好き なのに 別れ たい。 彼女が好きだけど別れる男性心理は?男性が別れる理由16つと対処方法7つ

お互い好きだけど別れる!つらいけど克服して前に進む方法とは

好き なのに 別れ たい

女性は彼氏に対して「結婚相手として相応しいかどうか」を、男性が思う以上にシビアに考えています。 恋人としては申し分ないし、今も大好きだけど、結婚相手として見た時に、自分が考える理想から著しく逸脱している場合、「好きだけど別れる」という選択をすることがあるのです。 以下のような条件は、彼女に結婚を躊躇させ、好きだけど最終的に別れると決断をされやすいものです。 ・定職についていない ・収入が不安定、もしくは平均よりかなり低い ・転勤がある ・長男、もしくは一人っ子 ・彼氏の親が過干渉 女性はある程度の年齢を過ぎると、結婚を真剣に考えるようになります。 男性とは違い、妊娠出産に期限がある女性は、自分の結婚願望をかなえるために、好きな彼氏を切り捨てる潔さを持っているのです。 喧嘩するほど仲が良いと言いますが、やはり喧嘩は大きなストレスです。 普段は大好きで、仲が良い時は本当にラブラブだけど、お互い血気盛んで衝突が多く、喧嘩を繰り返していると、彼女は徐々に疲弊してしまいます。 喧嘩の度に大きく心は傷つき、辛い気持ちが積み重なって、彼氏が好きだという気持ちに負けてしまうのです。 不思議なもので、恋愛感情の強さと性格の相性は比例しません。 お互いどんなに異性として魅力を感じていても、付き合うと上手くいかないカップルが存在します。 相性とは根本的な問題で、努力で解決できないケースもありますが、彼女が「頑張っても喧嘩を減らして穏やかな恋人になるのは無理」と悟ってしまうと、好きでも別れを決断してしまうのです。 彼氏のことは好きだけど、とにかく浮気癖が酷く、ついに耐えられなくなって別れを決断する女性もいます。 男性としては、「今まで許してくれていたのになぜ?」と思うかもしれませんが、1度や2度の浮気なら許せても、それ以上になると心が折れてしまうことがあるのです。 最初の頃は彼氏に浮気癖があっても、「最後は私のところに帰ってくる」と信じたい気持ちがあります。 また、浮気をする男性は、女性から見れば「人気が高い=価値が高い男性」とも捉えられるので、自分が浮気相手ではなく本命の彼女だということに、少なからず優越感を持つのが女性心理です。 しかし、信頼は裏切られ続ければいつかは消失し、優越感が辛い気持ちに負ける日が訪れます。 その時が、彼女が彼氏に別れを告げる時なのです。 これといって彼氏の方に原因がなくても、根拠なく「こんな私と付き合って、彼氏は楽しいのだろうか」と不安に襲われる女性がいます。 そのようなタイプは非常に自己肯定感が低く、ネガティブ思考です。 彼氏から愛情表現をされていても、自己肯定感が低いため、それが「愛されている」という自信にはつながりません。 そのため、常に漠然とした不安を抱えながらの恋愛になります。 そのため、普通のカップルなら些細な喧嘩で留まる場合でも、自己肯定感が低い女性の場合は、致命傷となります。 彼氏からちょっとキツい言葉を投げかけられたり、しばらく会えない日が続いたりしただけで、「きっと嫌われているんだ。 私と別れたいと思っているんだ」と考えてしまうのです。 そして、「相手から別れを切り出されるくらいなら、自分から身を引こう」と、好きだけど別れる決断をしてしまいます。 「彼氏に愛されていないかも…」という不安は、女性にとって好きだけど別れる大きな理由になりますが、逆に彼氏からの愛情が重すぎる場合も、好きだけど別れを決断する原因となり得ます。 彼氏が超束縛魔で、彼女がどんなに努力しても心から信頼してくれず、更に束縛を強いるというケースです。 ちょっぴりの束縛は恋人関係を盛り上げるエッセンスとなりますが、激し過ぎる束縛は、相手の精神も体力も疲弊させてしまいます。 女性としては、彼氏の為に最大限頑張っているにもかかわらず、それを評価してもらえず束縛が酷くなる一方というのは、彼女にとって辛い状況です。 だから、辛い気持ちが大きくなって、「好きだけど別れたい」という女性心理が働くのは仕方のないことです。 恋人同士にとって、お互いの愛情のバランスはとても大切です。 