ば あ ば の 折り紙 チャンネル。 ばぁばの折り紙チャンネルの最新動画|YouTubeランキング

【折り紙】金魚の折り方11種類!立体・平面の簡単な作り方は?【動画あり】

ば あ ば の 折り紙 チャンネル

折り紙の作品のなかでもメジャーな「折り紙の箱」ですが、始めから複雑な作品を作るのは、折り紙が苦手な方や初心者の方には難しいことだと思います。 ここでは、そんな折り紙の箱の一番簡単な作り方・折り方についてご紹介します。 こちらの作り方は手順が最も少なく、様々な材質の紙でも作ることができるため、折り紙初心者の方はこちらの作り方からチャレンジしてみましょう! 折り紙|箱の一番簡単な作り方• 対角線上に折り目がつくように三角に折ります。 折り目の中心に向かって4つの角を折り、開きます。 手順2でできた折り目に角の先端を合わせるように折ってから、もう1度折ります。 裏返し、中央の折り目に合わせて折ります。 反対側も同様に行います。 上を開き、下の角を三角に折ってから戻します。 中央から指を入れて開き、形を整えたら完成です! 折り紙を使った箱の折り方・作り方初級編の1つ目は、折り紙の本などにも掲載されていることが多い「シンプルな箱」です。 同じ手順を複数回くり返すだけで作ることができる作品であり、折り紙初心者にはおすすめの作り方になっています。 折り紙|シンプルな箱の作り方• 三角に2回折ります。 上の1枚の中に指を入れ、広げてつぶすように折ります。 裏側も同様に行います。 三角になるように角を合わせて半分に折り目をつけます。 折り目に角の先端を合わせるように3つの角を折り、半分に折ります。 裏側も同様に行います。 角を上に向かって折ってから、めくります。 左右の角をつぶすように折ってから、内側へ折り込みます。 上の部分を1度折ってから、指を入れて広げます。 形を整えたら完成です。 折り紙を使った箱の折り方・作り方初級編の2つ目は、小物入れやカゴにも最適な「長方形の箱」です。 こちらの作り方・折り方は、初級編の1つ目にご紹介した「シンプルな箱」の作り方の手順とよく似ており、正方形の箱の作り方に慣れたら、こちらにもチャレンジしてみましょう! 折り紙|長方形の箱の作り方• 3つ折りになるように折り目をつけます。 1度全体を開き、1枚だけ戻したら、半分に折り返します。 折り目に合わせて上下の角を折ります。 上から下へ折ってから、反対側から半分に折ります。 上から下へ折ってから、手順3と同様に角を折ります。 上から下へ折ってから、左右の角を折って折り目をつけます。 中央から開き、形を整えたら完成です。 折り紙を使った箱の折り方・作り方初級編の3つ目は、お菓子入れや小物入れにしても可愛い「花型の箱」です。 途中までの手順は1つ目や2つ目と似ていますが、こちらの折り方・作り方ではハサミを使用しますので、ケガをしないように注意しましょう! デスクの隅っこや棚の上などにちょこんと置くだけでとても可愛いので「可愛い箱を作ってみたい!」という方は是非作ってみて下さいね! 折り紙|シンプルだけど可愛い!花形の箱の作り方• 角と角が合うように、三角に2回折ります。 1度戻してから、一番上の部分を折り目に角の先端が合うように三角に折り目をつけます。 折り目の先に合わせるように折ります。 左の角を上に折り上げてから、もう1度折ります。 右の角を反対側の辺に合うように2回折りたたみます。 先ほど折った角を下へ折り、折り目をつけます。 折り目に沿ってハサミで切ります。 広げてから、折り目に沿って四角形になるように折りたたみます。 折った部分を折り目に沿ってつぶすように折ってから、内側に折り込みます。 反対側も同様に折ります。 1枚めくり、出っ張っている角をつぶすように折ります。 中心に合わせるように、下の角を折り、折り目をつけます。 中に指を入れて広げます。 形を整えたら、完成です。 折り紙を使った箱の折り方・作り方初級編の4つ目は、お菓子入れにもぴったりなキャンディーボックスです。 箱自体がキャンディーの形になっており、たくさん作って飾っておくのもキュートですね!