ビットコイン 取引所 おすすめ。 【仮想通貨】ビットコイン(Bitcoin/BTC)のおすすめ取引所

ビットコイン取引所おすすめ12選!特徴や安全性を徹底比較【2018年版】

ビットコイン 取引所 おすすめ

ビットコイン取引所を選ぶ際のポイント• 手数料・スプレッドの安さ• 信頼性があるか• 使いやすさ これらは 取引所選びの基本となるポイントで、既に仮想通貨取引を行っている人たちも重点を置いている部分。 ですので取引所を選ぶ際には、それぞれのポイントについてしっかりと理解をしておくことが大切です。 手数料・スプレッドの安さ ビットコインに限ったことではありませんが、どんな仮想通貨も、 取引をする際には必ず手数料がかかります。 ビットコイン取引においては 「取引手数料」と 「スプレッド」という2種類の手数料が発生するのですが、どちらも少ないに越したことはありません。 取引手数料というのは、 1回の取引にかかる手数料のことで、取引回数が多くなるほど手数料も多くかかることになります。 また、 スプレッドというのは 売値と買値の差額のことをいい、この差額は時と場合で変化するもの。 取引所はスプレッドを公開する義務がないため、利用者にとって スプレッドの金額はわかりにくくなっているのが現状です。 取引手数料もスプレッドも、特に決まった金額はありませんから、それぞれの取引所によって決められています。 つまり、 選ぶ取引所によって手数料が違ってくるということ! ビットコインを取引する上で、手数料は 余計なコストでしかありませんので、いかに手数料の安い取引所を選ぶかが重要になってくるのです。 ビットコイン取引にかかる手数料• 取引手数料:1回の取引にかかる手数料• スプレッド:売値と買値の差額 仮想通貨取引所としての信頼性・セキュリティ 仮想通貨では、銀行のようなペイオフ制度はほとんどありません。 ですので、取引所がハッキングされたり、倒産をしてしまった際には、預けていた 大切な資産が全て失われることになります。 その結果、取引所を利用していたユーザーには返金もされず、資産を失ってしまった人が続出したのです。 こういったリスクを避けるためにも、取引所を選ぶ際には 「セキュリティがしっかりしているか」や 「倒産する可能性はないか」を見極めるのが大切。 ある程度の社会的信頼があって、万が一の際の補償や、保険会社との連携がある取引所だと、安心して取引を行うことができるでしょう。 使いやすさ ここでいう使いやすさとは、 取引画面が自分にとって使いやすいかということ。 特に初心者の場合、使いづらい取引画面では 意図していない誤操作をしてしまう可能性がありますし、一刻を争う取引で 注文が遅れたりする原因にもなります。 ですので、自分の思い通りに快適な取引を行うためには、自分が使いやすい画面の取引所を選ぶのがおすすめなんです。 おすすめのビットコイン取引所(国内) 取引所選びの基準がわかったとしても、全ての取引所をチェックするには手間と時間がかかりますよね。 そこで今回は、 初心者にもおすすめのビットコイン取引所を国内10社と海外2社の計12社紹介していきます! それぞれの 特徴や 信頼性などを比較して、 自分に合った取引所を見つけてみましょう。 bitbank. cc(ビットバンク)• bitFlyer(ビットフライヤー)• GMOコイン• Zaif(ザイフ)• DMM bitcoin(DMMビットコイン)• BIT POINT(ビットポイント)• BitTrade(ビットトレード)• BTC BOX(ビーティーシーボックス)• みんなビットコイン• BTC BOX(ビーティーシーボックス) は、2014年に設立された仮想通貨取引所。 2017年には、仮想通貨交換業者として 関東財務局にも登録されており、日本で最も歴史のある取引所となっています。 取引手数料が無料で、ビットコインの売買も日本円で支払うことができるので、 初心者でも使いやすい取引所だといえるでしょう。 ただ、他の取引所に比べてユーザーが少ないため、 ビットコイン売買に時間がかかったり、取引が成立しづらいという懸念点も。 BTC BOX(ビーティーシーボックス)の特徴 手数料 取引手数料無料 取り扱い通貨• ビットコイン(BTC• イーサリアム(ETH• ビットコインキャッシュ(BCH 2. 0 No9. みんなビットコイン は、2016年に設立した取引所。 また、 レバレッジ取引ができるのが大きな魅力となっていて、 2倍・4倍・5倍・10倍・25倍まで引き上げが可能。 しかし、 取り扱い通貨が少ないですから、今後ビットコイン以外の取引も検討している人には物足りなさがあるでしょう。 みんなのビットコインの特徴 手数料 取引手数料無料 取り扱い通貨• ビットコイン(BTC)• イーサリアム(ETH)• ビットコインキャッシュ(BCH) 4. 0 No. 8 Bit Trade(ビットトレード) は、2017年9月に 金融庁の仮想通貨交換業者に登録された、信頼性の高い取引所です。 また、セキュリティ面でも力を入れており、 2段階認証・2段階認証・マルチシグ・コールドウォレット保管なを採用している徹底ぶり。 このことから、信頼性と安心感がある取引所だといえます。 しかし、お気づきかもしれませんが、 手数料が他の取引所よりも高めなのが難点で、取引の数が多い人にとっては考えものです。 