スウェーデン の コロナ 感染 者 数。 スウェーデンの新型コロナウイルスの死亡者数は、なぜ他の北欧諸国に比べて10倍近く多いのか?

【コロナ寄稿】PCR検査陽性者数は感染者数ではない(ケゾえもん)

スウェーデン の コロナ 感染 者 数

本日のスウェーデン感染者状況 本日におけるスウェーデンの感染者総数は21,092人、死亡者2,586人、100万人あたりで感染者は2,088人、死亡者は256人にもなっています。 日本の感染者数が13,965人、死亡者425人、100万人あたりで感染者は110人、死亡者は3人です。 スウェーデンにおける人口あたりの死亡数は 85倍以上も日本より高いことになります。 行事ヴァルボリにおける50名を超えるイベント等の禁止への改めた注意喚起 スウェーデンではいまだにコロナ拡大防止の規制がほぼない、世界でも唯一ともよべる国です。 現在ある規制は、 50人以上での集会の禁止、 大学・高等学校・職業学校の閉鎖、また レストランやバーで立って食事の禁止です。 ただ 座って食べれば問題はありません。 4月27日の日本大使館情報によれば、 「スウェーデンのミカエル・ダンベリ内務大臣は,今月末のヴァルボリ前に、50名を超えるイベント等の禁止について改めて注意喚起を行った」とのことです。 ヴァルボリとは、毎年4月30日に行われるスウェーデンの祭り「ヴァルボリ Valborg」(ヴァルプルギスの夜)では、冬の間に出た枯れ木や枯葉を集めて大きなかがり火を焚き、春の訪れを祝う屋外でのイベントです。 このヴァルボリで50名以上の人々が屋外でも集まる可能性があるため、ダンベリ内務大臣は、50名を超えるイベント等の禁止について注意喚起を再度しました。 そのため 新たな規制が追加されたわけではありません。 コロナ規制なく急増する死者数 こうした全くというほどコロナ拡大防止規制しないスウェーデンを、 4月29日のアメリカのメディアCNNでも記事としてとりあげています。 CNNの記事によると、「 スウェーデンは、世界でコロナが拡大の中、感染の異常値を示しています。 しかし国民の生活に厳しい制限を課すこともなく、ヨーロッパの近隣諸国のような対策をしていません。 」 「 いまだに賑わう通りで仕事に向かう人々、カフェやバーでおしゃべりをする人々の画像は眉をひそめるものがある」 「大学や高等学校は遠隔学習に切り替りましたが、中学校未満の若い子どもたちはいまだ学校に通っています。 美容院からレストラン、また企業もいままで通り営業を続けていますが、可能であれば自宅で仕事をするようにアドバイスをうけています。 」 「4月7日にスウェーデン政府は必要に応じて迅速に一時的措置が決定できる法案を発表しました。 介護施設への訪問は4月1日から禁止され、社会省は必要のない旅行は控えるように求め、さらに 距離を保ち、 個人で責任をとることを加えた」 「 同様の文化的、地理的、社会学的属性を共有するもつ北欧諸国の間でも、スウェーデンとの他の北欧諸国は素晴らしほど違う。 フィンランドは3月16日に緊急事態を宣言し、学校を閉鎖し、10人以上の集会を禁止しました。 」と報じています。 そしてCNNでは 北欧の4カ国間でのコロナ規制や感染状況を比較して、簡単に図で表しています。 北欧4カ国でのコロナ規制の簡略図(CNN 比較結果: スウェーデンは他の北欧3カ国と比べても、 レストラン、美容院、学校(一部)の規制がされていない。 