どちらかが一方的に強い気持ちを抱くと、どんなに好きでもうまくいかなくなってしまいます。 しかし、愛情のバランスが良くて、彼女に好きだという気持ちがあっても、別れを決断することがあります。 それは、あまりに大きな価値観の差を感じてしまった時です。 恋人とはいえ違う人間なのですから、全ての価値観がバッチリ合うということはまずありません。 だけど、お互い譲歩し合って、小さな価値観の差を埋めていくことで、2人の関係は上手くいきます。 しかし、たった1つでも、受け入れ難い大きな価値観の差を彼氏に感じてしまうと、悩みに悩んだ末、別れを決断することがあるのです。 彼氏のことが好きで、良く理解しているからこそ、この価値観の差は埋まらないと確信を持ってしまった時、女性は好きでも別れようと思うのです。 日本人が離婚する理由で最も多いのが性格の不一致ですが、実はこの中には性の不一致も含まれているということをご存知でしょうか。 友達とは違い、恋人とは体の関係がありますが、恋愛のポテンシャルを高めるためにとても重要な事ですよね。 だから、性格はバッチリ合っているし、一緒にいるとすごく楽しいけれど、どうしても体の相性が悪くて、どうにもならないと感じた時、女性は身を切る思いで別れを決断することがあります。 しかし、女性からこの理由を男性に告げることは、まずありません。 彼氏の人間性は大好きで、異性としての魅力も感じていて、ネックなのは体の相性だけの場合、「別れの理由を正直に伝えて、彼氏のプライドを傷付けたくない」という女性心理が働くからです。 学生時代は、卒業と共に別れを切り出す女性が少なくありません。 これは、環境が変わって恋人と一緒にいる時間が減ってしまうのが、辛くて耐えられないからです。 このように、女性の中には、「常に一緒にいられる恋愛しかできない」というタイプが存在し、しかも少数派ではなく多数派です。 だから、彼氏の進学や仕事の都合で遠距離恋愛になる場合、それを機に別れを切り出されることがあります。 「本当に好きなら距離なんか関係ない」と思う男性もいるでしょうが、彼女にとっては「会いたい時に会える」というのが、恋愛の最低条件なのでしょう。 好きだという気持ちがあるのに、遠距離恋愛になるという理由だけで、バッサリと彼氏を切り捨てることができるのは、女性心理ならではです。 もちろん、全ての女性が遠距離恋愛になる前に別れを決断するわけではありません。 「本当に好きだから、遠距離でも大丈夫」そう思って、彼氏との遠距離恋愛を受け入れる女性もいます。 しかし、何事もやってみなければわからないことってありますよね。 彼女は「遠距離恋愛でも自分は大丈夫」と思って彼氏との交際を決意したのに、いざ遠距離恋愛が始まると、どうしても寂しい気持ちが膨らんで辛い状況になってしまうことがあります。 そして、彼氏のことが好きだからこそ、会えない辛さに耐えられず、別れを決断してしまいます。 距離は不可抗力ですから、彼氏が努力して彼女に会いに行くにも限界がありますよね。 恋愛感情と接触回数は深い関係にありますから、どんなにお互いが努力しても、距離に心が負けてしまうことがあるのです。 これは、努力不足ではなく、彼女に、もしくは両方に遠距離恋愛耐性がなかっただけで、誰が悪いというわけではありません。 会えないのが寂しいというのは、遠距離恋愛カップルに限った話ではありません。 お互いの休みが合わなかったり、仕事が忙しくて時間がとれなかったりすると、近距離でも会う回数が少なくなってしまいます。 「いつでも会える」という環境下だからこそ、忙しさを優先して、恋人に会うのを後回しにしてしまうというのは、割と良くあることです。 しかし、大好きな彼氏とは会いたいというのが女性心理です。 会えない理由は頭で理解していても、心が受け付けない場合もあります。 好きだからこそ、会いたいのに会えないのが辛いのです。 客観的に自分を見るのが上手な女性は、「彼氏のことは好きだけど、自分は今の状況に耐えられない」と、冷静に自己分析します。 そして、好きだけど会えない彼氏とは別れるしかないと、心に決めるのです。 彼女が「好きだけど」という表現をした場合、まだあなたには望みがあります。 女性は別れを固く決断している時、彼氏に向かって「好きだけど」とは言いません。 ただ「別れたい」という意思を伝えるのみです。 