ぞくにいうとは。 「続柄」を「ぞくがら」と読むようになったのか?

まちカドまぞくアニメがとってもよかった~!というお話

ぞくにいうとは

続柄(ぞくがら)の意味とは? 続柄(ぞくがら)の意味とは親族・血族と本人との関係を示す言葉 続柄(ぞくがら)の意味とは、親族や血族と本人との関係を示す言葉です。 続柄には父や母、そして子や孫をはじめとする様々な関係性を表す言葉があります。 そして、続柄(ぞくがら)には他にもたくさんの言い回しがあります。 さらに続柄には一緒に住んでいる他人を言い表す言葉まで存在しており、非常に幅広いのです。 ここではそんな続柄について紹介していきますが、続柄で紹介する間柄について想像しながら読むのもまた面白いかもしれません。 下記の関連記事は家族が嫌いな心理を紹介しているおすすめの記事ですが、下記の記事に書かれているような家族を想像しながら読むと、さらにこの記事の興味を膨らませて読むことができるでしょう。 続柄(ぞくがら)は本人から見た場合とその人から見た場合両方に該当する 続柄(ぞくがら)は、本人から見た場合とその人から見た場合両方に該当します。 あなたとの続柄と、相手から見た本人との関係の両方を言い表すことができます。 例えばあなたのお父さんはあなたとの続柄は「父」になりますし、あなたのお父さんから見た自分は「子」になるのです。 このようにその時点で議論されている続柄があなたとの続柄なのか、相手から見た本人との関係なのかによって、書く事項がまったく変わってくるのです。 そのため、間違った関係性を書かないよう、続柄を記載する場合にはその書き方に気を付ける必要があります。 書類の書き方に不備が出ることで、様々な手続きが止まります。 今は続柄(ぞくがら)と読まれているが「つづきがら」が正式な読み方 今は続柄(ぞくがら)と読まれていますが、本来は「つづきがら」が正式な読み方です。 しかしながら、現在「つづきがら」と読むことで相手が首を傾げてしまうことも少なくありません。 そのためあえて「ぞくがら」と読む方が相手に対して親切であることが少なくないのです。 あなたとの続柄に関して相手に伝える場合にも、あるいは相手から見た本人との関係を伝える場合にも、一旦「ぞくがら」と言ってから、それで通じなければ「つづきがら」と言った方がいいでしょう。 「つづきがら」と読まないと注意するような人は、現在では少数派であると言えます。 例えば先ほどの例だと父親から見た「子」がここで言う続柄になります。 一般的に、単に「続柄」と表記されている場合には、世帯主や筆頭主との続柄を記載することになります。 何を記載すべきなのかをここでしっかり押さえておきましょう。 ちなみに「続柄」というものを理解する時に、直系尊属と直系卑属、傍系尊属と傍系卑属、そして姻族と血族というカテゴリを理解しておくと、その呼称の仕方に戸惑うことがなくなります。 尊属とは親や祖父母、卑属とは子や孫を表します。 また傍系はおじやいとこを表し直系は子や親を言い、姻族は結婚相手の親戚を指します。 多くの場合、自分自身の続柄を書く場合には直系の呼称を書く場合が多いのですが、筆頭主が直系ではない場合はその続柄を言い表す言葉をしっかり調べてから相手に伝える必要があります。 ここではそんな続柄の書き方を詳しく説明していきます。 「あなたとの続柄」というのは、あなたから見た関係性を示しています。 そのため、そういった関係性を書類に書く場合には、誰を主体にした続柄なのかを考える必要があります。 「続柄」とあれば、筆頭主から見た自分の続柄を書きますし、「あなたとの続柄」とあれば、自分から見たある人の関係性を書きます。 その意味をしっかり理解しておかないと、本来書類の「父」と書くべき部分に「子」と書いてしまうことになります。 続柄の書き方では誰を主体とした続柄なのかを意識する必要があるのです。 夫婦の場合は男性から見て女性は「妻」ですし、女性から見て男性は「夫」となります。 「旦那」「嫁」といった言い方をする人も多いのですが、これは正式な言い方ではありません。 基本は「夫」「妻」と表記しますので覚えておきましょう。 また「配偶者」という言い方は夫婦の関係性を表す上でフォーマルな場でよく使われる表現ですが、続柄においては「配偶者」という言葉だけだと性別が分からないため、基本的には使いません。 ただし、書類によっては「妻」「夫」ではなく「配偶者」が求められる場合があります。 書類を作る場合は書き方を都度確認しましょう。 事実婚の場合、実際に婚姻関係にある場合と比べて手続きに制限を受ける場合があります。 また、相続に関しても婚姻関係にある場合と比べ、不利になるケースも少なくありません。 しかしながら仕事などの事情をはじめとして、結婚してしまうと不利になるケースもあり、事実婚を選ぶケースもあります。 そのような場合は「未届」と表記します。 