ゆうちょ 銀行 手数料。 ゆうちょからゆうちょ銀行同士の振込方法【くわしく】手数料・反映は

ゆうちょ銀行|利用時間・ATM手数料 |イオン銀行

ゆうちょ 銀行 手数料

1年でどれくらいの手数料を銀行に落としているか ゆうちょ銀行キャッシュカードを使って、ゆうちょ銀行のATMを使う場合は 手数料はかかりません。 しかし、お急ぎの時などで他の銀行ATMやコンビニATMからお金をおろす時は、 100円+税または200円+税の手数料が必要です。 例えば、飲み会の二次会に行くことになったけど時間が遅くゆうちょ銀行ATMが開いていないことってありますよね。 人にもよりますが、回数で言うと年間でだいたい6回ぐらいでしょうか。 金額でいうとざっくり 1,000円ぐらいになると思います。 これだけでも、年間に受け取る利息を上回っているという人が多いと思います。 ゆうちょ銀行にお金を預けると、お金が増えるどころか手数料分を損していると。 振込手数料はもっとひどい 続いて、振込手数料として1年間にどれくらい使っているか考えます。 ゆうちょ銀行の振込手数料は以下のようになっています。 ゆうちょ銀行同士(窓口) 134円+税 ゆうちょ銀行同士(ゆうちょダイレクト・ATM) 毎月5回まで無料(ATMは毎月3回まで無料) 6回目以降は1回あたり105円+税(ATMは4回目以降は114円+税) 他行あて(窓口) 5万円未満:600円+税 5万円以上:800円+税 他行あて(ゆうちょダイレクト・ATM) 5万円未満:200円+税 5万円以上:400円+税 ゆうちょ銀行同士ならまだマシですが、他行あての振込手数料はそれなりにかかります。 窓口で振込するとかなり高いですが、ゆうちょダイレクトを使っても平均して1回あたり300円の振込手数料が必要です。 他行あて振込手数料は毎月1回行うとして、年間で12回、これだけで3,600円+税のコストがかかってしまいます。 先ほどのATM手数料と合わせると 年間で5,000円近くの手数料を銀行に払っている人も、決して少なくはないと思います。 もしこの手数料が0円になったら もし、ATM手数料・振込手数料が0円になったら相当お金が浮きますよね。 銀行に払う手数料ほどムダな費用はありませんから。。。 しかし、 ネット銀行を活用するとこれらのコストは0円にできます。 完全にゼロにはできなくても、50%以上安くすることが可能です。 ソニー銀行で手数料はほぼ0円に ソニーグループのネット銀行「ソニー銀行」は、ATM手数料・振込手数料ともに無料で使うこともできます。 まずソニー銀行のATM手数料は、 毎月4回以上無料です。 時間外手数料や利用ATMは関係ないので、「どこで、いつ、何曜日に、いくらお金をおろしても」手数料は統一されています。 月4回以下しかATMを使っていないなら、これだけで年間のATM手数料は0円になります。 5回目以降も、1回あたり100円+税と格安なので、ゆうちょ銀行よりお得です。 利用できるATMも多く、ゆうちょ銀行はもちろん、三菱UFJ、三井住友、イオン、ローソン、E-net、セブン銀行のATMも手数料無料で使えるようになります。 ちなみに、ソニー銀行での取引が大きくなるほど優遇内容が増えるサービス「Club S」で会員ランクを上げれば、さらに無料回数を上げることもできます。 最高ランクに到達すると、何度でもATM手数料が無料になるので、非常にお得です。 一方、振込手数料も、月1回以上は無料です。 ソニー銀行あて:何回でも無料• 他行あて:毎月1回無料、2回目以降は200円+税 月1回ぐらいしか振込手続きを行わない人であれば、こちらも年間の費用は無料にできます。 ちなみに、最近評判のデビット機能付きキャッシュカード「 Sony Bank WALLET」を選択すると、 他行あて振込手数料の無料回数が1回から2回に増えます。 デビット機能付きキャッシュカードは私も使っていますが、発行手数料や年会費は一切不要なので、持っていて損はありません。

