サンムーン ヒロイン。 ポケモン サンムーン攻略 最強のポケモンとは

ポケットモンスター サン&ムーン

サンムーン ヒロイン

アニメ『』以外のシリーズ作品についてのヒロインについては「」を参照。 概要 本項目においては、シリーズでの旅に同行した女性キャラ達を指す。 各シリーズに1人の「」という括りでのメンバーは現在、 ・ ・ ・ ・ の5人。 シリーズごとに交代することが特徴であり、その作品を象徴するキャラクター・作品の顔ともいえる。 サトシとは仲間であり、時にライバルとしてお互いを高めあう関係でもある。 ハルカ以降のヒロインは、ジムに挑戦するサトシとの差別化として、ジム戦とは異なるやのような、ポケモンの優美さ・優雅さを追求する大会に向けて挑戦していく傾向があった。 からは と のダブルヒロイン体制になり、これはにも引き継がれた。 一方『』 以下SM 編では、 ・ ・ の女子 3人がサトシのクラスメートという形で登場。 サトシが旅に出ずに学校に通っていることもあり、3人の扱いは殆ど差別化されていない。 そのため彼女たちがまとめてヒロインとして扱われている。 タイプ別分類 ジムリーダー系ヒロイン 、が当てはまる。 2人ともゲームの女主人公がモデルであり、 ハルカは準主人公、ヒカリはもう一人の主人公という側面もあった。 ハルカはトレーナーからに転身し、ヒカリはの影響で幼い頃からコーディネーターを目指していた。 サトシとは喧嘩することもある ハルカはヒカリに比べて喧嘩は少ない が、息の合った描写も多く、サトシがポケモンコンテストに参加するきっかけになるなど互いの影響力は大きい。 ハルカは毎回サトシのバトルを熱心に見つめて応援しており、サトシのバトルスタイルを真似してコンテストを勝ち進むなど、サトシを意識・尊敬している描写が多い。 映画『』ではサトシと共にの親役を務め、サトシがハルカを守る・ハルカの声がピンチのサトシを救うなど、2人の強い絆が見られた。 ヒカリはにサトシとの仲について聞かれた際に特に何も思わない様子を見せたりと恋愛感情はないが、ダブル主人公を務めていたりサトシと似た熱血な部分が見られたりと、共に切磋琢磨する描写がある。 恋するヒロイン のおば……のをヒロインとして扱うこともできな……くもない? なぜなら彼女もまたポケモンを大切に思っており、サトシと共闘することもないわけではないからである。 その場合彼女は「0人目のヒロイン」となり、サトシとの関係は所謂「」となる 彼女をヒロインとして扱った例は未だに少ないが……。 ただ彼女は、現時点で間違いなく サトシと一番付き合いの長い 家族以外の 女性キャラクターである。 主な特徴 全員に当てはまるわけではないが、ほとんどの歴代女性同行者に当てはまる特徴を記載。 女児視聴者向け要素の担当 男性キャラがあまり持たなさそうな可愛いポケモンやファンシーなポケモンをゲットする。 など、原作で女児向けに入れた要素を舞台にしてヒロインの物語が進むことも。 旅に華を添える 旅のメンバーの中で紅一点であることが多く、おしゃれを楽しんだり、細やかな心配りや気付きなど、女性キャラならではの役回りを担う。 XYでは紅二点となったため、女の子同士の会話が弾む、二人でショッピングをする、二人でサンタコスするなど新たな華が生まれた。 ツッコミ担当 基本的に男性同行者の方がギャグやボケを担当することが多く、サトシはあまりツッコミをせずに呆れる事が多い。 そのため常識的な女性同行者がそれを諌めたり、呆れたりといった反応を返すことが多い。 