マクビー プラネット ipo。 IPO初値予想

あかぱんのIPO&優待投資日記

マクビー プラネット ipo

0 % みずほ証券 3. 5% エース証券 0. 9% 極東証券 0. 9% 藍澤證券 0. 4 % エイチ・エス証券 0. 4% 東洋証券 0. 4% むさし証券 0. 1倍~28. 4倍 16. 1倍 連 19. 6倍 連 25. 4倍 連 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社3社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は 類似会社より割高と判断できる。 Macbee Planetはネットマーケ支援のマザーズIPO データを活用したマーケティング分析サービスの提供を行う。 前期実績で売上高の98. 4%を占めるアナリティクスコンサルティング事業では、データ解析プラットフォーム「ハニカム」を活用することで、複数のメディアにまたがって出稿しているWeb広告の一元管理を行う。 マーケティングテクノロジー事業でWeb接客ツール「Robee」も。 AI、ビッグデータといった人気の投資テーマに乗り、業績成長率の高さに比べ株価バリュエーションは穏当な水準。 今回は市場環境が大きく悪化しており、公開規模の荷もたれ感が意識されやすいだろうが、2018年12月のIPO結果を見ると初値を伸ばすことは十分可能と考えられる。 公開規模については20億円強となる見込みだが、既存株主の売りは出にくいだろう。 10円/0. Macbee Planetの業績コメント 2020年4月期の業績は、売上高が前期比35. 6%増の63. 5億円、経常利益が同63. 0%増の3. 1億円と増収増益の見通しとなっている。 同社が事業展開を行う国内インターネット関連市場においては、スマートフォンやタブレット端末をはじめとするインターネット利用端末の多様化等により、インターネット利用人口は2018年の1年間で13歳~59歳の各年齢階層において9割を超えて利用され、人口普及率は79. 8%と高い水準を維持している。 また、FacebookやTwitter、LINEに代表されるソーシャルメディアの普及率は60. 0%(前年比5. 3%増)と上昇を続けている。 消費者がインターネット及びスマートフォンを利用する時間の拡大とともに、インターネットやスマートフォンに関連したサービスは更なる市場拡大が期待されている。 こうした環境のもと、同社は、新規取引先の開拓や、プロダクトの開発に力を入れることによるRobeeの新規導入先の拡大等の、事業拡大に向けた取り組みを進めており、業績は堅調に推移している。 なお、通期計画に対する第2四半期末時点における進捗率は、売上高36. 4億円で57. 3%、経常利益3. 2億円で101. 5%となっている。 4% マーケティングテクノロジー事業 75 百万円 1. 6% 合計 4,685 百万円 100. 00% 2 小嶋 雄介 76万8000株 29. 09% 3 松本 将和 34万500株 12. 90% 4 浦矢 秀行 7万9500株 3. 01% 合計 264万株 100. 同社における各事業の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおり。 アフィリエイト広告の配信会社であるアフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)を含む)から、クライアントのマーケティング目標に合致した適切な出稿先を選定し、ランディングページ(広告やメディアなどから飛び先となるクライアントページのこと。 LP)へ流入数を高めるとともに、クライアントのマーケティング活動の戦略立案や運用支援を行っている。 同社は成果(サービス申込、契約成立、商品購入等、同社とクライアントの間で設定している成果地点を達成し、クライアントによる測定、いわゆる検収・承認がなされたものを指す)に連動した報酬をクライアントから受け取り、その一部を同じく成果に連動してメディアに対して支払う。 (マーケティングテクノロジー事業) マーケティングテクノロジー事業は、Web接客ツールである「Robee」を活用し、データ解析と機械学習により、消費者のLPへの流入経路、行動パターンを収集し、消費者行動を予測することで、成果(アナリティクスコンサルティング事業の記載と同様)につながるマーケティングを実施している。 成果報酬型広告において、成果1件あたりにかかった費用を指す。 