ロト 6 予想 100。 予想数字人気ランキング

出目頻度 過去100回

ロト 6 予想 100

もうかれこれが、これといった成果なし。 たまーに1000円くらい当たったりするものの、ドカーン! と当たったためしは今のところない。 しかし……男には、それでも勝負しなければならない時もある。 たぶん今まで当たらなかったのはチマチマ買っていたからだ。 たまーに感じる「勝負!」という時は、ひそかに1万円ぶんくらいぶっこんで、2500円くらい当たったこともある。 ならば……とばかりに、 ロト6に100万円ぶっこんでみた。 ・1等当たれば2億円以上 私が狙いを定めたのは、今週末2018年11月29日(木)に抽選される第1334回のロト6。 キャリーオーバーは2413万2387円と少ないが、1等当たれば2億円以上はもらえる計算。 神社にお参りにも行きまくったし、勝負するなら今なのだ。 ちなみにロト6は1口あたり200円。 これが100万円ぶんだと5000口に。 1〜43までの数字の中から6つ選んで……のロト6だが、5000もの組み合わせを考えていたら年が明けるので、 すべてクイックピック(自動選択)で買うことにした。 なお、5000口ぶんのクイックピックを買うにあたって、いちいち「ロト6申込カード」を1000枚用意して「クイックピック」の欄に5000回マークを入れる……なんて必要なかった。 事前に売り場のお姉さんに相談したところ…… お姉さん「すべてクイックピックでしたら、申込カードは1枚で大丈夫です。 準備ができたところで連絡をもらい、再び窓口に出向いて購入……という段取りをとった。 期待と不安が交錯するなか…… ごろん……!! 夢心地……!! この1000枚(5000口)の宝くじ券が、 2億に化けるか、ゴミと化すかは、今週末 2018年11月29日(木)の抽選次第……なのだが、自分の目で5000口ぶんも当たり外れを確認するのは困難なため、抽選日翌日の金曜日(30日)の午前中に、ふたたび窓口に赴き、チェックしてもらうことになっている。 はたしてロト6に100万円ぶっこんだらどのくらい当たるのか? 気になる結果はだ。 乞うご期待! Report: Photo:RocketNews24.

次の

次回 (第1491回) の予想番号

ロト 6 予想 100

「これ、マジ、やっべぇ〜」。 Kis-My-Ft2の二階堂高嗣が、自ら購入したロト6の当せん番号を照会しながら叫ぶ。 その場に指南役として立ち会った『ロト・ナンバーズ「超」的中法』(主婦の友インフォス)の石川修編集長はその場の様子をこう語る。 「二階堂さんが購入した数字は23、24、32、37、42、43。 当せん数字は23、24、32、37、41、42。 41と43が違っただけ。 頭から4つが一致していたので、二階堂さんはじめ、スタッフ全員がまさに息をのんだのが伝わってきました」(石川編集長・以下同) 4月6日深夜のテレビ朝日系『10万円でできるかな1時間スペシャル』番組内でのこと。 Kis-My-Ft2の二階堂高嗣がロト6で100万円を超える高額当せん。 みずほ銀行で賞金を受け取るまでが放送された。 テレビで出演者が100万円以上を当てたのは、なんと23年ぶりとのことで、大きな話題になっている。 ロト6というのは、43個の数字から6個を選び、全部が的中すると最大6億円が当たる宝くじ。 ただ43個から6個すべて当てる確率は約600万分の1という狭き門だ。 今回、二階堂は前出のように当せん数字を5つ当てる(3等)ことに2口成功。 1口が約47万円だったことから、これだけで94万円。 ほかに9,500円や1,000円の小当たりも多数あり、総額は101万3,100円という大当たりになった。 「番組スタッフも『これまで番組で、毎回10万円を投じてマイナスだった分がすべて回収できた』と大喜びでした。 ただ正直、いつもこんなにうまくはいきません。 3等2本は当たりすぎです(笑)」 そう、石川編集長は謙遜するが、この大当たりが収録されたのは1月。 あまりの大当たりに、放送が4月の番組改編時の拡大版スペシャルまで持ち越されていたことからも、スタッフの興奮ぶりが伝わってくる。 そんな二階堂の大当たりを招いた数字の選び方を、石川編集長から指南してもらった。 「今回、二階堂さんに伝授した攻略ポイントは5つ。 すべて『ロトナン』編集部でこれまで蓄積してきたもの。 編集部ではこの全当せん数字をデータ化してあります。 番組収録日は1月15日(月)でしたので、1月の月曜にどの数字が何回出ているか、15日にはどの数字が何回出ているかなどを調べました」 なかでも、石川編集長が重視したのが大安や仏滅といった六曜。 「この日は先負でしたから、過去の先負の日にどの数字が強いのかをチェック。 この月の曜日別、日別、六曜別のデータを総合したところ、いちばん強いのは37でした」 【2】連続した数字を1つ選べ 「これまでのロト6の当せん番号の傾向として、06、07など、連続する数字が入ることが多い。 6つの数字のうち、連続する数字を1組以上入れることを勧めました」 【3】下1桁が同じ数字を1つ選べ 「じつはこれまで1240回中980回以上、6個の数字の中に下1桁が同じものが入っています。 確率にしたら79%以上の驚異の確率。 06、16のように下1桁が同じ数字を1組入れることも大事」 【4】その日出やすい数字の傾向も読む 「(1)のデータで、次点の強さの数字を5つ並べて、当せん数字6つ全体の傾向もチェック。 1月15日の場合は22より上に数字が偏っていたので、6つの数字をなるべく22より上にするようにすすめました」 【5】ロト6で過去に1等当せん経験のある「かっちゃん」のラッキー数字を入れる 「『ロトナン』誌面にも登場したことがある、ロト6の1等当せん者『かっちゃん』。 彼にも番組収録に立ち会ってもらい、アドバイスをもらいました。 彼いわく『自分が当たるときには24を入れていることが多い。 ラッキー数字だから入れましょう』。 そこで24も入れたんです」 ここで一度整理しよう。 番組収録の1月15日抽せんの場合。 (1)37を入れる (2)連続した数字を入れる (3)下1桁が同じ数字を1組入れる (4)6つの数字をすべて22より上の数字にする (5)かっちゃんの推す24をいれる そしてこの日の当せん数字を改めて紹介すると、23、24、32、37、41、42。 「ズバリ(1)〜(5)までの条件がすべて当てはまったんです。 これが今回の100万円超えの奇跡を呼んだ理由です」.

