アフィリエイト 集客 広告 主。 【広告主向け】A8ネットでのアフィリエイト集客をお考えの方に

アフィリエイト広告11のメリット・デメリット【広告主向け】

アフィリエイト 集客 広告 主

ECサイトや事業者などのWEBマーケティングを展開している企業はあらゆる広告を使って集客努力をしていることでしょう。 代表的な集客手法はSEOやリスティング広告、メールマガジン施策、そしてアフィリエイト施策です。 個人のアフィリエイターで月収が数百万円という話を聞く一方で、 ECサイトや広告主がアフィリエイト施策で大成功したという話はあまり聞きません。 アフィリエイトはCPAが最も安い 費用対効果の高い広告である一方、広告主の手間が非常にかかる施策なので成果が出る前にアフィリエイトからの撤退、あるいは規模縮小をする事業者がほとんどです。 アフィリエイトはうまく行えば、リスティングに匹敵する集客施策になります。 では、なぜほとんどのECサイトや広告主がアフィリエイトで集客を成功させることができないでしょうか? それは本気でアフィリエイト運用をしていないことが原因です。 つまり月間予算も20万円未満で、手間をかけずにASP(アフィリエイト仲介会社)まかせになっていることです。 これでは絶対に成功しません。 本日は、ECサイトや広告主がアフィリエイト施策を最大化させるポイントをインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者が具体的に解説してまいります。 WEBマーケティング全体の中でアフィリエイトの方針や予算を決めるプロセス ECサイトや広告主はリスティング広告を広告予算の柱に置いているでしょう。 ですから、WEB広告費の使い方としては間違っていません。 もっとも獲得の見込める広告はリスティング広告だからです。 もし、まだリスティングをやっていない、 あるいはリスティング予算を効率の限界まで使っていないのでしたら、アフィリエイトよりもリスティング施策に注力してください。 なぜならリスティング広告は、全WEB広告手法の中でCV数をもっとも安定して獲得できる広告だからです。 ただ、このリスティング広告施策には弱点があります。 リスティング広告施策の弱点 リスティング広告施策の弱点は、CPAの限界による効率の減少です。 どの業種であってもある一定のCPAにたどり着くと、それ以上予算をかけても、獲得ができなくなるラインというのが存在します。 わかりやすい例で紹介します。 下記の表をご覧ください。 例えばリスティングの月間リスティング予算が100万円でCPAが1万円の会社の場合 、広告予算を2倍にしても、獲得件数はせいぜい1. 2倍~1. 3倍程度です。 下記はあくまで例ですが、過去3社でWEBマーケティングをやってきた経験から間違いありません。 一番獲得効率が高く、CV数を稼げる広告ではありますが、予算を倍にしても成果は倍にならないのです。 なぜなら競合他社も同じくリスティング広告に予算を使っており、かつリスティング広告枠は獲得できるキーワードも決まっているため、獲得CV件数には天井があるのです。 もし、ここでリスティング施策を広告代理店にまかせているなら、予算をディスプレイ広告に使うように勧められますが、思うように成果はでません。 なぜならディスプレイ広告はリマーケティング施策以外は、CV数を稼げる施策ではないためです。 リスティング広告で獲得CV数が増えないのは、 「自社と競合でCV可能な検索結果の広告枠ほぼ全てに出稿している」ため、これ以上獲得できる広告枠が存在しないのです。 しかし広告枠になくとも、自然検索、つまりSEOに関してはまだまだ、余地があるでしょう。 ただ SEOはリスティング広告と違い、お金を払って上位になる施策ではありません。 