ですので、あまり取引の数が多くなく、信頼性や安心を重視したい人におすすめ。 Bit Trade(ビットトレード)の特徴 手数料 取引手数0. ビットコイン(BTC)• イーサリアム(ETH)• ビットコインキャッシュ(BCH)• リップル XRP• ライトコイン LTC• モナコイン(MONA 4. 0 No. 7 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) は、その名の通りDMMグループが運営している取引所です。 利用者が多いので取引もスムーズに成立させることができるでしょう。 ただ、 レバレッジが高めということでも知られているので、ビットコインを買う際には注意が必要です。 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴 手数料 取引手数料無料 取り扱い通貨• ビットコイン(BTC• イーサリアム(ETH• ビットコインキャッシュ(BCH• ネム XEM• リップル XRP• ライトコイン LTC• イーサリアムクラシック ETC 4. 5 No6. BIT POINT(ビットポイント) は、2016年に設立された取引所で、金融庁登録済みという大きな信頼性が特徴。 MT4では、 過去の取引記録から簡単に分析が行えたり、最大25倍までの レバレッジ取引を行うことも可能。 そのため、FX取引を行なっている人にとっては馴染みやすい仕様といえますが、 初心者は慣れるまでに時間がかかりそう…。 BTC BOX(ビーティーシーボックス)の特徴 手数料 取引手数料無料 取り扱い通貨• ビットコイン(BTC)• イーサリアム(ETH• リップル XRP• ライトコイン LTC• ビットコインキャッシュ(BCH 4. 0 No5. GMOコイン は、FX取引でも有名なGMOが運営をしている販売所で、ビットコインに特化しているのが大きな特徴です。 取引所に比べて スプレッドが安いので、初心者でも比較的取引しやすいといえるでしょう。 また、FXの対象としてビットコインを取り扱っているため、短時間で何度も取引をし、 利ざやで利益を得たいという人にもおすすめです。 さらに、セキュリティ面でもかなり信頼性が高く、 三井住友海上火災保険との連携も大きな安心感に繋がります! GMOコインの特徴 手数料 取引手数料無料 取り扱い通貨• ビットコイン(BTC)• イーサリアム(ETH• リップル XRP• ライトコイン LTC• ビットコインキャッシュ(BCH 4. 0 No4. Coincheck(コインチェック) は、 国内最大規模を誇ることでも知られていて、使いやすいことでも有名な取引所。 また、取り扱い通貨も多いため、今後ビットコイン以外の通貨取引を検討している人におすすめです! スプレッドが高めなものの、初心者でも非常に見やすく、 直感的に操作することができるでしょう。 しかし、以前大きなハッキング被害にあっていることから、 まだ金融庁の認可が降りておらず、信頼性に欠けるというのが懸念点。 マネックス社がコインチェック社を買収決定したのもあり、今後の改善に期待。 Coincheck(コインチェック)の特徴 手数料 取引手数料無料 取り扱い通貨• ビットコイン(BTC• イーサリアム(ETH• ビットコインキャッシュ(BCH• イーサリアムクラシック(ETC• リップル(XRP• ライトコイン(LTC• ダッシュ(DASH• モネロ(XMR• ネム(XEM• リスク(LSK• ジーキャッシュ(ZEC• オーガー(REP• ファクトム(FCT 5. 0 No3. Zaif(ザイフ) は 日本三大仮想通貨取引所の一つで、テックビューロ社が運営している取引所。 ビットコイン手数料がマイナスという、 国内取引所の中でダントツの安さが大きな魅力となっています。 また、取り扱い通貨の多さも日本一となっていますが、マイナーな通貨が多いのであまりメリットとはいえないのが現状です。 Zaifの利用者は非常に多いものの、 サーバーの弱さが問題視されており、ダウンして取引が行えないというものしばしば…。 とはいえ、色々な通貨が安く購入できて、 仮想通貨積立というユニークなサービスもあるので、できるだけリスクを抑えたい人におすすめですよ! Zaif(ザイフ)の特徴 手数料 取引手数料 マイナス0. 05〜0. ビットコイン(BTC• イーサリアム(ETH• ビットコインキャッシュ(BCH• ネム(XEM• モナコイン(MONA• ビットクリスタルズ(BCY• CounterPartyトークン(XCP)• フィスココイン(FSCC)• Storj(SJCX)など• 0 No2. bitbank. cc(ビットバンク) の大きな魅力は、手数料が非常に安いというところ。 50種類以上のさまざまなテクニカル分析にも対応しているため、初心者だけでなく 上級者にも使いやすい取引所となっています。 セキュリティ体制も細かく公開されていますから、 社会的にも大きな信頼を得ているといえるでしょう。 また、いろいろなキャンペーンを定期的に行なっていて、 お得に利用できるのも嬉しいポイントです。 