しかし、初級編の折り方・作り方のなかでは少し手順が難しくなっているため、動画を見ながらゆっくり挑戦してみましょう! 折り紙|キャンディーボックスの作り方• 十字に折り目がつくように折ってから、4つ折りになるように折り目をつけます。 折り目に合わせて折ります。 裏返して、一番上の折り目に辺を合わせるように、上下から折り目をつけます。 折り目に合わせて折ります。 裏返して、左から2つ目の折り目に合わせて折ります。 下部も同様に折っていきます。 下へ折りたたみ、割り開きます。 再度割り開き、下に折ってから、上の紙を引っ張り出します。 上に折って、紙を引っ張り出します。 反対側も手順7~9と同様に折っていきます。 少し開いてから、引っ張り出します。 下部も同様に行います。 裏返して、形を整えます。 ひだをつけたら、完成です。 折り紙を使った箱の折り方・作り方中級編の1つ目は、しっかり閉まるフタ付きボックスです。 中級編の折り方・作り方の多くは、初級編の折り方を応用した手順になっているため、基本的な箱の作り方に慣れた方は是非チャレンジしてみてくださいね! ここでご紹介しているフタ付きボックスは、左右からくっ付けるとロックがかかる仕組みになっているため、失くしやすいアクセサリーなどを入れておくための入れ物などにも最適ですよ! 折り紙|しっかり閉まる!フタ付きボックスの作り方• 十字に折り目がつくように半分に折ります。 折り目の中心に角が合うように、4つの角を折ります。 先ほどの角を折り目がつくように2度折ってから戻します。 半分に折り、戻します。 斜めにならないように、4方向から折り目をつけていきます。 上部の角を広げてかぶせるように折ります。 上下の角の先を上に折り上げます。 上部の角を2度折り上げます。 裏返して、残りの角を折ってから中心に向けて折ります。 左右の角を折り目が辺に合うように広げ、それぞれの角を合わせます。 角を整えたら、完成です。 折り紙を使った箱の折り方・作り方中級編の2つ目は、縁が可愛いハートの形になっているハートの箱です。 初級編の折り方・作り方と比べると、少し難しい手順も含まれているため、動画を見ながらチャレンジしてみましょう。 ポイントは「折り目をしっかり付けること」です。 何度も折り目を付ける手順があるため、折り目が斜めになったり、曲がってしまわないように注意することが作り方のポイントです。 難しい場合は動画を一時停止しながら作ることもおすすめですよ。 折り紙|ハートの箱の作り方• 四角になるように半分に折り目をつけます。 折り目に合わせて左右から折ってから、半分に折り目をつけます。 裏返して、中心の折り目に合うように4つの角を折ります。 左右から中心に合わせて折り、一度広げます。 角を広げ、折り目と角が合うように折りたたみます。 上下から中心に合わせて折り目をつけます。 折り目に角の先端が合うように折ってから、裏返します。 軽く開いて、つぶすように折ります。 これを上下とも行います。 内側の角を外側に折ります。 内側に1か所、斜めに2か所折り目をつけます。 中心から指を入れ、角がぴんと立つように折ります。 形を整えたら、完成です。 小物入れにも最適なこちらの箱は、取り出し口が巾着のように閉めることもできるため、お菓子などを入れてお友達にプレゼントするのも可愛くていいですね! 折り紙|八角形ギフトボックスの作り方• 三角に折って、対角線上に折り目をつけます。 4つの角が折り目の中心に合うように折り、折り目をつけます。 裏返し、4つの角それぞれと対面する角に近い先端を合わせて折り、折り目をつけます。 再び裏返し、4つの角をそれぞれ山折りの部分を中心に合わせます。 折り目に沿って上に折り上げてから、中心で下に折り返します。 残りの3か所も同様に折っていきます。 最後に折る部分は、手順5で最初に折った部分の中に入れます。 裏返して、4つの角を三角に折ります。 折り込んだ部分を外し、中に指を入れて引き上げながら箱にしていきます。 折り目に合わせて山折りにしながら底をつくります。 上を閉じたら完成です! 折り紙を使った箱の折り方・作り方中級編の4つ目は、牛乳パック型ギフトボックスです。 