ペンギンアップデートで多くのSEO業者は廃業に 2011年以降、Googleはリンク施策による不正なSEO対策をしている会社にペナルティを課す、「ペンギンアップデート」を開始しました。 当初は手動によるペンギンアップデートでしたが、 2016年10月にペンギンアップデートがGoogleのアルゴリズムに完全に組み込まれたため、今や被リンクにより順位をあげることは不可能になりました。 このペンギンアップデートにより、企業がSEOで上位をとる施策は2つに絞られます。 話を戻しますが、リスティング広告予算が効率の限界にたどり着いた時に、残りの予算をリスティング広告やディスプレイ広告に使うのではなく、アフィリエイト広告に予算を使うのです。 間違ったアフィリエイト広告予算の決め方 間違いとは アフィリエイト広告予算を決める時に小さい予算からはじめることです。 戦略としては下記のような意見です。 マーケーティング担当「まずは小さい予算からはじめて、うまく行ったら、徐々に予算を大きくしよう。 」 この方法は、テストマーケティングをしてから、獲得効率が見込めそうなら、さらに予算をつぎ込むという方法で、 一見正しそうですが、まったく成功しないアフィリエイトの予算の使い方です。 なぜならアフィリエイト広告は、広告代理店が行うのではなく、アフィリエイターがSEO施策を行います。 つまり アフィリエイト施策の成功の可否は、アフィリエイターのがんばり次第なのです。 凄腕アフィリエイターは月間数百万円を稼いでいますから、小さい予算の広告主には興味がありません。 ですから、 凄腕アフィリエイターを囲うためにも、アフィリエイト予算のために最低でも50万円以上は予算を確保しましょう。 予算の確保しておくという観点の意味です。 後ほど解説しますが、 アフィリエイターに本気になってもらうためには、高報酬を設定する必要があります。 ですからアフィリエイトに使う予算も多くとる必要があるのです。 アフィリエイト会社(ASP)を選ぶポイント おそらく多くの広告主は、大手のASPと付き合っていると思います。 大手のASPのメリットは広告主にとっては、当然多くのアフィリエイト会員を囲っていることです。 ですから 大手ASPの営業を受けると、アフィリエイト会員の数や所有しているネットワークの広さをアピールされるでしょうが、それらは成果とはあまり関係がありません。 なぜなら アフィリエイトの成功の可否は、多くのアフィリエイト会員を囲うことではなく、一部の凄腕のアフィリエイターに自社の広告を貼ってもらうことです。 多くのアフィリエイター会員を囲っても、CV数はほとんど増えません。 私もアフィリエイト施策を数々実施しましたが、 私の会社のアフィリエイト広告を1000人以上のアフィリエイターが参加していましたが、CV数は上位3名のアフィリエイターで90%以上を占めていました。 つまり、 アフィリエイターの会員数はあまり関係ないのです。 また大手アフィリエイトASPの弱点は、担当者がつかないことや担当がいても熱心なフォローは見込めません。 大手には多くのクライアントがいて、限られた営業担当は、売上の多い広告主に優先的にフォローしますから、メリットはないのです。 ですから、 アフィリエイト広告を行うASPは、小中規模のASP会社がおススメです。 会員には月収100万円を超える凄腕アフィリエイターが数多く所属しています。 固定費もかかりません。 また定期的にセミナーを行っており、広告主も自社の製品の広告を貼ってもらうようにプレゼンテーションを行うことができます。 アフィリエイターの報酬設定の決め方 まず、間違った報酬設定の決め方から解説します。 2500円?それともがんばって3,500円?残念ですが両方とも間違いです。 