ジャニーズweb とらまる。 嵐担、トラジャ沼に浸かる(個人の解釈編・前編)

About Johnny’s web

ジャニーズweb とらまる

2018年3月21日、ジャニーズJr. チャンネルの配信が開始されて、もうすぐ1年が経つ。 毎週木曜日の配信を担当しているTravis Japan。 毎週様々なチャレンジを見せてくれた。 ローションを塗りたくって床に腕や足を強打する遊び、 メンバーを大声で褒め合う遊び、ほとんどが迷曲なエンディング曲作り、 旅番組、一切笑い要素なしの本気シャトルランに、 打ち上げ花火を間近で見られず遠くから微かな光を撮るという罰ゲーム…。 そう、罰ゲームは他にも沢山企画があった。 ツアーバックについて 地方を回ったことはもちろんだが、 YouTubeの撮影で定期的に集まったり色んな場所に出かけたり、 どんな企画を配信したらいいか話し合ったり、 一緒に過ごす時間が増えた分、トラジャの結束力もより高まったのではないかと思う。 実際、 チャンネル開始当初は松倉海斗くんが川島如恵留くんのことを 「如恵留くん」と呼んでいたが、 今は「如恵留」と呼び捨てが多くなっているのを見ると 単純なトラジャ担である私は「増した親密さよ…」とほろりと来てしまったりする。 そして、ジャニーズJr. チャンネルで見て見ぬふりができないのが、 「再生回数」である。 再生回数の恩恵はYouTubeの中で胸が痛むくらい露骨に表れる。 1週間の中で、 水曜日のSnow Man、木曜日のTravis Japan、 金曜日のSixTONES、土曜日の 美 少年、日曜日の HiHi Jetsのうち、 再生回数が最も多かったグループの写真が、 ジャニーズJr. チャンネルの「顔」としてヘッダーに掲載されるのだ。 ご本人たちもそのことは認識しているようで、 先日トラジャが久しぶりにヘッダーに採用された時も、 中村海人くんがブログで 「あと、 ヘッダーに久々になれましたー!! みんなありと~(ありがとうって意味)」 と言及している。 …えっかわいい。 どういたしまして。 (急なオタクの出現) 数字は正直で時には悔しい思いをすることもあるけれど、 数字のおかげで本人たちに嬉しいことが起こったり、 まわりまわってファンにとっても嬉しい報せが訪れることもある! それなら2018年、1年を通して数々のほぼほぼ罰ゲーム企画… …ではなくYouTube配信のお仕事を 頑張ったトラジャに何かできることはないか、再生回数に貢献できないか、 と考え『ベストとらちゅーぶ2018』を企画した。 元太担さんの好みは集中してる傾向にあるようだ。 それでは発表~!元太の沼へようこそ~~~みぇ~~~~~~~~~~ん!!!!!!! 同率1位、1つ目は… <元太担さんコメント抜粋> かきあ元太じゃないのもかっこよくて好きだからです。 前髪さげんたが好きなので。 「元太でーす元太でーす元太でーす 今日から前髪さげんたー!!!」 に変更できるから、のえママのキャッチコピーは無敵である…! 続いて同率1位2つ目。 <元太担さんコメント抜粋> スマートな服装でほんとうによく似合っている。 ロングコートめちゃくちゃすき 紺のロングコートを着こなしててすごくかっこよかったから。 大人気のロングコートげんげんがこちら。 げんげん主役回が票を集めたのは、当然の結果と言えるのかもしれませんが、 その回に元太担さんの心に刺さるお洒落ファッションをしてくるげんげんの ファンたらしリアコ具合といったらないのだった… 私はいつも騒いでいるげんげんが急に大人びて見えていて、 どう見ても彼女ポジから見た角度なこの横顔が好きです…ときめき…! (彼女ポジで撮影してくださった恐らくゴリゴリの男性スタッフさん、 元太沼と同じくらい深く感謝申し上げます) 最後に同率1位3つ目。 <元太担さんコメント抜粋> とにかく私服といい顔といい、ビジュアルが最高。 神です。 ロングコートがげんげんっぽいな〜と思いました。 ロングコートが似合ってる 松田元太くんのコスプレ!! ここまで来たら、思った。 松田元太担、ロングコート担説。 げんげん、169cmあるからロングコート着てもサマになる。 やっぱり自分のスタイルを1番生かす似合うファッション知ってるんだな 流石ジャニーズJr. だな…としみじみ思ってしまう。 あとバニーガールコスに感極まっているげんげん担さんもいらっしゃった。 あと、松松がお揃いでダンスしているところも。 まつくが後ろのクリスマスの飾りを1人黙々と直しているところなんて、 まちゅママの教育方針を尊敬するしかなく。 まつくは宮近さんがお皿洗っている時も「手伝おうかな…」って チラチラ見てたね…(感涙) 「早急に国を挙げて保護しなければ…!」となるまちゅでした。 …えっいつからまつくの話になった…!?? こわ…!! のえママ「やっぱり松松かよ!!!!!!!」 2019年2月22日発売のMyojoのでJr. 大賞が発表されましたが、 やはり松松と松松担さんは強い、と改めて思った。 松松を応援するエネルギーも、松松への数字での返し方も、強い。 何というか頼りがいがある。 アイランドの初日もレポが回っていたのは松松担さんが多かった気がした。 