高い性能のマイクを搭載していて、雑音を相手に伝えないので、通話用としてもおすすめです。 この価格帯では、音質、装着感ともに非常に良いBluetoothイヤホンなので、ぜひ検討してみてください。 タイプ 完全独立型 ワイヤレス 連続再生時間 6時間 重さ 5. BOSE SOUNDSPORT FREE WIRELESS HEADPHONES 参考価格 21,500円• スポーティなデザイン、屋外使用が多い方におすすめ!• BOSE初の完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDSPORT FREE wireless headphone」。 BOSE独自の技術で実現した、クリアでパワフルなサウンドに加え、BOSEの多くのイヤホンがそうであるようなスポーティなデザインが印象的です。 「SoundSport Free」はその名の通り、快適なスポーツシーンを想定して作られたもので、運動時も気にならない軽量なつけ心地と外れにくさに重きをおいています。 また雨や汗に強い防滴仕様。 外れにくく長時間つけても疲れないといった屋外の使用に最適なイヤホンです。 タイプ 完全独立型 ワイヤレス 連続再生時間 最大5時間 重さ 本体 18g ケース 80g 音域 - マイク なし• SONY WF-SP900 26,880円 税抜• まるで小さなウォークマン、SONYの放つプレイヤー一体型イヤホン• 音楽デバイスにおいて国内外問わず有名なSONYから販売されている「WF-SP900」。 一般的なbluetooth製品のように外部プレイヤーからの音を再生することもできますが、機器そのものでの音楽再生も可能なワイヤレスステレオプレーヤーとしての役割も兼ねています。 保存できるメモリーは4GB、約920曲分。 ヘッドホン本体だけで音楽を楽しむことができるため、スマートフォンなしでも音楽を楽しむことができます。 内蔵メモリーに保存した楽曲を再生するプレイヤーモードと、一般的なbluetooth機器として扱うヘッドフォンモードは簡単に切り替えが可能で、プレイヤーモード時は最大6時間・ヘッドフォンモード時は最大3時間の連続再生が可能です。 音楽メーカーだからこそ出せる、プレイヤーとの一体型イヤホン。 多様な楽しみ方がしたい方におすすめです。 タイプ 完全独立型 ワイヤレス 連続再生時間 6時間(プレイヤーモード時)・3時間(ヘッドフォンモード時) 重さ 14. Zeeny Lights 4,000円 税抜• スタイリッシュながら使いやすいくコストパフォーマンス抜群なモデル!• すっきりしたデザインながらも、使いやすく、コストパフォーマンスが高い「Zeeny Lights」。 軽く触れるだけで操作できるタッチ機能、ワイヤレス充電も可能など、便利なポイントが満載です。 さらには、LINEやメール、アプリの通知を声で読み上げてくれる「音声読み上げ機能」がついていて、忙しい日々をサポートしてくれます。 デザインもスタイリッシュで、白黒のカラーバリエーションがあり、デザイン性も高いと言えるでしょう。 価格、デザイン、性能すべて兼ね備えた質の高いヒアラブルデバイスなので、Bluetoothイヤホンを探している方にまずおすすめできる商品です。 Apple AirPods 22,800円 税抜• iPhoneユーザー必見のapple純正Bluetoothイヤホン• 「AirPods」は、Apple純正の完全独立型イヤホン、Apple製デバイスとの組み合わせでより快適な音楽ライフを実現することができます。 iPhoneはもちろん、MacやiPad、Apple Watchなど幅広く使うことができるでしょう。 ワンタップのシンプルな設定で接続が可能になり、耳への着脱を感知して、自動で音声の再生停止を行ってくれます。 またApple端末間での切り替えは非常にシームレス。 使いたい端末で選択することでいつでもAirPodsから音楽を再生することができます。 充電はWireless Charging Caseで、充電マットに置くだけで充電することができます。 さらに完全独立型で最も心配なイヤホンの紛失も、「iPhoneを探す」機能で接続済みの「AirPods」を探すことができるため慣れていない方でも安心です。 普段からApple製品で音楽を聞くことが多い方におすすめです。 タイプ 完全独立型 ワイヤレス 連続再生時間 5時間 重さ 本体 4g ケース 38g 音域 - マイク あり• JVCケンウッド HA-XC70BT 16,070円 税込• 重低音へこだわりが強い方におすすめのBluetoothイヤホン• JVCケンウッド発売のワイヤレスイヤホン「HA-XC70BT」は、JVCのXXシリーズのイヤホンの一つです。 特徴は重低音とボディへのこだわり。 