そうではなく、「好きだけど」という前置きをするのは、あなたに気付いて欲しいことがあるからです。 だから、彼女と別れたくないなら、別れ話をされた時はとにかく彼女の話を聞くようにしましょう。 ・なぜ別れたいのか ・自分にどんな問題があったのか ・どんな時彼女は辛いと感じていたのか ・別れずにやり直す可能性はないのか 決して彼女を責め立てず、そして焦らずじっくりと彼女の話を聞き出していきましょう。 彼女の言葉の中に、別れずに関係をやり直すためのヒントがたくさん隠されているはずです。 彼女の話を良く聞いたら、自分に非がないかをじっくり考えましょう。 彼女から具体的な不満や不安の言葉があったら、否定せずに真摯に受け止めることが大切です。 女性がまだ好きなのに彼氏と別れようとする理由は色々ありますが、別れ話の時、彼女の方から具体的な字問題点を教えてくれることがあります。 これはとてもラッキーです。 別れ話であなたに何が問題なのかを明確に伝えるということは、まだあなたに期待しているという女性心理があるのです。 例えば、「好きだから結婚したいけど、お互いの収入を考えると現実的ではない」という別れの理由ならば、定職を探したり、今より収入が多く安定した仕事に転職したりすれば、彼女との関係を続けられるかもしれません。 「好きだけど、遠距離恋愛が辛い」と彼女から言われたら、結婚を見越した付き合い方に変えようと提案することで、別れを回避できる可能性もあります。 「あなたが忙し過ぎて会えないのが辛い」と言うなら、今以上に努力して、彼女優先の生活に変えることで、彼女は別れを撤回してくれるかもしれません。 「好きだけど別れたい」という言葉の裏には、「好きだけど〇〇が問題だから別れたい」という意味が隠されており、如いては「〇〇が解決できれば別れたくない」という女性心理が働いているケースも少なくありません。 だから、自分への問題点を直視し、それを解決する姿勢を見せることが重要なのです。 彼女からの別れ話はとてもショックですよね。 また、男のプライドもありますし、追いすがって断られた時のショックを考えると、「別れたくない」とストレートに伝えることに躊躇するかもしれません。 しかし、彼女が「好きだけど別れたい」と言った時に、その答えを曖昧にしてはいけません。 「君に任せる」「僕はまだ好きだけど仕方ない」など、彼女に別れるかどうかの決断を委ねるのはもっての外です。 「好きだけど別れたい」と言うのは、彼氏から引き留められたいという女性心理の表れなのです。 含みのある表現で別れ話を伝えて引き留められることで、彼氏からの愛情を再確認し、且つ彼氏の行いを反省するきっかけを作り、自分が理想とする形に再構築したいのです。 だから、「別れたくない」と誠意を持ってハッキリと伝えるのは、あなたがやるべき最低限の対処法なのです。 自分の非を見つめ、ハッキリと「別れたくない」という意思を彼女に伝えた後にあなたがやるべきことは、愛情を行動で示すことです。 別れ話の時は、今後自分の行いをどのように変えていくのかを具体的に提案して伝えます。 この時、彼女の話を良く聞いて、的外れにならないように注意することが大切です。 また、別れ話を切り出している彼女に向って「自分はどうすれば良い?」と聞くのは得策ではありません。 あなた自ら問題点に気付いて欲しいという女性心理があるため、彼女のためを思っての言葉でも、「この期に及んでまだ自分で考えないのか」「まだ私に頼るのか」と、彼女を怒らせてしまう可能性があります。 彼女のことを考え、自ら行動を改めようとし、それを言葉と行動で示さなければ、「別れたい」という気持ちを変えることはできないと思ってください。 1回の別れ話では決着がつかないこともあります。 あなたが心と手を尽くしても、彼女の「別れたい」という気持ちは変えることができないかもしれません。 その場合は、何とかして「今すぐ別れる」ということだけは勘弁してもらうよう説得し、時間を置いてもう一度話し合う時間を作ってもらいましょう。 この要求に彼女が応えてくれるなら、別れずに済む可能性が高まります。 自分から別れ話を切り出しつつも、彼女にはあなたと別れることにまだ躊躇があるのです。 1週間程時間を置いて、再び彼女と話し合うまでに、今回の別れ話の内容を整理してください。 