小千谷 玉 三郎。 小千谷市

小千谷市

小千谷 玉 三郎

パチンコ玉三郎小千谷店 3月7日に「双龍玉」の舞台となったのは、新潟県小千谷市にある「パチンコ玉三郎小千谷店」。 さわやかな笑顔でキビキビと対応するスタッフが揃っており、質の高い接客でプレイヤーたちの遊技をサポートしていた。 壱頭目の龍は… パチンココーナーを進んでいったなかで、ひときわ華やかな雰囲気が感じられたのが「ぱちんこCR真・北斗無双」。 パフォーマンスを披露している姿が目立ち、主役級の存在感を放っていた。 プレイヤーたちがイキイキとハンドルを握り、笑みを浮かべていたことも覚えている。 ポテンシャルを発揮し、有意義な時間を過ごしているように思えた。 さまざまな場所で、遊技を満喫しているといった姿を確認している。 海物語シリーズなどにステキな笑顔が広がり、にぎやかな状況となっていた。 興味をひかれる機種はたくさんあったが、もっとも魅力的に映ったのは、やはり「ぱちんこCR真・北斗無双」で活躍をしているプレイヤーだ。 【ピックアップデータ・17時時点】 [稼働率] 5台中4台稼働 プレイヤーが席を離れる場面はあったものの、滞在時はつねに盛況。 どのタイミングでみても楽しげな光景が目にはいり、ひとりのパチンコファンとしてうらやましく思えた。 また、入店してからホールをあとにするときまで、プレイヤーの表情が明るいままであったことも印象に残っている。 ST継続率80%、電チュー経由の大当りは50%が約2400個と、他の追随を寄せ付けない出玉性能がイチオシポイントだ。 店内には広いレストスペースがあり、確認時は多くのプレイヤーが利用していた。 マンガを読んだり、テレビをみたりと、のんびりとくつろいでいたように思う。 また、各台計数機やスライド式の分煙ボード、手首を支えるスタンドなど、充実した設備面も魅力的。 遊技台のまわりが清潔に保たれていることも含め、うれしいと思える要素が多かった。 長い時間でも快適に遊技をおこなえるといった印象の「パチンコ玉三郎小千谷店」。 遊技面と環境面の両方が優れていることを実感した。 【DMMぱちタウン ピックアップ機種】 ・ぱちんこCR真・北斗無双 C 武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOJ-111 C 2010-2013 コーエーテクモゲームス C Sammy このレポートの関連情報 関連する店舗• 関連する機種•

次の

FC2

小千谷 玉 三郎

Easy for beginners! Plenty of templates available! Upload your favorite videos. Watch them from your mobile phone! Paying Members can watch in full High Definition! Broadcast a Program or enjoy a Two-way Video Chat. Stream comments onto videos! It's like live commentary! Great Fun! It's free! Analyze visitors' movements! Choose your favorite analysis icon. See your own sites by ranking! Lots of designs to choose from! Stop yourself from being counted. Send your cheers! Write your thanks. Contact visitors! Compatible with mobile phones and emoticons. Share useful information and edit it together! Create and manage your own Social Networking Service! Make new friends! FC2 Apps optimized for Smartphones. Connect to the Internet for Free wherever you are! Resize an image as you want it to be.

次の

坂東玉三郎 (5代目)

