ご返答ありがとうございました。 梅雨

「早い返信ありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

ご返答ありがとうございました

ご回答ありがとうございます / 相手の質問や要求に対する「答え」または「答えること」を「回答」といいます。 目上の人に対して送る文書で使うときは、回答(名詞)の前に修飾語の「ご」をつけたして、「ご回答を賜り、ありがとうございます」のように書きます。 ご多忙中にもかかわりませず早速ご回答を賜り、誠にありがとうございました。 厚く御礼申し上げます。 私どもの問い合わせに対し、早速ご回答を賜り、誠にありがとうございました。 さっそくのお返事、ありがとうございました。 〜について貴重なご助言を賜り、誠にありがとうございました。 早速ご丁寧なご回答をいただき、ありがとうございました。 お蔭様にて、大変参考になりました、関係者一同深く感謝いたしております。 貴重なご意見をありがとうございました。 このたびは厚かましくもご迷惑なお願いにもかかわらず、早速ご快諾くださり、厚くお礼申し上げます。

次の

「ご回答ありがとうございます」の敬語は?ビジネスマナーを知ろう!

ご返答ありがとうございました

「ご回答いただきありがとうございます」は、謙譲語の「いただく」を組み合わせています。 意味は、回答してもらいありがとうございますと言う意味です。 「ご回答いただきましてありがとうございます」は、謙譲語の「いただく」・丁寧語の「まして」を組み合わせています。 意味は「ご回答いただきありがとうございます」と同じですが、より丁寧な敬語です。 「ご回答くださいましてありがとうございます」は、尊敬語の「くださる」・丁寧語の「ます」を組み合わせています。 意味は、回答してくれてありがとうございますと言う意味です。 回答ありがとうございますは回答に対するお礼の気持ちを表現できる ご回答ありがとうございますは、回答に対するお礼の気持ちを表現できる言葉です。 「回答」は、質問・要求などに答えることを意味します。 接頭語の「ご」をつけると、目上の方にも使える丁寧な言葉になります。 「ありがとうございます」は、相手に感謝の気持ちを伝えるお礼の言葉です。 ご回答ありがとうございますは、回答をしてもらったお礼を伝える言葉です。 「大変ありがとうございます」と言う言葉は、様々な事柄へのお礼に使えます。 そこで、下記記事では「大変ありがとうございます」の意味や敬語、類語・言い換え例などを紹介しています。 誰かにお礼の言葉を伝えたい方は必見です。 例文は、「〇〇の件、早々にご回答いただきましてありがとうございます」です。 「そうそう」と読む「早々」は、急いで・はやばやとなどの意味を持っています。 「早々」と「ご回答ありがとうございます」を組み合わせた使い方は、相手に素早く回答をもらった際に使いましょう。 例文は、「早々にご回答いただきありがとうございます」で、はやばやと回答してもらいありがとうございますと言う感謝の気持ちを伝えられます。 「ご回答ありがとうございます」は、ビジネスメールなどの冒頭の挨拶文にも使えます。 「丁寧」は注意深く念入りであること・細かい点まで注意の行き届いていることなどを意味します。 また、相手に対する敬意を表す意味もある言葉です。 「丁寧な」と「ご回答ありがとうございます」を組み合わせた使い方は、相手を敬いながら、細部まで注意の行き届いた回答をしてもらった場合などに使います。 例文は、「早々にご丁寧なご回答ありがとうございます」で、素早く細部まで注意の行き届いた回答をもらいありがとうございますの意味を表現可能です。 