北欧4カ国でのコロナ死亡者数の簡略図(CNN 死亡者数(4月28日時点) スウェーデン:2,274人 デンマーク:427人 ノルウェー:206人 フィンランド:193人 比較結果:スウェーデンの 死亡者数合計は、フィンランドの11倍以上高い 人口10万人あたり死亡数(4月28日時点) スウェーデン:22人 デンマーク:7人 ノルウェー:4人 フィンランド:4人 比較結果:スウェーデンはフィンランド、ノルウェーと比較すると、 人口当り死亡数は5倍以上高い 4月29日 アメリカメディアCNN 北欧死者比較図 こうしたCNNの図表からみても、規制のないスウェーデンでは、死者数が他の北欧諸国と比べて、桁違いに多くなっていることが一目でわかるはずです。 CNNの記事の中で、 カロリンスカ研究所の微生物学・腫瘍・細胞生物学部門のヤン・アルバート教授も、 「 スウェーデン では今まで他の ヨーロッパ諸国よりも多くの死者を出したことは明らか です。 それは恐らく少なくとも、私たちが 厳格な封鎖をしておらず、法律で強制された封鎖をしていないため です。 」と語っています。 「何が最善の戦略かは誰もわからず、時がたてばわかる」という無責任な公衆衛生局長の発言 CNNによると 「他国のコロナ戦略はどう思うか?」という質問に、 公衆衛生局の国家疫学者アンダーシュ・テグネル氏は、 「予防接種すぐにできる以外は、コロナ感染を抑止するのは集団免疫が唯一の方法だ」 「 真実はスウェーデンを含め誰も何が最善の戦略かわからない。 時がたてばわかるだろう 」と語っています。 これが スウェーデン1,023万人の生命・健康をにぎる、公衆衛生局のトップが語る言葉なのでしょうか? もし時が来て 政策が失敗であり 多くの人々が死亡する結果となっていたら、 誰が責任を持つのでしょうか? そうした失敗を最小限に抑えるために、 世界の多くの国が手探りながら、さまざまなコロナ対策を講じ、 死亡者を減らそうと努力しているのです。 にもかかわらずコロナ拡大防止を 国民一人ひとりの責任とし、スウェーデンの戦略が失敗したかは時がたてばわかるだろうとは、 あまりにも無責任すぎるのではないでしょうか? もしこうした当局が何もせず、拡大防止は国民の責任であるという発言がまかり通るのならば、スウェーデンでは国民を守る政府が存在しないのと同じではないのでしょうか? その他の統計データからの北欧諸国の死亡数・死亡率比較 CNNのコロナ感染による死亡数・死亡率データ以外にも、さまざまな統計データがあります。 4月30日の アワー・ワールド・イン・データによる 北欧4カ国でのコロナ死者数を比較するとつぎの表で示されます。 スウェーデン1カ国だけ、コロナによる 死者数が桁違いに多いことがわかります。 4月30日 OurWorldInData 北欧コロナ死者数比較 また ワールドメータズ の統計データによる回復者数・死亡者数の割合による 死亡率は スウェーデン:70. 09%(4月28日時点) デンマーク:6. 51%(4月29日時点) フィンランド:6. 85(4月29日時点) ノルウェー:(データなし) 日本:14. 85%(4月29日時点) スウェーデンの回復者数・死亡者数の割合による 死亡率が デンマークの10倍以上高いことがわかります。 こうした多くの統計データから スウェーデンの死亡者数・死亡率が極端に高い事実 が あるにもかかわらず、 スウェーデンは コロナ危機が集結するまでは、誰もわからないと言い続けるのでしょうか? この統計データを見た限りだと、今後どれだけの人が死亡する恐れがあるのか不安が横切ります。 ただ未来は誰にもわかりません。 しかし最悪の状態にならない事を願うばかりです。 4月27日時点 コロナ死者率 スウェーデン 70. PNG 4月27日時点 コロナ死者率 デンマーク 6. ブログをはじめて約1ヶ月ほどたち、毎日ブログを書かせて頂いておりますが今週末はメーデーであることもあり、数日ほどブログ更新をお休みさせていただくかと思います。 もしブログを読んで頂けている方がいましたらご了承をお願い致します。 ) globaljourney.