小千谷 玉 三郎

中央が五代目坂東玉三郎 歌舞伎界を背負って立つ。 評価の高い舞台での美しさと存在感に加え、昭和歌舞伎を代表する大役者・亡き後、かつて歌右衛門がつとめた数々の大役を継承して新しい境地を確立している。 若くして・に招聘され、、、ら世界の超一流の芸術家たちと多彩なを展開するなど、その影響と賞賛は世界的なものである。 また、映画監督・演出家としても独自の映像美を創造した。 その他にも、演劇全般に関する私塾「東京コンセルヴァトリー」の開校やの保存への協力など、演劇以外にも活躍している。 また歌舞伎だけでなく、10代半ばよりレッスンを受けたの実力も、プロ・バレリーナと一緒に踊りをこなしても何の遜色もないどころか、玉三郎自身が一バレエダンサーとしての評価にあずかるほどのものがある。 近年は歌舞伎と縁の薄いの演出も手がけている。 趣味は。 五代目玉三郎は、の出でないばかりか、の後遺症をリハビリで克服したこと、その影響でとなったこと、女形としては長身であること(公称173cm、過去に某雑誌では175cmとも)、芸風や活動方針を巡って六代目歌右衛門との間に永年の確執があったこと(後年和解)など、数々の苦難を克服しつつ精進を続けて今日の地位を築きあげた、現在の歌舞伎界における希有の存在である。 年譜 [ ]• 1950年4月 に生まれる。 生家は。 1956年 小児麻痺後遺症のリハビリにと舞踊を習う。 舞踊の魅力にとりつかれ、また稽古に通った縁からのとなる。 1957年12月 にて『・寺子屋』の小太郎で 坂東 喜の字を名のり初舞台。 1964年6月 十四代目勘弥の芸養子(戸籍上は1974年に養子縁組)となり、にて『』のおたまほかで五代目坂東玉三郎を襲名。 1969年3月 卒業。 1969年 の新作歌舞伎『』の白縫姫に抜擢。 1970年 『』の雲絶間姫で相方したとの「海老玉コンビ」が人気に。 1975年 『』の桜姫で相方したとの「孝玉コンビ」が人気に。 1977年 日生劇場で「天守物語」(原作:泉鏡花)を上演。 1979年には京都南座で上演。 相手役は。 1984年5月 100周年記念公演に招聘され出演。 1986年 舞台『』を初演出。 1988年 らの演奏による『』で創作舞踊を上演。 1988年11月 の振付けにより、、らと共演。 1991年 映画『』を初監督。 1994年5月 ベジャールとの共演で『〜コーデリヤの死』を初演。 1996年 ヨーヨー・マの演奏による『』を映像収録した『希望への苦闘』が(リヨン)でグランプリを受賞。 2000年 芸術監督に就任(2001年辞任)。 2008年 『』を、湖広会館で江蘇省蘇州昆劇院と共に上演。 2012年4月 和太鼓集団芸術監督就任。 2012年 重要無形文化財保持者に各個認定()。 受賞歴等 [ ]• 1970年3月• 1971年 第8回演劇賞• 1978年 第15回ゴールデン・アロー賞演劇賞• 1981年 優秀賞• 1985年 第3回都民文化栄誉章• 1991年 ・名誉文学博士号• 1992年 特別賞• 1997年• 1997年 第39回• 1997年 第5回最優秀男優賞• 2009年 第57回• 2011年 第27回• 2013年• 2014年• 2016年 ・• 2018年 大賞• 2019年• 2019年• 2019年 会員 代表作 [ ] 主な歌舞伎の当たり役 [ ]• 『』の雲絶間姫(くものたえま ひめ)• 『』の桜姫(さくら ひめ)• 『』の静御前(しずか ごぜん)• 『』の阿古屋(あこや)• 『』の八ツ橋(やつはし)• 『』の十六夜(いざよい)• 『』の白拍子花子(しらびょうし はなこ)• 『』の鷺の精(さぎの せい)• 『』の揚巻(あげまき)• 『』の蛍火(ほたるび) 歌舞伎海外公演 [ ]• 1982年7月 公演• 1984年5月 アメリカ公演(ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場)• 1985年7月 アメリカ公演• 1986年6月 公演• 1989年10月 公演• 1991年10月 公演• 1992年4月 公演 近代劇 [ ]• -おすえ(1975年、)• -マクベス夫人(1976年、、、)• -デズデモーナ(1977年、、1978年、中日劇場)• -富姫(1977年、日生劇場)• -お孝(1978年、日生劇場)• - 1980年4月中日劇場• -マルグリット(1979年、日生劇場、1980年7月、中日劇場)• -メディア(1983年、日生劇場)• -忽蘭(1983年、新橋演舞場)• -ルネ(1983年、)• -緑川夫人(1984年、新橋演舞場、1986年、中日劇場)• -吉岡良子(1985年、新橋演舞場)• -楊貴妃(1987年、新橋演舞場)• -お園(1988年、)• -ナスターシャ、ムイシュキン(1989年、)• -加恵(1990年、新橋演舞場)• -サン・フォン伯爵夫人(1990年、ベニサン・ビット)• -エリザベス(1993年、)• -つう(1999年)• -美女(2000年、日生劇場)• () -杜麗娘(2008年、南座および北京・湖広会館) 主な舞台演出作 [ ]• (1986年)• 鼓童 幽玄 映画 [ ]• -百合、白雪姫(1979年)• -泉鏡花(1988年)• (1990年)• -稲村御舟(1991年)• -ナスターシャ、ムイシュキン(1994年)• -富姫(1995年) 主な映画監督作 [ ]• (1991年)• (1993年)• (1995年) テレビ番組 [ ]• (、2008年)• (、2008年)• (NHK、2010年)• (、2011年)• (、2011年)• (制作・、2012年)• (、2019年11月21日) CM [ ]• (C33型:1988年 - 1990年)• (2013年 - )• 『肺炎予防PR』(2017年-) 写真集ほか [ ]• 『真夜中のノート 坂東玉三郎エッセイ集』サンリオ、1976• 『玉三郎の邦楽ジョッキー』日本放送出版協会、1977• 『坂東玉三郎』写真 講談社、1978• 『坂東玉三郎 ひかりの中で』奥村喜一郎・谷田貝高幸写真 松竹株式会社・事業部、1979• 『坂東玉三郎 冬の旅 ヨーロッパの古都を歩いて』篠山紀信写真 講談社、1981• 『坂東玉三郎 onnagata』大倉舜二 平凡社、1983• 『歌舞伎女形』序文、大倉舜二写真、解説、新潮文庫、1986• 『 孝夫・玉三郎』佐藤英世写真、旺文社文庫、1985• 『坂東玉三郎の世界』篠山紀信写真 