なぜ彼女は好きなのに別れたいのかを明確にし、あなたの中にある問題点をどうすればクリアにできるのかを考えてください。 そして、できれば次回の話し合いまでに、「本気で別れたくない。 そのために努力は惜しまない」ということが彼女に伝わるように準備しておきましょう。 「好きだけど別れたい」というのは、言われた側にとっては、矛盾していて理解しがたい言葉ですよね。 「自分も彼女のことが好きだ。 彼女もまだ自分のことが好きだ。 それなら別れ以外の解決策を見つければいいじゃないか」と思うのが、理論的な男性の思考です。 しかし、女性は男性とは違い、理論ではなく感情で言葉を発します。 「好きだけど別れたい」という話を切り出すまでには、彼女の中に長いストーリーがあるのです。 好きだけど別れたいという彼女の気持ちを変えたいなら、このストーリーを理解することが必須となります。 彼女の話を良く聞き、別れ話のことだけではなく、今までの交際期間を振り返って、あなた自ら問題点を探す努力をしましょう。 女性は感情で動きますが、評価を下す時は冷酷です。 あなたの努力が彼女の合格点に達した時に、別れを撤回してもらえる可能性が出てくるのです。

次の

「好きだけど別れる」カップルの理由13個を一挙ご紹介!【復縁しやすい別れ方もあった!】

好き なのに 別れ たい

彼女と別れたいと思っていても、時に、彼女と別れることは「 付き合うよりも難しい」ことがあります。 別れたとしても、「 次の相手が見つからなかったら…」「 別れ話を切り出しても泣かれたら面倒くさい…」「 今の関係で問題はないけどなんか飽きた…」 理由はそれぞれあるでしょうけど、現在の気持ちのまま関係性を続けていても生産性がありませんので、今回は彼女と別れたい男性が使える、彼女を傷つけずに円満に別れる方法をお伝えいたします。 もし「彼女と別れたい」という気持ちが強くて、「具体的に行動したい」「誰かに相談したい」場合は下記のサイトがおすすめです。 掲示板形式での無料相談や恋愛専門家への有料相談を行うことができます。 彼女と別れたい男性がよく考えていること 彼女と別れたい男性に彼女と別れることについて海外のファッション誌「GLAMOUR」が彼女と別れたい男性の心理を調査したところ、以下のような結果が出てきました。 【関連記事】 彼女と別れたいと思っていてもそのままで良い 彼女に気持ちはまったく無くても、惰性で付き合いを続けてしまうことが男性にはよくあります。 この質問では、 「自分から別れを切り出せなかった人」が62%。 つまり、今付き合っている状態でも、実は別れたいと考えている男性がそのくらいはいるということになります。 女性はこんな男性と交際を続けていても、結婚の可能性もないのに無駄な時間ばかりを過ごすことになりそうです。 そして、 まだ立ち直っていないという人が25%でしたが、近年では男性も破局から立ち直るのが早いようです。 その一方で別れたら立ち直るまでにパワーがいつからしんどいという男性も多く、男は面倒な生き物だという一つの回答が得られました。 男性共通?|別れたいと思う女性の特徴 他の男性の話が多い 「嫉妬してほしい」、「もっと気にかけてほしい」といった女性の策略がある場合も考えられますが、男性の立場からすると本当にただただ不快なだけです。 嫉妬よりも先にデリカシーのなさに幻滅してしまうようです。 怒っている原因がわからない 些細なことですぐ怒る、何が気に入らなかったのかわからないことが度重なるとストレスも溜まっていきます。 特に女性が急に怒り出す姿は、男性によってはトラウマものと言えます。 また、怒っている理由をはっきり言わない女性に対しては改善のしようがないため、どう扱って良いか分からなくなる男性は多いようです。 そこに「どうして分からないのか」と追撃をかけてくると彼女と別れたいという気持ちが高まるでしょう。 他人の考え方を受け入れない視野の狭さ これは女性に多く見られる特徴の一つと言えます。 「私はこう思う。 だからそれが絶対正しい」そう思い込んでいるパターン。 「それは絶対におかしい」と思い込んだら他人の考えを認めない姿勢は、男性からすると面倒くさいの一言です。 