産前 産後 休暇。 産前休暇は必ずしも取らなくてもよい?取らないメリットとは [妊娠後期] All About

産前産後休暇(産休)の期間と申請方法は?給与や手当はある?

産前 産後 休暇

支援制度 休暇,労働時間,休業に関する学内制度 産前休暇(特別休暇)• 出産予定日の6週間前(双子以上は14週間前)から、職員からの申出によりに入れます。 男性職員は妻が出産するとき、妻の入院~退院の間で2日の休みを取ることができます。 1日または1時間単位で取得できます。 出産したときは、部局等担当グループ等に電話で連絡してください。 出産した日の翌日から8週間はです。 産後休暇を取得した後にを取得したいときは,育児休業を始めようとする日の1ヶ月前までに育児休業の申請手続を行ってください。 育児参加休暇 特別休暇 男性職員は妻が出産するとき、小学校就学前の子の養育のためにをとることができます。 パートタイム勤務の契約職員,非常勤職員 健康保険 協会けんぽ もしくは国民健康保険などの担当窓口にご相談ください。 参考リンク 出産手当金 健康保険適用者のみ 産前・産後の休暇中、報酬の全部または一部が支給されない場合、本人からの申請により、所属する健康保険から出産手当金が支給されます。 「」に出産に関する医師の証明を受け、所属する部局等の担当グループに提出してください。 その他 乳幼児医療費助成制度や児童手当 お住まいの自治体の担当窓口にお尋ねください。 受取代理制度を利用した場合 事前に提出いただく「出産費等支給申請書(受取代理用)」をもって申請とするため、別途の申請書類はありません。 本サイトでリンクを設定している就業規則は, 外部公開用の「」に掲載された内容です。 就業規則の最新の内容や外部公開用の「広島大学規則集」に掲載されていない就業規則については, 学内ネットワーク限定の「」で閲覧してください。 文中「いろは」と表記されたリンクは,本学職員向けのポータルサイトである「」に掲載されたコンテンツへのリンクです。 閲覧するためには,広大ID 職員番号 とパスワードによる「いろは」へのログインが必要となります。 「いろは」に掲載されたコンテンツをスマートフォンから閲覧しようとした場合,一部のコンテンツがご覧いただけないことがあります。 その場合は,一旦「いろは」からログアウトし,再度「いろは」のログインページの最下部にある表示切替で「タブレット版」を選択してから再度ログインしてください。

次の

有給消化と産前休暇について

産前 産後 休暇

お答えいたします ご利用頂き有難うございます。 ご相談の件ですが、ご認識の通り産前産後休暇中の賃金については無給でも差し支えないですし、また賞与の算定につきましても休暇日を計算上通常の欠勤と同様に控除して取り扱う事は不利益な取り扱いには当たらず通常は可能といえます。 但し、仮に御社規定上で育児休業の場合賞与対象期間としないと明記されているにも関わらず産休については同様の定めがされていないとなりますと、内容的には産休は対象期間に含まれると解釈されても仕方ないといえるでしょう。 従いまして、そのような場合は根拠の不明確さからも産休期間については賞与対象期間とされるのが妥当といえます。 一方で、年次付与に関する出勤率計算につきましては、産前産後休暇を欠勤扱いする事は出来ず、出勤扱いとしなければなりませんのでご注意下さい。 なお、判例では、賞与の計算式において、産前産後休業の日数分や勤務時間短縮措置の短縮時間分を減額の対象となる欠勤として扱うことは、直ちに公序に反し無効なものということはできないとしており賞与に関しては、欠勤としても問題はないです。 しかし、産前産後休業や勤務時間短縮措置による育児時間のような権利や利益は労基法等で保障されたものであり、それらの権利・利益を保障した法の趣旨を実質的に失わせるような賞与支給の要件を定めることは許されない」として労働者側の勝訴を言い渡しておりますので、支給要件の場合は、産前産後休暇等に関しては、出勤すべき日数から除外する等されたほうがよろしいかと思います。 賞与査定期間の全てではないのですが、出勤していた分はもちろん支払う 休んでいた期間のみ欠勤と取り扱う 予定です。 ご回答くださいましてありがとうございました。 賞与の考課期間中は勤務していましたが、賞与の支給時期に休職している場合、賞与の支給対象となるのでしょうか。 また、休職期間が終わり復職された場合に、次回の賞与が支給されないこと(考課期間勤務実... 賞与の支給は年間2回、半年ごとに査定を行い賞与を支給する会社が多いですが、 賞与査定期間を重複させた場合、問題はありますでしょうか。 例えば以下のように考えています。 あわせて読みたいキーワード 「賞与(ボーナス)」は、一般的には企業が多くの利益を上げたときに、従業員にその利益を還元するために支払われる一時金のことを意味します。 「いい」という意味をもつラテン語の「ボヌス」から派生した「ボーナス(bonus)」ですが、「パートタイム労働者には賞与を支給しない、もしくは非常に少額」という企業が多... 会社あるいは部門ごとの業績を賞与支給額に連動させる制度。 成果主義へ移行する企業のほとんどが採用しています。 一般的には全社業績で賞与原資を決め、各部門の目標達成度などに応じて配分額を決める企業が多いようです。 「産前産後休業保険料免除制度」とは、産前産後休業(産休)期間中の健康保険料、厚生年金など社会保険料について、次世代育成支援の観点から、その支払いを免除する制度のことです。 保険料の免除は事業主からの申出により、折半している被保険者本人負担分と事業主負担分の双方が対象になります。 免除された保険料は支払っ... よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか? 現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43. 7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

