お手間を取らせてしまい 敬語。 「手間・手間を取らせる」の意味と使い方、例文、敬語表現、類語を紹介

間違いも多い「お手間を取らせてしまい」の意味と使い方・敬語表現

お手間を取らせてしまい 敬語

ですが、「手間をおかけして…」という表現を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 「手間」に似た言葉として「手数」があります。 手数とは、ある仕事をするための労力そのもののことで、特にその作業が困難だった場合や、面倒であった場合に使用します。 手数は「とる」ではなく「かける」を用いて、「手数をかける」と表現します。 手数の場合は、自分が自分のために行った場合には使用せず、誰かのために作業する時に使用し、特に自分のために誰かが作業してくれた時に使うケースがほとんどです。 「手間をおかけして…」という表現は、「手間を取らせる」と「手数をかける」が混同してしまっている誤用です。 正しくは手間の場合は「お手間を取らせて申し訳ございません」、手数の場合は「手数をおかけして申し訳ございません」と表現します。 丁寧ですが少しくどい印象を与えます。 但し、ビジネスシーンでも口語の場合は使用されることがあります。 類似の表現 「お手間を取らせる」と似たような意味で、相手に迷惑をかけたり苦労をかけてしまった時に使える表現をチェックしてみましょう。 「手数をおかけして申し訳ございません」 前述した通り、困難な作業や面倒な作業を依頼した場合に、謝罪と感謝を伝えるために使います。 「お手を煩わせて申し訳ございません」「迷惑をお掛けして…」「面倒をお掛けして…」「骨を折らせて…」 「お手間」のように時間や労力といった具体性はなく、相手に依頼したことで、面倒をかけてしまった時に使う表現です。 特に「骨を折らせて」を使う場合は、その面倒や苦労の度合いが大きい場合に使用します。 「負担をお掛けして…」 同じように面倒や苦労を掛けた時に使い、ほかに金銭面での援助をお願いした際にも使用できます。 「ご足労をお掛けして…」 こちらも面倒や苦労を掛けた時に使いますが、中でもわざわざ来てもらった時に使う言葉です。 「お手間」と類語の例文集 具体的に「お手間」や類義語を用いたシーンを想定して、使い方をイメージしてみましょう。 少しの時間でも良いのでアポを取りたい時.