男性は価値観の違いを認めている上で付き合う人が多いですが、女性の場合は共感者を求める傾向が強いため、自分に同意してくれないと不機嫌になったりします。 会話の途中に発言を被せてくる キャッチボールができないのは女性に限らず、男性全般でも良い傾向ではありませんが、自分がしゃべっている時に 「でも!」「それって!」「いや!」などで話の腰を折られるのを男性は嫌いなことが多いです。 どうして人が話し終わるまで待てないのかと、嫌な気分になり、頻度が多いとさらに別れを決意します。 話を聞いていないのがあからさますぎる たとえば、男性は歯磨きとSNSをしながらテレビを見るなど、3つ以上のことを同時にするのは難しい脳の構造をしていますが、女性は比較的簡単にできます。 その器用さをもってしても、興味が薄れると途端に人の話を聞かなくなります。 話していても、突然よそ見をしだす経験はありませんでしたか?男性は「付き合い」という社会経験を得て、彼女であっても失礼なことをしないような姿勢を最低限は取ろうとしますが、女性はなかなかやってくれません。 他には…• 私生活への干渉が大きい• 喧嘩しても謝らない• 自分が悪くてもまず最初に言い訳をする• 謝っても本気じゃないのがバレバレ• 金遣いが荒い• 浮気ぐせが治らない などがあります。 最短で解決するために、離婚トラブルの解決が得意なお近くの弁護士にまずはしてみませんか? 彼女と別れたい男性がやりがちな女性を傷つけてしまうサインと言い方 仕事が忙しいから連絡できない そんな訳ありません。 これは誰だって分かることです。 24時間仕事をしている人なんていませんので、仕事帰りの電車の中でLINEなどの連絡一本ぐらい入れるのはどんなに忙しい人間だって可能です。 いきなり連絡が減る 一旦心が離れてしまうと彼女からの電話には出ませんし、折り返しもしません。 そもそも話したくないので、連絡が少なくなるのは当然ですが、大人ならきちんと話し合う場を儲けるのは当然ではないしょうか? 他の女の話をする 気持ちがないことを遠回しに伝えようと、他の女性の話をしだすのはNGです。 これが一番傷を残す別れ方です。 嫌いになって別れる場合でも相手に禍根を残して去るようなやり方をする、男性としてダサい行為は避けましょう。 元カノとの比較をする 「元カノを超えられなかった」など、元カノを引き合いに出して不満を並べてもいいこと何一つありません。 誰かと比較するのではなく「気持ちが冷めた」などと、その人との関係における課題に触れたほうがまだよさそうです。 別れても友達に戻ろうという都合のいい提案 元の関係に戻ろうと申し出るのも、「虫がよすぎる」と思われてしまうでしょう。 「彼女」から「友達」に戻れるほど人間の気持ちは単純ではありません。 最初から好きじゃなかった あなたがいわれたらどうでしょう?本音はともかく、「愛情がなかった」とまでぶちまけられるのはたとえ気持ちがもうなくても心に刺さります。 せめて「君と同じぐらいの好きな気持ちをもつのは難くなった」と伝えるのが礼儀だと言えるでしょう デキる男性が実践する彼女と別れる上手な方法 デキる男というのは、極力後腐れのないようにスマートに彼女と別れる方法を知っています。 時には嘘を付き、彼女を困らせまいと別れを切り出すこともあります。 どのような別れ方があるのでしょうか。 連絡の頻度は徐々に減らしていく まず、一番自然に彼女と別れる方法として「自然消滅」があります。 デキる男は「別れたい」という気持ちを悟られず、徐々に彼女と距離を置いていきます。 例えば、「今まで毎回彼女と予定を合わせていたものを、2回に1回合わないようにする」「SNSなどで仕事が忙しいなどのそぶりを見せる」などの手法が考えられます。 即効性はあまりないですが、3カ月程度経って、彼女も「 すれ違いが多いな」と思い始めたころに別れを切り出すのことでお互い自然に分かれることもできるかもしれません。 自分が悪者になる たとえ原因が女性にあったとしても、それはわざわざいうことではないでしょう。 ポイントは彼女の魅力が上がったために、自分が釣り合わないと感じていることを伝えることです。 自分で満足して欲しくない、自分じゃ隣は歩けないと思ってくれれば、心象は悪くないでしょう。 たとえ男のエゴでも、そのままの意味で捉えてくれればそれで良いし、たとえ真意を知ってもそれを察せないほど鈍くはないでしょう。 