この 関数 に 対し て 少な すぎる 引数 が 入力 され てい ます。 エクセルでカイ二乗検定

この関数に対して、多すぎる引数・・・の対応

この 関数 に 対し て 少な すぎる 引数 が 入力 され てい ます

どなたかご教授下さい。 ゴルフコンペの成績表を作り続けています。 参加者の成績(スコア)を入力したセルをCOUNTで参加回数として表示、平均スコアをAVERAGEで表示させていました。 この場合どのような式を当てはめればいいのでしょうか? 宜しくお願い致します。 (例:生数字を記入しているなら,セルの書式設定を文字列にしておいて数字を記入する等) #そもそも10から30までって30個じゃないですし,一体どこどこセルを計算してるんですか。 こーいう具合に事実じゃない,「説明のつもりのウソ情報提供」によって適切な回答が寄せられない事も理解して次回は「この式で,このセルとこのセルを,など目に見える事実」をご相談に記すようにしてください。 情報提供不足で申し訳ございません。 エクセルのVer. は2007です。 集計表はA1(順位)、B1(グロススコア)C1(ネットスコア)D1(順位)、E1(グロススコア)・・・・ という書式でグロススコアのセルを集計しています。 連続して参照できない為、AVERAGEを使っておりまし た。 情報不足の中、回答ありがとうございました。 >#そもそも10から30までって30個じゃないですし,一体どこどこセルを計算してるんですか。 こーいう具合に事実じゃない,「説明のつもりのウソ情報提供」によって適切な回答が寄せられない事も理解して次回は「この式で,このセルとこのセルを,など目に見える事実」をご相談に記すようにしてください。 おっしゃる意味がよく分かりませんね。 上から目線で揚げ足を取って批判されているようで気分を害しておりますが・・・ こちらの例えが不十分だったとしても分かる方が殆どの様な気がしますが、ウソ情報って・・・ AVERAGEIF関数については調べて勉強してみます。 ありがとうございました。 Q 初めてご質問させていただきます。 よろしくお願いいたします。 EXCELで以下のIF関数を使用しています。 要するに、9時15分から11時までの間で、15分間隔で大小関係を比較するセルを変更して、その結果に応じてA判定、またはB判定、または空欄のいずれかが選択されるIF関数になっています。 お伺いしたいことは以下の2点です。 1 各条件式で共通部分が必ず3つあります。 よろしくお願いいたします。 EXCELで以下のIF関数を使用しています。 要するに、9時15分から11時までの間で、15分間隔で大小関係を比較するセルを変更して、その結果に応じてA判定、またはB判定、または空欄のいずれかが選択されるIF関数になっています。 お伺いしたいことは以下の2点です。 1 各条件式で共通部分が必ず3つあります。 Q 関数を教えてください。 A B C D 1 収入 支出 合計 2日付 31月1日 500 500 41月2日 500 1000 51月3日 61月4日 71月5日 81月6日 200 VALUE! とでます。 表内で、DC列空白の時は空白を返すのではなく、数字は実際セルの中に入っているのだけど、表示させない方法はありますか? D4に式を入れて下方にコピーするだけで、 VALUE! のところに800が来るような方法を教えてください。 (1月3日には実際には1000が入っているのだが、表示しない方法が知りたいのです。 ) わかりにくくてごめんなさい。 補足も必要ならさせていただきますのでよろしくお願いします。 エクセル2003です。 A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1! (「田中」のセルがA1です。 ) [ 田中 ][ 10 ][ 200 ] [ 山田 ][ 21 ][ 150 ] [ 佐藤 ][ 76 ][ 250 ] [ 鈴木 ][ 53 ][ 350 ] 別のシートのA1セルに、「佐藤」と入力すると、 [ 佐藤 ] 「得点」シートから「佐藤」の列を見つけて、B1、C1に [ 佐藤 ][ 76 ][ 250 ] のように表示させたいのですが、B1、C1にはどのような式を書けば良いのでしょうか。 「得点」シートでは氏名が重複する事はありません。 IF文を使うと思うのですが、いまいち良く分かりませんでした。 よろしくおねがい致します。 A ベストアンサー こんばんは。 nifty. nifty. nifty. htm.

