お 墓参り は 不要 不 急。 【手越会見まとめ】なぜ外出したのか?「僕としては不要不急でした」 「海外進出する」など想定外の内容

[B!] 不要不急だが大切なヨットレース。

お 墓参り は 不要 不 急

「世間は不要不急って言うかもしれないですけど、僕としては不要不急でした」 注目を集めているのは、会見中、手越さんが緊急事態宣言中に2度にわたって「飲み会をしている」と「週刊文春」に報じられた件(5月21日号および23日配信の「文春オンライン」記事)について本人が釈明しているシーンだ。 この件について手越さんは、緊急事態宣言下で外出をしてしまったことについて、「3月の段階で事務所に退所を申し出てしまっており、その後、事務所からリターン(返答)がない状況で、いつ退所になるかが分かない状況だった」としつつ、「準備を少しでもしておきたかった」と、外出してしまった理由ついて説明。 加えて、「自分自身で判断して、外出しました」とも明かしたが、その後に放った一言が、これらの発言を聞いていた者たちを困惑させたのだ。 手越さんは事務所退所について、「1日、2日で決めたものではない」「準備は徹底的にやっておかないといけない」と説明。 それに続けて、 「世間は不要不急(の外出)って言うかもしれないですけど、僕としては不要不急でした」 と説明。 しかし、上記の文章、見ての通り、「かもしれないですけど」の後に「でした」が続いており、逆説を受ける形にはなっていないのだ。 「ここ何回聞いても理解出来んしずっと笑ってる」 このため、当該シーン直後から、手越さんの発言については、 「『僕としては不要不急でした』逆だよ!!笑」 「手越くん???素で間違えたのかな?」 「手越の"不要不急"って、ボケなんか天然なんかどっちなの笑」 「もはや手越『不要不急』の意味を理解してない説まである」 といった、手越さんの声に驚く声が続々。 他にも、「『不要不急でした』の言い間違いには笑った」「ここ何回聞いても理解出来んしずっと笑ってる」と、そのコントのような面白さを愛でる声もツイッター上に上がっている。 さらには、「手越の不要不急でした発言天然すぎてクソ可愛い」「頭から離れなくて困ってる。 どうしよう。 好き」と、手越さんへの絶賛の声も噴出。 「なんでこんな面白いセリフ出てくるんだ...... 」「手越は天才なのかな。 不要不急のくだりは圧巻すぎた」「手越強いわ、これはモテるわ、新時代のヒーローだわ」と、圧倒されたとする声も上がる始末だ。 なお、当該箇所については複数のメディアが、発言そのものよりも文脈上の整合性を優先させて、「不要不急ではなかった」と文言を訂正した上で報道。 これら、ネット上で生配信を見ていた視聴者を大きくザワつかせた「不要不急でした」発言だったが、ここまで話題になったのは、その間違い方にすら「本人らしさ」が出ていたからだったということなのかもしれない。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

手越祐也「不要不急でした」にネット騒然 外出めぐる弁解はボケか天然か...: J

お 墓参り は 不要 不 急

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 不要不急だが大切なヨットレース。 - 太陽の下で笑う。 はてなブックマーク - 不要不急だが大切なヨットレース。 - 太陽の下で笑う。 プレビュー 不要不急だが大切なヨットレース。 - 太陽の下で笑う。 のはなし。 も開けて、ようやくが再開となった。 いつもならばシ... 続きを表示 のはなし。 も開けて、ようやくが再開となった。 いつもならばに入り、隔週くらいで海に出てしている頃が、今年はまだ一度も海に出ていない。 に小雨の混じるの空模様ではあるが、久々のに喜び勇んでへと向かう。 朝8時過ぎの。 の国が休園中なので驚くほど。 の最寄駅なのでここ年ほど通っているが、はの待ち合わせやらでごった返しているのに、こんなに人が少ないのは初めてだ。 まるで突如として人が消えてったののようだ。 ささっと準備していざ出陣。 がに吊るされて移動していくのが好きだ。 戦いに出る前ののようでワクワクする。 ただ、このはの国のだか、が動く際のが何故か。 勇ましい出陣.