「賜る」は「もらう」の謙譲語で、「ご回答」と「ありがとうございます」の間に入れて使います。 例文は、「ご回答を賜りありがとうございました」で、回答をもらいありがとうございましたと言う意味です。 また、「ご回答を賜り誠にありがとうございました」は、本心から思う気持ちを意味する「誠」をプラスしています。 「ご回答を賜りありがとうございました」よりも、感謝やお礼の気持ちが大きい様子を表現可能です。 「ご回答いただきありがとうございます」や「ご配慮いただきありがとうございます」は、ビジネスメールでも使用頻度の高い敬語です。 そこで、「ご配慮いただきありがとうございます」の意味や使い方などを下記記事でくわしく紹介しています。 相手から配慮を受けた場合に活躍する言葉です。 answerは答える・答えて言う・応じるなどの意味がり、your answerはあなたの答えを意味します。 例文は、Thank you for your answerで、ご回答ありがとうございますのニュアンスを表現可能です。 replyは答える・返事をする・応答するなどの意味があり、your replyはあなたの返事を意味します。 例文はThank you for your replyで、ご回答ありがとうございますの意味を表現可能です。 response toは反応・感応・反響などを意味し、questionは質問・問いなどの意味があります。 例文はThanks for the speedy response to that questionで、早々のご回答をありがとうございますの意味を表現可能です。 「ご回答ありがとうございます」は、「お忙しいところ」や「お忙しい中」など、相手の忙しさを気遣うフレーズと一緒に使われることも多いです。 そこで、下記記事では「お忙しい中」のビジネスでの使い方や英語での表現方法などを紹介しています。 また、「ご多忙」や「お忙しいところ」などについても紹介されています。 「返答」は、問いや呼びかけなどに対して答えることを意味します。 「ご返答いただきましてありがとうございます」は、目上の方にもつかえる敬語です。 例文は、「ご多忙にもかかわらず、ご返答いただきましてありがとうございます」です。 この例文は、大変忙しいであろうに返答してもらってありがとうと言う意味を伝えられます。 「返信」は、手紙やメールの返事をすることです。 「ご返信いただきましてありがとうございます」の敬語なら、目上の方にも使えます。 例文は、「お忙しい中、ご返信ありがとうございます」で、忙しいにもかかわらず返信してもらいありがとうと言うニュアンスを伝えられます。 「ご回答の程」は、回答してもらうよう・回答してくれるようと言う意味を表しています。 「ご回答の程よろしくお願い致します」と言うフレーズは、相手へ柔らかい印象を与えながら回答をお願いする際におすすめです。 「賜りたく」は「もらいたい」と言う意味で、「ご回答賜りたくお願い申し上げます」は回答をもらいたいとお願いしますと言う意味を表現しています。 「ご回答賜りたくお願い申し上げます」は、目上の方にも使える丁寧な表現です。 ご回答ありがとうございますの類語でも紹介した「ご返信ありがとうございます」は、「早速」を組み合わせて使うことも多いです。 そこで、下記記事では「早速のご返信」のビジネスでの使い方や上司など目上の人への連絡メールの例文をくわしく紹介していますので、ぜひご覧ください。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