事実婚でも婚姻関係と同様の恩恵が受けられる項目もありますし、また明確に他人ではありません。 そのため、「夫(未届)」「妻(未届)」と記載します。 本人との関係を説明する時に「孫」という言葉は一般的に使われる言葉ですが、続柄においては「孫」ではなく「子の子」と表記するので注意が必要です。 また、子供は「子」と表記し、「子供」とは記載しないので注意しましょう。 孫を「子の子」と表記するように、基本的に自分の両親や兄弟や子供、そして配偶者から見た関係性を表記するのが続柄のルールとなります。 姻族においては「義父」「義母」といった形で表現することが多いのですが、続柄の表記に関しては違ったルールとなりますので、この点は注意が必要です。 通常血縁関係や親戚関係を紹介する呼称と、続柄における表記のずれはしっかりここで押さえておくようにしましょう。 兄弟については性別や年上・年下の別が分かるように表記をします。 そのため、「兄弟」「姉妹」といった表記はせずに兄・姉・弟・妹と書くようにします。 また、結婚相手の兄弟は義兄や義姉と呼ばれます。 しかしながら注意したいのが、例えば自分が35歳で結婚相手が30歳、そしてその兄が32歳の場合、結婚相手の兄は自分よりも年下になりますが「義兄」となります。 義理の兄弟姉妹の場合は、兄姉が年下、弟妹が年上になることも往々にしてあり得ます。 このように本人との関係を記載する場合に、通常その言葉が持つ概念とずれる場合もありますので、姻族や遠い親戚など、表記に迷う場合には必ず確認をとってから書類に記載するようにしましょう。 ちなみに「義兄」は「妻(夫)の兄」という表記になります。 他人が一つ屋根の下に住んでいて、それを証明する必要が出てくるケースも考えられます。 例えば友人の子供が一時的に住んでいたり、友人宅に一時的に居候する場合がこれに当たります。 明確に親戚に当たらない場合は「同居人」となるのです。 ただし行政に対して提出書類において、「同居人」と書く場合はその理由を添えたり、同居している証明を取ったりと説明に苦労するシーンが少なくないため、もしも他の表記の方法があるなら、そちらを記載した方が無難です。 例えば遠い血縁関係にあたるなら、それを記載するといいでしょう。 また、何人かで同居している場合で血縁関係がある人がその中にいるなら、その人を世帯主とする方法もあります。 そうすることで、状況によっては「同居人」と書くことがなくなります。 「同居人」という表記は幅広く使える反面、説明が伴うデメリットがありますので、使い方や使うシーンを考えるようにしましょう。 続柄の英語表記は? 続柄の英語表記はrelationship 続柄の英語表記はrelationshipです。 または頭にfamilyを付ける場合もあります。 relationshipは関係を意味する英語表現であり、これが続柄も表すのです。 ちなみに英語圏においても役所の手続きにおいて続柄を使うことがありますので、覚えておくといいでしょう。 ちなみに英語表現についてもこういった機会に気になったものを一つ一つ自分のものにしていくことで、表現の幅が広がっていきます。 下記の関連記事ではマジョリティという言葉について解説されています。 英語で主張する上で大事な表現になりますのでこちらも是非参考にしてください。 続柄を英語で書類に記載する際には英語独特の表記に気を付ける 続柄を英語で書類に記載する際には英語独特の表記に気を付ける必要があります。 例えば「本人」という表記は「me」や「myself」を連想しがちですが、男性なら「himself」で女性なら「herself」という三人称で表記します。 下記リストに住民票や世帯主の英語表記もありますので参考にしてください。 また英語表記において、父は「father」など日本の表記と概念は同じですが、「義母」や「養子」、あるいは他人についてはその都度どのように表記をすればいいのか確認をとるようにしましょう。 詳細に記載する必要のない場合もありますので、ケースバイケースと認識しておきましょう。 英語独特の表記• ・本人は「me」ではなく「himself」「herself」• ・Certificate of residence(住民票の英語表記)• ・Householder(世帯主) 続柄について理解を深めよう! 続柄についての理解を深め、このカテゴリを他の人に対して完璧に説明できる域まで到達することで、周囲からは非常に教養がある人だと認識されることでしょう。 また、役所等の手続きおいても、煩雑だと感じる要素が一つ排除されることとなります。 それは人生において決して小さくはないことです。 ここで紹介した続柄についての知識が生かせる場面を積極的に見つけて使っていくことを心がけていきましょう。 そうすることで、ここで得た続柄の知識が生きた知識になります。 この知識があなたの生活に大きく役立つ機会があればうれしいです!.