bitbank. cc(ビットバンク)の特徴 手数料 取引手数料無料・スプレッドもあまり関係なし 取り扱い通貨• ビットコイン(BTC• イーサリアム(ETH• ビットコインキャッシュ(BCH• リップル(XRP• ライトコイン(LTC• モナコイン(MONA• KuCoin(クーコイン)• Binance(バイナンス) No2. KuCoin(クーコイン) は香港に拠点があり、最近人気が急上昇している取引所。 大手取引所への上場はしていないものの、 人気のある通貨や話題になっている通貨を上場させていて、 取引手数料が安いのが魅力となっています。 ただ、新しい取引所なので情報が少なく、運営体制やセキュリティ面が明確になっていないのも事実。 ですので、 信頼性には少々不安が残ります。 KuCoin(クーコイン)の特徴 手数料 取引手数料0. 07〜0. ビットコイン(BTC• イーサリアム(ETH• ビットコインキャッシュ(BCH など68種類 4. 5 No1. Binance(バイナンス) も香港に拠点を構えていますが、こちらは 世界最大級として人気を誇る取引所。 取り扱い通貨は 100種類以上と豊富で、 日本国内の取引所では買えない通貨もたくさん取り揃えているんです。 また、取引手数料は 0. Binance(バイナンス)の特徴 手数料 取引手数料0. ビットコイン(BTC• イーサリアム(ETH• ビットコインキャッシュ(BCH など100種類以上 当サイトにて掲載されている仮想通貨交換業者のランキングや、FX業者ランキング、比較コンテンツは、2019年4月27日から5月7日まで実施した、と、2020年5月1日から5月31日までの当サイト利用者の口座開設・アクセス状況を元に集計しています。 各種コメントや解説コンテンツに関しては、パーソナリティー、を参考に、の、株式会社カボ完全監修のもと、有識者のコメントを合わせて掲載しております。 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の

【2020年ランキング】おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所を比較!|イケハヤ大学【ブログ版】

ビットコイン 取引所 おすすめ

仮想通貨を買いたい!• ビットコインに手軽に投資したい!• 国内には多くの仮想通貨取引所や販売所があって一体どこを選べば良いのかわからない!• 初心者がまず最初に悩むところでしょう。 当サイトでは、おすすめの仮想通貨取引所を各社比較・各社特徴を簡潔にまとめてレビューしております。 ビットコイン初心者にやさしくて使いやすい、セキュリティー重視で安心安全な取引所を! そして各取引所を比較して取引コストもより低コストで最もお得に購入できる仮想通貨取引所をご紹介したいと思います。 結論から言うと、投資初心者におすすめできる仮想通貨取引所はです。 仮想通貨FX及び仮想通貨レバレッジ取引のおすすめの取引所をお探しの方は 取引所比較表や選び方に関してはこちら! もくじ• 投資初心者が仮想通貨取引所選びで押さえておきたいポイント 1.スプレッド及び手数料 まず買い入れコストを優先するならば、この項目を最も重要視してください。 実は、各社ビットコインの価格が毎日少し違います。 なるべく他社よりも安く表示されている取引所を選ぶことが1つ目のポイントです。 そして 買いと売りのスプレッドが狭い業者を選ぶこと。 または手数料が無料な取引所を選ぶことを心がけてください。 少しでも買い入れコストを低くして仮想通貨・ビットコイン投資をはじめることは大事な心がけです。 2.使いやすいスマホアプリの有無 各取引所ですが、スマホアプリ対応が未対応であったり、まだまだ使いにくい業者のほうが多いことが現状です。 これらは外出先での使い勝手で差が出ます。 なるべくスマートフォンから仮想通貨を売買しやすい取引所を選ぶことも大切です。 3.取扱い仮想通貨の豊富さ 3つ目は 取扱通貨ペアの豊富さです。 ビットコイン(BTC)をはじめ、主要コインをいくつか取り扱っている取引所を選びましょう! 時価総額が最も大きいコインは ビットコイン(BTC)ですが、2番めに大きなコインは イーサリアム(ETH)です。 3番目は リップル(XRP)です。 4番目は ビットコイン・キャッシュ(BCH)です。 どれも技術力や将来性も違いますので、ここは皆さんの先見の明にも差が出ます。 これだ!っと思ったコインから投資すればよいのではないでしょうか。 4.外部送金手数料 4つ目は 送金コストです。 仮想通貨は外部の取引所やウォレットに移動する際にコストが発生します。 例えばイーサリアムですと、0. 01ETHかかることがほとんどです。 一度の送金にて、数百円以上とられてしまうケースがありますので、その場合は送金手数料が無料の取引所を選びましょう! 当サイトでは、これらのポイントを総合的に抑えた取引所をランキング方式で比較してみました。 選んで納得、比較して納得! 初心者に最もおすすめしたい仮想通貨取引所をご紹介します。 その前に、 「そもそも取引所ってどうやって選べば良いの?」と思っている人は、以下の記事をご覧ください。 おすすめ取引所No1 GMOコイン 【はここがポイント!】 