が手持ちに加わりレギュラー化 以降だが、同世代初登場のピカチュウポジションのポケモン がヒロインの手持ちとしてレギュラー入りするのはサトシのゲットに並ぶお約束となっている。 ただしのは彼女の年齢の都合上キープポケモン扱い。 またサトシのピカチュウの10まんボルトと技被りのないよう、ヒロインの電気袋系ポケモンは必ず別の電気技 ほうでん、ボルトチェンジなど を覚えている設定になっている。 ちなみにSMでは歴代男性同行者に該当するに引き継がれた を所持している。 リレー式に繋がりがある 前シリーズのヒロインは次シリーズで一度、あるいは一定期間再登場し、それ以降は本編に登場しない OPとED、回想や写真などは除く。 この伝統はまで続いた。 サトシとの再会のきっかけは、カスミ以外はという大物がきっかけを作っている。 ・カスミはロケット団の騒動がきっかけでハルカと面識がある。 またカントーでの課外授業でリーリエ、マオ、スイレンの3人と対面。 ・ハルカはカスミに加え、ポケモンコンテストカップがきっかけでヒカリと面識がある。 ・ヒカリはハルカに加え、に誘われてイッシュを訪れたためにアイリスと面識がある。 ・アイリスはヒカリとのみ面識がある。 ・セレナは先代ヒロインと面識はないが、修行のため地方を訪れている。 なお、サトシの国内パートナーを務めたはアイリス、セレナ、ユリーカ以外の歴代ヒロインらと面識がある 2017年現在。 因みにに偶然出会った事があるが、アイリスと出会う事はなかった。 ジンクス 自転車 国内ヒロインのカスミ、ハルカ、ヒカリは、主人公との最初の出会いで、結果的にを破壊されている。 そのため、ゲームのように旅で自転車を使えず、基本的に徒歩。 カスミ…サトシが諸事情により自転車を強奪し、雷で黒焦げに。 カスミは自転車の弁償を求めてサトシに同行(そのうち忘れた)。 ハルカ…暴走したが自転車を破壊。 最初は少し怒っていたが、ピカチュウの看病を懸命に行うサトシの姿や、元気になってと遊ぶピカチュウの姿を見て怒りを収めた。 ヒカリ…を野生と勘違いし、反撃にあって自転車を破壊された。 そのためサトシに対して怒ってはいない。 そもそも何故ヒロイン毎に出会い方をDPまで変えようとしなかった? 海外ヒロインのアイリス、セレナの時には自転車破壊のが無い代わりに、サトシがをゲット出来ないというジンクスが存在。 アイリスとの喧嘩原因になったり、セレナとの初デートの際に、セレナは直接的なかかわりはないものの、サトシは諸事情により手持ちポケモンがなくゲット出来なかったりしている。 これについて、氏曰く「」とのこと。 ポケモン好きのサトシには効果抜群である。 ポケモンのゲーム内で、こんなメッセージもある。 『ひとと けっこんした ポケモンがいた ポケモンと けっこんした ひとがいた むかしは ひとも ポケモンも おなじだったから ふつうのことだった』 ミオシティの図書館「シンオウ昔話」より抜粋。 これものひとつである。 かつてを見ていた「アニキ」達への番組。 どハマりテーマとして、2016年11月10日放送にてが取り上げられるが、アシスタントの氏がについて「 きちんと見ていたのは カスミまでですね。 その後のハルカからの 女がどんどん入れ替わるあたりから…」と発言したため、MC氏に「ポケモンに関して『 』って言い方するな!」と言われ、氏からもツッコミを受けていた。 二度結婚経験のある山ちゃんだからこそ重みのある言葉である。 関連イラスト ~ヒカリ.