大賞のような公式のランキングではなく、 Twitterで有名なランキング等でも 松松はシンメでかなり高順位にランクインしていた。 無理のない範囲で個人の好きなように応援すれば良いと思っているので、 誰にも何も言う権利もなければ誰から何を言われることもないけれど、 Travis Japanに「Jr. 大賞19位、20位」と 分かりやすく数字を引っ張ってきてくれた松松は、 ただただすごくてありがたくて頼りになるし、 自分も宮近くんやトラジャにこれからも数字を還元していきたい と改めて思わされた。 続いて、 中村海人部門 ~ファッション・ヘアスタイル編~ フォロワーさんに中村担さんが多いというのもあるが、 1番多く投票してくださったのが中村担さんだった。 うみんちゅは愛されている。 自信を持って、と宮近くんも言ってたよ。 サマパラを立ち見で観ていた千秋楽昼公演、うみんちゅが最初から踊り始めたのを見て 泣いていたうみ担さんを多分私は一生忘れられない。 そして回答を確認させていただいていて楽しかったのが、もはやブログレベルの長文回答をしてくださった方がいらしたこと… このようなアンケートに熱量をぶつけてくださって嬉しかったのですが、 むしろ申し訳ない、ファンレターに書いてあげた方が、気持ちをぶつけてあげた方が…! と考えましたが、いやいや既にファンレターを書いていらっしゃるかもしれないと思い直し、ありがたく頂戴することに致しました。 ではまずうみ部門第3位。 <中村担さんコメント抜粋> 金髪に紺の浴衣は破壊力ありました。 平成最後の夏に画面越しでも見れてよかったです。 中村海人の浴衣姿が好きでした。 ゆかた!!!! 中村担さんが悶絶している浴衣んちゅ。 私がこの回で1番好きな中村さんは、 アポのために電話してくれた宮近くんに 「お疲れ!」と間髪入れずに言うところ (あれ、うみの声ですよね?焦)と、 東京スカイツリーの展望台で花火を撮影中、 「声デカくない?」とナチュラルに一般のお客さんを気遣えるところです (2シーン挙げているのに1番好き、とは…?)。 <中村担さんコメント抜粋> 肩掛けキャメルコートが好きです。 Right-onさんでセレクトしたデニムのボアジャケットとレディースのパンツも好きでした。 帽子も似合ってて、あんなおしゃれでかっこいい彼氏がほしいです。 ベージュが似合っているから。 着替えた洋服も大学生みたいな感じで可愛い。 まずスタイルが良くてなんでも似合うから最高にかっこいい 携帯片手に自分の姿を見るところがまじでリアコすぎた 中村海人さんのスタイルの良さとお洒落センスが詰まった企画が同率1位を仕留めた。 しかもレディースを着てしまうという細さ。 普段からレディース着てるよ発言もしていた。 中村担さんにはRight-onさんのコーデに着替える前の私服のキャメルのコートも人気だったよう。 うみんちゅはお洒落が好きなのに閑也くんに褒められてるのに、 「俺センスいいわけじゃないんだよ」と謙遜してしまっていて、 好きなことは自信持っていいんだよ!大丈夫だよ!と大声で伝えたくなる場面だった。 最後に、同率第1位2つ目。 <中村担さんコメント抜粋> 帽子が死ぬほど似合ってる。 疑似コーディネート対決負けたけど私の中では優勝です。 このおよそ一年を通してゆるっとした服装が多い中、この回 と初回自己紹介動画 は割としっかり着ていて? かっこいいから。 松倉くんと擬似コーディネート対決させられて惨敗しているのも面白いです 顔も髪型も服装も全部好き。 カッコイイしかない。 ピースだけで好き。 ピースだけで好き。 分かります。 中村海人さん、最初にげんげんにカメラを向けられて自己紹介している時のピースが 垢抜けお洒落ナチュ美人なので、観たことない、または覚えていない、 または何度でも観られる方はすぐ観ていただくことをおススメする。 開始33秒くらいにありますので。 無理せず力が入っていないラフで自然体な感じもまたイイ。 あと開始3分くらいの「そういうのよくないよ!?」というまちゅに 1番爆笑しているWカイト。 トリプルカイトだけ背景が高校の教室に見える。 そして疑似コーディネート対決はうみが勝っただろうなって顔でニコニコしてるの見て すごく罪悪感を持ったけど滅茶苦茶面白かった…うみちゃんいつもオチになっちゃうの不憫ちゅだけど、すごくオイシイ役どころだって分かる時が来るはず! 冗談抜きで中村海人さんのアジアンなコーデとか非常に好きなので、 これからも怖がらずに自分だけのお洒落を見せてくれたらファンはとても嬉しい。 うみげんのランキング上位に同じ企画会議回が入っているのは感慨深い。 初回、楽しかった。 祭り単独の直前で、トラジャがどんな空気なのか、 掴むために何回も観てた。 dex出のトラジャ担のため、今も新規ですが当時はドドドドド新規でした) ということで、本日の総括はこちら! 「元太担さんは前髪さげんたもお好き」 「中村です!!!!!!!」 以上、ベストとらちゅーぶ2018、 松田元太くん部門・中村海人くん部門 チョコっと中間報告でした!! 沢山の方にご協力いただき、本当にありがとうございました。 引き続き投票は受け付けておりますので、 よかったら是非、ご投票をお願いいたします! miimoon.

