山王 病院。 《口コミ22件》 山王病院(港区

《口コミ13件》 山王病院(千葉市稲毛区

山王 病院

歴史 [ ] 、東京都港区に開設された病院を始まりとする。 にはに移転、さらに(37年)には直近の港区(現在の「山王メディカルセンター」所在地)に移転開院した。 やがて多額の銀行借入を抱えて資金繰りも悪化、には率いるによって買収された。 経営者の変更後には、をはじめとする従業員も大幅に入れ替えられ、実質的に全く新しい病院としての再生が試みられた。 、旧病院と同じく赤坂・沿いながら寄りの現在地に新病院を竣工して移転、青山一丁目寄りの旧病院は「山王分院」とされた。 同分院はに「山王メディカルプラザ」と改称された後、に「山王メディカルセンター」として新築・再開業している。 診療科目・外来診療 [ ]• 東京ボイスセンター 医療機関の指定等 [ ]• 保険医療機関• 労災保険指定医療機関• 指定自立支援医療機関(精神通院医療)• 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関• 原子爆弾被害者医療指定医療機関• 公害医療機関• 母体保護法指定医の配置されている医療機関 建物 [ ] 構造(地下2階、地上7階)、延床面積15,290. 50平方メートル(約4,600坪)。 現在の建物の設計者は。 費用負担 [ ]• 外来は科によって有料予約()の枠がある。 ほとんどの部屋が個室である。 特別個室は(2床)は1日につき140,000円、個室(61床)は1日につき35,000円が必要である。 病室は全室インターネット環境・DVDシステムが整っている。 4泊5日以上の入院で15万円、分娩で40万円の入院保証金が必要である。 (・)、での会計手続が可能である(入院保証金も利用可)。 交通アクセス [ ]• ほか4番出口より徒歩4分。 3番出口より徒歩4分。 参考文献 [ ]• 編 『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』 日外アソシエーツ、第1版第1刷発行、、523頁 脚注・出典 [ ].

次の

山王病院の口コミ・評判(34件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

山王 病院

【産婦人科初診】普段は予約制の産婦人科が、月曜日はフリー外来ということで11:30に発券機の前に行きました。 (11:30から発券されるということで)すでに10人以上並んでいました。 看護婦さんに訊くと、11時20分頃にはみなさん並び始めているらしい。。。 次回は早く行こうと思いました。 院内は非常に綺麗でした。 受付開始は13時からで、発券した番号順に受付、診察ということで実際の診察は15:30過ぎでした。 待ち時間は4時間・・・と長かったものの、医師の丁寧な説明と諸検査で無事終了。 とひとつひとつ説明して下さいました。 人気のためか予約が取りづらいのが不便ですが、またこちらで診てもらいたいと思いました。 メディカルノート病院検索サービスに掲載されている各種情報は、弊社が取材した情報のほか、ティーペック株式会社及びマーソ株式会社より提供を受けた情報が含まれております。 できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありませんので、受診の際には必ず事前に各医療機関にご連絡のうえご確認いただきますようお願い申し上げます。 なお、掲載されている情報に誤りがある場合は、お手数ですが、からご連絡をいただけますようお願いいたします。 ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。 オンライン診療に関するデータは、原則として「」に基づく対応を行っている医療機関として厚生労働省のウェブサイトに掲載された情報に準拠していますが、一部、弊社およびMICIN社にてオンライン診療の実施の確認が取れた医療機関につき情報を追加しています。

次の

外来診療担当医表

山王 病院

歴史 [ ] 、東京都港区に開設された病院を始まりとする。 にはに移転、さらに(37年)には直近の港区(現在の「山王メディカルセンター」所在地)に移転開院した。 やがて多額の銀行借入を抱えて資金繰りも悪化、には率いるによって買収された。 経営者の変更後には、をはじめとする従業員も大幅に入れ替えられ、実質的に全く新しい病院としての再生が試みられた。 、旧病院と同じく赤坂・沿いながら寄りの現在地に新病院を竣工して移転、青山一丁目寄りの旧病院は「山王分院」とされた。 同分院はに「山王メディカルプラザ」と改称された後、に「山王メディカルセンター」として新築・再開業している。 診療科目・外来診療 [ ]• 東京ボイスセンター 医療機関の指定等 [ ]• 保険医療機関• 労災保険指定医療機関• 指定自立支援医療機関(精神通院医療)• 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関• 原子爆弾被害者医療指定医療機関• 公害医療機関• 母体保護法指定医の配置されている医療機関 建物 [ ] 構造(地下2階、地上7階)、延床面積15,290. 50平方メートル(約4,600坪)。 現在の建物の設計者は。 費用負担 [ ]• 外来は科によって有料予約()の枠がある。 ほとんどの部屋が個室である。 特別個室は(2床)は1日につき140,000円、個室(61床)は1日につき35,000円が必要である。 病室は全室インターネット環境・DVDシステムが整っている。 4泊5日以上の入院で15万円、分娩で40万円の入院保証金が必要である。 (・)、での会計手続が可能である(入院保証金も利用可)。 交通アクセス [ ]• ほか4番出口より徒歩4分。 3番出口より徒歩4分。 参考文献 [ ]• 編 『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』 日外アソシエーツ、第1版第1刷発行、、523頁 脚注・出典 [ ].

次の