次の

新型コロナ スウェーデン、死者数突出 集団免疫戦略裏目? 北欧各国、移動再開警戒

スウェーデン の コロナ 感染 者 数

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まったばかりのころ、ネット界隈で政治評論家たちが繰り返していた3つの単語からなるフレーズがあった。 政府のロックダウン(都市封鎖)措置が国民の権利を侵害していると人々が感じるたびに出てきた言葉とは、「what about (スウェーデンはどうなんだ)」である。 いまでも首都のストックホルムではレストランやバーが営業を続け、子どもたちは普通に学校に通っている。 政府は疑わしい症状がある場合は外出しないよう求めているが、1人が感染したことで世帯全員が自主隔離に入るといった対策は実施されない。 だが、日常はこれまでとは違ってきており、人々の移動範囲は確実に縮小している。 スウェーデン人はイースター休暇はどこかに出かけることが多いが、今年はそうした動きはほとんど見られなかった。 民間企業では従業員は在宅勤務をしている。 こうした対策は当局から強制されているわけではなく、個人の判断に委ねられている部分が大きい。 英週刊誌『The Spectator』は、これを「スウェーデンはロックダウンに代わる手段を試し、うまくいっている」と評価する。 スウェーデンは特殊だとの指摘もある。 また単身世帯が多く、イタリアのように多世代が同居している世帯はそれほど一般的ではない。 だが、あとでわかったことから判断すれば、スウェーデンは他国とは異なるという見方が間違いであったことは明らかである。 ルンド大学の疫学者ポール・フランクスは、「スウェーデンの状況はほとんど変わっていません」と指摘する。 「ほかの国で事態が推移したことで、相対的に死亡率が注目されるようになったのです」 文化的に近く医療システムも似ている北欧諸国と比較すると、大きな違いが浮かび上がってくる。 スウェーデンの死者数は、ノルウェー、フィンランド、デンマークの3カ国の合計の4倍に達しているのだ。 いったい何が問題だったのだろう。 ウイルス学者でスウェーデンの新型コロナウイルス対策を声高に批判してきたリーナ・アインホルンは、「悪い方向に向かい始めたのは1月の終わりだと考えています」と指摘する。 アインホルンは中国の調査報告などを研究した上で、2月初旬には政府の感染対策の責任者である疫学者のアンデシュ・テグネルに、医学誌『ランセット』に掲載された今後の見通しに対する懸念を表明する内容のメールを書いた。 ところが、しばらくするとテグネルからは返事が来なくなったという。 アインホルンは「公衆衛生庁と政府は批判的な声から自分たちを切り離すことにしたのです」と言う。 「政府は2月初めからは一貫して、リスクを軽視する方向に歩んでいます」 当局の方針を変えられない理由 スウェーデンでは2月後半に「スポーツ休暇」と呼ばれる学校の休みがあるが、この期間には数千人がアルプス山脈の周辺地域でスキーを楽しんだ。 これはイタリア北部で感染が爆発的に拡大していた時期と重なるが、国外で休暇を楽しんだ人たちに対する隔離要請などは実施されなかった。 また、民間企業では在宅勤務に移行する動きもあったが、公務員は通常通りの勤務を続けていた。 子どもも症状がない限りは学校に通っていた。 さらに、スウェーデンも英国と同様に検査能力と個人防護具(PPE)の確保が十分ではなかった。 いまでも政府の感染対策の公式ページでは、マスクの着用は感染者が身の周りにいる場合にのみ推奨されている。 アインホルンは「当初は無症状者が感染を拡大させる可能性は完全に否定されていました」と指摘する。 