パチプロ 集団。 【パチンコ講座】 近年のパチプロが収支を安定させるために行なっている「打ち子方式」とは!?|パチンコビレッジ

廃業したパチプロの末路。パチンコで稼げなくなった人々のその後

パチプロ 集団

具体的には、「カジノ攻略」です。 最近も国内のカジノスクールの入学者が増えているというニュースが流れたように、カジノを伴うIR(統合型リゾート)が今後、多くの雇用を生み出すことになるでしょう。 ただし、「ギャンブル依存症問題」も間違いなくクローズアップされますよ。 数年後には日本国内の3カ所にオープンする予定だ。 もちろん、パチンコのような完全攻略法はありませんが、「ブラックジャック」など、種目によってはトータルで負けないという域にまで達しています。 それと同時に、負ける客のパターンやデータも蓄積してきました。 一喜一憂して熱くなるタイプは勝負事に向いていないし、依存症になりやすい。 そもそも、どんなギャンブルでも、勝ち続けていれば依存症にはなりませんよ(笑)。 負けて悔しいから、やめられなくなるんです。 我々はすでに、カジノの世界ビッグ2と呼ばれるラスベガスとマカオで活動する「グローバルファミリーグループ」の同志メンバーとともに英知を結集して、過去にないカジノ攻略法の講習カリキュラムや指導方法を準備しています。 私個人としては、大人気の「バカラ」の攻略方法が第一と考えています。 昔、私が作った「パチンコ攻略道場」は最盛期で会員数4万5000人を数えました。 その経験をもとに、さまざまな境遇の人たちがみずからの技術力で生活できるよう、応援していきたいと思っています。 一人で問題を抱えて悩み苦しまないで、未来に希望を持っていただきたいというのが、我々の切なる思いです。 あわせて読みたい•

次の

元パチプロが語る生活の実態と現在。現実は甘くない

パチプロ 集団

「」が4年間、連戦連勝できた理由は「春一番」が長期間にわたって稼働し続けてくれたおかげですが、実はもう一つ、大きな理由があります。 それは、日本でナンバーワンと呼ばれた攻略情報会社「キャッツ」と太いパイプができたことです。 打ち手14人、偵察隊2人の計16人で行動していた頃、「キャッツ」に加盟していたメンバー2人が加わりました。 ちなみに、それ以降は人は増やさないと決めたので、最終的な梁山泊のメンバーは18人ですね。 この新規メンバーとの出会いがきっかけで、「キャッツ」のトップと会うことになり、それから信頼関係が生まれたのです。 ちなみに「春一番」が登場する前年に登場した「ブラボーキングダム」の永久連チャン打法もその一つだ。 一方、元リーダーのK氏も都内に「パチプロ育成機関の道場」を立ち上げ、そのフロアの半分を「キャッツ」に提供して、共存共栄を図るようになった。 一部の地域では条例で禁止)で大当たり周期を狙い打ちできる「黄門ちゃま2」「アレンジマン」がありましたし、96年にはランプでも体感器でも攻略可能な「CRモンスターハウス」などです。 当時は次々に儲けさせてくれる新台が登場し、打つ台に困ることはありませんでした。 太陽電子のアレパチ「パワフル」なんて、攻略難度が高く、一部のパチプロだけが狙うぐらいだったので、長期間にわたってホールに設置されていましたからね。 これら全ての機種の攻略法が「キャッツ」による解析で発覚したもので、その情報を得られたことは本当に大きかったです。 また、この頃になると、一部マスコミが「攻略される台を製造するメーカー側に問題があるのでは」と騒いでくれたこともあり、今まで話したような店とのトラブルが少なくなりました。 3時間ぐらいであればスムーズに打てるホールが増えて、一年中ホールに通っていましたね。 ただ、メンバーの中には妻帯者もいましたので、「クリスマスから年始までは家族サービスをしよう」と完全休養。 なので、1年のうち340日ぐらいは打ち続けていました。 当時の儲けですか? ホテル代、移動費、食事代などの経費を除いても、一人1日10万円から15万円ぐらい儲けていたので、年収で4000万円ぐらいはあったと思いますよ。 そして、カジノ攻略をもくろむ新生「グローバルファミリー梁山泊」の実態がついに明かされる。

次の

パチプロ軍団の出玉没収事件についてのまとめ

パチプロ 集団

ジャジャジャッ、チャカチャカチャカチャカ。 ジャジャジャッ、チャカチャカチャカチャカ。 キャラ図柄。 確変が確定する図柄~! オーイエス、オーカモン。 まだ図柄に意味のあった時代の話である。 直接的に確変を射止められる赤図柄は羨望の的であった。 ラッキーナンバーという独特の制度も特にそれを助長していたかもしれない。 今のように7図柄テンパイが格別偉いわけではなかったが、「3当り」「7当り」は特別なものであったのである。 もちろん、再抽選は演出として存在していたが、「発生すれば昇格」のような決め事も多かったり、昇格率がそれほど高くなかったりで、確変になればラッキー程度の感覚であった。 当然だが、再抽選機能を搭載していない機種も多くあったのである。 しかし、そんな私の負け犬マインドを覆す機種が現れたのである。 その名は『 CRモンスターハウス』。 パチンコファンならどの世代でも一度は聞いたことがあるだろう、もしあるなら爆裂名機の殿堂入り級濃厚マシンである。 本機が登場した頃、図柄といえばだいたいにおいては0もしくは1から始まる一桁の数字の並びで、奇数が確変、偶数が通常という並びや構成がスタンダードであった。 しかし、この『CRモンスターハウス』は1~9の後にドラキュラ・狼男・魔女・フランケン・ミイラ男のモンスター図柄が配置され、しかもすべて確変図柄という図柄構成であったのである。 つまり、9の後ろに確変図柄が固まっているので、「8」や「9」で当って再抽選が発生すると大興奮。 確変の塊をひとつひとつ進んでいくたびに「止まれ!」「止まれ!」と念じたものである。 また、この再抽選演出は移行範囲が2コマ~7コマという法則があったので、「4・5・6」で再抽選が発生した場合、「9」を通過すれば確変昇格が約束されるのである。 まあ、私が打つとものの見事にこれが「9」で止まるのである……。 この再抽選も人気の一因であり、『 CRルパン三世』が確変のキャラ図柄を後半に固めるというモンスターハウスメソッドを踏襲するなど、その後の再抽選演出や図柄構成に大きな影響を与えたのである。

次の