スイカ 利尿 作用。 元気と潤いチャージの夏バテ対策ドリンク「スイカとぶどうの酵素ジュース」

スイカには利尿作用がある

スイカ 利尿 作用

夏といえばスイカですよね。 スイカを食べるとなんだか涼しくなった気がしますよね。 スイカに多く含まれているというカリウムと何か関係があるのでしょうか? また、腎臓に良いという話は本当なのでしょうか? ここではスイカのカリウムについてご紹介します。 スイカのカリウム含有量は? スイカのカリウム含有量は、可食部100gあたり120mgほどのようです。 同じ果物でカリウムの含有量が多いと言われているバナナは100gあたり360mg、似ているメロンは100gあたり340mgなので、スイカのカリウム含有量は それほど多いとは言えないようです。 ですが、他の果物よりも一度に食べられる量が多いと思うので、カリウムの摂取源としてはなかなかいいようです。 カリウムには利尿作用がある? カリウムの効果として皆さんがご存知なのは利尿作用ではないでしょうか? カリウムは体内の余分な塩分を排出する効果が期待できるので、高血圧の予防にも役立つとされているそうです。 一方、利尿作用で体内の温まった水分を出してしまうので、体を冷やす効果も期待できます。 夏場ならば涼しくなっていいかもしれませんが、冬や冷え性の方はカリウムの摂りすぎには注意しましょう。 スイカは腎臓にいい? 昔からスイカは腎臓に良いとされていたそうです。 スイカは水分が多く、利尿作用のあるカリウムもそこそこ多く含まれていて塩分を排出する手助けをし、さらにシトルリンとアルギニンという尿を生成するアミノ酸が含まれていることで利尿作用が優れており、腎臓に良いと言われているそうです。 スポンサードリンク 腎臓の悪い人は要注意? 腎臓に良いと言われているスイカですが、腎臓が悪い人が摂取しすぎると体に良くないようです。 腎不全などを患っている方は、塩分でもカリウムでも排せつ能力が低くなってしまっているので、過剰に摂取すると血中に蓄積されてしまうそうです。 血中のカリウム濃度があまりに高くなってしまうと、不整脈やしびれ、だるさなどの症状が出てしまうので、腎臓の悪い方はスイカの食べすぎには気をつけるようにしてください。 まとめ スイカのカリウム含有量はメロンなどに比べると多くはありませんが、一度に食べる量が他のものよりも多い場合があると思うので、カリウムを摂取しやすい食べ物だと思います。 カリウムには利尿作用があり、体を冷やす効果もあるので、暑い夏にはぴったりな食べ物ですね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事 カテゴリー•

次の

解熱効果のすぐれている果物や野菜と風邪におすすめの飲み物を紹介!

スイカ 利尿 作用

Q 一応常にダイエットを気にしている者です。 157cm47kgでしたが今朝46kgになってました。 こんなこと初めてなので質問させてください。 昨晩自己嫌悪になるくらい 超お腹いっぱい夕飯を食べてしまいました。 以下食べたものです。 朝体重を測ったら1. 2kgも減ってて、体重計が壊れたのかと思いました。 しかし何度測っても同じ。 便も出ましたが1kgも出たとは思えないし、そこまで出た!!って感じでもなく普通。 色は野菜が多めのヘルシーな便ではなく、肉とか食べた時のような、黒っぽくて臭いもある便。 小便は夜と明け方2回行きました。 日々ダイエットを気にして炭水化物(ご飯)や肉類も二口とか、少なめにしてるのですが 昨日は久々にご飯1膳も食べて、魚も1切。 ちなみに、ご飯を食べない生活(1日茶碗半分くらい)1年続けたら コレステロールが基準値をオーバーしてしまいました。 (ご飯食べなきゃ!って思う気持ちと、太る…っていう気持ちがあり、 食べたり食べなかったりしてます。 ) けどご飯食べると便通が良い気がする… 話戻りますが、こんなに一気に減った事は人生で1度もありませんでした。 そこで質問です。 これは水分だけが減ったのでしょうか? なので水分を取ればまた戻ってしまうのでしょうか? 運動してもこんなに減らないのに食べて寝ただけなのにどうしてこんなに?! って思ってしまいます。 どなたか栄養の面などで分かりやすく説明していただけたらありがたいです。 よろしくお願い致します。 一応常にダイエットを気にしている者です。 157cm47kgでしたが今朝46kgになってました。 こんなこと初めてなので質問させてください。 昨晩自己嫌悪になるくらい 超お腹いっぱい夕飯を食べてしまいました。 以下食べたものです。

次の

利尿作用などスイカに期待

スイカ 利尿 作用

夏の風物詩というとスイカが頭に浮かぶ。 スイカは水分が90%くらい含まれ、がっぷりかぶりついた時のなんともいえない清涼感を持った甘い水菓子、まさに甘露である。 スイカは昔から腎臓病、心臓病、高血圧、妊娠中のむくみなどに良いといわれてきた。 これらの病気に良い理由については、カリウムが多く含まれ、利尿作用や血圧低下作用が期待できるからだという。 オレンジにはカリウムが100グラム中180ミリグラム、これに対してスイカは120ミリグラムと少ないのだが、一度にたくさんおいしく食べられるので、その分カリウムと水分も十分にとれる。 スイカには強い利尿作用があるが、これは、カリウム以外にアミノ酸の一種であるシトルリンという特殊成分が含まれているからだ。 そこで、熱を取り体を冷やし、口の渇きを癒やす働きのある涼性食品なのである。 この点も夏好んで食べられる理由の1つになっている。 なお、スイカの皮には実以上に利尿作用があるというから、中国では皮をせんじたものを腎臓病などに使っている。 お茶の水女子大学近藤和雄教授にによると、スイカの赤い色を作っている色素は、抗酸化物質のカロテノイドの仲間で、リコペンと呼ばれるもの。 これはトマトに多いが、スイカではこの1. 5倍くらい多く含まれているという。 活性酸素を消去する働きが強く、がんや動脈硬化予防に良いとされている。 この働きはベータカロテンの2倍以上、ビタミンEの百倍以上も強いという。 そこで、スイカは典型的な薬食同源のおいしい食品と考えて良いだろう。 (新宿医院院長 新居 裕久).

次の