お腹 すく と 胃 が 痛い。 そのおなかの痛みではこんな病気を疑います

ご飯を食べると胃が痛い原因とは〜胃痛時の食事や飲み物について〜

お腹 すく と 胃 が 痛い

お腹が空くなら消化力は問題ないようなので、お粥でなくてもよいと思います。 普通のご飯をよく噛んでゆっくり食べれば問題ないでしょう。 おかずは胃を刺激しないものを。 辛い物はもちろん、塩辛いもの・酸味の強いもの・甘過ぎるものは控えましょう。 冷たいものもよくないですが、熱いものもよく冷ましてから喉を通しましょう。 脂っぽいもの(揚げ物や生クリームの菓子も)も止めておいた方がいいかも。 アルコールや炭酸飲料は胃痛がある時は厳禁です。 数種類の野菜やキノコ・肉を柔らかく煮込んだだけのスープは簡単で美味しいです。 味付けはだしの素でもコンソメでもめんつゆでも好きなもので。 空腹で胃が痛いときはホットミルクを飲んで少し横になると治まることが多いので、私はそうしてます。 ユーザーID: 4400320423• ケーキ…ですか ケーキには驚きです。 食欲がない時には食べられそうなものを食べることが大事ですが、 胃が悪い食欲不振の時は別です。 胃の状態によるのでなんとも言いかねますが、 お薬の処方を受けておられるなら、その病院で聞いてみてください。 当分は過熱してあるものを食べ、 生ものや冷たい食べ物、飲み物は避けるべきでしょう。 食べ過ぎ、噛まずに食べるはダメです。 お粥でなくても、良く噛んで食べることだけでも胃に優しくなります。 (唾液に含まれる成分が分解を手伝ってくれる。 胃液分泌にはたらきかける。 食べ物が小さくなることで胃に優しい等々の理由で) あとは消化する際に負担をかけないため、繊維質の多いもの(ごぼうとか)は避けてください。 うどんはいいですよ。 お肉はあんまり良くありません。 ユーザーID: 4290698132• 消化器の医師に診察してもらう 先日、大食漢の20代息子が胃潰瘍になったので他人事と思えません。 トピ文には書いていませんが病院へは行きましたか? 病院で貰った薬を飲んで胃を保護した方が食べられるし治りも早いと思います。 胃を守りつつも、栄養を摂らないと治り難いのでは?と思います。 当初はやはりお粥でした。 お粥は米から炊くと断然美味しいですよ。 豆腐、卵粥とタンパク質を増やし ささみの酒蒸し、白身魚のホイル焼き、出し巻き卵等、徐々に油分を含むものを取り入れました。 それらの食材が入った雑炊も。 野菜は軟らかく煮た人参、大根、キャベツ、タマネギ、かぼちゃ等。 最初は薄めの出し味で煮たカボチャの煮物、その後、細かく刻んだ油揚げの入った味噌汁や、刻んだ肉やベーコンを入れたスープを少量ずつ様子を見て食べさせました。 お菓子は脂質の少ないビスコやマリービスケットがお勧めです。 はちみつ入りヨーグルトはよく食べていたようです。 普段良く食べる人が胃を壊すと、お腹が空いて辛いようですね。 息子も「お腹が空いた」と煩かったです。 息子は2週間で復調しました。 どうぞお大事に。 ユーザーID: 2392602284• つらいですね.

