ラフテル 笑い話。 【ワンピース】ビンクスの酒は「Dの一族」の唄だった!?ラフテルとの関係を考察!!

【ワンピース】ラフテル(Laugh Tale)笑い話の謎

ラフテル 笑い話

『ワンピース』もいよいよ物語が佳境を迎え、いつを迎えてもおかしくない。 何故なら、ついにラフテルの名前の意味も明らかになりました。 このラフテルの存在を予知していたとされる唄が「ビンクスの酒」。 初めて登場したのはコミック50巻でブルックの回想シーンで登場した。 とはいえ、ビンクスの酒が登場したのは10年以上前の話なので忘れてる人もいそう。 そこで今回ドル漫では 「ビンクスの酒の正体」について改めて考察してみました。 ビンクスの名前の由来や意味とは一体何なのか? ビンクスの酒とは? まずは「ビンクスの酒」についておさらい。 ビンクスの酒とは「とある唄」の題名。 海賊なら誰でも知っている有名な歌だそう。 最近でこそあまり歌われないものの、かつて海賊の間では「上陸のする前の歌」としてよく唄われておりました。 麦わらの一味のブルックが唄っていた歌でも知られます。 ちなみに、「ビンクスの酒」という同名のCDも2009年にエイベックスから発売されてます。 (ONE PIECE967話 尾田栄一郎/集英社) 例えば、25年前にロジャー海賊団がやなどが最終ゴール・ラフテルに行く前にビンクスの酒を唄ってたりします。 一方、ビンクスの名前の由来やモデルは不明。 ビンクスという言葉が一体何を意味してるのかも不明。 ビンクスは人名なのか国名や地名なのか不明。 英語名も「vinx」なのか「binks」なのか分かりません。 ただし、ビンクスの酒の歌詞はどうやら伏線が満載。 『ワンピース』終盤の展開や最期の島・ラフテルの存在を予期していた模様。 ビンクスの酒の歌詞全文まとめ 続いては「ビンクスの酒」の歌詞全文をチェック。 パット見は6つぐらいの構成に分かれてる歌詞っぽい。 ビンクスの酒に隠された伏線の詳細は後述するので、歌詞そのものはテキトーに流し読みでも構いません。 ラフテルとの関連性や伏線は最後に後述したいと思いますが、ビンクスの酒に一体どんな伏線が隠されていたのか? (ONE PIECE39巻 尾田栄一郎/集英社) 続いては「エニエスロビー」。 司法の島とも呼ばれるエニエスロビーは、かつて相手にルフィが戦った場所。 海軍や世界政府にとって重要な島だけあって、周囲は海が割かれた状態で海底が見えないほど谷が深い。 エニエスロビーは人工的に海を割いたのか、もともと海が割れてる場所に建築したのかは不明ですが、一方、ビンクスの酒の歌詞には「我らが海賊 海割ってく」という歌詞がある。 まさにエニエスロビーの周辺環境を表してるのではないか? また「金波銀波」という歌詞に注目すると、実は戦前の日本には京成電鉄で同名の列車が走っていたそう。 これに続く歌詞は「しぶきにかえて」とあるため、まさにウォーターセブンの「海列車」を言い表してる。 当時海列車は存在しなかったことを踏まえると、ビンクスの酒は未来予知してる可能性も? またビンクスの酒の「千里の空に波がおどるよ」という歌詞は、まさに「空島」を言い表してる。 千里とは距離に換算すると約4000km。 つまり、4000km上空にある空島にある海という意味になりそう。 また歌詞にある「嵐」とはまさにノックアップストリームのこと。 ビンクスとはラフテルに到達した最初のDの一族だった? 続いては本題の「ラフテルとの関連性」。 ビンクスの酒はどうやらラフテルと関係してる可能性が高い。 まずおさらいしておくと、ラフテルの名前の意味は「Laugh Tale(笑い話)」であることが最近確定しました。 一方、ビンクスの酒の最後の歌詞に書かれていたのが「笑い話」。 つまり、ビンクスの酒は「ラフテルの存在」を強く意識されて作られた唄だった可能性が高い。 もちろん「笑い話」という言葉だけでは確信は持てませんが、ここまでビンクスの酒の歌詞が麦わらの一味 and ロジャー海賊団が辿ってきた足跡と合致してることを考えたら、ラフテル(に向けて)について書かれていたことは確定的と言っても良さそう。 一方、過去800年をさかのぼってもラフテルに到達したのは船長ゴール・D・ロジャーを筆頭としたのみ。 それにも関わらず、ビンクスの酒を作った音楽家はここまでラフテルまでの道筋を詳細に言い表せたのか? 結論から書くと、 ビンクスの酒を作った作曲家・作詞家はラフテルにロジャーよりも先に辿り着いていた可能性が高そうです。 