次の

ピタッと揃ったシンクロダンスが魅力! 実力派ジャニーズJr.「Travis Japan」 (3) まだまだある! 語り尽くせぬ魅力を長文で解説

ジャニーズweb とらまる

ダンススキルの高さではJr. 内でも定評のあるTravis Japan(通称トラジャ)。 主に舞台を中心として活躍中の彼らですが、最近のJr. 人気が高まると共に気になって仕方がないあなたはファンクラブに入ろうか迷われていることと思います。 そんなあなたにお送りしたい! Travis Japanは必ずや新時代のトップを走るグループの一つとなります。 デビュー前に見つけたからには、後悔しないようにファンクラブに入会しちゃいましょう! ここでは、• Travis Japan(トラビスジャパン)のファンクラブ入会方法• Travis Japan(トラビスジャパン)のファンクラブの会費• Travis Japan(トラビスジャパン)のファンクラブの特典 について調査しました。 実は、何を隠そうムチ子も入ろうか悩んでいたところなんです。 これを機に一緒に入会しちゃいましょう! デビュー組に比べるとお手頃価格で入りやすいです。 Travis Japan(トラビスジャパン)のファンクラブの特典 申込みの手続きが終わり、晴れてジャニーズJr. のファンクラブに入会された方、まずはおめでとうございます! 実は、ファンクラブへ入会するとたくさんの特典が待っているのはご存じだったでしょうか? なんと4つの特典を受けることが出来ちゃいます~!! 入会がまだのあなたも、特典内容がわかったらきっと入会せずにはいられないはず^^ では、ひとつずつご紹介していきます。 コンサート・舞台などのチケット申し込み このために、ファンクラブへ入会したと言っても過言ではない方が多いかと思います。 現場派でメインとなる、 コンサートツアーや舞台の申し込みが優先的に出来ます。 もちろん、入会せずに一般で申し込む方法もありますが、ファンクラブだけでも争奪戦になるチケットが一般で易々と手に入るとは到底思えません。 入手確立を少しでも上げるためには、ファンクラブからの申し込みは言わずもがなといったところでしょう。 申し込んだからと言って必ず当選するわけではありません。 また、申し込むスピードについても関係ありません。 全ては抽選となることをお忘れなく! メール伝言板サービス 入会時に登録していたアドレスへ不定期にメールが届きます。 その内容は、Travis Japanのテレビや舞台への出演情報、雑誌の掲載情報、番組協力の募集など多岐に渡ります。 コンサートやライブのダイジェスト動画、クリスマスやお正月にファンへ贈るメッセージなど多岐に渡ります。 Travis Japanは、まだジャニーズJr. のためCDやDVDの発売はめったになくデビュー組に比べるとメディアへの登場は少ないので、ここで見られる動画は貴重なものになりますね。 番組協力の申し込み Travis Japanが出演する番組や、舞台挨拶、エキストラ、映画の完成披露試写会やイベントなどファンクラブ会員だから申し込みできるスペシャルな特権です。 大好きなTravis Japanを近くで見られる大チャンスなので大いに活用してほしいところなのですが、注意点が1つあります。 それは、募集対象者でなければ応募できないことがあるということです。 応募条件があるもの、年齢制限がかかることもあるため確認が必須です。 また、未成年の方は保護者の方が一緒に参加していても、参加承諾書が必ず必要になってくるので準備しましょう。 Travis Japanのとらまる~僕ら虎の子、ひのまるしょって~とは? デビュー組に比べてどうしても、特典が少なくなってしまい寂しいと嘆いているあなた。 実は、 Travis Japan はジャニーズ公式サイトでブログもやっているんです。 その名も 「とらまる~僕ら虎の子、ひのまるしょって~」。 タイトルがかわいらしいですよね^^ メンバーが毎月4日毎に交代でブログを更新しています。 宮近海斗くん…毎月 2日担当• 中村海人くん…毎月 6日担当• 吉澤閑也くん…毎月 10日担当• 川島如恵留くん…毎月 14日担当• 七五三掛龍也くん…毎月 18日担当• 松田元太くん…毎月 22日担当• 松倉海斗くん…毎月 26日担当 メンバーは7人いて自担が更新するのは毎月1回と少なく感じますが、がっかりしなくても大丈夫です。 実は他のメンバーもなかなか面白いブログを書いているのでその魅力を知るチャンスです。 なので、見る価値はすごいあります。 しかも、思っているより結構長文なんです。 某デビュー組の誰かさんなんて1行のみが普通だったので、新鮮でありながらとてもうれしいですね。 この「とらまる」は一体どこで見られるのでしょうか。 そして、気になるお値段はなんと、 月額324円(税込み)。 絶対安すぎだと思いませんか? ファンとしてはうれしいけれど、事務所的にはもっと高くなくてもいいのかなと要らぬ心配をしてしまいますね。 なぜかというと、大好きな Travis Japan 以外のジャニーズの方達のも一緒に見られてしまうんです! ざっと説明すると、デビュー組とTravis Japanを含むジャニーズJr. 、そして個人やグループを全て含めるとなんと32ものコンテンツがたった324円で見られてしまいます。 ただし、中には会員限定コンテンツ設定になっているものがあり、ブログ内に添付している一部写真等は、そのアーティストのファンクラブに入会していないと見られないものもあります。