この箱は名前の通り、形が牛乳パックそっくりに出来上がるため、ちょっと大きめの小物やアクセサリーなどを入れるにはおすすめの箱です。 ラベルなどを貼って、本物の牛乳パックに見せかけたら、お友達にきっと驚かれることでしょう。 折り紙|牛乳パック型ギフトボックスの作り方• 対角線上に折り目がつくように三角に折ります。 十字に折り目がつくように半分に折ります。 三角に折ってから、1. 5センチ程度の太さで折り返して折り、折り目をつけます。 一度広げてから、十字に折り目がつくように手順3を行います。 中央の折り目に角の先端が合うように4つの角を折ります。 三角に折り、角を裏表で少し上に折り上げて、折り目をつけます。 中心の四角い折り目に先を合わせるように4つの角に折り目をつけます。 4つの角を折り目が三角になるように折ります。 ) 折り紙を使った箱の折り方・作り方上級編の1つ目は、鶴型の箱です。 こちらの折り紙の箱は、折り鶴のような形になっており、ちょっとした小物入れに最適です。 1つだけでも可愛いですし、たくさん作って並べるのもとても可愛いですよ! 鶴型の箱• 半分に折って、十字に折り目をつけます。 対角線上に折り目がつくように三角に折ります。 折り目に沿って折りたたみ、四角い形にします。 中心の折り目に合わせるように角を折り、折り目をつけます。 先ほどつけた折り目に沿って、裏表両方の左右の角をつぶすように折ります。 中心の角の下に入れるように手順5の角を中に折り込みます。 折った横から開き、中心の折り目に合わせて折ります。 上部の角を折って折り目をつけます。 手順5の状態へ戻し、先ほどつけた折り目に合うように折ります。 軽く引っ張って開き、折り目に合わせて底を作ります。 首の部分に斜めに折り目をつけてから、つぶすように折ります。 羽の部分も折り目に合わせて形を整えます。 尾の部分を包み込むように折ります。 角の先を軽く折って頭を作ったら、完成! 折り紙を使った箱の折り方・作り方上級編の2つ目は、小さなお耳が可愛いウサギ型ボックスです。 まさにウサギそのものの可愛さを取り入れたこちらの折り紙の箱は、小物入れやお菓子の入れ物としてぴったりです。 上級編ならではの難しい手順も含まれていますが、腕に自信のある方は是非挑戦してみてくださいね! 折り紙|小さなお耳が可愛い!ウサギ型ボックスの作り方• 半分に折ってから、中心の折り目に合わせて折り、4つ折りの状態にします。 両端の折り目に合わせて橋を折ります。 中央の折り目をつまみ、上部で折ります。 端を合わせるように、半分に折ります。 一度全て開きます。 三角に折り、対角線上に折り目をつけます。 上部から2つ目の折り目に合わせて角が斜め上にくるように、つぶすように折ります。 裏返し、折り目に合わせて広げます。 下部の角を手順8で折った角の先端に合わせて、手順8と同様につぶすように折ります。 顔の部分と後ろの角を軽く折ります。 後ろの部分を広げ、折り目に沿って折りたたみます。 後ろを開き、縁にあたる部分と角を中へ折ります。 顔にあたる部分を軽く折り込み、耳の部分を折り返します。 底の部分を折り、中に指を入れて広げたら、完成です! 折り紙|リボン付きギフトボックスの作り方• リボンにしたい方を上にし、対角線上に折り目がつくように三角に折る。 折り目の中心に合わせて折り、反対方向の角はその折り目に合わせて折り目をつけてからもう一度折ります。 角の先端に合わせるように左右から折り目をつけます。 一度全て開き、折り目に合わせてつぶすように折ります。 角を折り返してから開き、折り目が四角になるようにします。 まわりから折り目に沿って折りたたみ、先を折り返します。 縁を一度折り、広げます。 折り目に先を合わせて折り、リボンの結び目にあたる部分の後ろへ入れます。 リボンがほどけないように開き、縁の部分をつまんでつぶしていきます。 折り目を重ねて山折りの部分を谷折りにしていきます。 角を上に折り上げ、リボンの中央に合うように折ります。 折り目に沿って折りたたみながら形をつくります。 折り目に沿ってハサミで切り取ります。 重ならないように、のりで貼り、形を整えたら完成です!.