次の

「委嘱」=「いぞく」と読んだらNG!ビジネスシーンで読み間違えやすい漢字4つ

ぞくにいうとは

家族の関係を表す「続柄」という言葉を、私はずっと「つづきがら」と読んできました。 ずいぶん前に会社でこれを「ぞくがら」と読んでいる人がいたので、それは間違った読み方だと教えてあげました。 その際、念のため国語辞典を調べましたが、「ぞくがら」という言葉は載っていませんでした。 先ほど放送された「IQサプリ」でこの「続柄」という言葉が出てきたのですが、放送では「ぞくがら」と読んでいました。 言葉は変化していくものだとしても、「ぞくがら」という読みが辞書にまで載っているとは知りませんでした。 いったいいつから「ぞくがら」という読み方がされるようになったのか、ご存知の方は教えてください。 文化庁編『言葉に関する問答集』(昭和56年;問答集7-問22)に、 問:「続柄」は「ゾクがら」か「つづきがら」か という項目があります。 辞書上の変遷に関する記述を要約すると… ・明治中期~後期の辞書 「続柄」のことば自体が見あたらない。 ・昭和初期~戦前の辞書 「つづきがら」の見出し語はあるが「ゾクがら」はない。 ・昭和30年代後半以降の辞書 小型辞典でも「ぞくがら」を参照見出し(空見出し)で採録するものが多い。 ただし、「〈つづきがら〉の誤り」「俗な言い方」としているものもある。 手もとの辞書では… 『新明解国語辞典』は、昭和47年の初版から平成17年の第6版まで一貫して「つづきがら【続 き 柄】」しか載せていません。 『広辞苑』は、第2版が「つず づ きがら【続柄】」のみで「ぞくがら」なし。 第5版では「つづきがら【続柄】」が主見出しで「ぞくがら」は空見出し。 『岩波国語辞典 第6版』も「ぞくがら」が空見出し。 昭和48年内閣告示第2号『送り仮名の付け方』の通則6にしたがえば「続き柄」が正しいと言えます。 一方、役所の内部用語として送り仮名を省いた「続柄 つづきがら 」があって、それが誤読されたものとする見解もあるようです。 いずれにしても、通則7の「特定の領域で慣用が固定していると認められるもの」「一般に慣用が固定していると認められるもの」の一歩手前にあるのかもしれません。 なお、戸籍法その他の法令では「続き柄」という表記は見あたりません。 「続柄」のほうは多数ありますが、読み方はあくまで「つづきがら」ではないかと思います。 ちなみに、婚姻届・離婚届・出生届などの用紙の続柄欄は、いずれも「続き柄」と明記されています。 どうもピタッとした回答が得られませんね。 私は既に50歳を超えていますが、子どもの頃から「ぞくがら」と言っていました。 東京生まれの東京育ちですが、たぶん学校でそう習ったのだと思います(?) また、区役所(出張所)の住民票などの申請書にも「ぞくがら」とかながふってあったのを覚えています。 家族(父母や姉兄など)も世間一般もテレビもほとんどがそう言っていました。 もし、「つづきがら」と言われたら違和感を覚えるので、すぐに気が付いたはずですから。 で、15~20年ぐらい前からテレビなどで「つづきがら」という読み方を耳にするようになって、最初はひどく違和感を覚えました。 そのうち「ああ、行政などで読み方を変えたんだな。 確かに「つづきがら」のほうが言われた方も意味がわかりやすいだろうな」と思って、納得するようにしてました。 サッカーの強い高校で「市立船橋」というのをご存知でしょうか?これは船橋市立の学校ですから、「しりつふなばし」と読むのが正しいはずですが、一般的には「いちりつふなばし」と読んでますよね。 高校野球などでもそうですが、「私立」と間違われないように、という配慮ですよね。 ですから、「私立」を「わたくしりつ」なんて読み方をしたりもします。 それと同じように、耳から聞いて判りやすいように、という配慮から「つづきがら」と読んでいるのだと思っていました。 ですから、年齢的な違いのせいでしょうが、marupunさんとは逆に、私の中では「ぞくがら」を「つづきがら」という読み方に変えた、という印象が強くあります。 できれば、国語学の専門家の人のご意見を聞きたいものですね。 続柄という言葉は日常会話よりも、公的な感じ(役所的?)な言葉だと思うので、古い公文書みたいなものの中に、読み方が記載されているような気がするのですが・・・。 ちなみに、22年前の漢和辞典を見たところ「続き柄」(つづきがら)というように、送り仮名(き)をつけるようにして、読み方が書いてありました。 ありがとうございました。 「市立」と「私立」のほかにも、「試案」と「私案」などという同音異義語があり、ラジオのニュースなどではどちらも「しあん」なので区別するために、「しあん、こころみのあん」「しあん、わたくしのあん」というように補足するケースが多いようです。 またこれは法律用語ですが、「科料」「過料」という同音異義語があり、それぞれ「とがりょう」「あやまちりょう」と呼ばれているそうです。 「続柄」のケースはやはり最初に「つづきがら」という読み方があったはずなので、上記のケースとは逆だろうと推測しています。 しかし、みなさんの回答によると、かなり多くの人がかなり以前から「ぞくがら」と読んでいたことがわかります。 そこまで多数派になってしまうと、辞書に載るのも時間の問題だったということでしょうか・・・ そもそも「続柄」にも二通りの意味があるようです。 続柄(つづきがら)…親族としての関係。 続柄(つづけがら)…ことばなどの続け方。 続けよう。 ちなみに「続柄」を「ぞくがら」と読むことについては、 続柄 ぞくがら …続柄 つづきがら の俗な言い方。 小学館「国語大辞典」 続柄 ぞくがら …「つづきがら」の間違った読み方。 