幼稚 意味。 「幼い」と「幼稚」の違いとは?意味を詳しく解釈

幼稚園、必要ですか?

幼稚 意味

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 2• 研究社 新和英中辞典 1• Weblio Email例文集 21• 浜島書店 Catch a Wave 8• Eゲイト英和辞典 2• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 1• 日本語WordNet 6• EDR日英対訳辞書 10• Tanaka Corpus 4• 日本法令外国語訳データベースシステム 4• JM 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 18• 官公庁発表資料• 金融庁 2• 特許庁 36• 経済産業省 3• 厚生労働省 1• 書籍・作品• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 1.

次の

保育園・幼稚園でのおやつ。その意味とオススメのおやつとは? | 特集

幼稚 意味

自由のもとでは外国とのに耐えられない未発達の。 は,適切な保護のもとにその育成をはかることによって,は比較優位をもつ産業への転換が可能であるなら,必要期間この産業への保護政策 を適用すべきであるとする考え方を提唱した。 そのような目的のを educational dutiesという。 その後 C. バステーブルはこれを若干修正して,このような保護政策が正当化されるには,ある期間を過ぎれば保護なしでも自立でき,最終的に生じるその国の福祉向上や技術修得の外部経済効果という利益が保護期間中の不合理なによる福祉低下を上回るものでなければならず,さらに後発性のゆえに幼稚産業で競争力が弱いのであり,元来はその国に適した産業でなければならない ミル・バステーブル基準という とした。 でも幼稚産業に対するの保護,育成は例外的なものとして容認されている。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 ある産業の発展過程において,初期段階では生産に必要な技術・等が不足しているため,その産業は他国と競争することができない。 しかし,もしが一定期間その産業を保護し,他国との競争から隔離するならば,その産業は,必要な技術・熟練を得,将来,国際市場において自立することができるかもしれない。 幼稚産業とは,そのような新しい産業のことをいう。 幼稚産業保護論は,古くは18世紀末に,19世紀半ばにによって唱えられ,J. ミルや. など多くの自由貿易主義者にも受け入れられてきたもので,保護貿易の正当化ののなかで,経済学的に意味のあるのものとされている。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説.

次の

保育園・幼稚園でのおやつ。その意味とオススメのおやつとは? | 特集

幼稚 意味

「幼稚」の意味 幼稚というのは、幼い子に使われることもありますが、どちらかと言えば大人なのに子供っぽい言動に対して使われることが多いです。 基本的には対象を悪く言うときに使われるので、年齢に見合ったものではない、年齢の割にはやり方などが成長していない、子供のときのままであるという意味が幼稚という言葉には強く表れています。 「稚拙」の意味 稚拙というのは、何らかの技術レベルが低いというときに使われます。 いろいろなシーンで使うことができ、例えば書いている文章のレベルが著しく低いと感じるときには、稚拙という言葉を使うことがあります。 子どもっぽいというよりは、子供のときからあまり成長していない、、技術レベルの向上が人よりも劣っているというときに使われることが多いのです。 「幼稚」と「稚拙」の用法や用例 「いつまで経っても奢ってもらうようでは幼稚だぞ。 大人になったら、自分の分は自分で払ったらどうだ。 それが大人というものだろう。 」 「お前の文章って子供のママから全然成長してないよな。 今の文章を読んだ感じでは小学生の感想文レベルだぞ。 そんな稚拙な文章ではなくて、もっと大人らしい文章を書けるように頑張ったらどうなんだ。 」 幼稚と稚拙は微妙にニュアンスが異なる 幼稚と稚拙というのは、どちらも子供のようという表現ではありますけど、幼稚は子供っぽい振る舞いや言動などを指すのに対して、稚拙は特定の技術レベルが大人に達していない、子供のままであるという意味合いになります。 つまり、単なる言動か、技術レベルか、ということになるので、そこが幼稚と稚拙の違いということになるのです。

次の