でなきゃ、ここまで歌詞がロジャーが辿ってきた足跡と合致しない。 実際、アニメ版ワンピースでは「ビンクスの酒 過去と現在とをつなぐ唄」というタイトルで放映されたこともある。 最近になってビンクスの酒が歌われなくなったのも「ロジャーの処刑に上書きされてしまったから」と考えたら合点がいきます。 ロジャーの登場でビンクスの役割が終わったから。 つまり、次のバトンがビンクスからロジャーに手渡されたからではないか?さながら「ビンクスの酒」とは麦わら帽子のような役割を担っていた。 例えば、 ビンクスとはやセンゴクすら知らない太古に存在した伝説的な海賊(Dの一族)の名前なのではないか? 例えば、『ワンピース』にはシャンクスやロックスといった海賊がいるように、ビンクスという言葉はニュアンス的に人名に近い。 実際、ロジャーに殺されたは既にDの一族と確定済み。 唄のタイトルからもおそらくビンクスは酒好き。 一方、シャンクスは酒に詳しい。 ヨホホホを歌う回数も4回と「D」を意識した数字なのではないかと考察できそう。 ビンクスとは「ラフテルの別名」に過ぎなかった?【Bin+X】 もちろんビンクスが人名とは限りません。 例えば、ネット上ではビンクスという名前は「Dの一族が支配した今はなき国名だった」とする考察もあります。 確かに否定する根拠もない。 そこでビンクスの謎を別視点から更に考察してみようと思います。 結論から書くと、 ビンクスという名前は「ラフテルの別名」に過ぎなかった可能性もありそう。 前述のように、ラフテルの名前の意味は英語のダジャレ(Laugh Tale)でした。 しかも、それ以前には名前がなくロジャーが冗談半分でつけた名前だった。 つまり、ビンクスという名前も「それ」に近いノリで命名されただけだったのではないか? 実際、binは英語で「置き場」。 一方、テレビドラマ『Xファイル』に代表されるように、Xは「未知のもの」を意味する。 かつてロジャー以前に到達した人物は、当時名前がなかった最後の島を「未知の宝が置かれてる場所」という意味でビンクスと名付けたのではないか? つまり、 ビンクスという名前の由来もラフテル同様に「Bin+X」のダジャレだった可能性もありそう。 もちろんこの考察が事実であれば、一体誰がロジャー以前に到達したのか?って話になりますが、そこらへんはおいおい新キャラが登場するのか。 いや、それこそがだった?ただ時間軸的なことを考えればジョイボーイの子孫が正確? 相変わらず凄い考察ですね。 毎回ただの勘や予想じゃなくてそれなりに納得できる根拠がある。 私はビンクスの酒なんて小ネタは完全にスルーしてました。 こんな小ネタにも伏線を張るなんて尾田先生ヤバすぎ。 ビンクスの酒の話が出てきた回なんて全く覚えてないですが この唄を作ったのがビンクスという人だとしたら ビンクスって生前のブルックなんじゃないですかね? 「ヨホホホ」が完全にブルックの笑い方ってだけですが。 もしくは考察にもあるようにビンクスの他に作詞をした音楽家が 別にいた場合、それがビンクス一味の音楽家ブルックだったとか? 私はビンクス=人の名前って方がしっくりきましたけどね。 シャンクス、ロックスときてビンクスですから。 あとシャンクスについての考察で シャンクスが「ワンピースを守る側」の人間という説がありましたが ビンクスが最初にラフテルに到達した人でシャンクスの先祖だとしたら 「ワンピースを守る側」というのも繋がるかもしれませんね。 ちなみに某都市伝説番組でやってたんですが インドの神話にクベーラという神がいて財宝を守る役割を担っていたとか。 そしてクベーラは日本の毘沙門天に当たるそう。 毘沙門天も財宝を守る神、つまりシャンクスのモデルは毘沙門天? 根拠は薄いですが、一応「シャ」はついてますし… 確かに「ヨホホホ」の笑い方はブルックだけというのは気になりました。 ただブルックの年齢はまだ90歳。 それ以前からビンクスの酒は歌い継がれていたと思うので、 唄ってるうちに口癖として根付いたと考えるのが自然かも? いつビンクスの酒が作られたかは不明ですが…。 実際、ブルックのビブルカードを見ると、 笑い方に「ヨホホホ」が不自然に取り上げられてない。 だからヨホホホの笑い方はあくまでビンクスの酒の歌詞、 ということを暗に印象付けたかったのかも。 でも言われないとブルックのビブルカードは見直さなかったので助かりました。 毘沙門天説も面白いかも。 「天」も入っているため天竜人(五老星)を守る役割も担っているのかも。