その理由は アフィリエイター報酬は、競合環境からのみ決めるものではなく、下記の3つの要素から報酬金額を決めるのです。 ですから、競合他社A社やB社より数百円高いことに意味はありません。 なぜなら アフィリエイターは一件5000円を超える高単価の商材を扱いたがりますから、A社、B社どころか、その業界すべてに興味を持っていません。 つまり アフィリエイトの正しい報酬設定とは、凄腕のアフィリエイターを本気にさせる報酬単価を設定することです。 アフィリエイターは特別単価には強く心を動かされるからです。 また儲かっているアフィリエイターは、ほぼ全員が特別単価を受け取っています。 では、報酬設定まで解説したが、つぎにアフィリエイト施策を最大化するポイントを解説します。 しかし、これを営業日の毎日行うことで、アフィリエイターのやる気がかわってきます。 アフィリエイターの心理としては未確定報酬では安心できません。 そして承認作業は早いと、確定報酬が早く決まりますから、アフィリエイターも毎日ASPの管理画面をみて、やる気を出ます。 またこれを行う広告主はあまりいないので、アフィリエイターからみると 「この広告主はやる気があるな」と差別化をはかれます。 アフィリエイターの中には、一定数の不正行為を働く人がいるからです。 よくある手法がYahooのリスティング広告による 「貴社名でのリスティング広告」です。 これが意外に広告主やASPが気付かないのです。 なぜなら皆さまは今、この記事をどうやって検索しましたか?Googleですよね? WEB担当者の99%はYahooではなく、Googleを使っておりYahooで検索を行う習慣がありません。 不正アフィリエイターは、その点をついて、 さもあなたの会社のようにYahoo広告をだして、CVを稼ぐのです。 なぜなら気づかれることはないからです。 ですから、アフィリエイト広告を開始したら、毎日Yahooで自社名で検索して、不正アフィリエイターがいないか確認し、みつけたら、即刻ASPに通報しましょう。 相手も人間ですから広告主が直接話かけると喜びます。 また彼らと交流することで、アフィリエイターの観点が学べまし、 直に交流することで、他の凄腕アフィリエイターがあなたの広告に参加してくれる可能性があります。 こういった取り組みも大手のASPよりも、 小中規模のASPが頻繁に行っていますので、セミナーや懇親会に出席しましょう。 アフィリエイトが効果がでるまでは半年から1年 アフィリエイトは、短期的なWEBマーケティング施策ではありません。 効果がでるまでに半年から1年はかかる中・長期的な施策です。 最初に大きな予算を用意しても、初月は数万円しか消化しないでしょう。 ですから広告主は「アフィリエイトは効果がない」と撤退する企業がほとんどです。 しかし、 アフィリエイトをうまくいっいる企業は、月間CVを5000件以上とっている企業もあるのです。 そこに行きつくまでには、Googleの検索順位があがるまでに、今は時間がかかります。 なぜならGoogleはサイトの信用性を重視しており、良いコンテンツであっても急激に順位があがることはありません。 本日はアフィリエイト広告で最大化するためのポイントを解説いたしました。 どこの会社もCV数を増やすために、リスティング広告を中心に、成果を拡大しています。 競合他社を先駆けて、対前年度を上回る施策を仕込むにはコンテンツマーケティングにしろ、 アフィリエイトにしろ本気で向き合うのがキーになってきます。 なぜなら予算を払って代理店まかせのマーケティングでは成果にも限界があるからです。 このブログを読んでECサイトのアフィリエイト施策の参考にしていただければ幸いです。 とくにECサイトは、承認率が高く報酬設定額を高くすれば、アフィリエイターをWinWinの関係を築けますよ!.