次の

ポケモンサンムーンのヒロイン「リーリエ」に関するまとめ ウルトラビースト説、アニポケのヒロイン談義など

サンムーン ヒロイン

カスミとタケシがまた帰ってくる。 2017年に2週だけ突然のカムバックを果たした2人が、2018年にもやってくる。 ピカブイにも出番があった2人だから、それが追い風になったのだろうか。 今度は 2018年12月23日の放送だから、お忘れなく。 「アプモン」は「デジモン」と、「アイカツスターズ!」は「アイカツ!」無印と、「リルリルフェアリル」は「ジュエルペット」と、「プリパラ」と「プリチャン」は「プリティーリズム」と、いずれも今放送してるテレビアニメの中に、過去作のキャラが登場した。 最近では、「HUGっと!プリキュア」のテレビシリーズに過去作のプリキュアが全員登場した。 ポケモンもこの流れに乗った形となる。 映画「キミにきめた!」で2人が出なかったときは、少なからずショックだったが、こういう形で2人に出番が回ってきたことは嬉しい。 今はまず再会を喜びたい。 さて、サトシの最初の旅の仲間であったカスミとタケシだが、今までどういう経緯で仲間になり、そして別れたのか。 またそれはいつ頃のことだったのか。 例によって、amazonプライムビデオを参考にしながら、2人の経歴を振り返ってみたい。 参照リンク:• カスミとタケシ、それぞれの経歴 カスミ 初登場回 無印第1話「ポケモン!きみにきめた!」 放送日: 1997年4月1日 釣りをしてたらいきなり自転車を盗まれるという、悲劇的な初登場シーン。 レギュラー入り回 無印第2話「たいけつポケモンセンター」 放送日: 1997年4月8日 スクラップになった自転車を担ぎながらサトシを追いかけ、トキワシティのポケモンセンターで合流する。 この時点でキレキャラのイメージがあるカスミだが、傷ついたピカチュウを見て「今は自転車のことを言ってる場合じゃない、早く看病を」との旨の発言をしている。 決めゼリフの「世界の美少女」や「マイステディ」や「虫は無視」も、この回から登場。 「自転車の弁償をしてもらう」という名目で、サトシに同行する。 離脱・レギュラー出演最終回 金銀編160話「サヨナラ・・・そして、たびだち!」 放送日: 2002年11月7日 トキワシティのポケモンセンターに戻ってきた3人。 そこで姉が世界一周旅行に行くので、その留守番にハナダジムに帰ってきてくれとの連絡が入る。 身勝手な姉たちに振り回され、可哀想である。 また壊れていた自転車も、なぜかトキワのポケセンで修理されていた。 これでカスミがサトシについていく口実がなくなってしまった。 参照: 思い悩んだカスミだったが、温かい言葉をかけてくれたサトシとタケシに、別れの悲しみを胸にしまいながらも笑顔で別れることにしたのだった…… なお、別れた後は、サトシの方が涙を抑えられずに走り出してしまった。 カスミは歴代ヒロインの中でも最長の、 5年7か月の就任期間であった。 初期の頃のスタッフは純粋で、「ヒロイン交代」なんてテコ入れの仕方は思いもつかなかったのだ。 再登場回 AG44話「カスミ登場!トゲピーとまぼろしの王国!!」 放送日: 2003年9月25日 本編では約1年のブランクを経て復活。 再登場の際、BPOや世間の目を意識したのか、衣装の露出度がやたら減らされていた。 私は当時、この服のデザインに非常に残念な気持ちになった。 今回の登場では初代の服が復活するようで、良い時代になったと感心した。 参照: 満面の笑みでサトシとタケシと再会を果たし、すべてがうまく行っていたかに見えた。 だがこの後のAG45話にて、またしても悲劇が彼女を襲った。 長年連れそったトゲピーがトゲチックに進化し、そのままお別れとなってしまったのだ。 不幸体質としか言いようがない……。 あと実はこの回のゲストヒロインが、ヒカリ役の豊口めぐみさんだった。 中の人では三世代ヒロインが共演していたことになる。 本編最後の登場回 AG134話「オツキミやま!ピィとピッピとピクシーと!」 放送日: 2005年7月7日 バトルフロンティア編にはカスミも参加の可能性あるかと思われた矢先、ハナダジムを全く運営する気のない姉から「ジム戦希望者にはバッジだけ渡して帰ってもらおうかしら」との知らせが届く。 4姉妹の中で唯一まともなカスミは、これが許せずに帰宅することに。 またも姉に振り回され、最後の出番をあっさりと終えてしまったカスミ。 サンムーン編ではここから 12年と2ヶ月の月日を経て、ようやくの再登場となった。 BW編の回想シーン BW編116話「燃えよリザードン!VSカイリュー!」 放送日: 2013年3月7日 カスミはDP編のOPで出たこともあるが、BW編の回想シーンで一度だけ登場したこともある。 