初心者に非常にわかりやすいインターフェース 使いやすく高機能なスマホアプリ クイック入金あり、入出金手数料無料! ビットコインの送金手数料無料 GMOコインの基本情報 取扱コイン 仮想通貨交換業 取引手数料 送金手数料 5種 取得済み 0〜0. その他の取引所は、4倍が最高値となっています。 スマートフォンアプリ「」は直感的で使いやすく、ひろぴーも外出先でよく利用しています。 またスプレッド (買値と売値の差)も国内トップの狭さなので、短期トレードをする人にもオススメした取引所です。 おすすめ取引所No2 BITPoint 【BITPointはここがポイント!】 BTC. ETH. XRP. BCH. LTC 電話対応サポート有り 満遍なく安定的に狭いスプレッド! 取引手数料と送金手数料が無料! とにかく取引コスト最優先したい方なら断然にです。 国内の取引所の中で売買するなら最もお得な取引業者の一つと言えるでしょう。 どれだけお得に購入できるかは、下記のリンク先に詳細のまとめページを作っておきました。 二つ目は外部アドレスへの送金手数料が無料のため、非常に使い勝手が良いです。 少額から初める人は間違いなく、にすべきでしょう。 毎月口座開設して入金するだけで3000円分のBTCキャッシュバックキャンペーンをしていることが多いです。 おすすめ取引所No. 3 Liquid by Quoine 【[liqudi]はここがポイント!】 BTC,ETH,BCH,XRP,QASH スマホアプリ有 ETHとXRPのスプレッドが最狭水準! レバレッジ4倍取引のサービスもあり! 本当に信頼がおける取引所だと思われます。 また相場の急変動でも安定的に稼働しており、Desktopアプリも スマホアプリも動作が軽く、取引が非常にしやすい点で文句なしのおすすめ仮想通貨取引所の一つになります。 上記キャプチャのように、取扱アルトコインの スプレッドも安定的に狭いことが特徴です。 4 bitbank 【はここがポイント!】 BTC. ETH. MONA. XRP、 LTC. BCH スマホからでも使いやすいブラウザ XRPの取引コストが国内最安! 取扱通貨はBTC、ETH、MONA、XRP、LTC、BCHの6種類となっており、メイン通貨と日本産のモナーコインを取り扱っているとことが特徴です。 しかし、その人の運用方法によって取引所ごとの向き不向きがあります。 そこで仮想通貨の運用タイプごとに、 取引所の使い分け方を紹介します。 まず運用方法を、5つのタイプに分類しました。 【現物取引派】が使い分ける取引所 仮想通貨で人気があるのはビットコインですが、リップルやイーサリアムも人気があります。 現物取引を行う際に最低限押さえたいポイントは、以下の3点です。 手数料が安い• 取引量がある• 取り扱い通貨が多い これらを満たした上、さらに各通貨ごとの取引量によって、大きく3パターンに分けられます。 ビットコイン BTC &イーサリアム ETH の取引量が多い• リップルの取引が多い• 他の取引所にはないアルトコインを取り扱っている ではビットコインとイーサリアムの取引所からみてみましょう。 理由は 4点です。 現物取引手数料が無料• 国内ビットコイン取引量が圧倒的に高い• 主要通貨4つ(BTC,ETH,XRP,BCH)の取り扱いがある• 100%コールドウォレットで保管されている についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 参考記事: [liquid] 次にリップルの取引をする時に使う取引所をみてみましょう。 【FXトレード派】が使い分ける取引所 ボラティリティの激しい仮想通貨は、現物取引よりも取引高があり、 レバレッジを効かせたFX取引で大きな利益を狙えます。 しかしレバレッジの高さは取引所によって差があります。 【FXトレード派の使い分けポイント】 1.取引環境(サーバー・セキュリティ)の良さ 2.最大レバレッジの大きさ 3.取扱通貨ペアの豊富さ 4.コスト(スプレッド・手数料)の低さ これらのポイントを踏まえて、ひろぴーが使い分けている取引所は、です。 さらに ビットコインのスプレッドが500円程と狭く、加えて約定力も高い水準です。 またスマホアプリ「」は、FX初心者の方で使いやすいようにデザインされています。 についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 参考記事: 次は「送金をよくする人」の取引所の使い分け方をみてみましょう。 【アービトラージ派&海外送金派】が使い分ける取引所 仮想通貨を決済・送金・保管など、実用的に利用する人もいることでしょう。 ビットコインは、海外への送金するときにわざわざドル用の口座を持つ必要もなく、いつでも30分程度で送金できます。 その様な人が使い分けている取引所は、です。 これは、通常6ブロックの承認が必要なところを3承認で完了させているのためです。 についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 参考記事: 最後に【長期保有派】が使い分ける取引所を紹介します。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 またその時には、3つの運用タイプごとに取引所を使い分けられます。 