次の

「お手を煩わせて」とは ビジネスで使える例文集

お手間を取らせてしまい 敬語

誰かに対して労力や時間を使わせた場合、それに対して申し訳なく思ったり、感謝したりすることでしょう。 「お手間を取らせてしまい申し訳ございません」といった形で使うことが多く、相手への敬意を示す言い回しでもあります。 目的を果たすためには多くの人の協力を得なければならないことが少なくありません。 そういった状況の中では「お手間を取らせてしまい申し訳ございません」といった言い回しはよく使われます。 お手間という言葉は、相手のちょっとした手間に対しても使います。 手間は、大きなものも小さなものも意味するのです。 「お手間を取らせてしまい申し訳ございません」という言い回しが多いのですが、相手に対して「お手間を取らせてしまい」と、感謝の気持ちやお詫びの気持ちを込めて言う使い方もできます。 ただし、このような使い方をすると相手に対して頼りなく、また失礼になることもありますので、このような使い方はある程度関係性が取れている相手に限るようにしましょう。 そもそも相手に何か思いがなければ「お手間を取らせてしまい」などという言い回しはしません。 こういった使い方も覚えておきましょう。 お手間を取らせてしまいという言葉は申し訳ございませんと添えるのが一般的 お手間を取らせてしまいという言葉は「申し訳ございません」と添えるのが一般的です。 また、お礼をしたい場合には「お手間をおかけしましたが、おかげ様でひと段落付きました。 この度はありがとうございました」といった形でお礼の言葉を添えます。 このような言い回しは、相手に好印象を与えます。 「お手間をおかけしましたが、まだまだやることは山積みで解決しておりません」といった形の報告で、この言い回しを使うことはありません。 「お手間を取らせる」と「お手間をかけさせることとなり」という表現は非常に似た表現ではありますが、使うシーンやその意味合いは異なります。 違いをしっかり認識しておきたい言い回しです。 「お手間をかけさせることとなり」という言い回しは、自分や他の人のために手間をかけさせた場合に使う言葉になります。 「お手間を取らせる」という表現は目的のために手間を取らせた場合に使いますので、何のためにその手間が相手にかかったのかによって、どちらの言い回しを使うかが変わってくるのです。 「お手間をかけさせることとなり」という言い回しは、「お手間を取らせる」という言い回し以上に、相手に対して迷惑がかかっているのが一般的です。 そういったニュアンスも意識しながら、使い分けるようにしましょう。 この表現は「お手間をかけさせることとなり」と同じ状況で使える表現ですが、特に労力を使わせたことを強調する場合に使われる言い回しです。 「お手数をおかけし申し訳ありませんでした。 おかげ様で期日内に提出することができました。 心より感謝申し上げます」といった形で相手にお詫びと感謝を伝えると、非常にビジネス感があり、好感を持たれることとなるでしょう。 この表現は「わざわざ来ていただいた」というニュアンスで使います。 お手間を取らせると似たような言い回しではあるものの、使うシーンは明確に異なります。 「この度はご足労いただきまして、誠にありがとうございます」といった形で使います。 相手に足を運んでいただいたことに対して、心を込めてお礼を言いたい時に使いたい表現です。 「来ていただいてありがとうございます」という言い方をするよりも、フォーマルな響きがある言い回しになります。 この表現は、何かに対して親身にしてもらったり、時間をかけて丁寧に対応してもらった場合に使う言い回しです。 最大限の感謝を示す言い回しで、ここぞという時に使いたい表現です。 この表現は時間を割いてもらったことを強調する場合に使う表現であり、「お手数をおかけすることとなり」と使い分けたい表現になります。 「お時間を取らせることとなり」「お手数をおかけすることとなり」という表現は、目的のため、あるいは自分や他人のため、両方のパターンで使用することが可能です。 目上の人に使う場合には、正しい敬語の使い方を意識するともに、「お手間を取らせてしまい」「お手間をかけさせることとなり」の使い分けを意識することが大切になってきます。 例えば「この度はお手数を取らせることとなり申し訳ございませんでした。 おかげ様で我が社の売り上げ目標の達成を叶えることができました」「先日はお手数をおかけしました。 おかげ様で発表は好評を博しましたが、これも一重に〇〇様のお陰でございます。 心より感謝申し上げます」といった形で使い分けます。 お詫びの表現については「すみませんでした」、お礼の表現については「ありがとうございました」では軽く感じることも少なくありません。 ビジネス独特の改まった言い回しもできるように、ここで紹介した例文は押さえておくようにしましょう。 取引先相手の場合は、そんなに大した手間を取らせていないような場合でも、社交辞令として「お手間を取らせることとなり」という表現を使います。 たとえ些細なことでも、何かしてもらったら使うようにしましょう。 例えば「先日の会議ではご説明いただきましてありがとうございました。 ご多忙のところお手間を取らせてしまい申し訳なく思っておりましたが、おかげ様で会議がうまくまとまりました。 〇〇様に対しては感謝の気持ちで一杯でございます」といった形で使います。 たとえここで紹介している説明がほんの些細な1~2分の説明であっても、このような形でお詫びやお礼を言われたら悪い気はしないですし、そのような気遣いができるのだなと、一目置かれるようになることでしょう。 深く謝罪する場合にはしっかり説明しつつ、丁寧な言い回しと心がけると、相手に対して気遣いが伝わるのでその点をしっかり意識しましょう。 例えば「研修会におきまして多大なるお手間を取らせることとなり、大変申し訳ありませんでした。 私たちの準備不足で、〇〇様のお時間を予想以上に取らせてしまう結果となってしまいました。 しかしながら研修会は大盛況で、業界の反響が非常に大きくなっております。 これもひとえに〇〇様のお陰です」といった形です。 このような形で状況を説明し貢献していただいたことをしっかり伝えた上で、「深くお詫び申し上げますとともに、感謝の念に堪えません」といった弁を付け足すと、フォーマルかつ心のこもったお詫びとお礼の言葉となります。 この英単語は「不便」という意味です。 「コンビニエンス」が便利という意味なので、その逆を想定すれば非常に覚えやすいと言えます。 例文のような形でつかいましょう。 ちなみに、ビジネスでよく使われる言葉の英語表現は、定例文をしっかり覚えておくことがおすすめです。 下記の関連記事はビジネスでよく使われる言葉とその英語表現を説明しているおすすめの内容です。 Cooperationという表現は、英語においてスピーチでもビジネスメールでもよく使われる表現で、単独では「協力」を意味する英単語です。 一見「お手間」とは逆の意味合いに見えます。 cooperationは下記の例文のような形で使います。 下記の例文はお礼を表しているのですが、英語では下記のような表現が適切です。 「お手間を取らせることとなり」という表現は、日本ではお詫びとともに使われることが多いのですが、英語ではこのようにお礼で使わわることが多いのです。 ちなみにcooperationという言葉は「hope」という言葉と一緒に使うと「よろしくお願いします」という意味合いを伝えることもできます。 ビジネスメールやスピーチにおいて相手との距離を縮める表現ですので、覚えておきましょう。

次の

「手間・手間を取らせる」の意味と使い方、例文、敬語表現、類語を紹介

お手間を取らせてしまい 敬語

ですが、「手間をおかけして…」という表現を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 「手間」に似た言葉として「手数」があります。 手数とは、ある仕事をするための労力そのもののことで、特にその作業が困難だった場合や、面倒であった場合に使用します。 手数は「とる」ではなく「かける」を用いて、「手数をかける」と表現します。 手数の場合は、自分が自分のために行った場合には使用せず、誰かのために作業する時に使用し、特に自分のために誰かが作業してくれた時に使うケースがほとんどです。 「手間をおかけして…」という表現は、「手間を取らせる」と「手数をかける」が混同してしまっている誤用です。 正しくは手間の場合は「お手間を取らせて申し訳ございません」、手数の場合は「手数をおかけして申し訳ございません」と表現します。 丁寧ですが少しくどい印象を与えます。 但し、ビジネスシーンでも口語の場合は使用されることがあります。 類似の表現 「お手間を取らせる」と似たような意味で、相手に迷惑をかけたり苦労をかけてしまった時に使える表現をチェックしてみましょう。 「手数をおかけして申し訳ございません」 前述した通り、困難な作業や面倒な作業を依頼した場合に、謝罪と感謝を伝えるために使います。 「お手を煩わせて申し訳ございません」「迷惑をお掛けして…」「面倒をお掛けして…」「骨を折らせて…」 「お手間」のように時間や労力といった具体性はなく、相手に依頼したことで、面倒をかけてしまった時に使う表現です。 特に「骨を折らせて」を使う場合は、その面倒や苦労の度合いが大きい場合に使用します。 「負担をお掛けして…」 同じように面倒や苦労を掛けた時に使い、ほかに金銭面での援助をお願いした際にも使用できます。 「ご足労をお掛けして…」 こちらも面倒や苦労を掛けた時に使いますが、中でもわざわざ来てもらった時に使う言葉です。 「お手間」と類語の例文集 具体的に「お手間」や類義語を用いたシーンを想定して、使い方をイメージしてみましょう。 少しの時間でも良いのでアポを取りたい時.

次の