次の

「不要不急の外出控えて」…子どもの塾は?冠婚葬祭は?疑問の声に専門家が回答

お 墓参り は 不要 不 急

新型コロナウイルス感染者急増を受け、全国各地で「不要不急の外出」自粛を呼び掛ける取り組みが相次いでいる。 ぼくを含む多くの人が、方針自体には理解を示しつつも「不要不急の外出ってなんだよ」と疑問に思ったに違いない。 Web辞書で「不要不急」を調べてみると、こんな記述が見つかった。 不要不急 重要ではなく、急ぎでもないこと。 出典:weblio辞書 重要ではなく、急ぎでもない外出。 これを参考にしてみたい。 これを図で表すと、おそらくこうなる。 「重要・急ぎ」に入れた4つは、もしかしたら「重要・不急」「不要・急ぎ」にあたる可能性もあるが、ひとつひとつをじっくり考えていくと、「重要・急ぎ」で間違いないだろう。 たとえば、冷蔵庫に食べ物がほとんどない人にとって食品の購入は絶対に急ぎだし、持病などの影響で一定量の運動が毎日必要な人にとって公園での運動は超重要だ。 次に、この週末にぼくがやろうと思っていた外出系の用事をリストアップしてみたい。 ノーパンで公園をジョギングする 2. ファミ通を買いに行く 3. 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を全巻買いに行く 4. 小向美奈子のDVDを返しに行く 5. 『アイカツ!』をプレイしに行く 6. ゴミ捨てに行く 7. 入院している母方の祖母のお見舞いに行く そして、これをさきほどの図に追記してみると、こうなる。 まず、公園での運動は東京都が認めているので、ノーパンジョギングは重要・急ぎ。 ファミ通は最新のゲーム情報が載っているので重要だし、週刊なので来週にはもうない。 急ぎだ。 推し武道は、このタイミングで買わないと「TVアニメ効果で売上が伸びた」と製作サイドに認知してもらえないおそれがある。 アニメ続編を後押しするためには、急ぎでいま買うことが重要だ。 小向美奈子は今週末が返却日なので返さないと延滞料が発生するので急ぎだし、店員に「小向美奈子を延滞してまで観続けた人」というレッテルを貼られ社会的に死ぬので重要だ。 上原亜衣だったらいいんだけどな。 小向美奈子はちょっとな。 いや、ぼくは小向美奈子のほうが抜けるんだけど。 いっぽう、アイカツはぼくの人生において重要だが、まあ、来週に回しても生きていける。 ゴミ捨ては生ゴミがあるので早く捨てたいが、「じゃあお前ゴミ捨て行かなかったら死ぬのか?」と聞かれると「いや、死にはしないです……」と答えざるを得ない。 つまり急ぎではない。 母方の祖母は、ぼくが中学生時代に友達がいなくてネット上の創作活動に明け暮れていたころ「家の中でそんなことばっかりしてると犯罪者になるぞ。 子どもは外でバレーボールをするもんだ」と犯罪者扱いと謎のバレー推しをしてきたので許さない。 うーん。 7つのうち、不要不急は1つだけ。 しかし、不要または不急も含めると3つか。 「外出なんてどれも重要だし急ぎだろ」と思っていたが、こうやって整理してみると、意外と「不要不急」「不要」「不急」のいずれかにあたるものは多いのかもしれない。 国民ひとりひとりの努力と配慮が問われる、新型コロナウイルス対応。 みなさんもぜひ、自分の予定をひとつひとつ精査して、本当に必要な外出を見極めてほしい。 結論:不要でも不急でもない、「重要・急ぎ」の外出は、東京都が示している例と ・ノーパンジョギング ・ファミ通 ・推し武道 ・小向美奈子 の4つ。 それ以外の用事は外出すべきかいったんよく考えよう。

次の