次の

アフィリエイトの広告主になるメリット&デメリット

アフィリエイト 集客 広告 主

アフィリエイトを活用し、売上獲得を目指す広告主として大切なのが、多くのアフィリエイトメディアから提携されることがその大前提になります。 そこで知っておきたいのがアフィリエイトメディア側の視点です。 すなわち、「アフィリエイトメディアはどんな広告主と提携したいと考えているか?」という視点を知ることが重要なポイントです。 このページでは、 広告主の方向けに、多くのアフィリエイトメディアに掲載されるために最低限注意したいポイントをお伝えしています。 それは難しい話ではありません。 アフィリエイトは成果報酬型のビジネスです。 この点を公明正大に運用することによって、多くのアフィリエイトメディアに掲載され、広告費を効果的に運用することができます。 掲載の優先度は報酬額とは限らない アフィリエイトメディアがどのような視点でプッシュする広告主とプッシュしない広告主を選別しているのか? 「報酬の高さで掲載を決めるのか?」というと、必ずしもそうとは限りません。 なぜならアフィリエイトは成果報酬型のビジネス。 すなわち、売れなければ報酬は0円というビジネスです。 身も蓋もない話ですが、「売れるが正義」です。 そこでチェックされているのが、 1・成果の承認率 2・EPC 3・CVのしやすさ(ITP対応、LP) という3点です。 これらの指標をもとに、プッシュする案件とそうでない案件が決定される傾向にあります。 気になるのは「掲載して売れるのか?」ということ アフィリエイトという仕組みは、端的に言って広告出稿側に有利な仕組みであり、掲載するアフィリエイト側にとっては不利な仕組みになっています。 というのは、サイトに時間と労力を費やして掲載したところで、いくら多大なアクセスを送客したところで実際に成果が発生しなければ(申し込みにつながらなければ)、その全ての活動はボランティアになってしまうからです。 そのため、綺麗事抜きに書くならば、アフィリエイトメディアにとって「売れるが正義」になってしまうのはその仕組上、仕方がない現実です。 結果を出しているアフィリエイトメディア、特に法人のようなお金をかけて組織化しているプロ集団は報酬はもちろんLPを徹底チェック。 その上で「この広告主にアクセスを送客すれば、どれくらいのクリック数で何件獲得できるか?」といったことを想定し、掲載に取り組みます。 この点、いくら報酬の支払いが有利な仕組みとはいえ、「この広告主を掲載しても儲からない」と判断されれば、売上拡大につながらないまま、ASPの利用料を支払うことになるでしょう。 LPの電話番号強調は避ける 特に敬遠されるのは「こちらの広告主はアフィリエイトメディアへの報酬を支払いたくない」ということを疑われる要素がある場合です。 それはLPをチェックされただけで、かんたんに見破られます。 例えば電話番号。 電話での申し込みが成果対象になっていれば話は別ですが、アフィリエイトにおいてはそうでない場合が多いのが慣例です。 そのためLPの目立つ部分に電話番号が強調されている場合。 「お申し込みはこちら」のすぐ横に「電話でのご注文はこちら!」となっている場合。 電話番号がスクロールにしたがい追尾するようになっている場合。 「この広告主をプッシュしても成果にはつながらない」と判断されるリスクがあります。 結果的に、実力あるアフィリエイトメディアに逃げられるという、大きな機会損失を被る可能性があります。 逆に、LPに余計なリンクが設置されておらず、訪問者がスムーズに申し込み完了まで到達できる流れができており、かつ承認率に問題がない場合、アフィリエイトメディアも積極的な掲載を考えるでしょう。 ITPは今すぐ対応 さらにもう一点重要なのは「ITP」の対応です。 日本ではアップル社のブラウザを利用するユーザーが多いという関係上、アフィリエイトメディアにとって、広告主のITP対応の有無は、重要な情報となっています。 そのため、大手ASPでは広告主の対応状況について、チェックできるようになっています。 ITPに積極的に対応している広告主に関しては「正確なトラッキングが可能」と判断できるため、優先的に紹介されます。 一方でITP対応が不完全な場合。 もしくは対応すらされていない場合。 「送客しても成果が発生しない可能性が高い」と判断され、提携そのものを控えられるリスクが激増します。 