Macbee Planetの投資のポイント AI(人工知能)、ビッグデータといった人気の投資テーマに乗り、業績成長率の高さに比べ株価バリュエーションは穏当な水準と言える。 0%と極めて高い人気を見せた。 今回は市場環境が大きく悪化しており、公開規模の荷もたれ感が意識されやすいだろうが、同様に日経平均が一時1万9000円を割り込んだ2018年12月のIPOを見ると、公開規模19. 4%という初値を付けた。 同社は、データ解析プラットフォーム「ハニカム」やWeb接客ツール「Robee」等を用いて、企業に対しインターネットマーケティングの課題解決を行っている。 前期実績で売上高の98. 4%を占めるアナリティクスコンサルティング事業は、「ハニカム」を活用することで、複数のメディアにまたがって出稿しているWeb広告の一元管理を行い、同社が連携している多くのメディアから、クライアントのマーケティング目標に合致した適切な出稿先を選定し、ランディングページ(クライアントページ、LP)へ流入数を高めるとともに、クライアントのマーケティング活動の戦略立案や運用支援を行っている。 6%を占めるマーケティングテクノロジー事業は、「Robee」を活用し、データ解析と機械学習により、消費者のLPへの流入経路、行動パターンを収集し、消費者行動を予測することで、成果につながるマーケティングを実施している。 業績面について、2020年4月期は売上高が前期比35. 6%増の63. 5億円、経常利益が同63. 0%増の3. 1億円と増収増益の見通しとなっている。 セグメント別売上高は、アナリティクスコンサルティング事業が同34. 9%増の62. 1億円、マーケティングテクノロジー事業が同81. 2%増の1. 3億円となる。 上期(2019年5-10月)はサービス立ち上げ期における(株)SBIネオモバイル証券との取引が一時的に増加したといい、既に通期の利益計画を超過している。 想定仮条件水準の今期予想PERは25~28倍程度となる。 類似のインターネット広告関連会社はPER水準がさほど高くないが、同社は業績成長率の高さなどから十分許容されそうだ。 公開規模については20億円強となる見込み。 小嶋雄介社長ら役員や松本将和取締役の資産管理会社が発行済株式の全てを保有している。 公開規模はやや荷もたれ感が意識されそうな大きさだが、既存株主の売りは出にくいだろう。 毎回、引受株数の10%以上が完全抽選制のオンライン口座に配分される。 また、 購入資金は当選後の購入申し込みまでに入金すればOKなので、口座の資金を気にせず気軽に申し込めるのは、限られた資金で運用する個人投資家にとって大きなメリット。 本気でIPO投資を考えるなら、 絶対に口座を開いておきたい証券会社だ。 また、日本3大証券会社のひとつだけあり 「日本郵政グループ3社」や「JR九州」「ソフトバンク」などの超大型IPOでは、主幹事証券の1社として名を連ねている。 10%分の同率抽選では、1人1単元しか申し込めないので 資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。 さらに、2019年2月からは、預かり資産などによって当選確率が変わる「ステージ別抽選」がスタート。 平等抽選に外れた人を対象にした追加抽選で、最高ランクの「プラチナ」だと1人25票が割り当てられて当選確率が大幅にアップする。 ネット投資家を対象とした取引量・資金量が関係しない平等抽選が、原則、個人投資家への販売予定数量の15%と高めに設定されているのもメリット。 申し込みは1銘柄につき1単元のみなので、 当選確率が資金量に左右されない。 特に取扱銘柄数がダントツで、2019年は全86社中82社と約95%のIPO銘柄を取り扱った。 つまり、 SBI証券の口座さえ持っていれば、大半のIPO銘柄に申し込めると考えていいだろう。 個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。 1単元1票の抽選なので、 多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなる。 当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」が、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのもメリットだ。 【関連記事】.

次の

IPO当落結果「Macbee Planet」補欠祭りのようですね!