次の

イタタ…空腹時の腹痛。考えられる病気と原因は?痛みを和らげる方法とは

お腹 すく と 胃 が 痛い

もっと見る 空腹になると胃のあたりを中心にお腹が痛くなる…こんな症状があったら要注意です。 空腹時の腹痛は、『胃酸過多』といって胃酸が多くなることで起こる症状です。 悪化すると、『胃潰瘍』や『十二指腸潰瘍』を引き起こす可能性もあります。 この記事では、『空腹時の腹痛』について病気の可能性もふくめて解説しています。 なぜ?空腹時に腹痛が起こるワケ 1. 胃液(胃酸)の増加 空腹時には、胃から「胃液」(胃酸)が大量に出ています。 胃酸には消化酵素が含まれており、 食べ物を吸収しやすく分解する役割を果たします。 胃酸が出るのは正常なことですが、分泌量が多すぎたり胃液(胃酸)をうまく防御できていなかったりすると腹痛が起こります。 この状態を『胃酸過多』といいます。 特に空腹時は胃液が増加する傾向があるため、腹痛に繋がります。 「胃粘膜の損傷」が原因 胃酸過多がさらに進行して胃の粘膜が損傷すると、 『胃潰瘍』『十二指腸潰瘍』などの病気が考えられます。 空腹時の腹痛で最も多い原因、胃酸過多って? 1. 胃酸過多ってどんな状態? 胃酸過多とは、 胃液が必要以上に分泌される状態のことです。 胃液はほとんどが塩酸からできており、ほかに少量の消化酵素や消化管ホルモンなどが含まれています。 通常胃の中は一定量の酸で保たれていますが、胃酸過多になると胃の中の酸度が異常に高くなります。 多量に分泌された胃酸は、次のような不調を起こします。 腹痛が起こる• 食道の出口が炎症し胸やけが起こる• 胃が圧迫されて吐き気が起こる 2. 胃液の成分のほとんどを占める「塩酸」とは? 塩酸は胃の中を酸性の状態に保ってくれる働きがあります。 とても強力な酸で、 食物と一緒に体内にとり込まれた菌の殺菌をおこないます。 通常、胃酸過多になっても胃の粘膜で守られる! 胃の内側には粘膜があり、酸に対する防御機能が発達しています。 そのため、健康な状態であれば胃酸過多の状態になることはないでしょう。 胃酸過多になると…胃痛以外の症状は? 胃痛とともに、 吐き気・げっぷ・胸やけ・食欲不振などの症状が出てきます。 胃酸過多のおもな原因 次のような生活習慣や感染症などは胃酸分泌を促す作用があり、胃酸過多につながります。 ストレス• 寝不足・疲労• アルコールやカフェイン、香辛料などの刺激物• 鎮痛剤などの薬• 感染症(ピロリ菌) そのほか、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合も そのほか、空腹時に腹痛を起こす原因としては、『胃潰瘍』『十二指腸潰瘍』の可能性があります。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍はどうして起こる? や十二指腸潰瘍は、胃の粘膜が傷つくことによって 胃液に対する防御機能が落ちることで起こります。 防御機能が落ちてしまうと、胃や十二指腸は胃液の攻撃を受けやすくなり、粘膜や組織の一部が欠損してしまいます。 胃潰瘍は、食中や食後にさらに痛みが強くなる! 空腹時に腹痛を感じ、食中や食後も痛い場合は胃潰瘍が考えられます。 これは、胃に入った食べ物が潰瘍を刺激して痛みを起こしているためです。 十二指腸潰瘍は、食事をとると痛みが治まる? 十二指腸潰瘍は、空腹時に腹痛がありますが、食事をとると痛みが治まります。 これは胃酸が潰瘍(損傷部分)を刺激することによって痛みが起こっているからです。 食事を摂取すると胃酸による刺激が少なくなるためです。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因として、以下の3つがあげられます。 ピロリ菌感染• 非ステロイド性の鎮痛・解熱・抗炎症作用のある製剤「NSAID(エヌセッズ、エヌセイズ)」• ストレスによる負担 十二指腸潰瘍の原因について ・おもな原因は『ピロリ菌』感染 ピロリ菌は口から感染するケースが多く、胃の粘膜に住み着いて潰瘍を起こしやすくします。 ・NSAIDは胃の粘膜の防御機能を弱めてしまう? NSAIDは非ステロイド性抗炎症薬のことで、 胃粘膜の防御機能にかかわる『酵素』の働きを抑制してしまいます。 それによって、胃酸が増加することで十二指腸潰瘍が起こるとされています。 ・ストレスは胃に大きな負担となります ストレスによる十二指腸潰瘍は、体が常に緊張状態となることで胃に十分な栄養素を送れなくなったり、胃の粘膜が弱くなってしまったりすることで発症します。 ストレスが溜まると次のような不調が起こり、胃に大きな負担をかけます。 