次の

のえまるの話。

ジャニーズweb とらまる

8月2日の『とらまる』。 『とらまる』は、Travis JapanのJohnny's webでの連載だ。 毎月2日の宮近さんの更新を楽しみにしているのだが、 今月は少し様子が違った。 普段はお仕事のお話や舞台を観に行ったお話、 先輩やJr. との交流のお話、家族のお話に、 メンバーとの写真を織り交ぜてくれたり、 ほんわかする、和む内容なのだが、今回は違った。 「皆さんにお願いというかなんというか、 いつも僕らが出させていただいてるNHKの歌番組も、 毎月必ず出れるっていうわけではないんです」 だから、トラジャが見たいとか、こんなことしてほしいとか、要望を送ってくれると 出られる可能性が高くなるのかな、と思う。 強要じゃないけど、そうしてくれたら嬉しい。 そういうことを書いてくれていた。 この「NHKの歌番組」とは、『少年倶楽部』のこと。 3月にトラジャのファンになってから今まで、 少年倶楽部の収録にトラジャがいなかった時は、 「キスマイのコンサートのバックにつくらしい(当時は未発表)ので 今日はそちらのリハで収録に参加できないらしい」という噂を信じたり、 「Travis Japanの結成日(7月9日)に収録に来られないのは、 何か他のお仕事が入っているはずだ」と勝手に思い込んで、 消化したりしている自分がいた。 言い訳になってしまうが、そのように判断してしまったのは、 実際に、トラジャの露出はJr. の中では多い方だと思っていたからだ。 2018年上半期は、私が追い始めた後だけでも、 地上波だけで以下の通りの活躍を見せている。 ・宮近海斗:『花のち晴れ~花男 Next Season~』ゲスト出演、『特捜9』出演 ・七五三掛龍也:特別ドラマ『あにいもうと』出演 ・松田元太:『痛快TVスカッとジャパン』出演 ・川島如恵留:『Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか!?』出演 ・Travis Japan全員:『ウチのガヤがすみません!』出演 本当は、「少年倶楽部に毎回呼んでもらえるわけではない」と 自分で認めるのもつらいと思う。 認めるとそれが本当のことになってしまうから。 ファンからしたら憶測に過ぎなかったことが、 トラジャ本人たちが認めることで、 実際にJr. のグループの『少年倶楽部』出演頻度に差があることが 本人たちも感じているれっきとした事実になる。 応援してくれる人にはかっこいい所を見せたい、 活躍している所を見せたい、 かっこ悪いと思われたくない、 そう思うのは当然のことだ。 だってアイドルだもんね! しかも、自分たちの活躍の場も徐々に増えてきている中で、 今回このようなことを宮近さんが『とらまる』に書いたのは、 今、そうしないといけないと感じるところがあったから。 「『少年倶楽部』への出演の機会をこれ以上減らしてはいけない」 という強い決意の表れ。 それは、気が進まないだろうに、 ファンに直接お願いをしないといけないくらい、 宮近さんの中で大きな課題になっているのだろう。 じゃあ、どうしてそんなに『少年倶楽部』への出演を 宮近さんが、Travis Japanにとって 大切にしないといけないことだと考えているのか? 