マクビー プラネット ipo

ハニカム …アフィリエイトなどのWEB広告を一元管理できるサービス Robee …最適な広告のための分析などを自動でおこなってくれるサービス Macbee Planetは、データを活用したマーケティングサービスを提供しています。 Macbee Planetの事業系統図はこちらです。 Macbee Planetの事業別売上高はこちらです 2019年4月期。 Macbee Planetの業績 決算 はこちらです。 株主をチェック 株主構成はこちらです。 筆頭株主は、MG合同会社となっています。 24% 千葉 知裕 21,000株 0. 72% 高原 英実 15,000株 0. 51% 小嶋 美穂 13,500株 0. 46% 前橋 匠 10,500株 0. 36% 高松 ちひろ 7,500株 0. 150,500株 想定価格 1,860円 仮条件 1,830円~1,990円 公募価格 1,830円 初値 2,348円 公募価格比+28. 3% 想定時価総額 55. 9億円 想定吸収金額 21. 4億円 過去の案件と比較 Macbee Planet 7095 のIPO 新規上場 データは、こちらです。 ・市場…東証マザーズ ・時価総額…55. 9億円 ・吸収金額…21. 過去の案件をみると、どれもプラスリターンとなっていまうs。 4億円 55. 3億円 147億円 3,800円 +11. 2億円 120億円 1,400円 +33. 6億円 104億円 2,395円 +14. 1億円 124億円 3,225円 +135. 2億円 99. 6億円 2,715円 +12. 7% 調達資金の使い道 第三者割当増資の手取概算額2億5,753万5千円を合わせた8億8,067万9千円を開発資金や広告宣伝費などに充当する予定です。 内訳は以下の通りです。 ソフトウェアの機能追加及び機能強化に係る費用 …300万円 2020年4月期 …7,000万円 2021年4月期 …1億4,526万7千円 2022年4月期 広告宣伝活動費用 …1,351万4千円 2020年4月期 …3,625万円 2021年4月期 …5,285万円 2022年4月期 事業拡大に必要な人員確保の費用 …459万3千円 2020年4月期 …8,867万9千円 2021年4月期 …1億8,072万5千円 2022年4月期 金融機関に対する借入金の返済資金 …1億1,299万9千円 2020年4月期 …1億914万8千円 2021年4月期 …6,365万4千円 2022年4月期以降 従業員の状況 Macbee Planet 7095 の従業員の状況は以下の通りです。 小嶋 雄介 代表取締役 …2008年 ケーユー入社 …2009年 フィールズ入社 …2011年 文化企画入社 …2013年 まくびーインターナショナル入社 …2015年 Macbee Planet設立 代表取締役社長就任 松本 将和 取締役 プロダクト本部長 …2003年 東放制作 現 エフエフ東放 …2004年 ライブドアファイナンス入社 …2005年 まくびー設立 代表取締役社長就任 …2010年 フォーイット 取締役就任 …2011年 まくびーインターナショナル設立 代表取締役就任 …2013年 アジアンビューティーラボ 現 Macbee Emotional 代表取締役就任 …2013年 まくびープロ 現 Macbee Hollywood Entertainment 代表取締役社長就任 …2014年 ロンバード 取締役就任 …2015年 Macbee Planet設立 取締役就任 …2017年 CANARY COMPANY 代表取締役社長就任 …2017年 Macbee Planet 取締役経営戦略本部長 …2019年 Macbee Planet 取締役プロダクト本部長 現任 浦矢 秀行 取締役 コンサルティング本部長 …1997年 エス・ピー・エス入社 …2000年 エンブレム入社 …2002年 エル・シー・エム入社 …2004年 enca 代表取締役就任 …2008年 エル・シー・エム 代表取締役社長就任 …2013年 タンク入社 …2015年 まくびーインターナショナル入社 …2017年 Macbee Planet入社 …2017年 Macbee Planet 取締役就任 申込ができる証券会社 Macbee Planet 7095 の主幹事証券は、SBI証券です。 幹事証券は、こちらです。 他にも、エース証券、極東証券、藍澤證券、エイチ・エス証券、東洋証券、むさし証券から申し込むことができます。 現在募集しているIPO案件 現在募集しているIPO案件はこちらです。 関連資料 Macbee Planet 7095 :『新株式発行並びに株式売出届出目論見書』 Macbee Planet 7095 :『公式HP』 注意事項 ・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません ・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません ・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします ・当サイトでは、IPO 新規上場 についての情報を提供しています。