次の

ばぁばの折り紙チャンネル|YouTubeランキング

ば あ ば の 折り紙 チャンネル

折り紙の作品のなかでもメジャーな「折り紙の箱」ですが、始めから複雑な作品を作るのは、折り紙が苦手な方や初心者の方には難しいことだと思います。 ここでは、そんな折り紙の箱の一番簡単な作り方・折り方についてご紹介します。 こちらの作り方は手順が最も少なく、様々な材質の紙でも作ることができるため、折り紙初心者の方はこちらの作り方からチャレンジしてみましょう! 折り紙|箱の一番簡単な作り方• 対角線上に折り目がつくように三角に折ります。 折り目の中心に向かって4つの角を折り、開きます。 手順2でできた折り目に角の先端を合わせるように折ってから、もう1度折ります。 裏返し、中央の折り目に合わせて折ります。 反対側も同様に行います。 上を開き、下の角を三角に折ってから戻します。 中央から指を入れて開き、形を整えたら完成です! 折り紙を使った箱の折り方・作り方初級編の1つ目は、折り紙の本などにも掲載されていることが多い「シンプルな箱」です。 同じ手順を複数回くり返すだけで作ることができる作品であり、折り紙初心者にはおすすめの作り方になっています。 折り紙|シンプルな箱の作り方• 三角に2回折ります。 上の1枚の中に指を入れ、広げてつぶすように折ります。 裏側も同様に行います。 三角になるように角を合わせて半分に折り目をつけます。 折り目に角の先端を合わせるように3つの角を折り、半分に折ります。 裏側も同様に行います。 角を上に向かって折ってから、めくります。 左右の角をつぶすように折ってから、内側へ折り込みます。 上の部分を1度折ってから、指を入れて広げます。 形を整えたら完成です。 折り紙を使った箱の折り方・作り方初級編の2つ目は、小物入れやカゴにも最適な「長方形の箱」です。 こちらの作り方・折り方は、初級編の1つ目にご紹介した「シンプルな箱」の作り方の手順とよく似ており、正方形の箱の作り方に慣れたら、こちらにもチャレンジしてみましょう! 折り紙|長方形の箱の作り方• 3つ折りになるように折り目をつけます。 1度全体を開き、1枚だけ戻したら、半分に折り返します。 折り目に合わせて上下の角を折ります。 上から下へ折ってから、反対側から半分に折ります。 上から下へ折ってから、手順3と同様に角を折ります。 上から下へ折ってから、左右の角を折って折り目をつけます。 中央から開き、形を整えたら完成です。 折り紙を使った箱の折り方・作り方初級編の3つ目は、お菓子入れや小物入れにしても可愛い「花型の箱」です。 途中までの手順は1つ目や2つ目と似ていますが、こちらの折り方・作り方ではハサミを使用しますので、ケガをしないように注意しましょう! デスクの隅っこや棚の上などにちょこんと置くだけでとても可愛いので「可愛い箱を作ってみたい!」という方は是非作ってみて下さいね! 折り紙|シンプルだけど可愛い!花形の箱の作り方• 角と角が合うように、三角に2回折ります。 1度戻してから、一番上の部分を折り目に角の先端が合うように三角に折り目をつけます。 折り目の先に合わせるように折ります。 左の角を上に折り上げてから、もう1度折ります。 右の角を反対側の辺に合うように2回折りたたみます。 先ほど折った角を下へ折り、折り目をつけます。 折り目に沿ってハサミで切ります。 広げてから、折り目に沿って四角形になるように折りたたみます。 折った部分を折り目に沿ってつぶすように折ってから、内側に折り込みます。 反対側も同様に折ります。 1枚めくり、出っ張っている角をつぶすように折ります。 