東京堂出版「日本俗語大辞典」 戦後、複合の語にも、その読み間違いがない場合を除いては、送り仮名をつけるようになったのに対し、公文書など書式が旧態そのままだったため、混乱が生じ易かったのかも知れません。 「送り仮名の付け方 通則6」 現在ではそれらの書面でも「続き柄」と送り仮名されるので、その場合はもはや「ぞくがら」という言い方はできないようになっています。 「出生届見本」 A ベストアンサー 辞書で調べられたように、正しくは「つづきがら」で、「ぞくがら」は俗な読み方です。 あなたは間違っていないのです。 同僚が無知なだけです。 会社などの小世界では、誰かが間違った使い方をすると、他のよくわかってなかった人たちもそれが正しいんだと思いこんでしまい、みんなが間違った使い方をするということが起こりえます。 あなたの会社もそうなのでしょう。 ただ、上司は「つづきがら」と言われているのであれば、少し不思議な気もしますが、多分世代の断裂で、上司のいうことをよく聞かないというだけかもしれません。 俗な言い方ですが、辞書に取り入れられる程に、間違いだが、そう読む人が多いということなのでしょうが、あくまで「つづきがら」が正当であり自信を持って使ってください。 漢字の音読み・訓読みということであれば「ぞくへい」「つづきがら」であり、「ぞくがら」は重箱読みですので、なくはありませんが例外的な読み方なのですから。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが… 「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。 ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。 だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。 (市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です) 「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。 江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名のことも、「字名」や「町名」ということが多いようです。 ちなみに、「緑ヶ丘一丁目」という地名であれば、「~~丁目」まで含んでひとつの町名ということになります。 「大字」についてですが、 明治時代になり、廃藩置県に市町村制と、新しい国づくりをするときに、いくつかの町村が合体して、もう一回り規模の大きい町村になるということが全国的に起こりました。 そのときに、もともとの村(町)名が消えてしまうのを防ぐためでしょうか。 もともとの村名は「大字名」になりました。 たとえば、「いろは村」と「ほへと村」が合体して、「ちりぬる町」になったときに、「ちりぬる町大字いろは~~」や「ちりぬる町大字ほへと~~」が生まれたわけです。 これは、明治政府が出した命令文書が残っているので来歴がはっきりしています。 つまり、もともと「字」という言葉があって、明治時代になって、それより大きな範囲の「大字」というものが作られたということです。 ちなみに、「大字いろは」の場合は、「大字~~」の部分まで含んでひとつの地名ということになります。 実際上の表記として、「大字」の部分を省いて表記することが広く行われていますが、登記簿謄本など地名を正式に書いてある文書を確認すると、「大字」がついていることが多いと思います。 「字」もついていることがありますが、これは、明治からの長い歴史の中で市町村合併や区画整理、住居表示などいろいろな理由で、地名変更が起こり消えてしまっている可能性が大きいです。 「大字」についても、同様の理由で、まったく違う地名になっていることが増えています。 新しく地名を作ったときには、「字」やら「大字」やらをつけるという決まりはないので、普通はつけません。 質問とは関係ありませんが、「~~丁目」というのも、非常によく使われる地名ですが、「丁目」というのも何ら定義づけのあるものではなく、単に全国的によく使われている表現ということになります。 ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。 だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。 (市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です) 「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。 江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名... A ベストアンサー 正確には、年金保険料の納付義務が60歳で終わるのは国民年金だけです。 厚生年金保険の年金保険料は70歳迄納付義務があり、60歳超で加入しながら受給する場合在職老齢厚生年金として併給調整を受けます。 健康保険については生涯何等かの保険制度に加入し、その保険料を負担します。 通常、退職した場合国民健康保険に加入します 退職から2年間を限度に職域の健康保険に任意加入出来る制度もあり、退職金等で国保保険料が跳ね上がる危険に備える事が出来ます。 また75歳になると後期高齢者医療制度に全員加入します 引き続き継続して就労していても強制移籍。 但し傷病手当金の規定が無いので75歳以上継続雇用の場合注意が必要です。