アフィリエイトを集客の手段として効果的に活用したい場合、今すぐITP対応をおすすめ致します。 実力あるアフィリエイトメディアの意見は参考にする価値あり ちなみに、熱意あるアフィリエイターのなかには、LPをチェックした上で、「ここを改善した方がより成果が獲得できます」と直接意見を伝えてくるアフィリエイターも存在しています。 もし貴社がよりアフィリエイトの運用を重視している場合、そのような意見は積極的に取り入れることをおすすめします。 そして、アフィリエイターが成果を獲得して儲かることが、貴社の利益につながる、win-winの関係を築くことがアフィリエイト本来の仕組みです。 「この広告主は成果の獲得に真剣で、アフィリエイトメディアを大切にしてくれる!」という信頼感を獲得することで、それは有形無形。 様々な形で、貴社にメリットを提供してくれるでしょう。 それはアフィリエイト報酬の支払いを節約するよりも大きなリターンが見込めることは確かです。 アフィリエイトの運用は長い目で考える 一方で特にしてはいけないのが、アフィリエイトという仕組みの不透明さを利用し、承認率や成果の発生において掲載メディア側に不信感を持たれてしまうような運用は小を得て大を失う損をします。 ASPにおいては、成果を出しているアフィリエイターには、どの広告主がどのくらいの承認率で、どのくらいEPCが出ているのか?そのデータを公開しています。 なかにはASPの担当者から直接提携を依頼され掲載をする場合もありますが、それでも承認率とEPCは必ず確認した上で、案件を掲載することがほとんどです。 なぜならアフィリエイトは成果報酬型のビジネスです。 いくら報酬が高くても、売れなかったり、成果が承認されなければ、完全にボランディアになってしまうからです。 そのため、成果を出しているアフィリエイトメディアはそれらの「実績」を参考にして提携を検討しています。 そのため、承認率やEPC等、掲載して収益が出るか出ないか。 広告主の側も選ばれているのがアフィリエイトの特徴と言えます。 代理店を運用する場合の注意点 ちなみに、アフィリエイトの運用に関しては広告主側の問題ではなく、いわゆる代理店が不明瞭な対応をしているケースがある、という話を聞いています。 具体的な不正の方法等についての言及はここでは避けますが、あなたがアフィリエイトの運用を代理店に依頼している場合、全てを丸投げするのではなく、月々の運用の状況を正確にチェックすることが大切です。 せっかくアフィリエイトを導入したのに、代理店の不明瞭な運用方法によって、アフィリエイトの広告効果を実感できないどころか、運用に関して様々な損失を被るリスクがあるからです。 安定的にアフィリエイトを活用するには 逆に言えば、貴社がアフィリエイト運用において適切な報酬額を設定し、適切な承認率、そして適切なEPCを出している場合においては、むしろアフィリエイトメディアに掲載されない理由がありません。 成果の承認を着実に行い、成果の発生に関して不自然な変動がない場合は、実力あるメディアから、安定的に貴社案件を掲載してもらうことができるでしょう。 不正な手段で成果を獲得しようとするアフィリエイトメディアを排除しつつ、適正な運用をしているアフィリエイトメディアを優遇し関係を強化。 露出を継続してもらうことが、安定的に成果を獲得し続けていくためのポイントです。 それは難しいことではありません。 LPでアフィリエイトメディアに不利になるようなことをしないこと。 成果の承認を適切に行うこと。 たったそれだけです。 まとめ 以上、長くなってしまいましたので最後にまとめです。 アフィリエイトという広告手法を最大限活用するためには、まずアフィリエイトメディアに掲載され、他社よりも優先的に露出をしてもらうことです。 そのためには、アフィリエイトメディアが掲載を控えたいと思うことをしなければいいという、極めてシンプルな話です。 それは、LPでアフィリエイトメディアが掲載を控えたくなるような内容を記載しないこと。 そして、成果の承認を適切に行うこと。 ただそれだけです。 アフィリエイトは費用対効果として優れた手法ですが、効果を引き出す前提として、アフィリエイトメディアに掲載され、同業他社より優遇される必要があります。 それは難しい話ではありません。 ぜひ参考にしてみてください。 あわせて読みたい ・ ・.

次の

ブログやサイトだけではない!?アフィリエイトマーケティングとは?