ご返答ありがとうございました

tapirさん。 ご返答をくださり、ありがとうございます。 tapirさんは一つ一つ着実に話を進めてくださるので非常にありがたく感じています。 それで、「安東巌先生」や「学ぶ会」や「日本会議」に関する懸念と誤解を払拭するための愚論と、私がいただいたご質問への回答を申し上げます。 12182 日時:2020年06月14日 日 17時34分 名前:秋葉原本流オールドマニア tapirさん 29269の御記事、「合掌有難うございます 29269 」 を拝見しました。 まず、「29269を拝見しました」という報告がおくれたことをお詫びします。 トキさん掲示板のほかの方たちへの応答に時間をとられたために報告がおくれました。 ご了解をおねがいします。 それで早速ですが愚考とtapirさんへの回答を申し上げます。 【1】 私の質問に対するtapirさんの御返答、 「私が信徒に呼びかけず、教区トップに電話をしない理由は、『判決文』がネット上で確かめられず、裏が取れていないから」 を理解しました。 これはもっともな理由だと思います。 上から目線のような物言いになるかもしれませんが、tapirさんのご返答に無理や不合理はありません。 【2】 tapirさんから私に質問が出されています。 このご質問も、もっともな内容です。 私はかねがね疑問に思うのは、「その方が退陣したあと」どうしたいと、第二掲示板の管理人さん、メインの投稿者の破邪顕正様、秋葉原本流オールドマニア様は、考えておられるかということです。 「退陣したら終わり」後は野となれ山となれではなく、何らかの展望が必要だと思いますが。 おそらくtapirさんはこのご質問によって、 生長の家教団乗っ取り作戦 (の29333でのご発言) を正直に白状しなさい、と婉曲に私に語っておられるのだろうと勝手に理解しました。 繰り返しになりますが、このご質問も尤もな内容です。 なぜかというと、多くの人たちがいわゆる本流を次のように想像しておられるからです。 本流はツリー条の組織である。 その頂点に安東巌先生、その下に安東先生の子分たち(本流の皆様。 お許しを)、さらにその下に多くの下っ端が並んでいて、安東先生の命令一下、秩序整然と「生長の家乗っ取り」と「過激な政治活動」に突き進む…。 さらに「学ぶ会」は「日本会議」と密着しているはずだ。 それは安東先生が「日本会議」の頂点にも君臨しているからだ…と。 このことに触れると話が少し逸れてしまうのですが、最低限の愚論を申し上げてから私の回答を申し上げます。 まず、このことに関する結論から申し上げると、「安東先生を頂点とするツリー条の強固な組織」は実態と異なっています。 この妄想は古くから総裁が(今でも)抱いている想像であり、最近は『日本会議の研究』によって不当に拡散されたイメージです(なお、裁判での同書著者の証言によれば、著者は安東先生に一度も直接取材をしていません。 ) 本流はもっと多様な人材から成り立っていると思います。 それは「生長の家の教えと組織が壊される!」という危機感から勝手に動き出した人達の曖昧な集団(もっとも、集団になっているのは「学ぶ会」ぐらいですが…)だから当然のことです。 たとえば、かくいう私がその実例です。 私は大昔の学生時代に大学生練成会などで安東巌先生のご講話を拝聴しただけで、一度も安東先生に会ったことなく、電話はもちろん講話を拝聴したこともありません。 本当は、私は長年首都圏に住んでいますから安東先生が神奈川や千葉の教化部長をなさっていたときに会うこともできました。 しかしグータラ聖使命会員だったから、そもそもまともに教化部へ行ったことがありませんでした。 たまに行くのは本を買うためだけでした(安東先生。 お許しを)。 有名な前原先生も安東先生を尊敬して慕っておられるかもしれませんが、まず「安東先生と親分・子分」という関係ではありません。 私は以前、本流の掲示板上で、安東先生の講演会の報告記事を読んだ記憶があります。 その記事によれば、安東先生がその講演の開幕一番、 私はこの講演会のために『風邪をひいてはいけない。 風邪をひかないように注意しよう』と思ってきたの。 そのときに、あの前原先生が私の所(たしか「家」)へ来られたのよね。 見るとマスクをしているの。 『どうしたの?』と聞いたら、なんとインフルエンザに罹ったというのね…(大意) と切り出したそうです。 その記事はかなり前のころの記事なので実物を発見できませんでしたが、これは間違いありません。 私はおかしかったから、はっきりと覚えています。 この記事から指摘できることは、「あの前原先生」は日ごろ電話やメールで安東先生と連絡を取り合っている関係ではなさそうだ…ということです。 なぜならば日ごろから電話で意志疎通をはかっている関係ならば、わざわざ安東先生の所へ行く必要がないからです。 だから「あの前原先生」は安東先生を尊敬・信頼しているが、なにかあったときの相談相手として位置付けている程度であって、強固な「親分・子分」という関係ではありません。 また、「学ぶ会」は教団を乗っ取ろうということなど考えていないと思います。 私の見るかぎり、今は会員の拡大に精一杯で(前原先生。 