次の

パズラー向けきらら入門

ぞくにいうとは

親族には血族と姻族という種別がありますが,そのうちの血族にはさらに「尊属(そんぞく)」「卑属(ひぞく)」という種別があります。 ここでは,この 尊属(そんぞく)・卑属(ひぞく)とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。 (著者:弁護士 ) 血族の区別 には,という区別があります。 血族とは,血のつながりのある親族のことをいい,姻族とは,一方の配偶者と他方の配偶者の血族との関係のことをいいます。 この血族には,さらに「尊属(そんぞく)」と「卑属(ひぞく)」という区別の仕方があります。 この尊属と卑属という区別は,の場面においても,誰がとなるのか,代襲相続人となるのかという点で重要となってきます。 要するに,先祖に当たる人のことです。 具体的にいえば,父母,おじおば,祖父母,曾祖父母などが尊属に当たります。 この尊属のうちで,直系の尊属(直系尊属)は,第2順位の法定相続人となります。 直系とは,一方が他方の子孫に当たる関係のことをいいます。 したがって,直系尊属とは,父母,祖父母,曾祖父母などということになります。 ちなみに,直系に対して傍系というものもあります。 傍系とは,共通の始祖から枝分かれした関係のことをいいます。 例えば,おじおばや祖父母の兄弟姉妹などが傍系血族に当たります。 卑属(ひぞく)とは 卑属とは,自分よりも後の世代に属する血族のことをいいます。 要するに,子孫に当たる人のことです。 具体的にいえば,子,甥姪,孫,曾孫などが卑属に当たります。 この卑属のうち,子は第1順位の法定相続人です。 また,孫は代襲相続人になる場合があります。 遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!.

次の