アフィリエイト 集客 広告 主

Contents• ASPのアフィリエイト広告主になるメリットとデメリット ASPのアフィリエイト広告主になるメリットとデメリットは、下記のとおりそれぞれ1つずつあります。 メリット• 自社商品の世間的な認知を広める デメリット• 広告費がかかる 以下では、このメリットとデメリットについてより具体的に解説していきたいと思います。 まずは、メリットからです! メリット.自社商品の世間的な認知を広める ASPのアフィリエイト広告主になると自社商品の宣伝について、二つの効果が見込めます。 第一次宣伝:ASPのメディア会員への認知 ASPにアフィリエイト広告主として登録すると、新着広告としてメールをONにしているメディア会員にメールが届きます。 加えて、広告の検索結果にもちろん掲載されるので、メディア会員に対して自社商品の宣伝を行うことができます。 これが第一次宣伝です。 そのため、メディア会員数の多いASPでアフィリエイトの広告主となると、この部分での宣伝が強くなります。 続いて、二つ目の効果です! 第二次宣伝:提携したメディアによる宣伝 第一次宣伝によって、そのASPのメディア会員に自社アフィリエイトが認知され、その条件と商品を気にいったメディア会員が、あなたの会社に対して提携申請を行うとそのメディアの情報を確認でき、そのメディアと提携するか提携しないかを選択できます。 そして、提携するを選択し提携したメディアが自社商品のアフィリエイトリンクを貼り広告・宣伝を始めると、そのメディアに訪問したユーザーに認知されます。 そして、その商品がそのメディアに訪問したユーザーの需要と一致すると、そのアフィリエイトリンクから自社のホームページに移動して顧客を得ることに繋がります。 これが第二次宣伝です。 この二つの宣伝によって、自社商品の世間的な認知を広めることが可能です。 以上がASPのアフィリエイト広告主になるメリットでした!続いて、デメリットの紹介です。 デメリット.広告費がかかる ASPにアフィリエイト広告主として登録すると、「初期費用」が発生するASPが多く、それに加えて「月額費用」。 そして、提携しているメディアが成果をあげた場合、あらかじめ指定しておいた「成果報酬」の支払い、さらに、それに対するASPへの「手数料」の支払いと、基本的にこの4つの広告費が発生します。 「成果報酬」や「手数料」が発生した場合は、自社の利益から差し引いて支払うため、広告費が赤字になることが少ないですが、成果が発生せず「初期費用」と「月額費用」の負担のみとなれば、広告費は赤字となるでしょう。 ここからは、「比較するのが面倒だな」や「おすすめを知りたい」という方向けに、この早見表を使ってアフィリエイトの広告主になるおすすめのASPをご紹介してまいります! アフィリエイトの広告主になるおすすめのASP 以下では、ジャンル・料金・メディア会員数・総合に分けて、アフィリエイト広告主になるおすすめのASPをご紹介していきます。 まずは、ジャンル別です! ジャンル別:アフィリエイト広告主になるおすすめのASP TOP3 ジャンル別のアフィリエイト広告主になるおすすめのASPのTOP3をご紹介してまいります。 1位から発表していきます! 1位.afb afbの人気なジャンルは、美容・脱毛・健康食品です。 この中でも、美容というジャンルはアフィリエイトの中でも成果がおおく出ている人気ジャンルとなっています。 そのため、afbで美容系アフィリエイトの広告主となる場合、提携申請されるパートナーがおおく予想でき、提携したパートナーのメディアから自社商品への顧客などが増えることも予想できます。 これによって、広告費としてかかる「初期費用」と「月額費用」のもとがとれる期待ができるほか、自社商品による利益の大幅な増幅も期待できます。 以上が1位の理由です。 続いて、2位のご紹介! 公式サイト 2位.もしもアフィリエイト もしもアフィリエイトの人気なジャンルは、個人ブロガー・個人メディアとマッチする商材です。 具体的には、個人が暮らしで使うものや便利なグッズに始まり、いろいろなジャンルも人気となっています。 そのため、第一次宣伝が期待できたり、汎用性のあるASPを利用したいと思っているユーザーがおおく利用するため、提携されやすいといったメリットがあります。 