レンディングの運用タイプ ず〜っと寝かせたい人 比較的少額からレンディングしたい人 ビットコイン以外もレンディングしたい人 ではタイプごとに使い分ける取引所を紹介します。 貸出期間が1年間と決まっているので、 手続きさえ済ませてしまえば、1年間は気に掛ける必要がありません。 しかしサービスを利用できる期間は不定期なので、口座開設を済ませて、サービスの案内を気長に待ちましょう。 【まとめ】仮想通貨の取引所の選び方 2018年10月時点において、昨年末までは国内TOP3だった仮想通貨取引所のcoincheck、bitFlyer、Zaifはこぞって厳しい業務改善命令、及び業務低停止命令を金融庁から出されております。 共通ポイントはサーバーの脆弱性、顧客のウォレット管理の杜撰さ(金融コンプライアンス意識の低さ)です。 ハッキング被害がある3社は、こういったかたちで浮き彫りとなりました。 顧客を集めることだけを考えたサービスをしていた業者が軒並み経営が悪化していることがおわかりいただけるでしょう。 使いやすさだけを求めるだけでなく、こういった サーバーやセキュリティ面にも注意しておくと良いかもしれませんね! 【関連記事】 ・ 【取引所の選び方】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ひろぴーの仮想通貨ブログ「ビットコインFX」(以下、当サイト)の執筆者は、執筆の内容において正確性等を保つため最大限の努力をしておりますが、執筆時の日時、参照する情報の変化により、市場の状況は常に変化しておりますゆえ閲覧時点での情報の誤りあるいは内容が古くなっている場合があります。 また、それにより誤りや古い内容を予告なく訂正、削除することをご了承ください。 当サイトに掲載された記事、コラム、情報は執筆者個人の見解であり当サイトの見解を示すものではありません。 したがって、当サイトと執筆者は情報提供を目的としており当サイト及び執筆者の掲載情報により、不利益や損害、ユーザーが行った行動の一切について責任を負いかねます。 また、当サイトの無断転用を禁止いたします。

次の

ビットコイン(BTC)取引所はどこがいい? 5社徹底比較!

ビットコイン 取引所 おすすめ

DMM Bitcoinの特徴 ・FXや証券などに精通している DMMグループが手がける暗号資産(仮想通貨)取引所 ・ アルトコインのレバレッジ取引が可能 ・レイアウトを自分好みにカスタマイズできる 取引ツールも魅力 DMM Bitcoinの評価 運営会社 株式会社 DMM Bitcoin 取引手数料 無料 取扱通貨 9種類 最小取引量 0. 001 BTC レバレッジ 4倍で固定 セキュリティ ・コールドストレージによるオフライン保管 ・二段階認証 ・お客様資産の分別管理 ・SSL暗号化通信 新規口座開設完了で、もれなく1,000円プレゼント! 期間2020年5月5日(火)~2021年1月1日(金) 内容新規に口座開設が完了した場合、1,000円がプレゼントされます。 GMOコインの特徴 ・金融取引のノウハウがある 「GMOグループ」の仮想通貨販売所 ・0. 001BTCの 小額資金から投資が可能 ・日本円の入金・出金手数料のほか、ビットコインの 引き出し手数料が無料 GMOコインの評価 運営会社 GMOコイン株式会社 取引手数料 無料 取扱通貨 7種類 最小取引量 0. 0001 BTC レバレッジ 最大4倍 セキュリティ ・二段階認証 ・ログイン通知 ・24時間監視 ・定期的な脆弱性診断 ・脆弱性情報収集 ・金銭・仮想通貨の分別管理 ・ハッキング対策のほか、内部不正対策も整備 キャンペーン情報 口座開設が完了したら、もれなく20,000 satoshi(=0. 0002 BTC)がもらえるキャンペーンを開催! bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴 ・ユーザー数・取引量・資本金ともに国内No. 01 ~ 0. 01 ~ 0. 001 BTC ・Lightning FX:0. 01 BTC ・販売所:0. 期間中に当選しなかった方でも、「敗者復活!キャリーオーバー山分けプログラム」へ自動エントリーで現金ゲットのチャンス。 初心者におすすめの仮想通貨取引所 まずは、初心者におすすめの仮想通貨取引所です。 Coincheck(コインチェック) 2018年4月にマネックスグループの完全子会社となり、新経営体制を発足した仮想通貨取引所です。 取り扱うアルトコインの種類は国内の取引所で最多の10種類。 ユーザーからの支持も厚く、何よりスマホアプリがとても使いやすいので初心者におすすめです。 Bittrex(ビットレックス) アメリカの取引所であり、流動性が低い通貨の取引を廃止したり、サイトのリニューアルも度々あるなど、管理がまともに行われているイメージがあります。 歴史も古く、自分が始めたときに話題になっていた取引所だったので流動性もあり取引がしやすいです。 手数料が国内の取引所より安いのがメリット。 (30代男性) 仮想通貨とは? 私たちが日常的に使っている日本円などの法定通貨に対して、仮想通貨は物理的な実体が存在しない通貨のことであり、暗号通貨とも呼ばれています。 実体が存在しないものと言うと電子マネーも含まれますが、仮想通貨と電子マネーは全く異なります。 