別れるしかない状況を作る 世の中には「嘘も方便」という言葉があります。 まだ付き合いの浅いうちは疑いの素性をまだ知れていないのですから、上手に嘘をつくことによって簡単に相手を丸め込むことができるのです。 「海外出張の予定がある」「借金を抱えた」など、すぐにバレて、よくありがちなパターンはNGです。 「 実は同性愛者だった、女性は好きになれるかと思ったけどだきなかった」など、多少大げさなものの方が意外に信じたりします。 次の相手の布石を用意する 少しわかりづらいかもしれませんので補足しておきます。 二人で喫茶店やバーなどに出かける機会が少なからずあると思います。 その際、店員や店長に協力を仰ぎ、彼女を口説いてもらう方法です。 これで友達を連れて行ったり、ひとりで行くようになれば成功です。 だんだんと頻度を増やし、そこの店員たちといい感じになってくれれば、後腐れもなく、もしかしたら向こうから別れを持ち出してくれる可能性もあります。 彼女と別れたいのに別れることができない時 ただの恋人同士でそこまで関係が拗れることはないとは思いますが、もし、彼女と別れたいのに別れるのことができない場合、方法は二つあります。 1:突然いなくなる 連絡を徐々に減らすのではなく、突然蒸発する方法です。 家に押しかけることも予想される為、その際は鍵を変えましょう。 そして携帯への連絡を一切無視して姿を消すという手段が考えられます。 その際、周囲の友達の協力を仰いでおくと良いでしょう。 即実行できる有効な方法ですが、それなりの覚悟が必要になるので、この方法をとる前に、徐々にフェードアウトしていくことをおすすめします。 2:専門家を通して法的に別れる まず探偵社などに依頼をして彼女と別れるに価するを集めてみましょう。 この手段の選択を検討されている場合は、相当の状況だと思いますので、すぐに証拠は集まると思います。 それを元に調停を申し立て、審判により接触禁止の判決をもらえれば、彼女がその法を破って会いにきた場合は罰則に処すこともできます。 裁判を起こす場合は民事調停を選択すると良いでしょう。 民事調停の起こし方はに記載してあります。 費用もほとんどかからず、自分で行うこともできますので、参考にしてみてください。

次の

「好きだけど別れる」カップルの理由13個を一挙ご紹介!【復縁しやすい別れ方もあった!】

好き なのに 別れ たい

記事の目次• 好きだけど別れたいと思うときの状況 恋人のことが好きだけれども別れたいと思うことがあります。 それはどのような状況なのでしょうか。 具体的な状況について教えましょう。 どちらかが既婚者 二人のどちらかが既婚者である、つまり浮気や不倫をしている関係というケースがあります。 このような関係を続けていたとしても、二人が幸せになる保証はありません。 むしろ両方共に不幸になってしまう未来が待っているかもしれないのです。 そのため、別れたいと思うのです。 別れてしまうことによって、既婚者の家庭が崩壊することは避けられます。 離婚してしまったり、慰謝料を請求されてしまうようなことも避けられるでしょう。 転勤や留学などで遠距離恋愛になってしまった 恋人がこれから転勤をしたり、留学してしまうという可能性があります。 この場合は遠距離恋愛となってしまうでしょう。 遠距離恋愛というのはなかなか上手くいかないものです。 基本的に電話やアプリを用いてコミュニケーションをとることになるからです。 実際に会うことができないため、どちらかが浮気をしてしまう可能性もあるでしょう。 相手がそばにいないためについ寂しくて他の異性に手を出してしまうこともあるのです。 お互いが不安を抱えてしまうでしょう。 だからこそ別れるのです。 同じ大学から違う会社へ就職などの環境の変化 同じ大学に通っていてカップルになるということがあります。 しかし、就職の際には違う会社を選択することがほとんどでしょう。 あるいは他にもさまざまな環境の変化が待っています。 それによって二人の関係が疎遠になってしまう可能性があります。 これからも二人で付き合い続けることに自信を持てないというケースもあるでしょう。 そのため、別れたいと思うのです。 どうせ別れることになるならば、事前に別れておきたいと考えるのです。 