カワサキ バイク 最新 情報。 バイク新型情報2020!【最新】新着記事・更新履歴のまとめ!

バイク新型情報2020!【最新】新着記事・更新履歴のまとめ!

カワサキ バイク 最新 情報

2020. 19 2020. 27 2020. 31 2020. 31 2020. 16 2020. 16 2020. 10 2020. 28 2020. 28 2020. 25 2020. 21 2020. 03 2020. 17 2020. 15 2020. 08 2019. 26 2019. 06 2019. 02 2019. 26 2019. 06 2019. 05 2019. 29 2019. 25 2019. 23 2019. 29 2019. 13 2019. 26 2019. 22 2019. 11 2019. 01 2019. 12 2019. 08 2019. 01 2019. 15 2018. 06 2018. 30 2018. 03 2017. 29 2017. 10 2017. 03 2017. 29 2016. 26 2016. 20 2016. 06 2016. 16 2015. 14 2014. 08 2014.

次の

カワサキバイクマガジンの最新号

カワサキ バイク 最新 情報

数字他• 1939年、「川崎重工業株式会社」と名を改めたカワサキは、戦後1958年から当時有名だった二輪メーカー(メグロ)を吸収することでバイクの製造を本格的にスタートしていきます。 1968年、アメリカで開催されたバイクレースへの参戦がきっかけとなって、カワサキのイメージカラーである「ライムグリーン」が世に知れ渡りました。 のちに海外を拠点とした製造や各国への輸出を経て知名度と信頼を獲得し、今日では日本が誇る4大バイクメーカーの銘を手にしています。 「Ninja」と名付けられたこのシリーズは、今やカワサキのフラッグシップモデルとして全世界から愛されています。 排気量251〜400ccのモデルでは、ゼファー400がネイキッドブームの火付け役となりました。 同シリーズには750cc、1,100ccのラインナップもあります。 そのほか、排気量250cc以下にNinja250やエストレヤなどがあります。 また、既存の車種に定期的な改良を加え、新鮮味や挑戦心を感じられるメーカーです。 国内4大バイクメーカーの中では、唯一スクーターを製造・販売していないことでも有名で、「漢(おとこ)カワサキ」というキャッチコピーまで広がるようになりました。 メーカーイメージカラーは爽やかなライムグリーンで、ブラックとの配色が多い傾向があります。

次の

Kawasaki Ninja ZX

カワサキ バイク 最新 情報

数字他• 1939年、「川崎重工業株式会社」と名を改めたカワサキは、戦後1958年から当時有名だった二輪メーカー(メグロ)を吸収することでバイクの製造を本格的にスタートしていきます。 1968年、アメリカで開催されたバイクレースへの参戦がきっかけとなって、カワサキのイメージカラーである「ライムグリーン」が世に知れ渡りました。 のちに海外を拠点とした製造や各国への輸出を経て知名度と信頼を獲得し、今日では日本が誇る4大バイクメーカーの銘を手にしています。 「Ninja」と名付けられたこのシリーズは、今やカワサキのフラッグシップモデルとして全世界から愛されています。 排気量251〜400ccのモデルでは、ゼファー400がネイキッドブームの火付け役となりました。 同シリーズには750cc、1,100ccのラインナップもあります。 そのほか、排気量250cc以下にNinja250やエストレヤなどがあります。 また、既存の車種に定期的な改良を加え、新鮮味や挑戦心を感じられるメーカーです。 国内4大バイクメーカーの中では、唯一スクーターを製造・販売していないことでも有名で、「漢(おとこ)カワサキ」というキャッチコピーまで広がるようになりました。 メーカーイメージカラーは爽やかなライムグリーンで、ブラックとの配色が多い傾向があります。

次の