例えば、電子マネー「Suica」だと東日本旅客鉄道が発行していますが、仮想通貨の多くは発行母体を持ちません。 また、法定通貨は国内や世界の経済に合わせて発行枚数を増やすことがありますが、仮想通貨は発行枚数があらかじめ定義されており、定義された発行枚数以上を追加で発行することはできなくなっています。 日本では、仮想通貨への注目が集まり始めた2017年に新たに「改正資金決済法」という法律が施行され、その中に仮想通貨に関する法律も制定されました。 預金や債券などの通貨建資産は、上記の定義から除かれます(法2条6項)。 また、前払式支払手段やポイントといった特定の加盟店などで使用できるものも上記の定義から除かれます。 改正資金決済法施行 -仮想通貨の法的規制- 仮想通貨ビットコインの最新価格・相場・チャート ここまで解説したように仮想通貨取引所には さまざまな種類があります。 動画でも詳しく解説しているのでぜひご覧ください。 仮想通貨取引所とは?販売所との違いは? 仮想通貨の取引を始める前に、取引所の基本的な仕組みを理解しておくことも大切です。 ここでは、仮想通貨取引所の仕組みを簡単に解説します。 仮想通貨取引所の役割とは 仮想通貨取引所とは、その名の通り、仮想通貨を取引する場所のことをいいます。 日本円などの 法定通貨を仮想通貨に交換したり、仮想通貨同士を交換したりすることができます。 それらの取引をうまく行うことで、私たち利用者は利益を出すのです。 仮想通貨取引所が担っている役割とは、仮想通貨を売買したい人に取引する場所を提供するということ。 取引所は仮想通貨を世の中に流通するために必要な存在と言えます。 今や国内および海外に数多くの取引所があり、それぞれサービスや手数料などが異なっているため、 自分に合った取引所を見極めるのが重要となります。 仮想通貨取引所と販売所の違い 仮想通貨販売所といって、「取引所」ではなく「販売所」と呼ばれるものもあるのをご存知でしょうか。 簡単に言えば、 取引所は個人間の売買をする場所、販売所は取引所の運営会社との売買をする場所です。 つまり、「取引所」と「販売所」では取引をする相手が異なるということになります。 「取引所」では自分が売買したい値段を示すことができる反面、個人間で値段の折り合いがつかない限り取引が成立しないというデメリットがあります。 一方、「販売所」ではすぐに取引が成立する反面、運営会社が示す値段で取引しなければならないため、コインの価格が割高になるというデメリットがあります。 大手の販売所ではスプレッドはだいたい5%ほどかかりますが、取引所であれば0. 2%程度に抑えることができるのです。 より安く買いたいなら「取引所」、より早く買いたいなら「販売所」といったように自分の取引スタイルに合うものを選びましょう。 仮想通貨投資の始め方、取引所の使い方 「興味はあるけど、何から始めればいいか分からない…」という方もいらっしゃいますよね。 仮想通貨投資のスタートに必要な手順を説明します。 とても簡単に始められるので順番に見ていきましょう。 仮想通貨取引所で口座開設 まずは、仮想通貨を取引するために口座を開設する必要があります。 どの仮想通貨取引所も口座開設の手続きは ネット上で無料で行えるうえ、 24時間365日受け付けているので時間や曜日を気にせずいつでも始めることができます。 日本円を入金 次に、仮想通貨を購入するための日本円を入金します。 入金方法には 「銀行振込」、「コンビニ入金」、「クイック入金(即時入金)」の3通りあります。 クイック入金とは、振り込み手続きが済むと即時口座へ入金が反映される方法のこと。 自宅にいながら入金でき、わずか2~3分程度で反映されるので便利です。 仮想通貨を買う 入金が済んだら、いよいよ仮想通貨の購入が可能になります。 各取引所のサイト内にある購入画面で 購入数量を入力し、支払い金額を確認したら「購入する」をクリックするだけ。 意外と簡単ですよね。 ビットコイン以外の仮想通貨であっても同じ手順で購入することができます。 仮想通貨を売る 仮想通貨取引で利益を出すには、「安く買って、高く売る」のが基本です。 安く購入した仮想通貨の価格が高騰した場合、その差額が利益となります。 そして、 手数料や仮想通貨の価格は取引所ごとに差があるため、複数の取引所に口座を開設しておくという手もあります。 それぞれの特徴を把握して上手く使い分けましょう。 売却の手順も変わりなく、「コインを売る」を選択し、売りたいコインを選択します。 あとは 売却数量を入力して、「売却する」をクリックすれば手続き完了です。 仮想通貨取引所を利用するために知っておくべき用語まとめ チャート FXや株などの取引において、 「チャート」とは相場の動向をグラフに表したものを指します。 つまり、価格が上がっているのか下がっているのか、日々の値動きを視覚的に確認して解析・予想することができます。 一般的に使われるチャートの種類として、「バーチャート」「ラインチャート」「ローソク足チャート」「平均足チャート」などがあります。 スプレッド FXには「買値(ASK)」と「売値(BID)」の2つの値段があります。 スプレッドとは、仮想通貨を売買する際の 買値と売値の差のことです。 ユーザー同士で価格を決める「取引所」とは違い、買値と売値が指定されている「販売所」を利用すると強制的に支払うことになります。 