中心に合わせるように、下の角を折り、折り目をつけます。 中に指を入れて広げます。 形を整えたら、完成です。 折り紙を使った箱の折り方・作り方初級編の4つ目は、お菓子入れにもぴったりなキャンディーボックスです。 箱自体がキャンディーの形になっており、たくさん作って飾っておくのもキュートですね!しかし、初級編の折り方・作り方のなかでは少し手順が難しくなっているため、動画を見ながらゆっくり挑戦してみましょう! 折り紙|キャンディーボックスの作り方• 十字に折り目がつくように折ってから、4つ折りになるように折り目をつけます。 折り目に合わせて折ります。 裏返して、一番上の折り目に辺を合わせるように、上下から折り目をつけます。 折り目に合わせて折ります。 裏返して、左から2つ目の折り目に合わせて折ります。 下部も同様に折っていきます。 下へ折りたたみ、割り開きます。 再度割り開き、下に折ってから、上の紙を引っ張り出します。 上に折って、紙を引っ張り出します。 反対側も手順7~9と同様に折っていきます。 少し開いてから、引っ張り出します。 下部も同様に行います。 裏返して、形を整えます。 ひだをつけたら、完成です。 折り紙を使った箱の折り方・作り方中級編の1つ目は、しっかり閉まるフタ付きボックスです。 中級編の折り方・作り方の多くは、初級編の折り方を応用した手順になっているため、基本的な箱の作り方に慣れた方は是非チャレンジしてみてくださいね! ここでご紹介しているフタ付きボックスは、左右からくっ付けるとロックがかかる仕組みになっているため、失くしやすいアクセサリーなどを入れておくための入れ物などにも最適ですよ! 折り紙|しっかり閉まる!フタ付きボックスの作り方• 十字に折り目がつくように半分に折ります。 折り目の中心に角が合うように、4つの角を折ります。 先ほどの角を折り目がつくように2度折ってから戻します。 半分に折り、戻します。 斜めにならないように、4方向から折り目をつけていきます。 上部の角を広げてかぶせるように折ります。 上下の角の先を上に折り上げます。 上部の角を2度折り上げます。 裏返して、残りの角を折ってから中心に向けて折ります。 左右の角を折り目が辺に合うように広げ、それぞれの角を合わせます。 角を整えたら、完成です。 折り紙を使った箱の折り方・作り方中級編の2つ目は、縁が可愛いハートの形になっているハートの箱です。 初級編の折り方・作り方と比べると、少し難しい手順も含まれているため、動画を見ながらチャレンジしてみましょう。 ポイントは「折り目をしっかり付けること」です。 何度も折り目を付ける手順があるため、折り目が斜めになったり、曲がってしまわないように注意することが作り方のポイントです。 難しい場合は動画を一時停止しながら作ることもおすすめですよ。 折り紙|ハートの箱の作り方• 四角になるように半分に折り目をつけます。 折り目に合わせて左右から折ってから、半分に折り目をつけます。 裏返して、中心の折り目に合うように4つの角を折ります。 左右から中心に合わせて折り、一度広げます。 角を広げ、折り目と角が合うように折りたたみます。 上下から中心に合わせて折り目をつけます。 折り目に角の先端が合うように折ってから、裏返します。 軽く開いて、つぶすように折ります。 これを上下とも行います。 内側の角を外側に折ります。 内側に1か所、斜めに2か所折り目をつけます。 中心から指を入れ、角がぴんと立つように折ります。 形を整えたら、完成です。 小物入れにも最適なこちらの箱は、取り出し口が巾着のように閉めることもできるため、お菓子などを入れてお友達にプレゼントするのも可愛くていいですね! 