次の

産前・産後、育児休業制度の概要|産前・産後休業、育児休業関連情報

産前 産後 休暇

分類: 産前産後休業の条件・期間・給料・手当などに関する基礎知識を解説します。 産前産後休業の条件と期間 産休とは、一般的には略して利用されることが多いですが、正式には「産前産後休業」です。 細かいですが「休業」であって「休暇」ではありません。 産前の休業 産休の請求ができるのは以下の条件に該当する女性の従業員です。 6週間以内に出産する予定• 双子や三つ子など多胎妊娠の場合、14週間以内に出産する予定 会社はこの条件に該当する従業員から産休の請求があった場合、拒否することはできません。 労働基準法により認められた権利であるため「うちの会社に産休制度はない」という言い訳もできませんし、違反した場合は、 6か月以下の懲役または30万円以下の罰金という罰則があります。 ここでの注意点は、 請求があった場合 という部分です。 請求がなければ会社は勤務させても構いません。 産後の休業 産前の休業は請求によるものですが、産後の休業については 請求がなくても勤務させてはいけません。 労働基準法第65条第2項を簡単に書くと以下の規定となります。 産後8週間以内の女性を就業させてはダメ• ただし、産後6週間を経過して請求があった場合で、医師が支障がないと認めた業務であればOK 労働基準法第65条(産前産後)• 使用者は、6週間(多胎妊娠の場合にあっては14週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。 使用者は、産後8週間を経過しない女性を就業させてはならない。 ただし、産後6週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に就かせることは、差し支えない。 産前産後休業と育児休業の違い たまに産休と育休を混同している人がいるので、簡単に触れておきます。 育休とは、育児・介護休業法に基づく「育児休業」のことです。 これも「休暇」ではなく「休業」です。 育児休業は、1歳に満たない子を養育する男女の従業員が会社に申し出ることで、子が1歳になるまでの間で希望する期間、育児のために休業できる制度です。 図にすると以下のとおりです。 産前産後休業と育児休業では、対象としている期間が異なるわけですが、その他にも育児休業の場合は、• 男性従業員も取得が可能• 育児休業期間は約1年(子が1歳になるまで)と産休よりも長い期間の休業が可能 という特徴があります。 関連: 産前産後休業中の給料 よく誤解されている点が産休中の給料です。 前述のとおり、請求があれば産前の休業、請求がなくても産後の休業を会社は付与しなければなりませんが、その間の給料の支給有無について法律上は何も規定がありません。 つまり、 産休中に支給するかどうかは会社の裁量次第 であり、多くの中小企業では産休中の給料はなしとしているようです。 ただし、産休中の有給・無給については後々のトラブルを防ぐために、 就業規則にきちんと規定しておくことが大事 です。 産前産後休業中の手当 多くの中小企業では産休中の給料はないと書きましたが、その代わりに健康保険から「出産手当金」が支給されます。 出産手当金の条件 出産手当金を受けるための条件は以下のとおりです。 被保険者が出産した(する)こと• 妊娠4か月(85日)以上の出産であること(早産・死産(流産)・人工妊娠中絶を含む)• 出産のため仕事を休み、給与の支払いがない、またはその支払額が出産手当金より少ないこと 出産手当金の金額 そして出産手当金の1日当たりの給付金額は以下の計算によります。 なお、上の計算式は平成28年4月からの改正点で、平成28年3月までは「支給開始日以前の継続した12か月間の各月の標準報酬月額を平均した額」ではなく「休んだ日の標準報酬月額」となっていましたので古い情報のままになっている方はご注意ください。 出産手当金の期間 また、出産手当金の支給期間は以下のとおりです。 出産日(出産予定日より遅れた場合は出産予定日)以前42日(多胎妊娠は98日)から出産後56日までの期間 参考: 産前産後休業中の社会保険料 産休中は、社会保険料(健康保険・厚生年金保険)の支払いが、会社分・従業員ともに免除されます。 「産前産後休業保険料免除制度」という制度ですが、会社が従業員から産休の請求を受けた場合、会社は「産前産後休業取得者申出書」を日本年金機構へ提出することで社会保険料が免除されます。 また、産前産後休業保険料免除制度は、産休中に有給・無給であるかは関係なく申し出ることができます。 保険料が免除される期間は、産前産後休業開始月から終了予定日の翌日の月の前月(産前産後休業終了日が月の末日の場合は産前産後休業終了月)までです。 免除期間については、保険料を納めた期間として扱われ、将来の年金額への影響はありません。 参考: 参考: まとめ 当事務所で就業規則の説明会を行う中で、従業員から最も多く質問を受けるのが休暇・休業制度です。 従業員の関心が高い内容ですし、法律に沿った運用をしておかなければ違反になるため、就業規則をきちんと整備しておきましょう。 【無料】毎月1回、効率的に人事労務の情報を入手しませんか? あべ社労士事務所は、毎月1回(次回は に発出予定)、• 毎年のように改正される労働法令への対応に頭を悩ませている• 働き方の見直しといっても、具体的な実務でどう対応すれば良いかわからない• 総務や経理などの他の業務を兼務しているので、人事労務業務だけに時間を割けない といった悩みを抱える経営者・人事労務担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えて、人事労務に関する情報・ノウハウ、時期的なトピックをメールマガジンでお送りしています。 しかも「無料」で。 過去の配信分は公開しません。 情報が必要な方は、いますぐ、以下のフォームから購読の登録をしてください。

次の