スプレッドは「手数料」だと理解しておくといいでしょう。 スプレッドが狭ければ狭いほど利益を出しやすくなので、取引所を選ぶポイントにしてみてください。 Maker(メイカー)とTaker(テイカー) 仮想通貨の 注文は「取引板」に並びます。 「Maker(メイカー)」とは板にない価格を新たに作ることをいい、数量と金額を決めて注文を出す人を指します。 一方で「Taker (テイカー)」とは、すでに板にある価格で注文する人を指します。 メイカー手数料は板に自分の注文を載せて取引した際に発生する手数料、テイカー手数料は板にある注文で取引をした際に発生する手数料となります。 ロングとショート 取引が約定して、 外貨を買っている状態・または売っている状態を「ポジションを持っている」といいます。 FXでは、買い注文は「ロング」、売り注文は「ショート」といいます。 「買い」から入った場合は「ロング・ポジション」、「売り」から入った場合は「ショート・ポジション」となります。 ロングポジションでは安いときに買って高く売ることで利益を出し、ショートポジションでは高いときに売って安く買い戻すことで利益を出します。 レバレッジ レバレッジとは、「てこの原理」です。 FXでは、 実際に保有している資金よりも大きな金額の取引ができることを指します。 小さい力で大きな力を生み出す「てこ」のように、レバレッジを設定するだけで保有する資金の何倍もの金額の取引を行うことができるのです。 つまり、資金が10万円だったとしても、10倍のレバレッジをかけて100万円の取引ができるようになります。 小さな資金で大きな利益を得られる可能性がありますが、その反面、 失敗すれば多額の損失を出すことになるのでレバレッジ倍率の設定は慎重に行いましょう。 仮想通貨取引所は未成年でも利用できる? 未成年でも仮想通貨取引ができるのか、という疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。 結論から言えば、未成年でも仮想通貨取引所の口座を開設することができ、仮想通貨を購入することができます。 ほとんどの仮想通貨取引所が年齢制限を設けていないので、親の同意書さえあれば未成年でも仮想通貨取引所を利用することができるのです。 仮想通貨取引は、株式やFXなどの投資よりも少額で始められるうえ、取引する中で日本のみならず、世界中の経済的かつ国際的な情報などを自ら収集する機会が増えます。 いい勉強になるので、興味のある方はこの機会に仮想通貨取引を始めてみてはいかがでしょうか? 仮想通貨取引所の選び方やポイントは? 世間には多くの仮想通貨取引所が存在するため、どこを選べばいいのか悩みますよね。 ここでは、何を基準に選べばいいのかを解説します。 仮想通貨取引を始める前に、取引所を選ぶポイントをチェックしておきましょう。 金融庁の認可 仮想通貨の流出事件があってから行政指導も厳しくなりました。 そのため、 安心できる取引所を選ぶ基準として「金融庁に認可されている」という点が挙げられます。 現在、金融庁から仮想通貨交換業の認可を受けている事業者は以下の通りです。 (2019年2月時点) 関東財務局 ・株式会社マネーパートナーズ(第00001号) ・QUOINE株式会社(第00002号) ・株式会社bitFlyer(第00003号) ・ビットバンク株式会社(第00004号) ・SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社(第00005号) ・GMOコイン株式会社(第00006号) ・ビットトレード株式会社(第00007号) ・BTCボックス株式会社(第00008号) ・株式会社ビットポイントジャパン(第00009号) ・株式会社DMM Bitcoin(第00010号) ・株式会社ビットアルゴ取引所東京(第00011号) ・Bitgate株式会社(第00012号) ・株式会社BITOCEAN(第00013号) ・コインチェック株式会社(第00014号) 近畿財務局 ・株式会社フィスコ仮想通貨取引所(第00001号) ・テックビューロ株式会社(第00002号) ・株式会社Xtheta(第00003号) セキュリティ(安全性) お金を扱うのであれば気になるのが安全性ですよね。 仮想通貨取引所を選ぶ際に最も重要なのがセキュリティです。 過去にはハッキングや不正流出などの事件もありました。 多くの仮想通貨取引所は、 マルチシグや二段階認証、コールドウォレットといった基本的なセキュリティ対策が整っています。 加えて、 サーバーの安定性やSSL強度、ユーザーへのサポート体制についてもチェックしておいてください。 ただし、仮想通貨取引はあくまで自己責任ですので、大切な資金を取引所に預けたままにしておくのではなく、自分専用のウォレットに保管するなどしておきましょう。 手数料(スプレッド)の安さ 手数料が安ければ、取引のコストが下がります。 多くの取引所が「入出金手数料」を無料にしていますが、ここで注目すべきは 「取引手数料」や「送金手数料」です。 販売所では、売買価格の差額が手数料として運営元に入ります。 これを「取引手数料(スプレッド)」と呼びますが、 取引の回数が多くなればなるほど取引手数料の負担も大きくなるので注意が必要です。 