折り紙|八角形ギフトボックスの作り方• 三角に折って、対角線上に折り目をつけます。 4つの角が折り目の中心に合うように折り、折り目をつけます。 裏返し、4つの角それぞれと対面する角に近い先端を合わせて折り、折り目をつけます。 再び裏返し、4つの角をそれぞれ山折りの部分を中心に合わせます。 折り目に沿って上に折り上げてから、中心で下に折り返します。 残りの3か所も同様に折っていきます。 最後に折る部分は、手順5で最初に折った部分の中に入れます。 裏返して、4つの角を三角に折ります。 折り込んだ部分を外し、中に指を入れて引き上げながら箱にしていきます。 折り目に合わせて山折りにしながら底をつくります。 上を閉じたら完成です! 折り紙を使った箱の折り方・作り方中級編の4つ目は、牛乳パック型ギフトボックスです。 この箱は名前の通り、形が牛乳パックそっくりに出来上がるため、ちょっと大きめの小物やアクセサリーなどを入れるにはおすすめの箱です。 ラベルなどを貼って、本物の牛乳パックに見せかけたら、お友達にきっと驚かれることでしょう。 折り紙|牛乳パック型ギフトボックスの作り方• 対角線上に折り目がつくように三角に折ります。 十字に折り目がつくように半分に折ります。 三角に折ってから、1. 5センチ程度の太さで折り返して折り、折り目をつけます。 一度広げてから、十字に折り目がつくように手順3を行います。 中央の折り目に角の先端が合うように4つの角を折ります。 三角に折り、角を裏表で少し上に折り上げて、折り目をつけます。 中心の四角い折り目に先を合わせるように4つの角に折り目をつけます。 4つの角を折り目が三角になるように折ります。 ) 折り紙を使った箱の折り方・作り方上級編の1つ目は、鶴型の箱です。 こちらの折り紙の箱は、折り鶴のような形になっており、ちょっとした小物入れに最適です。 1つだけでも可愛いですし、たくさん作って並べるのもとても可愛いですよ! 鶴型の箱• 半分に折って、十字に折り目をつけます。 対角線上に折り目がつくように三角に折ります。 折り目に沿って折りたたみ、四角い形にします。 中心の折り目に合わせるように角を折り、折り目をつけます。 先ほどつけた折り目に沿って、裏表両方の左右の角をつぶすように折ります。 中心の角の下に入れるように手順5の角を中に折り込みます。 折った横から開き、中心の折り目に合わせて折ります。 上部の角を折って折り目をつけます。 手順5の状態へ戻し、先ほどつけた折り目に合うように折ります。 軽く引っ張って開き、折り目に合わせて底を作ります。 首の部分に斜めに折り目をつけてから、つぶすように折ります。 羽の部分も折り目に合わせて形を整えます。 尾の部分を包み込むように折ります。 角の先を軽く折って頭を作ったら、完成! 折り紙を使った箱の折り方・作り方上級編の2つ目は、小さなお耳が可愛いウサギ型ボックスです。 まさにウサギそのものの可愛さを取り入れたこちらの折り紙の箱は、小物入れやお菓子の入れ物としてぴったりです。 上級編ならではの難しい手順も含まれていますが、腕に自信のある方は是非挑戦してみてくださいね! 折り紙|小さなお耳が可愛い!ウサギ型ボックスの作り方• 半分に折ってから、中心の折り目に合わせて折り、4つ折りの状態にします。 両端の折り目に合わせて橋を折ります。 中央の折り目をつまみ、上部で折ります。 端を合わせるように、半分に折ります。 一度全て開きます。 三角に折り、対角線上に折り目をつけます。 上部から2つ目の折り目に合わせて角が斜め上にくるように、つぶすように折ります。 裏返し、折り目に合わせて広げます。 