胃の粘膜の防御機能が弱まる• 胃の粘膜への血流が低下し、粘膜が傷つきやすくなる• 自律神経が乱れて胃酸過多を起こす 胃潰瘍の原因について ・十二指腸潰瘍とちがうのは、ピロリ菌の作用! 胃潰瘍の原因は、十二指腸潰瘍とほとんど同様だと考えられています。 しかしピロリ菌が胃潰瘍を起こすしくみは、十二指腸潰瘍を起こすしくみと異なると考えられています。 ・ピロリ菌による胃潰瘍は何がちがうの? 胃潰瘍は、ピロリ菌が胃の中の尿素から胃酸を中和するアンモニアを作ることによって、胃の粘膜を傷つけることで発症するといわれています。 ・ピロリ菌に感染すると体内で有害な物質が作られる? ピロリ菌に感染した場合、 体内で有害な活性酸素や毒素が作られます。 胃の粘膜はそれらによっても傷つけられ、胃潰瘍の原因となります。 空腹時の腹痛の対処法! 空腹時に腹痛がする場合に、自分でできる対処法や病院でうける治療、検査について解説します。 自分でできる対処法は? ゆっくりと水を飲んで安静にしましょう 空腹時に腹痛になる場合、胃液が出てお腹を刺激していることが多いです。 応急処置としては、胃酸による攻撃を和らげるように水をゆっくりと飲むことや、自律神経を整えるために安静にすることをおすすめします。 どんな食べ物がいいの?食事のとり方は? 空腹状態が続くことで腹痛が起こっている場合、 比較的胃を刺激しにくいものを食べましょう。 おかゆや素うどんなどがおすすめです。 ちなみに脂っこいものや香辛料などは胃を刺激するため、腹痛時にはおすすめしません。 改善されない場合は病院へ 先に述べたように、十二指腸潰瘍・胃潰瘍などの病気の可能性もあります。 数日たっても改善されない場合や気になる場合は、必ず『消化器内科』か『胃腸内科』を受診してください。 これらが近くにない場合は、内科を受診しましょう。 数日たっても改善されない腹痛は消化器内科で相談 数日たっても改善されない腹痛を相談できるクリニック・病院をお探しの方は、こちらの情報をご覧ください。 病院ではどんな検査を受けるの? 病院で受ける検査について 病院では、問診・触診・バリウム造影検査・胃内視鏡検査などをおこないます。 バリウム造影検査は、バリウムを飲んでおこなうレントゲン検査です。 胃内視鏡検査は、一般的に「胃カメラ」とよばれる、細い管の先に小型のカメラがついているもので、胃や十二指腸の状態をみる検査です。 ピロリ菌に感染している可能性がある場合は? ピロリ菌の存在を確認する方法は2種類あります。 一つは、血液・尿・便・息などを採取することによる検査で、もう一つは胃内視鏡検査の際に 胃粘膜を少し削りとって確認する検査があります。 どんな治療を受けるの? 原因や症状に合わせて治療法が決まります 胃潰瘍・十二指腸潰瘍だった場合、原因や症状に合わせて治療法が決定されます。 大きく分けて以下の二つになるでしょう。 胃や十二指腸から出血がある場合 胃や十二指腸から出血がある場合はまずは止血を優先します。 胃や十二指腸から出血がない場合 出血がない場合は、薬による治療と同時に食事などの日常生活の改善をおこないます。 鎮痛剤を飲んでいる場合 鎮痛剤(NSAID)の服用は原則中止し、ピロリ菌が見つかった場合は除菌治療をおこないます。 抗菌治療では 胃酸の分泌を抑制するお薬と、2種類の抗生物質を1週間服用します。 空腹時の腹痛を予防するために ストレス・寝不足・疲労は胃の大敵! 日常生活のなかでは、ストレス・寝不足・疲労が溜まることで空腹時の腹痛につながります。 まずは、ストレスとうまくつき合いながらじゅうぶんに休養を取るようにしましょう。 喫煙も空腹時の腹痛を引き起こす? 喫煙も空腹時の腹痛を引き起こす原因となります。 タバコに含まれるニコチンには、胃酸の分泌量を高めたり胃粘膜の抵抗力を弱めたりする作用があるためです。 刺激物はひかえて!胃にやさしい食事を 食事では、アルコール・カフェイン・香辛料などの刺激物の摂取をひかえることが重要です。 長芋、キャベツ、豆腐などを使った料理がおすすめです。 鎮痛剤はなるべく飲まないように 鎮痛剤(NSAID)によって腹痛が起こっていることも考えられます。 一緒に胃薬をとるか、飲まない工夫をするとよいでしょう。 ただし市販の胃薬は胃を刺激し、胃潰瘍の原因となる場合もあるため注意が必要です。 まとめ 空腹時の腹痛は「胃液の増加」と「胃粘膜の損傷」が原因 空腹時の腹痛は、軽い場合は胃酸過多の状態ですが、それが続くと十二指腸潰瘍や胃潰瘍にもつながります。 空腹時にいつもお腹が痛くなる場合は、それらの可能性も考えられるので一度病院を受診しましょう。 そのほかにも、鎮痛剤などの薬剤やピロリ菌が原因となっていることもあります 日ごろから心身の負担をかけすぎないこと 日ごろから胃液を過剰に分泌させないためにも、日常生活のなかでストレスの軽減・禁煙・食事の工夫などを意識しましょう。