ヒトカゲとの想い出を思い出すついでに、カスミとタケシも登場した。 この時カスミのセリフは、ヒトカゲが進化する時の 「どうしたのヒトカゲ!?」だけだった。 タケシは結構喋ってるのにカスミはこんな無口な人だっけ、と思わず言いたくなった。 出番はほんのわずかで回想のみだったが、 7年8か月ぶりの登場だった。 また、ここから換算するとサンムーンでは 4年6か月ぶりの出演ということだ。 タケシ 初登場・レギュラー入り回 無印5話「ニビジムのたたかい!」 放送日: 1997年4月29日 タケシはニビジムでジムリーダーとして君臨しながら、家事もこなし弟や妹たちを養っていた。 この時点で人間としてすごい。 父親のムノーが帰還したことで、自分のやりたいことができるようになり、サトシと一緒に旅をすることに決めた。 一度目の離脱 無印85話(オレンジ諸島編)「なんごくポケモンとGSボール」 放送日: 1999年2月11日 タケシはアニポケ史上、初めて人間のレギュラーで離脱したキャラでもあった。 セクシーなウチキド博士に惚れこんでしまい、お手伝いとして働くことになったのだ。 「この場所はトレーナーとしてもブリーダーとしても興味をそそられる」と、カッコつけたことを言っていたが、メインはお姉さんだ。 次の再登場回を見れば分かる。 その後、代役としてケンジが入るのだが、出番が9か月間と短かったためか、今のちびっ子には知られていないようだ。 再登場・再加入 無印117話「かえってきたマサラタウン!」 放送日: 1999年9月30日 サトシがオレンジ諸島から帰還し実家の門を叩くと、なんとそこにはタケシの姿が! 参照: ウチキド博士研究所での出来事は、重いトラウマとして タケシに刻まれたようだ。 ウチキド博士の名を挙げただけで、「聞かないでくれ」と暗い雰囲気になってしまった。 やはり女性目的だったようである。 7か月半ぶりと、割と早い復帰になった。 離脱・レギュラー出演最終回 DP編191話 「想い出はパール!友情はダイヤモンド!!」 放送日: 2010年9月9日 カスミと違いAG編、DP編も旅に同行し続けたタケシ。 だがそんなタケシの旅路も、ついに終わりを迎えることになった。 この回の1話前「ポケモンドクター・タケシ!」にて、タケシは心境の変化を自覚することになった。 ずっとポケモンブリーダーを目指して旅してきたタケシだったが、ポケモンドクターという新たな夢ができたことで、旅を終わらせる決心をした。 「ポケモンドクターになったらジョーイさんといつも一緒にいられるわね」というヒカリの一言が最後の決め手になったような気がするが。 この回は挿入歌として小林幸子が歌う「 風といっしょに」が流され、哀愁を誘った。 この時タケシの初登場から 13年と5か月が経ち 、離脱した7ヶ月を除けば 12年と10か月間の長期レギュラー出演だった。 デントとの共演・本編最後の登場 BW編143話「デントとタケシ!ギャラドスのげきりん!!」 放送日: 2013年10月3日 BW本編が終わった直後のエピソードで、久々に登場したタケシは、旅を終えたばかりのデントと知り合い、友情を育んだ。 お互いサトシの友人であることは分からずじまいだったが。 ちなみにデントにとっても、今のところ最後の登場回である。 こちらの記事でも言及。 週刊ポケモン放送局 放送期間: 2002年1月15日~2004年9月28日 本編の再放送の進行役をカスミとタケシが担当していた。 ここでは毎週チャイナドレスのカスミが見ることができた。 また、番組内では「ポケットモンスター サイドストーリー」という新作アニメが放送され、カスミかタケシが主役のエピソードも何度かあった。 アニメオリジナルキャラクターの、ヒロシやナナコが主役の回まであった。 参照: 「今のアニメポケモンは昔からずいぶん遠いところまで来てしまったな……」 そんな気持ちになっていた時、 「やっぱり昔から地続きなんだ。 繋がってるんだ」と思わせてくれたカスミとタケシの再登場であった。 3人が並んで歩きながら、 思い出話をするシーンは感慨深かった。 カスミが初期の服で出てきてくれたことも素晴らしい。 なんせAGの頃の服は、ナンセンスだったからね。 やっぱりこのへそ出しスタイルこそカスミだ。 まとめ カスミ レギュラー出演期間:1997年4月1日~2002年11月7日 5年7か月 サンムーン以前の最後に出た日: 2005年7月7日 回想シーンなら 2013年3月7日 タケシ レギュラー出演期間:1997年4月29日~1999年2月11日、1999年9月30日~2010年9月9日 計12年8か月 サンムーン以前の最後に出た日: 2013年10月3日 2人の登場回は、12月23日だ。 TV放送を見逃しても、今はamazonプライムビデオで見られる。