恋人も好きだけど他に好きな人ができた 恋人のことは好きだけれども他に好きな人ができてしまうということがあります。 この場合は、今の恋人と好きな人のどちらを選ぶのか悩んでしまうのです。 このような気持ちで付き合い続けてしまうのは相手に失礼だと考えることがあるのです。 そのため別れたいと思うのです。 別れてしまった方が相手を傷つけることはなくなるでしょう。 中途半端な気持ちで付き合い続ける自信がないのです。 特に女性が働いているけれども男性が働いていない、いわゆるヒモ状態となっている場合は女性が不安になってしまうでしょう。 これは愛情で付き合っているのではなくて、単に金づるとして付き合っているのではないかと思ってしまいます。 このような状態で結婚をしたとしても良い結果が生まれないと考えてしまうでしょう。 そのため別れたくなるのです。 親に反対された 自分は恋人のことが好きだけれども親が反対しているというケースがあります。 恋人としての関係を続けていくことを反対されるのです。 将来、結婚をすると考えるとその相手では不幸になってしまうと親が考えているのです。 たとえば恋人が働いていなかったり、人間性に問題があるということもあるのです。 そのような時には親は強く反対してくるでしょう。 親に反対され続けてしまうとこのまま付き合い続けていくのが嫌になってしまうでしょう。 好きだけど別れたい:女性の心理 男性と女性で恋人と別れたいと思う際の心理には違いがあります。 こちらでは女性がどのような心理から恋人と別れたいと思うのかを紹介しましょう。 恋人としては満足だけど結婚相手としては不満 まず相手のことが恋人としては満足していても結婚相手としては不安な点があるというケースがあります。 たとえば酒癖が悪かったり、ギャンブルが好きだったり、収入の不安定な職業だというケースです。 結婚をするというのは愛情だけではやっていけません。 もっといろいろなことを考えなければいけないのです。 子供を産みたいならば、しっかりと子供達を育てるためにお金がかかります。 子供の教育のことも考えなければいけないのです。 恋人が配偶者や親としてふさわしくないというケースもあるでしょう。 そのような相手とは付き合い続けたくないと考える大人の女性は多いです。 自分は結婚したいけれど彼にその気がない 大人同士が付き合う場合にはどうしても将来結婚をするかどうかが重要となります。 特に女性というのは結婚について真剣に考えているケースが多いのです。 しかし、彼氏の方ではあまり結婚に乗り気でないということがあります。 そのような相手と付き合い続けたとしても結婚する見込みがないのであれば、別れてしまおうと考える女性はいるのです。 彼が浮気性 彼がすぐに浮気してしまうという方がいます。 このような相手とはたとえ好きだったとしても別れた方が良いことは多いでしょう。 浮気性というのはなかなか治ることではないのです。 たとえ口ではもう浮気をしないと言っていたとしても、その言葉を完全に信用するわけにはいかないのです。 またいつ浮気してしまうか分からないからです。 彼を信頼することができなくなってしまったときにはもう別れてしまおうと思うのです。 恋人より友達としての方が良さそう 恋人として付き合ってみたけれどもどこか違和感があるということがあります。 恋人よりも友達同士としての方が上手くいくのではないかと思うケースは少なくないでしょう。 この場合は別れてしまって友達同士としてやっていきたいと考える方がいるのです。 女性はこのように考えてしまうことが少なくありません。 相手が好きだけれども、それが恋愛感情というよりも友情に近いと思ってしまうのです。 好きだけど別れたい:男性の心理 男性の方が彼女のことを好きだけれども別れたいと思うケースもあります。 これにはさまざまな心理が働いていることがあるのです。 どのような心理が働いているのかを教えましょう。 社会的な地位が向上してモテ期に突入した 男性が昇進をしたり、転職をするなどして社会的な地位が向上することがあります。 そうなると基本的にはモテるようになるでしょう。 そうなると今の彼女よりももっと良い女性と付き合えるのではないかと考えてしまいます。 