感染対策を策定するシステムが方向性の変更を難しくしたという事情もある。 スウェーデンでは専門機関の独立性が極めて高い。 これは科学的な問題が政治化されないという点ではいいことだが、専門家たちが間違った決定を下してしまった場合、それを止めることができないことも意味する。 これまでは、政府も野党も安心して公衆衛生当局に感染対策のすべてを任せてきた。 ルンド大学のフランクスは、「政治家たちは国民の指示を得られている限りは、専門家の意見に従うはずです」と言う。 「ロックダウンを望む人は少ないでしょうから、国民もいまのやり方に満足しているのです」 フランクスはまた、スウェーデンでは一般的に当局と科学全般に対する信頼が高い傾向にあると付け加える。 最近では状況を不安視する声も聞かれるようになったが、公衆衛生庁は依然として国民の強い支持を集めており、テグネルの人気も高い。 彼の顔のタトゥーを入れる若者もいるほどだ。 ただ、アインホルンはそれも問題の一部だと説明する。 「いちばん問題なのは、ひとつの意見しかないことです。 それは公衆衛生庁の見解であり、特にテグネル個人のものなのです」 集団免疫の獲得を目指したが…… 英国など当初は厳格な規制に否定的だった国が方向転換してロックダウンに踏み切るなか、スウェーデンは基本方針を変えていない。 その結果、人口100万人当たりの死者数は隣国ノルウェーの10倍近くになり、近隣諸国は国境を開放してもスウェーデンとの往来は禁止している。 テグネルはロックダウンを実施しなかったことで前任者から批判を受けている。 ルンド大学のフランクスは、「ノルウェーと同様の抑止策をとっていれば、確実に死者数を減らせたはずです」と断言する。 スウェーデンのやり方は感染の第2波が起きたときに効果を発揮するという議論もあるが、時間が経つにつれノルウェーでも抗体保持者が増え、最終的には大きな違いはなくなるだろう。 一方で、こちらも議論の余地はあるが、経済面での回復は早い可能性が高い。 テグネルは5月8日付の『フィナンシャル・タイムズ』紙とのインタヴューで、スウェーデンは免疫を獲得した人の割合が高いことから、第2波が生じた場合に感染者数はかなり少なくなるだろうと語っている。 なお、公衆衛生庁の広報担当者は、ロックダウンを実施しかったのは集団免疫を獲得することが目的ではないと説明している。 いずれにしても最近の調査によれば、ストックホルムの住民の抗体保有率は7. 3パーセントにすぎなかった。 3月後半からロックダウンが実施されたロンドンでは、抗体保有率は17パーセントに上るとの試算もある。 フランクスは「新型コロナウイルスは思っていたほどには急速に広まりませんでした」と指摘する。 抗体保有率は感染が集中したストックホルムでも、集団免疫が成立するとされる水準に近い50〜60パーセントどころか、10パーセントにも満たないのだ。 感染者が少ないそれ以外の地域では、はるかに低いだろう。 テグネルは記者会見で、抗体が確立するには数週間かかるため、現在の抗体検査の結果は4月末の状況を反映している可能性があると語っている。 厳しい状況が続く? ロックダウンを実施した国では、新規感染者数の推移はベルのような形になる。 最初は大きく増加するものの、ピークを迎えると急速に減少に転じるのだ。 これに対してスウェーデンは米国に似ている。 感染者数の減りは緩やかで、1日の死者数も高止まりしたままだ。 欧州の各国がロックダウンを緩和するにつれ、スウェーデンでもショッピングセンターや公園などに人の流れが戻っており、犠牲者が増加する可能性はある。 ただ、死者数が増えても感染抑止策に変更が加えられることはないだろうと、フランクスは言う。