次の

ゆうちょATMの振込手数料や時間帯手数料など解説

ゆうちょ 銀行 手数料

ゆうちょ銀行振込手数料 ゆうちょ銀行の口座を持っている方は多いでしょうが、振込先はみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行など大手の銀行を指定されることも多く、振込手数料が高くなってしまい困りますよね。 ゆうちょ銀行のATMやネットバンキングを利用すると他行の振込は5万円未満なら216円、5万円以上は432円となります。 10回振り込んだら2000円ですから美味しいランチが2回くらいは食べられる金額ですよね。 さらに窓口で振込をする場合には5万円未満は648円、5万円以上は864円かかってしまいます。 今や窓口で振込をするのはよほど大金の場合くらいではないでしょうか。 ゆうちょ銀行のネットバンキング ゆうちょ銀行から指定口座へ振込をする場合には自宅からパソコンで振込ができる ネットバンキングがいいでしょう。 職場や近所にゆうちょのATMがあるのであればATMの振込手数料もネットバンキングと同じですので、パソコン操作が苦手という方はATMを利用したほうが簡単かもしれません。 しかし、 ゆうちょ銀行の口座間の振込でなければゆうちょ銀行の利用はおすすめしません。 なぜなら他の銀行に比べて手数料がお得になるサービスがないからです。 他の銀行の振込手数料を調べてみると、 みずほ銀行:5万円未満216円、5万円以上は432円 ATM・ネットバンキング一律 三菱東京UFJ銀行:3万円未満270円、3万円以上432円 ATM 3万円未満216円、3万円以上324円 ネットバンキング 振込手数料は銀行によって異なりますが、ATMよりもネットバンキングを利用すると安くなる場合が多く、 残高が一定以上あると他行への振込手数料が無料になることもあります。 ゆうちょには残念ながら、こうした一定の基準を超えると他行宛の振込手数料が無料というサービスはないので、他行へ振込には少し不便です。 ゆうちょ銀行を利用するのは振込先がゆうちょ銀行の場合などと決めてしまったほうがいいかもしれません。 もちろん他の口座を作るのが手間というのであれば無理して作る必要はありません。 ただ、「塵も積もれば…」ということわざもあるように、たかが手数料といえど回数を重ねると大きな金額になります。 もう一つ口座を作っておくとだいぶお得ですので知り合いには他の口座も作るように勧めています。 ネットバンクがおすすめの理由 みずほ銀行や三菱東京UFJの他にも、基準を満たすと振込手数料がお得になる銀行は多くありますが、 一番のおすすめは楽天銀行やじぶん銀行などのネットバンクです。 振込手数料が一定回数無料となるだけでなく、金利も都市銀行に比べて格段に高いので預金しておくにはもってこいです。 ネットバンクに預けるのは不安という方は少しだけ預けてみて様子を見ながら増やしていくというのもいいかもしれません。 一度金利の高さや便利さを感じてしまうと他の銀行に預けられなくなりますよ。 ネットバンクもたくさんあり、楽天ポイントを貯めたいなら楽天銀行、au利用者ならじぶん銀行というように用途にあった銀行の口座を一つ作っておくと便利です。

次の

ゆうちょ銀行ATMはいつでも手数料無料?コンビニでファミマは別格の理由とは。

ゆうちょ 銀行 手数料

ATMご利用時間・料金 通常貯金の預入・払戻し、通常払込みや電信振替(ゆうちょ口座間の送金)等のサービスは、ゆうちょATM(現金自動預払機)でもご利用いただけます。 通常貯金の預入・払戻しについてはキャッシュカードのみによるご利用も可能で、曜日・時間帯にかかわらず手数料は無料です。 お金が必要になったとき、全国に設置されたATMからお気軽に貯金を払戻しいただけます。 縦型の通帳をお持ちのお客さまにはお手数をおかけしますが、通帳の切り替えをいたしますので、営業時間内にゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口へお越しください。 上記料金のほか、特殊取り扱い料金を収納機関が負担します。 (ゆうちょPay-easy(ペイジー)サービスにおけるお客さまの料金の負担の有無につきましては、下記ページをご確認ください)• 下記料金のほか、特殊取り扱い料金を収納機関が負担します。 (ゆうちょPay-easy(ペイジー)サービスにおけるお客さまの料金の負担の有無につきましては、下記ページをご確認ください)• 〇連休の場合は、連休2日目から最終日までのお取り扱い時間は、最長で7時~21時までです。 〇平日の7時以前と21時以降、土曜日、日曜日・休日の9時以前と17時以降は硬貨によるお取り扱いはできません。 〇駅やショッピングセンター等に設置している店舗外設置ATMは以下のお取り扱いはできません。 〇第3月曜日の取り扱い開始時間は、7時からのお取り扱い開始となります。 設置場所の営業時間に準じて、7時以降に営業を開始する場合があります。 お客さまにご負担いただく手数料は、通帳等に記載される手数料をご確認ください。 ICキャッシュカードのご利用について ご利用になる提携金融機関のキャッシュカードやATMによって、引き出し・残高照会の際の本人確認方法や1日あたりのご利用上限額が異なります。 詳しくは下記のページをご覧ください。

次の