次の

異常な空腹感 お腹がはる 時々胃痛?上記のことに悩まされています。皆様のお...

お腹 すく と 胃 が 痛い

お腹が痛いとき、お腹のどの辺りが痛いかによって、原因として考えられる病気は異なります。 ここでは腹部を七つのブロックに分けて、考えられる病気をご紹介します。 みぞおち( 心窩部 しんかぶ )全体が痛い場合に考えられる病気 急性胃炎 ストレスや食生活の乱れなどによる胃酸の過剰分泌が原因で、胃の粘膜が荒れる病気です。 の代表的な症状は、上部腹痛(みぞおち周辺の痛み)、吐き気や嘔吐、、腹部膨満(腹部の張り)などがあります。 胃粘膜の炎症がひどくなって出血を起こすと、黒色便(便が黒くなる)が出ることもあります。 急性胃炎の方の胃粘膜の状態を内視鏡で観察すると、びらん(ただれ)やむくみ、 発赤 ほっせき (赤み)が見られます。 消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍) 食べ物を消化する胃酸やペプシンと呼ばれる酵素によって、胃や十二指腸の粘膜が傷つき潰瘍が形成される病気のことです。 みぞおちの強い痛みは・によく見られる代表的な症状のひとつです。 ほかにも、みぞおち周辺の不快感、吐き気や嘔吐などを経験する方もいます。 また、ひどくなると血管が傷ついて大量出血をきたし、血を吐いたり便が黒くなったりすることもあります。 お腹が痛くなるタイミングとして、潰瘍が胃の上部にある場合は食後、 幽門 ゆうもん (胃と十二指腸のつなぎ目)や十二指腸にある場合は空腹時(食前)に感じるといわれています。 急性虫垂炎(盲腸) 虫垂 ちゅうすい と呼ばれる腸の一部分が炎症を起こす病気です。 急性による腹痛は、最初はみぞおちあたりに生じますが、次第に右下腹部へと移動するのが特徴です。 ほかにも、吐き気や食欲不振、微熱も特徴的な症状といえるでしょう。 急性心筋梗塞 とは、心臓の壁に張り巡らされるように走行する冠動脈と呼ばれる血管が詰まることにより、心臓の筋肉に充分な血液が行き渡らなくなって最終的に壊死する病気です。 心筋梗塞では約半数の方に前駆症状(前触れ)があるといわれており、胸の痛みのほか、呼吸困難、息切れ、冷や汗、吐き気、嘔吐などの症状が生じます。 みぞおちの右側が痛い場合に考えられる病気 胆石症 胆嚢から分泌される胆汁(消化を助ける液体)が何かしらの原因によって固形化(もしくは砂状、液状化)したものがです。 胆石が胆嚢や胆汁の通り道である胆管にできた状態のことをといいます。 肝内結石 胆石が肝臓内の胆管にできると胆管結石のような症状が現れます。 は激しい腹痛や発熱などが起こることもあり、肝臓の機能が悪化すると 黄疸 おうだん が生じます。 また、長期化した場合はがんの原因になることもあります。 胆嚢炎と胆管炎 胆嚢や胆管が胆石や腫瘍などによって、胆汁の通り道が塞がれてしまうことがあります。 ここに雑菌が侵入して起こる炎症を胆嚢炎やといいます。 急性胆嚢炎では、上部腹痛や右肩の痛み、吐き気や嘔吐、発熱、ときに黄疸が生じます。 