次の

スウェーデンの新型コロナウイルスの死亡者数は、なぜ他の北欧諸国に比べて10倍近く多いのか?(BUSINESS INSIDER JAPAN)

スウェーデン の コロナ 感染 者 数

<より多くの人をウイルスにさらすことで集団免疫を獲得する、というスウェーデンだけの「人体実験」には国内から反対も出始めている> ロックダウンに頼らない独特の新型コロナウイルス対策で知られるスウェーデンで、感染者が増え続けている。 しかも米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によれば、死亡率は4月30日時点で12%超。 これは、感染者が1000人を超える国の中で6番目に高い割合で、現在の感染拡大の中心地で死者数も最多のアメリカ(約5. 8%)、ウイルスの発生源とされる武漢市がある中国(約5. 5%)と比べても2倍以上の高さだ。 新型コロナウイルスの感染拡大を抑える対策としては、北欧諸国も含むヨーロッパの多くの国が全国的な封鎖措置を取り、厳しい移動規制を敷いている。 こうしたなか、スウェーデンは全国的な移動規制や外出制限をしないという独自路線を貫いており、ストックホルムの通りの人でもカフェの客入りも一見、普段通りだ。 その「緩い」対策は、世界的にも論議を呼んできた。 ドナルド・トランプ米大統領は4月30日朝、公式アカウントにツイートを投稿。 この中で「封鎖措置を取らなかったスウェーデンは、その決定の手痛い代償を払っている」と指摘。 「同国では30日の時点で、死者数が2462人にのぼっている。 近隣のノルウェー(207人)、フィンランド(206人)やデンマーク(443人)よりもずっと多い。 アメリカは正しい決断を下したのだ!」と主張した。 「集団免疫」戦略の効果は スウェーデンはこれまでに2万1000人近くが新型コロナウイルスに感染したと報告しており、このうち2500人近くが死亡している。 感染者の死亡率はノルウェー(約2. 6%)の6倍近く、同じ北欧のフィンランド(約4. 2%)やデンマーク(約4. 9%)と比べても3倍近くにのぼる。 かつて中国以外で最も高かったイランの感染者死亡率(約6. 3%)も、スウェーデンの半分ぐらいだ。 感染者数を見ても、スウェーデンの感染者数はデンマークの2倍以上、ノルウェーの3倍近くで、フィンランドの4倍以上に達している。 感染者の回復状況も思わしくなさそうだ。 スウェーデンは4月に何度か感染者の回復を報告しており、最も多かった25日には一気に455人が回復したと発表しているが、それ以外の報告はない。 その一方で、感染拡大が始まった3月上旬から、新たな新規の感染者の数は増え続けており、同国の公衆衛生当局によれば4月29日には新たに681人の感染が確認された。 新型コロナウイルスの感染拡大に対するスウェーデン独自の対策は、ウイルスにさらされる人の数を増やすことで「集団免疫」を形成し、感染拡大の第2波を防ぐという作戦の一環だとされている。 スウェーデン公衆衛生局の疫学者であるアンダース・テグネルは4月下旬にBBCラジオの番組に出演し、「我が国の死者のうち少なくとも半数は、高齢者施設の中で集団感染した人々だ。 封鎖をすれば感染拡大を阻止できる、という考え方は理解しがたい」と主張。 スウェーデンの方法は「ある意味で功を奏している。 私たちの医療システムが崩壊に追い込まれていないことがその証拠だ」と述べた。 テグネルは4月21日、米CNBCの番組にも出演。 スウェーデンの首都ストックホルムの住民のうち、最大20%が新型コロナウイルスに感染したことがあると述べ、「ストックホルムの人口の15~20%が既に免疫を獲得していると確信している」と主張。 「これは完全な集団免疫ではないが、ウイルスの再増殖を抑制し、感染の(第2波が訪れる)スピードを抑える効果はあるだろう」と述べた。 ルンド大学(スウェーデン)のピーター・ニルソン教授(内科医学・感染学)は4月下旬、本誌に次のように語った。 「個人的には、必要であれば(そして地元の政府や議会でそれを可能にする法律が可決されれば)感染者の特に多い地域を封鎖するのもひとつの選択肢だと考えている。 だが我々は、まだその段階には達していないと思う。 医療部門には大きなストレスがかかっているが、手一杯の状態ではない。 まだ余力があり、ストックホルムにある臨時病院もまだ使っていない」.

次の