恐らく、この番組はやはりJr. の活動の原点であり、 トラジャの大真面目なパフォーマンスを披露できる場だからだろう。 YouTubeの企画会議でトラジャは 「ジャニーズらしくないことがしたい!」と話している。 そのようなトラジャメンバーの意向もあってか、 YouTubeでは、トラジャの魅力であるダンスをしている動画は24本中2本だけで、 あとは全て、バラエティ寄りの企画だ。 その企画からは、いい意味でゆるいトラジャのほのぼのしたやりとりから、 メンバーそれぞれのキャラクターが浮かび上がり、 また個性が垣間見られて、楽しく拝見している。 バリバリ踊るトラジャを知っているファンからすると、 そのゆるい雰囲気は、パフォーマンス中の キレッキレでかっこいいトラジャと違って、 そのギャップに改めて魅了されてしまう。 沼の奥深くへと引きずり込まれる。 でもそれは、トラジャのかっこいいパフォーマンスが 知られていてこそ、生きるギャップだ。 パフォーマンスができる場がなければ、 YouTubeでトラジャが目指しているであろう、 「パフォーマンスさせたらJr. の中でも随一だけど、 YouTubeではジャニーズっぽくないことをして、 普段のゆるい雰囲気を見てもらって、 そのギャップで沼に落とそう!」 という戦略が生きてこない。 (この戦略はあざといが過ぎるな…) 地上波ドラマでは主に演技が、雑誌ではトークが、 YouTubeではトーク、リアクションなどバラエティに必要なことが 求められている。 トラジャの本領発揮のパフォーマンスが観られるのは、 少年倶楽部に限られているのが現状なのだ。 この他にも、 同期が所属するグループがデビューを果たして 高い注目を集めていることや、 勢いのある後輩が出てきていることへの焦燥感、 現状に満足してはいけない、という高みを目指す向上心。 様々な要素があると思う。 モチベーションとしては、こちらの方が大きいかもしれない。 ファンが地上波や雑誌の露出、 ジャニーズJr. チャンネルでの毎週の動画配信で ぬるま湯に浸かっていたところに、 こういうことを包み隠さずかっこつけずに書いてくれて、 当たり前のことなんて何もないと思い出させてくれて、 本当にありがとう。 かっこ悪く見えるかもしれない、とか 毎月出られないことを認めるのが悔しい、とか そういうプライドも全部投げうって、 「これを発信することがこれからのトラジャのためになる!」 と考えて、 webや雑誌、色んな所から伝えてくれてありがとう。 宮近さんは、冷静に現実を捉えられているリーダーだと思う。 キンプリが表紙の2018年5月30日号のan anでこんなことを言っていた。 「僕、目標があって。 もう一度、横浜アリーナに立ちたい。 」 2018年3月26日、Travis Japanの横浜アリーナでの単独公演。 この舞台にもう一度立ちたいと言ってくれていることが嬉しい。 個人的にはトラジャの初の現場だった。 横浜アリーナは全く手の届かない目標じゃない。 7人が様々なことに挑戦して力をつけられたら、 十分に実現可能な目標。 グループのこれからのことを第一に考えて、 がむしゃらに全力でファンにお願いをしてくれた、 我らが非公式リーダー・宮近海斗。 宮近さんは、とてもかっこいい。 miimoon.

次の