XXシリーズの最大の特徴である重低音は、ドライバーユニットの性能をフルに引き出すため、独自の音響構造 Extreme Deep Bass Portを採用しています。 低音を増強するバスブーストモードを搭載していて、本体のスイッチひとつでオンオフが可能です。 ボディは落下などの衝撃から本体を守る Tough rubber protectorを採用していて、衝撃に強いことも特徴です。 HA-XC70BTでは、ボディ全体にプロテクターを配置することで本体に掛かる衝撃を和らげています。 他にもスマートフォン向けアプリとの連携でサウンドモードの切り替えやバッテリー残量の確認もでき、非常に便利でしょう。 イヤホンのサウンドは重低音にこだわりたいという方や頑強なデザインのイヤホンがほしいという方におすすめです。 NUARL NT01AX 19,440 税込• 完全ワイヤレスイヤホンでも上質なサウンドを!• NUARL「NT01AX」は、完全ワイヤレスイヤホンの新時代を謳った製品です。 最上位の「NURAL NT01AX HDSS TRUE WIRELESS STEREO EARPHONES」はアドバンスモデルと呼ばれ、連続10時間以上の長時間再生や通信性能や音質など従来の完全ワイヤレスイヤホンが抱えていた問題点を改善しています。 ドライバーにはダイヤモンドよりも硬い炭素素材のグラフェンを振動板にコーティングした、フルレンジダイナミック型シングルドライバーを採用。 また、特許技術HDSSにより、カナル型イヤホンとは思えないほどの厚みと立体感のある自然な音の広がりを再現します。 使いやすいデザインに加え、充電ケースは最大35時間使用可能となっています。 最新技術による新しい完全独立型イヤホンの性能を試してみたい方、スペックが高く長時間の使用にも耐えるものをお探しの方におすすめです。 商品画像• 商品名• タイプ• 連続再生時間• マイク• 商品リンク• Premium Style• ワイヤレス イヤホン PG-BTE4S01• 使いやすさにとことんこだわったとにかく使いやすいBluetoothイヤホン!• 参考価格 4,378円• 首掛け• 最大約6時間• 20g• 20Hz ~ 20,000Hz• LEPLUS• ワイヤレスイヤフォン「極の音域」• 初心者でも使いやすい日本語ガイド機能付き• 3,218円 税込• 首掛け• 最大4. 5時間• 約11. 5g(ケーブル部分除く)• 20Hz ~ 20,000Hz• オーディオテクニカ• ATH-DSR5BT• 劣化の少ない音転送技術を用いた首掛け型イヤホン!• 参考価格 42,000円• 首掛け ネックバンド• 最大8時間• 約63g• 5~45,000Hz• SHURE• SE215 WIRELESS Special Edition• 高遮音のイヤーパッドでクリアな音質を!• 参考価格 16,700円• 首掛け• 最大8時間• 30g• アンカー・ジャパン• Soundcore Spirit Pro ワイヤレスイヤホン ブラック• コスパ第一でBluetoothイヤホンをお探しの方に!• 4298円 税込• 首掛け• 10時間• 16g• Beats by Dr. Dre• BeatsX• 9800円 税抜• 首掛け• 最大8時間• 約18g• AIR by MPOW• 日本人に合わせたワイヤレスイヤホンで使いやすく聴きやすい!• 8,250円• 完全独立型 ワイヤレス• 6時間• BOSE• SOUNDSPORT FREE WIRELESS HEADPHONES• スポーティなデザイン、屋外使用が多い方におすすめ!• 参考価格 21,500円• 完全独立型 ワイヤレス• 最大5時間• 本体 18g ケース 80g• SONY• WF-SP900• まるで小さなウォークマン、SONYの放つプレイヤー一体型イヤホン• 26,880円 税抜• 完全独立型 ワイヤレス• 6時間(プレイヤーモード時)・3時間(ヘッドフォンモード時)• Zeeny• Lights• スタイリッシュながら使いやすいくコストパフォーマンス抜群なモデル!• 4,000円 税抜• 完全独立型 ワイヤレス• 8時間• 41g ケース込み• Apple• AirPods• iPhoneユーザー必見のapple純正Bluetoothイヤホン• 22,800円 税抜• 完全独立型 ワイヤレス• 5時間• 本体 4g ケース 38g• JVCケンウッド• HA-XC70BT• 重低音へこだわりが強い方におすすめのBluetoothイヤホン• 16,070円 税込• 完全独立型 ワイヤレス• 3時間• 本体 11g ケース 65g• NUARL• NT01AX• 完全ワイヤレスイヤホンでも上質なサウンドを!• 19,440 税込• 完全独立型 ワイヤレス• 7~10時間• 10g• 関連記事.