このような思考をしてしまうと、今の彼女と別れてしまいたいと思ってしまうでしょう。 そして、別の女性を彼女にしたい、あるいは女遊びをしたいと考えるようになるのです。 焼きもちを焼かれて疲れた 彼女が焼きもちばかりを焼くタイプだと彼氏は疲れてしまうことが多いです。 あまりにも焼きもちを焼かれると何もできなくなってしまうからです。 たとえば女友達を持つことは絶対にできなくなるでしょう。 女性と話をしたり、女性の方を見るだけで怒り出すような方もいるのです。 このような状態に嫌気が差して別れたいと考えている男性は多いでしょう。 彼女から「結婚したい」と言われたが経済的に不安 彼女から結婚をしたいと言われて困っている男性がいるでしょう。 たとえば経済的に不安なために結婚をしたくないと思っている方はたくさんいます。 そのまま結婚してしまうと貧乏暮らしをしなければならず、それは幸せにならないと考えているのです。 このようなことは男性の方が現実的に考えるケースが多いです。 女性は愛があれば貧乏でも良いと考えていたとしても、男性はそういうわけにはいかないと思うのです。 結婚後の将来像の食い違い 恋人同士であれば、多少の価値観の違いがあったとしても付き合い続けることはできます。 しかし、これから結婚するとなるといろいろなことを考えなければいけません。 たとえばお互いの結婚後の将来について、どのような理想を抱いているのかが違っている可能性があります。 たとえば共働きをするのか、それとも奥さんに専業主婦になってもらうのかで食い違うこともあるでしょう。 さまざまな点で食い違いが生じるために、別れた方が良いと考えるのです。 好きだけど別れたいと思ったら別れるべき? もし恋人のことが好きだけれども別れたいと思ってしまったら、本当に別れるべきなのでしょうか。 これにはさまざまな考え方があるでしょう。 このような状況でどのように判断するべきなのか、考え方について教えましょう。 自分のマンネリや慣れを打開したければ別れた方がいい 今の恋人と付き合っていたマンネリや慣れを感じているのであれば、それを打開するためには別れてしまった方が良いでしょう。 すでにマンネリや慣れを感じている場合、そのまま付き合い続けたとしても新鮮な体験や感覚が生じることはあまりないでしょう。 それよりも別れてしまい新しい恋を始めた方が良いこともあるのです。 自分がマンネリや慣れを感じているときには相手の方も同じように感じている可能性が高いです。 もっと素敵な人と出会いたいと思えば別れた方がいい もし今の恋人に対して少しでも不満を抱いており、もっと良い人と出会いたいと思っているのであれば別れた方が良いでしょう。 そのような気持ちを抱いたまま付き合い続けたとしても、さまざまな問題が起きてしまう可能性があるのです。 それならばきれいに別れてしまった方が良いです。 その方がお互いにとって良い結果が生まれるでしょう。 そのような気持ちのまま付き合ってほしくないと思っているはずです。 単純な倦怠期だと思うなら別れないほうがいい 倦怠期というのはどのようなカップルにでもあるものです。 それだけで別れてしまうのは早まったことになるかもしれません。 そのため、単純な倦怠期なだけであれば、別れない方が良いでしょう。 時間が経てば関係が修復される可能性があるからです。 そのようなことで別れてしまうのはキリがないからです。 倦怠期を乗り越えることができれば、お互いの絆はより深まるでしょう。 未来を想像して今の相手と一緒にいたければ別れない方がいい もし今の恋人との未来を少しでも想像することができるならば、別れない方がいいでしょう。 別れてしまうともう二度と関係がもとに戻らないかもしれません。 今の相手とこれからも一緒にいたいと思うのであれば、そのまま付き合い続けるべきでしょう。 そうすれば後悔することはありません。 この状態で別れてしまうと後悔する可能性があります。 まとめ 恋人のことが好きだけれども別れたくなる心理について解説してきました。 それぞれの状況によって、別れた方が良い場合もあれば、別れない方が良い場合もあるのです。 よく検討をして、今の恋人とこれから先どうするべきなのかを考えてみましょう。 自分が一番幸せになる選択をするべきです。 場合によっては別れた方が良いこともあるのです。

次の