次の

【ワンピース】ラフテルの謎を暴く!最後のポーネグリフのありかを予想

ラフテル 笑い話

本誌967話のネタバレ 空島を経て廃船島に行き、その他にも様々な国を経由して魚人島へと向かうロジャー海賊団とおでん。 魚人島の「海の森」には、4つある歴史の本文のうちのひとつがあるようだった。 1つ目はロジャーの持つ歴史の本文、2つ目は魚人島の森の海、そして3つ目の一番重要な歴史の本文はなんと、おでんの故郷「ワノ国」にあるようだった。 4つ目についてはロジャーが心当たりがあるという。 まずは魚人島を目指して、最後にワノ国に行くことにするロジャー海賊団。 ———— 海を深く潜り魚人島へとたどり着くロジャー海賊団。 島へ入ろうとすると、若かりし頃のネプチューンが出てきて侵入を阻んできた。 何事かと聞いてみると、どうやら「魚人島の門が破壊される」という予言が出ていて警戒しているのだという。 ロジャーが来たことで、ロジャーに破壊されるものだと納得したネプチューンだったが、その瞬間関係ない海王類によって門が破壊される。 おとなしい海王類がなぜ暴走したのか不審に思うネプチューン。 ロジャーたちと共に島に戻るネプチューンは、予言少女のシャーリーから話を聞く。 いわく、海王類が暴れるのは人魚姫の誕生を予期してのことらしい。 人魚姫とは、数百年に一度生まれる「海王類たちと会話できる人魚」だというネプチューン。 ロジャーは、空島で読んだ石碑に書いてあった「海王類を動かす兵器」とは人魚姫のことなのではないかと考える。 ひとまずロジャーとおでんは、目的であった歴史の本文を読むために森の海へと向かう。 石碑は2つあったが、その内の1つはジョイボーイからの謝罪文で、さほど重要ではないらしい。 魚人島の石碑(歴史の本文)を読んだロジャー海賊団一行は、ワノ国を目指すべくさらに船を進める。 ———— 出国してから4年振りのワノ国を間近にして、おでんの妻トキが体調を崩して倒れる。 しかしおでんは、ワノ国に残っていた錦えもんたちにトキを任せると、歴史の本文を手早く読み取りワノ国をあとにする。 錦えもんたちからは妻を置いていくロクデナシと責められたし、ワノ国がなにやら良からぬ状況になっていることは感じていたが、おでんは振り返らなかった。 ———— 4つ目の歴史の本文は、モコモ公国にあった。 歴史の本文を揃えて、「最後の島」の場所を特定し、ロジャー海賊団は目的地へと即座に出発する。 しかし船長であるロジャーは何やら咳き込んでおり調子が悪そうであった。 そしてしばらくして、ロジャー海賊団はついに最後の島への到達を果たし、名実ともに「海賊王」となる。 最後の島にたどり着いたあの日、本当に存在した「莫大な宝」を見てロジャーは笑っていた。 おでんを始め仲間たちも皆、盛大に笑っていた。 ・空白の100年とは ・Dの一族とは ・古代兵器とは 宝を目の前にしたロジャーたちはすべてを知った。 その「とんでもない宝」によって、すべてが分かってしまったのだった。 ロジャーは、ジョイボーイの遺したお宝を「笑い話」だと言い、そんな宝がある島をこう命名した。 ラフテル〜Laugh Tale(笑い話の島)〜と。 968話へと続く。 アニメ版ワンピースも見放題!.