次の

ロト6生活(LOTO6の総合情報サイト)

ロト 6 予想 100

「これ、マジ、やっべぇ〜」。 Kis-My-Ft2の二階堂高嗣が、自ら購入したロト6の当せん番号を照会しながら叫ぶ。 その場に指南役として立ち会った『ロト・ナンバーズ「超」的中法』(主婦の友インフォス)の石川修編集長はその場の様子をこう語る。 「二階堂さんが購入した数字は23、24、32、37、42、43。 当せん数字は23、24、32、37、41、42。 41と43が違っただけ。 頭から4つが一致していたので、二階堂さんはじめ、スタッフ全員がまさに息をのんだのが伝わってきました」(石川編集長・以下同) 4月6日深夜のテレビ朝日系『10万円でできるかな1時間スペシャル』番組内でのこと。 Kis-My-Ft2の二階堂高嗣がロト6で100万円を超える高額当せん。 みずほ銀行で賞金を受け取るまでが放送された。 テレビで出演者が100万円以上を当てたのは、なんと23年ぶりとのことで、大きな話題になっている。 ロト6というのは、43個の数字から6個を選び、全部が的中すると最大6億円が当たる宝くじ。 ただ43個から6個すべて当てる確率は約600万分の1という狭き門だ。 今回、二階堂は前出のように当せん数字を5つ当てる(3等)ことに2口成功。 1口が約47万円だったことから、これだけで94万円。 ほかに9,500円や1,000円の小当たりも多数あり、総額は101万3,100円という大当たりになった。 「番組スタッフも『これまで番組で、毎回10万円を投じてマイナスだった分がすべて回収できた』と大喜びでした。 ただ正直、いつもこんなにうまくはいきません。 3等2本は当たりすぎです(笑)」 そう、石川編集長は謙遜するが、この大当たりが収録されたのは1月。 あまりの大当たりに、放送が4月の番組改編時の拡大版スペシャルまで持ち越されていたことからも、スタッフの興奮ぶりが伝わってくる。 そんな二階堂の大当たりを招いた数字の選び方を、石川編集長から指南してもらった。 「今回、二階堂さんに伝授した攻略ポイントは5つ。 すべて『ロトナン』編集部でこれまで蓄積してきたもの。 編集部ではこの全当せん数字をデータ化してあります。 番組収録日は1月15日(月)でしたので、1月の月曜にどの数字が何回出ているか、15日にはどの数字が何回出ているかなどを調べました」 なかでも、石川編集長が重視したのが大安や仏滅といった六曜。 「この日は先負でしたから、過去の先負の日にどの数字が強いのかをチェック。 この月の曜日別、日別、六曜別のデータを総合したところ、いちばん強いのは37でした」 【2】連続した数字を1つ選べ 「これまでのロト6の当せん番号の傾向として、06、07など、連続する数字が入ることが多い。 6つの数字のうち、連続する数字を1組以上入れることを勧めました」 【3】下1桁が同じ数字を1つ選べ 「じつはこれまで1240回中980回以上、6個の数字の中に下1桁が同じものが入っています。 確率にしたら79%以上の驚異の確率。 06、16のように下1桁が同じ数字を1組入れることも大事」 【4】その日出やすい数字の傾向も読む 「(1)のデータで、次点の強さの数字を5つ並べて、当せん数字6つ全体の傾向もチェック。 1月15日の場合は22より上に数字が偏っていたので、6つの数字をなるべく22より上にするようにすすめました」 【5】ロト6で過去に1等当せん経験のある「かっちゃん」のラッキー数字を入れる 「『ロトナン』誌面にも登場したことがある、ロト6の1等当せん者『かっちゃん』。 彼にも番組収録に立ち会ってもらい、アドバイスをもらいました。 彼いわく『自分が当たるときには24を入れていることが多い。 ラッキー数字だから入れましょう』。 そこで24も入れたんです」 ここで一度整理しよう。 番組収録の1月15日抽せんの場合。 (1)37を入れる (2)連続した数字を入れる (3)下1桁が同じ数字を1組入れる (4)6つの数字をすべて22より上の数字にする (5)かっちゃんの推す24をいれる そしてこの日の当せん数字を改めて紹介すると、23、24、32、37、41、42。 「ズバリ(1)〜(5)までの条件がすべて当てはまったんです。 これが今回の100万円超えの奇跡を呼んだ理由です」.

次の