する価値がある 英語 例文。 「価値がある」に関連した英語例文の一覧と使い方

worth と deserve 『〜に値する』の使い方に違いはある?!

する価値がある 英語 例文

「有意義」の意味とは? 「有意義」の意味は「価値があること」 「有意義(ゆういぎ)」とは「意味や価値があること」を意味する言葉です。 「有」は「あること」を、「意義」は「意味や内容、価値」をそれぞれ意味します。 内容が充実していたり、行為に価値があったりする状況で使いましょう。 「有意義」を使った例文• こんなことならば趣味の裁縫をしていたほうが有意義だったな• 早起きをしたおかげでいつもより有意義な1日を過ごせた• 今日の会議はとても有意義なものだった• 有意義に時間を使おうとしても、なかなか計画通りにいかない 「有意義」の使い方 「有意義」は価値ある行為に対して使う 「有意義」は価値や意味のある行為やモノに対して使われます。 たとえば、「有意義な仕事」という使い方だと、「自分にとって意味のある仕事」「やっておく価値のある仕事」という意味になります。 「有意義な時間でした」は敬語を加えた表現 「有意義」は目上・目下関係なく使えますが、目上へ使うときは敬語表現をくわえて使用しましょう。 「有意義な時間でした」は目上の相手へ「価値のある時間だったこと」を表しており、感謝の言葉とあわせて使用されます。 例文 I was able to have a meaningful discussion. 意味:有意義な話し合いができた 「有意義に過ごす」には「Spend」を加える 「有意義に過ごす」を英語で表すときは「Meaningful」に「Spend」を加えます。 「Spend」とは「過ごす」を意味する単語です。 「Spend meaningful(有意義に過ごす)」や「Spend a meaningful time(有意義な時間を過ごす)」のように使いましょう。 まとめ 「有意義」とは「意味や価値があること」を意味する言葉で、「有意義な時間」「有意義に過ごす」のように使います。 何に意味を見出すのかは人によって異なるため、自分にとって価値があると感じる状況で使いましょう。 類語で言い換えたいときには「有益」が、対義語で表したいときには「無意義」が適しています。

次の

「過大評価」とは?意味や英語・類語表現!【使い方の例文つき】

する価値がある 英語 例文

「有意義」の意味とは? 「有意義」の意味は「価値があること」 「有意義(ゆういぎ)」とは「意味や価値があること」を意味する言葉です。 「有」は「あること」を、「意義」は「意味や内容、価値」をそれぞれ意味します。 内容が充実していたり、行為に価値があったりする状況で使いましょう。 「有意義」を使った例文• こんなことならば趣味の裁縫をしていたほうが有意義だったな• 早起きをしたおかげでいつもより有意義な1日を過ごせた• 今日の会議はとても有意義なものだった• 有意義に時間を使おうとしても、なかなか計画通りにいかない 「有意義」の使い方 「有意義」は価値ある行為に対して使う 「有意義」は価値や意味のある行為やモノに対して使われます。 たとえば、「有意義な仕事」という使い方だと、「自分にとって意味のある仕事」「やっておく価値のある仕事」という意味になります。 「有意義な時間でした」は敬語を加えた表現 「有意義」は目上・目下関係なく使えますが、目上へ使うときは敬語表現をくわえて使用しましょう。 「有意義な時間でした」は目上の相手へ「価値のある時間だったこと」を表しており、感謝の言葉とあわせて使用されます。 例文 I was able to have a meaningful discussion. 意味:有意義な話し合いができた 「有意義に過ごす」には「Spend」を加える 「有意義に過ごす」を英語で表すときは「Meaningful」に「Spend」を加えます。 「Spend」とは「過ごす」を意味する単語です。 「Spend meaningful(有意義に過ごす)」や「Spend a meaningful time(有意義な時間を過ごす)」のように使いましょう。 まとめ 「有意義」とは「意味や価値があること」を意味する言葉で、「有意義な時間」「有意義に過ごす」のように使います。 何に意味を見出すのかは人によって異なるため、自分にとって価値があると感じる状況で使いましょう。 類語で言い換えたいときには「有益」が、対義語で表したいときには「無意義」が適しています。

次の

「高まる」の意味とは?「高まる」と「昂まる」の違いはある?・読み方・英語・類語

する価値がある 英語 例文

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 14• 研究社 新和英中辞典 5• Weblio Email例文集 30• Weblio英語基本例文集 8• 浜島書店 Catch a Wave 14• 英語ことわざ教訓辞典 3• Eゲイト英和辞典 9• 英語論文検索例文集 10• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 30• 科学技術論文動詞集 1• 日本語WordNet 103• コンピューター用語辞典 2• EDR日英対訳辞書 30• Tanaka Corpus 139• 日本法令外国語訳データベースシステム 10• FreeBSD 3• Gentoo Linux 3• NetBeans 1• PEAR 1• Python 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 137• 官公庁発表資料• 金融庁 51• 財務省 25• 特許庁 42• 特許庁 780• 経済産業省 322• 厚生労働省 23• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 1• Ian Johnston『科学のカリキュラムで創造説?』 5• JULES VERNE『80日間世界一周』 1• Maurice Leblanc『アルセーヌ・ルパンの逮捕』 1• Ouida『フランダースの犬』 1• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 1• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 1• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 5• Frank Baum『オズの魔法使い』 1• Henry『賢者の贈り物』 1• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 2• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 2• James Joyce『二人の色男』 1• James Joyce『痛ましい事件』 1• James Joyce『母親』 1• Thomas H. Huxley『ダーウィン仮説』 1• John Stuart Mill『自由について』 16• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 2• Thorstein Veblen『所有権の起源』 4• Robert Louis Stevenson『宝島』 1• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 1• Edgar Allan Poe『約束』 1• Plato『クリトン』 1• Melville Davisson Post『罪体』 1• Michael Faraday『ロウソクの科学』 1• 電網聖書• ルカによる福音書 2• マタイによる福音書 3.

次の