次の

IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記 - 投資ギャンブル ブログサイトランキング

マクビー プラネット ipo

仮条件:1,830円~1,990円 想定価格は1,860円でしたので、 下限は30円下振れ、上限は130円上振れと それなりの設定となりました。 そのため、吸収金額は 最大約22. 9 億円となります。 Macbee Planet(7095)IPOの詳細 メリット 上位株主には90日~180日間のロックアップがかかっていますが一部株主にはかかっていません。 価格による解除はありませんので、大きな売り圧力の心配はほとんどありません。 事業内容的には、マーケティング分析サービスの提供と印象は悪くないと思います。 スケジュール的には、単独上場であり問題なさそうです。 売上高、業績ともに綺麗な右肩上がりです。 業績から、今後の成長も期待できそうです。 デメリット メリット要素が多いようですが、吸収規模、公開株数が少ないわけではないので、需給面での有利さはあまり感じられません。 新型コロナウイルスの影響で地合いが悪化していることも気になります。 Macbee Planet(7095)IPOは、東証マザーズ上場で吸収金額は最大約22. 9億円の中型となります。 上位株主には90日~180日間のロックアップが掛かっていますが、一部株主にはかかっていません。 価格による解除はありません。 事業内容的には、マーケティング分析サービスの提供と印象は悪くないと思います。 売上高、業績ともに綺麗な右肩上がりです。 業績から、今後の成長も期待できそうです。 スケジュール的には、単独上場であり問題なさそうです。 IPOラッシュも終盤となり、個人投資家の資金拘束も比較的解消されているでしょう。 総合的に見て、プラスリターンを予想します。 上場日の地合い次第では公募価格付近での初値形成、公募割れの可能性も否めません。 完全に穴場証券会社です! この機会に口座開設して損は無いと思います。 未成年口座からIPOに申し込むことができます。 抽選方法は完全平等抽選制度を採用しています。 IPO取扱い件数は2018年で34回 ! IPO取扱い件数が多い割には口座開設数が比較的少ないです。 むさし証券は年間約10社のIPO幹事を引き受けています。 幹事数は少ないですがIPO投資では必須級の証券会社となります。 IPOの配布数量の10%がネット抽選に回されます。 IPO幹事を務めることは少ないですが、 口座数が少ないため当選のチャンス有りです。 抽選方法は1口座1抽選方式で、完全平等抽選を採用しています。 大手証券会社に比べ口座開設してIPOに申し込む人もまだ少ないです。 口座開設することで当選確率を上げる事ができます。 抽選方法は100% 平等抽選制度を採用しています。 IPO抽選参加に前受け金不要! 年間幹事数も増えています! 抽選方法は1口座1抽選の完全平等抽選を採用! 未成年口座開設可能でIPO申込みもOKです! マネックス証券は幹事引受数も多い証券会社です! 完全平等抽選を採用! ブックビルディング時に買付余力不要です。 幹事数は年間を通して少ないですが全ての枚数を抽選に回すのが特徴で当選しやすいです。 1口座1抽選の完全平等抽選! 配分予定数の100%を抽選に回します。 抽選の段階では前受け金不要。 IPO取扱数は増加傾向であり、今後に期待が持てる証券会社です。 遂に株式取引もスタート。 口座開設後最大3か月間取引手数料が0円です。

次の