すみません)、教団乗っ取りなどを考える余裕はありません。 将来も「教団乗っ取り」など志向していません。 なぜならば「生長の家」は会員数が減少しても今の総裁一家(あるいは総裁に忠実な人)が跡継ぎになることが99%確実で、しかも今の総裁が教団を去ることは金づるを失うことだから100%ありえない…だから外から乗っ取ることは不可能だからです。 「学ぶ会」の主要メンバーは、自分たちが大きくなることによって教団理事たちに圧力をかけて、それによって教団が本来の教えにもどることを狙っているのだろうと思います(ただ、教団にこれ以上狂ってほしくないから、掲示板上で口だしすることは今後も続けるでしょう)。 さらにまた、「学ぶ会」の主要メンバーは「日本会議」と蜜月関係だというご想像(ならばそれ)は事実と異なります。 それはトキさんの投稿から確認できます。 トキさんは最近、「日本会議」にかんする投稿記事のなかで、「日本会議の主要メンバーと本流の主要メンバーが過去の生政連に関して激論を交わした」という内容を投稿していました。 (私はこの記事をさがしたのですが発見でしませんでした。 トキさんの掲示板は「検索」が機能していないので探しにくくて…。 私が言っても無視されるだけでしょうから、お手数ですがtapirさん。 「検索を有効に…」と、お言付けねがいます) ここでトキさんが言っている「本流主要メンバー」は、おそらく「学ぶ会」の主要メンバーです。 かりに「学ぶ会」メンバーでなくても「本流」の主要メンバーです。 その人が「日本会議」と激論を交わしたということは、本流主要メンバーと「日本会議」は同じ穴のムジナではないということです。 (ただ、似たような宗教意識と政治意識をもっていることは間違いありません。 もし違っていれば会うことそのものがありえませんから) …ということで最低限の説明として愚論を申し上げました。 【3】 次に、tapirさんへの回答を申し上げます。 私は「生長の家教団乗っ取り作戦」など持っていません。 「生長の家教団乗っ取り作戦」を相談した相手は一人もいません。 私は谷口雅春先生の教えが丸ごと生き返るのならば、それで十分ありがたいと感謝するだけです。 「学ぶ会」が谷口雅春先生の教えを生き返らせてくださるのならば、それで結構。 トキさんがある日突然、旗頭となって谷口雅春先生の教えを復活させる組織を立ち上げてくださるのならば、私のような者でも「トキ派」を自称して、トキさんを応援させていただきます。 あるいは今の総裁が突然考えを変えて、「今日から谷口雅春先生の教えに復帰する。 今の教えも過去の教えもない。 あるのは谷口雅春先生の教えだけである」と宣言してくださったら(ふざけているわけではありません)、教団に復帰します。 ただ、私とtapirさんとの間には「生長の家と政治活動の関係」、「生長の家と日本会議」、「男系か女系容認か」などについて見解の相違があるようだと想像しています。 しかし、これに触れると話がこじれるので今回は最低限の回答で満足していただくようお願いします。 …ところで 話がもどるようですが、tapirさんは私の質問に対して、このように答えてくださっていました。 私が「信徒に呼びかけない」、「教区トップに電話をしない」理由は以下の通りです。 ともおっしゃっていました。 実は、このご意見は私にとって非常にありがたいご意見なのです。 なぜかというと、tapirさんが「追伸 29272 」 で、 >「護法の天使氏」の投稿は 12137 は…裁判の「陳述書」が掲載されているので、信ぴょう性があると思いました。 と、トキさんに報告しておられるからです。 tapirさんが「護法の天使」さんの「判決文」を信用できるものと判断されたのだから、「護法の天使」さんが訴えておられるように 「本尊の独断変更は違法」「信徒たちが立ち上がらなければ教化部の財産が本部に奪われて、教区職員が突然失職する」可能性が強いことを一応信用できることだと判断なさっていることと思います。 それでtapirさんにお願いなのですが……これは本部・総裁の批判や妨害を目的としているのではありません。 生長の家が違法行為を行うなどと想像するのも嫌だからお願いするのです…… tapirさんは私へのご回答のなかでご自身のことを、「この掲示板上で、一般論として注意をうながし、関係者や心ある人に呼びかけるのが、分相応だと思います」とおっしゃっているので、 あくまでも「本部の違法行為を防ぐため」「将来の職員失職をふせぐため」に、 「一般論として注意をうながし、関係者や心ある人に呼びかける」ことをトキさん掲示板上で行ってくださらないでしょうか。 もし慎重なtapirさんが「本当に本尊の独断変更が違法なのか」と疑念を持たれるならば、ご自身の県庁宗教課に「一般論として」質問されたら、必ず「一般論として違法です」との返答が返ってくるはずです。 tapirさんと私には異なる見解があるかもしれませんが、それでも敬愛する生長の家が「違法行為の危ない宗教団体」と後々までも言われるのを防ぎたいという気持ちでは共通しているだろうと思います。 それで、tapirさんのお力で一般信徒さんたちの正確な事実認識と危機感を刺激していただきたいとお願い申し上げます。 秋葉原本流オールドマニア.

次の