朝日新聞社、1988• 『監督坂東玉三郎「夢の女」』岸野正彦写真 NTT出版、1993• 『山鹿八千代座 坂東玉三郎華麗に舞う』NTT出版、1993• 『坂東玉三郎ナスターシャ写真集』ぴあ、1994• 『坂東玉三郎の宇宙』ダンスマガジン編 新書館、1997• 『坂東玉三郎 舞台写真集』福田尚武写真 朝日ソノラマ、1998• 『ザ歌舞伎座』篠山紀信撮影、玉三郎案内役 講談社、2001、改訂版2009• 『五代目坂東玉三郎写真集』篠山紀信 講談社、2007• 『THE LAST SHOW TAMASABURO AND THE KABUKIZA』篠山紀信撮影、玉三郎案内役 小学館、2010• 『坂東玉三郎 すべては舞台の美のために』小学館・和樂ムック、2009• 『坂東玉三郎舞台』福田尚武写真 小学館、2012 関連書籍 [ ]• 『坂東玉三郎 歌舞伎座立女形への道』幻冬舎新書 2010 脚注 [ ]• 第9回:• 第13回:• 第15回:• 第27回:• 第33回:• 1943:• 1948:• 1951:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956: ・• 1957:• 1958: ・ ・• 1959: ・• 1960: ・・• 1961: ・・・• 1962: ・・• 1963: ・• 1964:• 1965: ・• 1966: ・• 1967: ・• 1968:• 1969:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1997:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2011:• 2013:• 2016:• 2017:• 2018:• 2020:• 1942:• 1943:• 1950:• 1951: ・• 1952: ・• 1953:• 1954:• 1956:• 1957: ・• 1958:• 1959: ・・• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963: ・• 1964: ・• 1965:• 1966: ・• 1967:• 1968: ・• 1969: ・• 1970: ・• 1971:• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2012:• 2013:• 2015:• 2017:• 2018:• 1943:• 1950:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1957:• 1958:• 1961:• 1963: ・• 1966: ・• 1968:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2012:• 2016:• 2019:• 1943:• 1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1954: ・• 1955: ・• 1956: ・・• 1957:• 1958:• 1959: ・• 1960: ・• 1961: ・• 1962: ・• 1963: ・・• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968: ・• 1969:• 1970:• 1971:• 1973:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2007:• 2010:• 2012:• 2013:• 2016:• 2018:• 2019:• 1951:• 1953:• 1955:• 1957:• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1969:• 1970:• 1971: ・• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1978:• 1981:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2017:• 2018:• 2019:• 1950:• 1952:• 1953:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1971:• 1974:• 1975:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1995:• 1996:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2008:• 2010:• 2011:• 2013:• 2015:• 2020:• 1950:• 1951:• 1952:• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1960:• 1961:• 1963:• 1966: ・• 1967:• 1968:• 1969:• 1972: ・• 1973:• 1975:• 1976: ・• 1977: ・• 1979: ・・• 1980:• 1981:• 1982: ・・• 1984:• 1986:• 1987: ・• 1988:• 1989:• 1993: ・• 1994:• 1995:• 1998: ・• 1999:• 2000: ・・• 2001:• 2003:• 2004: ・• 2006:• 2007:• 2009:• 2011:• 2016:• 2017:• 2019:• 1948:• 1953: ・• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1968:• 1971:• 1972:• 1974:• 1980:• 1983:• 1987:• 1990:• 1991: ・• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1999:• 2000:• 2002:• 2002:• 2003: ・• 2004: ・・• 2007:• 2009: ・• 2010: ・• 2011:• 2012: ・• 2013:• 2014:• 2015: ・• 2017:• 2020:.

次の