また、別の取引所やウォレットに仮想通貨を送金するときにかかる「送金手数料」もチェックしておきましょう。 サーバーの強さ 仮想通貨は値動きが激しいので、安定したサーバーで取引するのをおすすめします。 サーバーが弱い取引所では、注文が通りにくくなります。 万が一、サーバーがダウンしている間に保有する仮想通貨が暴落してしまった場合、大損する可能性もあるのです。 主に短期的なトレードを行っている方は、 過去にサーバーダウンが少ない取引所を選ぶようにしましょう。 使いやすさ 初心者にとって「見やすさ」や「使いやすさ」も大事なポイントとなるでしょう。 スマホで使用できるか、専用のアプリがあるか、購入画面やチャートが見やすいか、操作しやすいかなどもチェックしておくことをおすすめします。 中には 独自ツールを用意している取引所もあるので、是非自分に合ったところを見つけてください。 海外の仮想通貨・ビットコイン取引所を利用する際の注意点 仮想通貨取引の上級者は世界に目を向けてみましょう。 海外の取引所を選ぶと投資の幅が広がります。 海外の取引所では100倍という高いレバレッジもかけることもでき、より大きな取引が可能になるのが魅力です。 複数の取引所で口座開設し、用途に合わせて使い分けしている方もいます。 ここでは海外の仮想通貨取引所を利用する際のポイントを紹介します。 日本語に対応していない 多くの場合、海外の取引所は日本語に対応していないので 英語力が必須となります。 操作画面はもちろん、取引に関する問い合わせもすべて英語で行うことになるので英語が苦手という方にはあまりおすすめできません。 日本円が使えない 海外の取引所では法定通貨である 日本円を入金することができません。 まずは取引所が指定する「基軸通貨」を手に入れなければなりません。 国内の取引所にて日本円でビットコインなどの基軸通貨を購入し、口座開設した海外の取引所に送金する必要があります。 その後、その基軸通貨で買いたいアルトコインを購入するという流れになります。 仮想通貨取引所の口座の作り方・開設方法 口座開設から取引開始までにかかる日数はわずか数日。 最短で翌営業日から取引を始めることができます。 口座開設の流れについても仮想通貨取引所ごとに異なるので、このあと詳しく解説します。 仮想通貨取引所DMMBitcoinで口座開設する方法• アカウント登録(メールアドレスの登録)• 基本情報の入力と本人確認書類の提出• 口座開設審査• 認証コードの入力 GMOコインで口座開設する方法• アカウント登録(メールアドレスの登録)• 送られてきたメールのリンクからパスワードを登録• サイトにログインして二段階認証の登録• 基本情報の入力と本人確認書類の提出• 郵送で送られてくる口座開設コードを入力 Coincheck(コインチェック)で口座開設する方法• アカウント登録(メールアドレスとパスワードの登録)• 送られてきたメールに貼ってあるURLを開けばログイン完了• 基本情報の入力と本人確認書類のアップロード• 郵送で送られてくるハガキを受け取る bitbank(ビットバンク)で口座開設する方法• アカウント登録(メールアドレスとパスワードの登録)• 送られてきたメールのリンクからパスワードを登録• 基本情報の入力と本人確認書類のアップロード• 郵送で送られてくるハガキを受け取る BINANCE(バイナンス)で口座開設する方法• アカウント登録(メールアドレスの登録)• 確認メールに記載されているリンクをクリック• 個人情報の入力• 二段階認証の設定 バイナンスは本人確認書類の提出が不要となっているのが特徴です。 BitMEX(ビットメックス)で口座開設する方法• 基本情報の登録(メールアドレス、パスワード、お住まいの国、名前)• 確認メールに記載されているリンク「Verify Regitration at BitMEX」をクリック• 二段階認証の設定 Bittrex(ビットレックス)で口座開設する方法• メールアドレスとパスワードの登録• 確認メールに記載されているURLからログイン• 個人情報の入力• 本人確認書類をアップロード Poloniex(ポロニエックス)で口座開設する方法• メールアドレスとパスワードの登録• 確認メールに記載されているURLからログイン• 個人情報の入力• 本人確認書類をアップロード• 二段階認証の設定 ・仮想通貨取引所の専用アプリ ・ウォレットアプリ ・チャートアプリ ・情報収集アプリ ・ポートフォリオ管理アプリ ・セキュリティ対策アプリ 仮想通貨取引所のスマホアプリ比較一覧 取引所名 スマホアプリ名 機能 DMM Bitcoin DMM Bitcoin レート・チャート確認、入出金、現物取引、レバレッジ取引、スピード注文 GMOコイン ・GMOコイン 仮想通貨ウォレット ・GMOコイン仮想通貨FXアプリ ビットレ君 仮想通貨取引に必要な機能をほぼ網羅した「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」と、仮想通貨FXに特化した「ビットレ君」の2種類がある。 Coincheck(コインチェック) Coincheck レート・チャート確認、入出金、現物取引、送金、チャット bitbank(ビットバンク) ビットコイン リップル 取引アプリ bitbank レート・チャート確認、入出金、現物取引、送金.

次の