以上2位でした。 続いて、3位のご紹介! 公式サイト 3位.A8. net A8. netは、全体的にジャンルがはば広くそろっています。 ジャンルが幅広いということは、汎用性を求めているパートナーが多くなるということで第一次宣伝も期待できます。 しかし、汎用性が高すぎるということは、提携申請からアフィリエイトのメディア掲載までの過程が行われる確率が低くなるということでもあるのでデメリットにもなります。 公式サイト 以上、3位のご紹介でした。 これで、ジャンル別のアフィリエイト広告主になるおすすめのASPは終了です。 続いて、メディア会員数別のおすすめをご紹介します! メディア会員数別:アフィリエイト広告主になるおすすめのASP TOP3 以下では、メディア会員数別のアフィリエイト広告主になるおすすめのASP TOP3をご紹介してまいります。 それでは、1位から! 1位.A8. net A8. netのパートナー登録数は、約270万以上と、ここでご紹介したASPの中に限らず、おそらくASP業界で最大級です。 そのため堂々の1位です!続いて2位のご紹介! 公式サイト 2位.afb afbのパートナー登録数は、約91万以上です。 こちらもASP業界の中で最大級に多いです。 よって2位としました。 続いて、3位! 公式サイト 3位.バリューコマース バリューコマースのパートナー登録数は、約75万以上です。 かなり多いです。 よって3位です!以上でメディア会員数別のアフィリエイト広告主になるおすすめのASP TOP3は終了です。 続いて、料金別での紹介です! 料金別:アフィリエイト広告主になるおすすめのASP TOP3 以下では、料金別のアフィリエイト広告主になるおすすめのASP TOP3をご紹介していきます。 では、1位から! 1位.もしもアフィリエイト もしもアフィリエイトでは、なんと広告費に「初期費用」と「月額費用」が発生していません。 それに加え手数料も30%と低水準であるため、料金部門では、堂々の1位です! 公式サイト 続いて、2位。 2位.A8. net A8. netでは、「初期費用5万円」加えて「月額費用3. もしもアフィリエイトには、劣るもののASP全体的としてみれば、広告費は低水準です。 よって2位とします。 netのほうが優れていますが、やはり広告費は低水準です。 よって、3位です!以上で料金別のアフィリエイト広告主になるおすすめのASP TOP3は終了です。 最後に、まとめとして、総合的におすすめのASPを紹介します! 公式サイト 総合:アフィリエイト広告主になるおすすめのASP TOP3 最後にまとめとして、総合のアフィリエイト広告主になるおすすめのASP TOP3をご紹介してまいります!では1位から! 1位.もしもアフィリエイト みごと1位となったのは、もしもアフィリエイトです。 理由は、初期費用と月額費用が発生しないという手軽さ、加えてジャンルも幅広く扱っておりパートナーがみつかりやすいという点からです!続いて2位! 公式サイト 2位.afb みごと2位となったのは、afbです。 といっても、もしもアフィリエイトとは僅差で、広告費の面で広告主初心者に優しくないという点で、2位にしました。 ジャンルが特化しているため本当は、もしもアフィリエイトと同じくらいおすすめできます。 最後に3位の紹介! 公式サイト 3位.A8. net みごと3位となったのは、A8. netです。 netは圧倒的なメディア会員数を誇り、広告主の数も群を抜いて多いです。 ただ、その特徴から他のアフィリエイトに埋もれてしまってなかなか提携に至らないという事態が予想できます。 加えて、広告費ももしもアフィリエイトよりは、かさんでしまいます。 よって3位です。 公式サイト 以上で、総合のアフィリエイト広告主になるおすすめのASP TOP3の紹介は終了です!今回は、ASPのアフィリエイト広告主になるメリットとデメリット、そして、アフィリエイトの広告主を募集中のASPを比較、そこからおすすめのご紹介をしてまいりました。 ASPの広告主となるのは、おおくのASPで初期費用といった広告費が発生するので慎重に選びたいですね。 最後までご覧頂きありがとうございました!.

次の