下部の角を手順8で折った角の先端に合わせて、手順8と同様につぶすように折ります。 顔の部分と後ろの角を軽く折ります。 後ろの部分を広げ、折り目に沿って折りたたみます。 後ろを開き、縁にあたる部分と角を中へ折ります。 顔にあたる部分を軽く折り込み、耳の部分を折り返します。 底の部分を折り、中に指を入れて広げたら、完成です! 折り紙|リボン付きギフトボックスの作り方• リボンにしたい方を上にし、対角線上に折り目がつくように三角に折る。 折り目の中心に合わせて折り、反対方向の角はその折り目に合わせて折り目をつけてからもう一度折ります。 角の先端に合わせるように左右から折り目をつけます。 一度全て開き、折り目に合わせてつぶすように折ります。 角を折り返してから開き、折り目が四角になるようにします。 まわりから折り目に沿って折りたたみ、先を折り返します。 縁を一度折り、広げます。 折り目に先を合わせて折り、リボンの結び目にあたる部分の後ろへ入れます。 リボンがほどけないように開き、縁の部分をつまんでつぶしていきます。 折り目を重ねて山折りの部分を谷折りにしていきます。 角を上に折り上げ、リボンの中央に合うように折ります。 折り目に沿って折りたたみながら形をつくります。 折り目に沿ってハサミで切り取ります。 重ならないように、のりで貼り、形を整えたら完成です!.

次の

【折り紙】箱の簡単な折り方・作り方11選!小物入れ/カゴ/お菓子入れ

ば あ ば の 折り紙 チャンネル

金魚の折り紙の折り方・作り方平面の1つ目は子供でも簡単に折ることができる金魚の折り方です。 簡単でシンプルな平面の金魚ですが、広げるとしっかりと自立するので机の上に飾っても可愛い金魚です。 数字を書いて座席表として使うこともできますよ。 簡単な金魚の折り方は以下の動画で紹介しているので参考にしてください。 簡単な金魚の折り方・作り方• 1折り紙を半分に三角形に折ったら両端を真ん中に向かって折ります。 2両端を折ったらさらに半分に折り、兜を作る折り方で角を作ります。 3兜の折り方とは違って裏は折り込まず、袋の部分を開いたら潰します。 4尻尾になる所に8割程ハサミで切り込みを入れ、リボン型に尻尾を折ったら完成です。 上から見るとぷくっとした感じが分かり可愛らしい金魚で、額縁に入れて飾ってみるのもおすすめです。 本体と尻尾は別の折り紙で作り、2つのパーツを糊付けして作ります。 詳しい折り方は以下の動画をチェックしてみてください。 ぷくっとした金魚の折り方(本体)• 1折り紙を半分に折ったら開き、下側を折り筋に合わせて折ります。 2半分に折ったら左下を1枚めくって斜めに折り、裏返して同じように折ります。 3折った所を開き、右上と左上の角を真ん中の線に合わせて折ります。 4折った部分を外側に向けて折り、裏返したら折り筋に合わせて角を折ります。 5先ほど折った角を開き、上側の角を少し折ったら本体の出来上がりです。 ぷくっとした金魚の折り方(尻尾)• 1本体の折り紙の4分の1の折り紙を使って風船の基本形を折ります。 21つの角の隙間から開いて潰し、真ん中の線がくぼむように折ったら尻尾の完成です。 3本体と尻尾を糊付けしたらぷくっとした金魚の出来上がりです。 金魚の折り紙の折り方・作り方平面の3つ目はヒレのある金魚です。 ふわふわと大きなヒレが特徴的な金魚の折り紙で、平面ですが個性的で存在感ある金魚です。 無地の折り紙はもちろん、和紙や柄のある折り紙で折ると華やかな折り紙の金魚が作れますよ。 ヒレのある金魚の折り方はやや複雑で難易度は高めですが、以下の動画で詳しく折り方を紹介しているので動画を見ながら折ってみてください。 