次の

【ワンピース考察】ラフテルはすでに通過済み?正体や語源が笑い話?

ラフテル 笑い話

-------------------------------------------------- ラフテルLaughTaleの名付け親はロジャー! そして、ロジャーが到達した時点では最後の島には名前がなかったのでしょう。 確かにロジャーたちはこの過去回想で、一度も「ラフテルに行く」とは言わず、「最後の島に行く」という発言をしています。 ポーネグリフも文化遺産だと思われていたためか、それまでの歴史のどこにもこの島の名前が出ることはなく、名もなき島に辿り着いたことになるロジャー海賊団。 しかし、この最後の島にあった莫大な宝を見て涙を流すほど大笑いしたロジャーは、他のみんなに提案します。 この島をこのように名付けよう! 「ラフテル(Laugh Tale)」と! -------------------------------------------------- ラフテルLaughTaleという意味や名付けられた理由を考察! ではなぜラフテル(Laugh Tale)なのか? 意味はシンプルに「笑い話」となりますが… それはもう、ロジャーを始め海賊団の皆全員がこの宝を見て大笑いしたことが理由でしょう。 ロジャーはこのようにも言っています。 800年もの間、誰もこの島には来ることができなかったと。 つまり言い換えれば、800年以上もこのジョイボーイの宝は見つけてくれる人を待ち望んでいたと、宝側からすれば言えなくもないですよね。 でも、蓋を開けてみれば、確かに宝ではあるものの涙が出るほど笑えるものだった。 こんなにも時間をかけて到達したにもかかわらず、最後の島での経験はロジャーたちにとっては笑えるような出来事だった…。 ならば、その笑い話をそのまま島の名前に、という感じだったのではないでしょうか。 -------------------------------------------------- ラフテルの名付け親ロジャーはノリが大好き? 結構こういうノリ的な所があるのがロジャーかなと思います。 も、大鐘楼のもとにあったポーネグリフに「ここにロジャーが来たよ!」というような意味合いにも思えるメッセージを残していましたよね。 見方を変えると、ある意味、観光名所にメッセージを残す的にも思えますが…。 もちろんそんな意味でおでんに彫らせたわけではないでしょう、この文を最果てまで必ず持って行く!という、過去を生きた人へロジャーが伝えるメッセージでもあり、未来にまたこの文章を見たときにロジャーがここへ来ていたのだ!と思えるメッセージでもありますからね。 何にせよ、ロジャーは最後までその人生を思いっきり謳歌していた! これは間違いありません! -------------------------------------------------- ラフテルに関してネットの声 ラフテルに遂に辿り着く… 期待の声です!! 「ロジャーに会った事があるが記憶は曖昧」と語っていたモモの助、その思い出の場面がまさか〝ロジャーの伝説の冒険〟の真っ只中の話だったとは驚き。 ラフテルへ上陸していないイヌアラシやネコマムシに対し、歴史の鍵を握るトキはおでんと共にラフテルへの上陸を果たしているのかな。 — こんでぃ kondai1977 マジでそろそろラフテルと空白の100年について触れられそうでワクワクが止まらん。

次の