急性胆管炎の場合は、右側肋骨周辺を中心とする腹痛や黄疸が主な症状で、重症化すると低血圧や錯乱状態などの精神症状が現れます。 みぞおちの左側が痛い場合に考えられる病気 急性膵炎 膵臓が、自らが分泌する膵液という酵素によって消化されることによって起こります。 は激しい痛みが特徴です。 痛みには個人差がありますが、痛さのあまりその場にうずくまってしまう方もいます。 右もしくは左の脇腹が痛い場合に考えられる病気 尿管結石 尿を作る腎臓から膀胱につながる尿の通り道のことを尿管といいます。 とは、この尿管に結石が詰まることです。 尿管結石の症状は、結石が詰まっている側の脇腹や、背中から下腹部にかけて生じる激しい痛み、血尿、吐き気などです。 がある、男性、30~50代の方は、尿管結石のリスクが高いといわれています。 へその下が痛い場合に考えられる病気 卵巣出血 若い女性の場合、の可能性があります。 卵巣が成熟した卵子を排出する際、表面の部分に傷がつきます。 傷の量はごくわずかなため、通常であれば出血しないか、ごく少量の出血で済むのですが、何かしらの原因によって出血量が多くなったり、腹痛を伴ったりする場合があります。 卵巣出血の症状は腹痛と出血です。 特に腹痛は急激な下腹部痛であることが多く、出血がひどい方の場合はやショック症状を起こすこともあります。 子宮外妊娠 受精卵が子宮内膜以外の場所に着床して成立したのことを、()といいます。 現在は検査機器の精度が向上したこともあり、異所性妊娠は初期の段階で発見されるようになりましたが、受診の遅れなどによって発見されるのが遅くなり、受精卵の成長によって卵管が圧迫され破裂すると、腹痛や大出血を起こす可能性もあります。 子宮内膜症 子宮内部以外に子宮内膜の組織が発生する病気です。 周辺の組織と癒着を生じるため、下腹部に慢性的な痛みを引き起こします。 また、月経時に痛みが強くなるのも特徴のひとつです。 30~34歳頃に発症することが多く、不妊の原因になることもあります。 お腹の左側が痛い場合に考えられる病気 便秘 便秘は腸の運動異常や水分不足が原因です。 便秘の定義はさまざまですが、3日以上便が出ていない状態のほか、毎日便が出ていても残便感がある状態、便の出る間隔が不規則な状態、出る便の水分量が少なく硬い状態なども便秘の症状といわれています。 便秘が続くと腹部の張りや不快感などによって、精神的、身体的にも悪影響が出ます。 お腹全体が痛い場合に考えられる病気 腹膜炎 腹膜に炎症が生じる病気です。 お腹全体に非常に強い痛みが生じ、歩いたりすることでお腹に刺激が加わると痛みが増すのが特徴です。 また、お腹は全体的に板のように固くなり、押すと跳ね返すように無意識のうちに力が入るようになります。 治療が遅れるとなどに進行して死に至る危険もあります。 原因は多々ありますが、やなどお腹に炎症が起きる病気や、がん、消化管 穿孔 せんこう (穴が開く)などが挙げられます。 痛みが強いときは病院を受診 以上のように、お腹の痛みにはさまざまな病気が考えられます。 痛みが引かないときや、激痛が生じているときは、早めに病院を受診することを検討しましょう。

次の