次の

『ポケモンサンムーン』アローラのヒロイン3人が可愛い!その魅力は?

サンムーン ヒロイン

しかし、作中ではメインヒロインが誰であるかは明確に描かれていない。 というか そもそも決められていないと捉えるのが良いだろう。 マオがよくサトシと行動を共にしているが、ストーリーの節目の本筋に1番関わっているのはリーリエであったり、かと思えば御三家やイーブイをゲットしたりZ技を早くに習得したりとスイレンの活躍が目覚ましかったり、一応はメインヒロインとされているリーリエには最後まで唯一サトシに対して赤面する場面がなかったり、何だかんだマオが最も人間性のクローズアップがされていたりと、誰が正ヒロインだと断定することは難しい。 そのためファンの間では、全員が今シリーズのとして扱われている。 「 三人娘」などと称されることも。 メンバー• CV: クラス一の優等生。 ポケモンに詳しい反面触ることができなかったが、現在は克服している。 CV: 漁師の娘。 サトシがアローラ地方に来て最初に出会った相手。 一見大人しそうだが…。 を一貫して「ジャリガール」と呼び続けている のみ「リトルジャリガール」 は、リーリエを 「シャレオツ帽子のジャリガール」または 「白ジャリガール」、スイレンを 「青ジャリガール」、マオを 「緑ジャリガール」と呼んでいる。 容姿的にハワイという地域性を良く体現していたり、性格も歴代のヒロインに近く、のリーク画像「」にサトシと共に描かれていた事、宣伝ポスターや海外でのディズニーDXサムネイルでの立ち位置、ガールズ唯一のハワイ由来の名前である事、自転車を持っている事、放送開始直後に公開された島めぐりの絵コンテ、初期の台頭からして、マオが企画段階、というかXYからの方針を変更する以前の段階でメインヒロインだった可能性も指摘されている。 スクール組では唯一、ロトム図鑑やシェイミも含め、メレメレ島に留まっていたのはマオだけである。 歴代ヒロインでは、初めてサトシと目立った喧嘩はしなかった。 むしろサトシがと喧嘩した際にヒロインの一人であるリーリエがサトシをフォローしていた。 マオがロトム図鑑と喧嘩したこともある。 関連イラスト.

次の