ヒレのある金魚の折り方・作り方• 1折り紙の上下の端を合わせて半分に折り、上から1枚めくって下の端に合わせます。 2裏返して同じように折ったら右側を3分の1で角を折ります。 3左上の角を裏側に合わせて折り、折り筋で斜めに折ります。 4裏側は3分の1で折った折り筋で折り、中心より斜めになるように折ります。 5裏返したら上の幅の半分くらいまで折り、指を入れて出てきた三角を潰します。 6下側も同様に折ったら上側を被せ、縦にしたら1枚めくって三角を作り右上の角まで折ります。 7右下のヒレになる部分の位置を決めて折り、裏返します。 8裏返した左上から1cmくらいくらいの位置で開き、三角の山が少し出るように折ります。 9右下の角が直角になるように折り、左下の角も少し折ったら完成です。 お祭りの金魚すくいで見る可愛い金魚を折り紙で作ることができます。 平面の金魚としても可愛いですし、開けば自立する折り紙金魚になります。 作り方は簡単で、以下の動画で丁寧に解説されているので参考にしてください。 お祭りの金魚の折り方・作り方• 1折り紙を三角に半分に折ったら折り目を付け、開いてひし形に折ります。 2真ん中の線に合わせて両端を折り、裏返したら半分に折りダイヤモンド型にします。 3裏返して端を真ん中に向けて折ったら開き、折り筋に沿って袋を開いて潰します。 4ヒレになる部分を2重になるよう折り、形を整えながら半分に折ります。 5尻尾の部分を折り込み、袋を開いて潰したら出来上がりです。 尻尾のヒラヒラがリアルで、出目金もしっかり表現されています。 折り紙1枚とハサミを使って簡単に作ることができます。 作り方の詳細は以下の動画を参考にしてください。 リアルな出目金の折り方・作り方• 1折り紙を三角に折って折り筋を付け、中心に向かって3つの角を折ります。 3さらに横に半分に折り、折り目を半分ほどハサミで切ります。 4裏返して尻尾を広げ、本体は中心に向けて折ります。 5さらに半分に折ったら尻尾に折り目を付け、ハサミで繋ぎ目を少し切ります。 6本体を折り袋を広げて潰し、尻尾を蛇腹に折ってV字になるように折り込みます。 7顔部分の尖った角を折り込んで、目の部分を広げたら完成です。 風船金魚は立体感があり、糸や紐で吊るして七夕飾りにするのに最適です。 赤や黒、黄色の折り紙などカラフルな風船金魚を作って飾ってみるのがおすすめです。 風船金魚の折り方は途中まで紙風船の折り方と一緒なので、紙風船を折ったことがあれば簡単に折ることができます。 尻尾の部分は糊付けし、最後にストローで息を吹き込んで膨らませるので糊とストローを用意してください。 風船金魚の詳しい作り方は以下の動画を参考にしてみてくださいね。 七夕飾りに金魚の折り紙がおすすめですが、七夕の歴史や由来についてご存知でしょうか。 以下の記事では七夕に食べるべき食べ物や歴史などについてまとめていますので、七夕について知りたいという人はぜひチェックしてみてくださいね。 夏の折り紙としておすすめのうちわですが、金魚と一緒に折って飾れば夏らしさがアップします。 うちわは折り紙1枚で折ることができ、柄のある折り紙で作ってみると華やかになりますよ。 以下の動画の作り方を参考にして作ってみてくださいね。 金魚の折り紙の折り方・作り方をマスターしよう! 夏の飾り付けや七夕飾りにおすすめな金魚の折り紙の折り方・作り方をご紹介しました。 平面の金魚や立体の金魚など、折り紙で色々な金魚を折ることができます。 子供でも簡単に折れる金魚もありますので親子で金魚を折って七夕飾りを作ってみるのもおすすめです。 ぜひ金魚の折り紙の折り方をマスターしてみてくださいね。

次の