次の

2020年最新のおすすめゲーミングイヤホンを紹介!知っておきた選び方やブランドも解説

おすすめのイヤホン

外出先で音楽を聴くのに欠かせないイヤホン。 中でも現在主流になっているのがワイヤレスイヤホンです。 有線のイヤホンに比べて便利な点が多いことから、近年利用者が徐々に増加。 2018年にAppleから登場したiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRからはイヤホンジャックが廃止されており、iPhoneを使用している人のワイヤレスイヤホンへの需要はますます大きくなっています。 そこで、ガジェットライターの折原一也さんに、おすすめのワイヤレスイヤホンを紹介してもらいました。 ワイヤレスイヤホンには、音質、防水性、装着性などさまざまな選び方があります。 さらには、完全独立型や左右一体型、ネックバンド型など、形状の種類も豊富。 まずはどのような種類があるのかを把握し、自分にぴったりな選び方で運命の1台を見つけてみてくださいね! オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家 1979年生まれのオーディオ&ビジュアルライター。 薄型テレビやワイヤレスイヤホンは年間100製品以上の実機をテストして製品評価を手掛けている。 2009年より全国の家電量販店や専門誌と共にオーディオ・ビジュアルの優れた製品を表彰するアワード「VGP」の審査員も務める。 1979年生まれのオーディオ&ビジュアルライター。 薄型テレビやワイヤレスイヤホンは年間100製品以上の実機をテストして製品評価を手掛けている。 2009年より全国の家電量販店や専門誌と共にオーディオ・ビジュアルの優れた製品を表彰するアワード「VGP」の審査員も務める。 ワイヤレスイヤホンおすすめ一覧 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか 水中に沈めても大丈夫な「IPX8」に対応した防水イヤホンの業界最高モデルの完全ワイヤレスイヤホン。 音楽プレイヤーを内蔵しているため、イヤホンだけで音楽を聴けるうえに陸上スポーツだけでなく水泳しながらの音楽リスニングも想定されています。 とにかく防水の優秀さで選ぶなら文句ナシ。 スポーツ用イヤホンとしても優秀機として選びたいモデルです。 形式 型式 密閉バランスド・アーマチュア型 電源 DC3. 3g(片側) 通信方式 接続 Bluetooth標準規格 Ver. 0 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか 完全ワイヤレスとしての全性能を見たうえでコスパを重視するなら、こちらがイチオシです。 音切れのしやすさをを大幅に改善した「QCC3020」という最新チップを採用。 バッテリーは10時間駆動、「IPX7」と業界トップ級の高性能を備えています。 音質は特に中高域に厚みを出しつつ、耳につく音が出ない絶妙なチューニング。 日本のブランドでこれだけの性能が揃いながら8,000円台とは、驚きの出来栄え。 ベストバランスのハイコスパモデルです。 6g(片側) 通信方式 接続 Bluetooth 5. 0 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか 完全ワイヤレスイヤホンに求めるものは「音切れのなさと音質!」という人に絶大な支持を集めるこちら。 「QCC3026」という最新チップを搭載することで、混雑した電車や街中でも途切れない安定性を持っています。 日本人向けにチューニングされた「Japan Tuned」を採用することで非常に高音質。 音楽の埋もれていた音も聴こえるうえ、重低音のパワーも水準以上です。 同じ「QCC3026」搭載の他機種には2万円近いモデルもある中、1万円台前半で購入できる本機はハイコスパと呼ぶ他ありません。 形式 型式 密閉ダイナミック型 電源 - 連続音声再生時間 約4時間 重量 約4. 6g(片側) 通信方式 接続 Bluetooth 5. 0 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか プロの審美眼にかなった間違いないアイテムだけが受賞できる国内最大級のオーディオビジュアルアワード「VGP」にて金賞を獲得した優秀モデル。 完全ワイヤレスに機能性も求めたいという人におすすめです。 最大の特徴は、装着したまま外の音を聴ける「Multi-communication Mode」に対応していること。 1万円以下の他機種でも、同じ機能はほとんど搭載されていないと言われています。 日本のブランドという安心感や耳にフィットするデザイン、小型の充電ケースと魅力が満載の1台。 形式 型式 密閉ダイナミック型 電源 - 連続音声再生時間 約3時間 重量 (片側)約5g 通信方式 接続 Bluetooth 5. 0 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか コンパクトでありながら明瞭感のある高域と透明度のある中域、豊かな低域をバランスよく再生する1台。 3,000円台で購入できる価格でありながらパワフルな低音とダイナミックなサウンドは、有線イヤホンから乗り換える人も納得のクオリティです。 データ転送時の音源圧縮による音質劣化や高音域の減衰が少ない「aptXコーデック」にも対応。 Androidのスマートフォンならば、より高音質に聴けます。 「IPX6」の防水機能も装備。 形式 型式 密閉ダイナミック型 電源 - 連続音声再生時間 8時間 重量 15g 通信方式 接続 Bluetooth標準規格 Ver4. 1 なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか あえて価格度外視で挙げるなら、極めて強力な磁束密度の「テスラテクノロジー」を特徴としたマニア御用達の高音質ブランド「ベイヤーダイナミック」が手がけるこちらがベストでしょう。 サウンドパーソナライゼーション機能「MOSAYC」を搭載。 非常に微細な音まで緻密に鳴らし、空間の広がりまで同じ価格帯のモデルを超えるほどの高音質です。 なかなか手を出せる価格ではないものの、ワイヤレスイヤホンでもこんな音が出せるのだと驚かされます。

次の