次の

エクセル関数で別のシートの不定位置にある計算結果を返す方法

この 関数 に 対し て 少な すぎる 引数 が 入力 され てい ます

チャンネル登録35万人超! とても便利な機能で、みんな使っていると思います。 また、この「COUNT」関数に条件を付け加え、条件に該当するデータのみを数えるように発展させた関数が「COUNTIF」関数です。 COUNTIFは覚えればめちゃくちゃ便利機能なので、すごい頻度で使っているという人も少なくないはず。 例えば「COUNTIF」関数を利用すると、下の表の中で、「担当者名:松岡修三のデータの数を数える」ということもできます。 ただ、「担当者名: 松岡修三かつ、商品名:テニスラケットのデータの数を数える」というように、複数の条件を指定する必要がある場合は「COUNTIF」関数では難しくなります。 COUNTIFでもっと複数の条件を指定したい!!っという方に使える関数が「COUNTIFS」関数です。 「IFS」と書いてある通り、「IF」の複数形なので複数の条件を指定することができます。 これを覚えれば、何でも数えられるよね!っていう関数です。 早速使い方を見てみましょう。 この関数は条件を複数指定し、指定した条件をすべて満たすデータの件数を数える働きの関数です。 今回は下の表の中で、「担当者名: 松岡修三かつ、商品名:テニスラケットのデータの件数」を求めてみます。 「関数の挿入」ボタンを利用する場合 関数による結果を表示したいセル(例ではL5)を選択し、「数式」タブ内の「関数の挿入」ボタンをクリックします。 表示された「関数の挿入」画面内の「関数の分類」を「統計」に変更します。 その後、関数名の一覧から「COUNTIFS」を選び「OK」ボタンをクリックします。 新たに表示された「関数の引数」の画面内にある「検索条件範囲1」の欄で、一つ目の検索の条件としたいデータの入力されている範囲を指定します。 今回の一つ目の条件は「担当者名」であるためセル「G5:G49」を指定しています。 更に「検索条件1」の欄で一つ目の条件を指定します。 今回の例では、「担当者:松岡修三」が条件であるため、「松岡修三」と直接入力するか、もしくは「松岡修三というデータが入力されているセル番地」のいずれかを指定します。 続いて「検索条件範囲2」の欄の指定ですが、要領は「検索条件範囲1」の欄と同じです。 今回の二つ目の条件は「商品名」であるため、セル「C5:C49」を指定しています。 そして「条件2」の欄は、「テニスラケットというデータが入力されているセル番地」としてセル「K5」を指定します。 以上が設定できましたら「OK」ボタンをクリックします。 正しく数式を作れていたら、結果が表示されるはずです。 直接数式を入力する場合 関数による結果を表示したいセル(例ではL5)を選択し、以下の数式をキーボードを使って入力します。 すると、データの数を示す値が表示されます。 まとめ このように、「COUNTIFS」関数を利用することで、複数の条件を満たすデータの件数を求めることができます。 COUNTIFをあまり使っていない方は、使う機会はほとんどないかもしれません。 ですが、COUNTIFを多用している方は、絶対に必須となるテクニックです。 COUNTIFだけでは条件が足りなくて、いろいろな作業セルを使って頑張っていた方も、CUNTIFS関数を使えば一発です! そういう方は、今日から絶対に使うようにしましょう。 「COUNT」関数と「COUNTIF」関数と合わせて、状況によって使い分けるようにしましょう。

次の

この関数に対して、多すぎる引数・・・の対応

この 関数 に 対し て 少な すぎる 引数 が 入力 され てい ます

初めてご質問させていただきます。 よろしくお願いいたします。 EXCELで以下のIF関数を使用しています。 要するに、9時15分から11時までの間で、15分間隔で大小関係を比較するセルを変更して、その結果に応じてA判定、またはB判定、または空欄のいずれかが選択されるIF関数になっています。 お伺いしたいことは以下の2点です。 1 各条件式で共通部分が必ず3つあります。 1ケタ1文字修正を試みるだけでも大変面倒な話、 数式はスラスラ~と書ける程度の長さでいいと思います。 VBAで、とは回答しましたが、 既存数式の解析がうっとおしいので考えていません。 どうなったらA判定?、どうなったらB判定?、 機能要件を提示すればVBAでのヒントは出せると思います。 さらに、 ある時間とある時間でもってAとかBとか決まるのなら、 別シートに縦軸横軸で対応表を作り、その表から探し当てる。 なので、 今回数式が出来たとしても、数式にこだわらず、さらなる改善を期待します。 今後の変更に耐えうる仕組みとしましょう。 回答番号ANo. 7です。 」と表示されました。 2番目の数式では、「この関数に対して、少なすぎる引数が入力されています。 」と表示されました。 申し訳御座いません、括弧の位置を打ち間違えておりました。 以下の数式に変更して下さい。 もし、そうであれば、 2 は次の様な数式となります。 数式が長い事は百害あって一利なしです。 条件のなかで5分範囲での2つ目のIF関数が偽だった場合「FALSE」と表示されるが問題ないのだろうか。 一例です。 (1)Y・Z列に時刻表を作成 0:001 9:152 9:302 9:452 10:002 10:152 10:302 10:452 11:001 Z列の1は空白、2は判定の意味です。 尚、B~I列の具体的な配置が判らないので今はこの程度ですが、 配置関係が判ればもっと具体的な回答もあると思いますよ! この程度ですが、参考にならなかったらごめんなさいね。 >15分間隔で大小関係を比較するセルを変更して、その結果に応じてA判定、またはB判定、または空欄>のいずれかが選択されるIF関数になっています。 U1の値によってどこかのセルが TRUE それ以外が FALSE の結果が得られると思います。 というのが前提です。 複数のセルがHITすると関係ないセルの値が返るので、 場合によっては、IFをかぶせてCOUNTIFで確認した方が良いかもしれません。 動作の概要 【検査範囲】から【検査値】を探し、 最初にHITしたセルについて、右隣のセルの値を返す。 以上ご参考まで。 というのが前提です。 複数のセルがHITすると関係ないセルの値が返るので、 場...

次の