木村 弓 いくつ。 いつも何度でも 木村弓 歌詞情報

今更ながら『いつも何度でも』の歌詞の意味を知り、癒される。

木村 弓 いくつ

神戸女学院から16歳で単身渡米。 現地のハイスクールを経て、カリフォルニア州立大学に進学し、ピアノを専攻。 帰国後、声楽家を志望して歌と演劇を勉強するが、途中健康を害して一時歌を断念。 再起への模索を通じて、瞑想や、身体と心と声の関係を学び、癒しや祈りに関わる歌の世界を研究。 1988年、ドイツの思想家 R・シュタイナーの人間観に共感した人達によって考案された と出会い、独自の弾き語りを確立。 2001年、宮崎駿監督作品を作曲して歌い、一躍脚光を浴びる。 第43回日本レコード大賞金賞、第56回毎日映画コンクール音楽賞、第25回日本アカデミー賞主題歌賞受賞。 2004年、アルバム「流星」 2003年 に詩人・谷川俊太郎氏と共作し収録したが、再び宮崎駿監督の映画 「ハウルの動く城」の主題歌に起用される。 2006年日豪交流年公式プログラムとしてオーストラリアの各都市で公演。 以後ライアーの弾き語りにとどまらず、ピアノとのデュオをはじめ、ストリングスや古楽器などとも共演する中、2015年には上海オリエンタル・アート・センターで、スコットランド出身のアイリッシュ・ハーピスト・歌手のケイティ・ターゲット・アダムズ氏とジョイント・コンサートを行い大好評を博す。 その後もダンスとのコラボレーションなど、様々な形態でコンサート活動を続けている。 これまでにを徳間ジャパンコミュニケーションズよりリリース。 ・ プロフィール ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

木村弓 いつも何度でも 歌詞

木村 弓 いくつ

番組では何の歌を歌うのでしょう。 やっぱり「いつでも何度でも」でしょうか。 それにしても、木村さんが仕分けで カラオケ対決をされるとは…! 意外というか、びっくりでした。 木村弓さんについて、私が知っていることと いえば、 ・千と千尋の神隠しの主題歌を歌った(紅白にも出た) ・ハープみたいな楽器を弾き語る あえて付け加えれば、 ・結構年齢が上なんじゃないか(失礼ですが) ・でもすっごく肌が綺麗だからやっぱりそんなに年配じゃないかも。。 ということくらいです。 癒し系の歌声のイメージが強かった のですが、改めて聴いてみると、やさしく 心に染みる歌声の中に、何か訴え かけてくるような力強さも感じます。 千と千尋の神隠しは2001年の映画で、 初めて見てからもう10年以上経っている のですが、この曲を聞くと、映画の様々な 場面が鮮明に蘇り、映画と曲(歌声含む) が絶妙にマッチしていたのを実感します。 スポンサードリンク 「いつでも何度でも」は、外国でもカバー されることが多い曲です。 アメリカの歌手、Kate Covingtonさんが 澄んだ歌声で歌うこちらの動画もとても 素敵です。 多くは公表されていない木村弓さんのプロフィール では、出身地や歌手であること、 略歴やが載っているくらいで、 比較的情報が少ない印象でした。 帰国後、演劇のトレーニングをする中で、 「無理や疲れがたたって脊椎を悪くしてしまい、 声がでなくなてしまった」 と、 多くは語られていませんが、志した道を 諦めるくらいですから、おそらく辛い、苦難の 日々だったのだと思います。 このことがきっかけで若干宗教的な方面や、 心霊治療、スピリチュアルな方向に進んで いかれたことが、アシュラム東京を主宰する 原田千裕氏に師事されたことなどからも伺えます。 木村さんの独特な歌声や、そこから感じ られるヒーリングパワーのようなものは、 彼女が歌の世界に復帰されるまでの間に 培われたものと想像できます。 動画のコメントには、「涙が止まらない」 「いろいろなことを思い出す」といったものが 見受けられますが、木村さんが奏でる音が、 心身ともに疲れ果てている私達のこころと からだに働きかけているのかもしれませんね。 スピリチュアルな観点からを される方もいらっしゃいました。 ご参考まで… (amazon 「あの楽器」はゲルトナー・ライアー 木村さんが演奏するあの楽器は、ドイツの 堅琴で、ゲルトナー・ライアーと言います。 木村さんがライアーに出会ったのは1988年。 ずっとたて琴のような音色に惹かれていたそうですが、 グランドハープは大きく運搬が困難でしかも高価。。 そんな時にライアーの演奏を聴き、形・音量・音色など 様々な面で 「これだ!」 「自分の歌と自分自身を助けてくれる楽器」 と思い、すぐにライアーを買い求めたそうです。 そしてあの独自の弾き語りスタイルを確率した 木村さんは、この年から全国でコンサート活動を 開始しました。 千と千尋の神隠しで有名になる随分前から 地道に活動されていたのですね。 因みにこのライアーは、音域がソプラノやアルト、 弦の本数も25、39、50以上のものなど様々です。 日本ではまだあまり馴染みが薄い楽器ですが、 歴史は深く、ハープ療法という音楽療法をされる 方もいらっしゃるそうです。 気になるお値段はお求めやすいものでは 数万円から、ドイツ製のものだと数十万円するようです。 写真は楽天で販売されているもので、 39弦のソプラノライアーで47万円です。 アルトになると更にお値段が上がります。 では これからライアーを始めたい方にもお求め やすい価格で制作・販売をされています。 25弦がメインです() 「これ!」と思った事に対しては行動派 ふんわりとしたイメージの木村さんですが、 ご自身がこれだと思ったことに対しては 実に積極的であることが、対談などから 伺えます。 例えば、高校を一年で中退したのは 交換留学が高校二年生からしか受け入れ られないことを知り、自ら直接アメリカの 新聞社にホストファミリー要請の手紙を出して、 滞在先が決まったからだったり、 千と千尋の神隠しの主題歌誕生秘話では、 なんとなく宮崎駿先生の作品に自分の声が 合うのではないかという思いが日増しに強くなり、 ある日それが抑えられなくなり、木村さんから 宮崎氏にアプローチしたそうです。 はこちらです 木村弓さんの年齢は? 木村弓さんについて調べている時に、 「年齢」というキーワードが多く検索 されていることがわかりました。 そこで木村弓さんの年齢について 検索してみたのですが、 年齢について明記されているサイトを 見つけることができませんでした。 どのサイトでも年齢についてはスルー されているイメージです。 木村弓(年齢非公表)と書かれたサイトがひとつと、 なぜか「1958年生まれの人々」が掲載されている サイトが検索結果にあがりました。 木村弓さんのどれかの文字にひっかかったのか (だとすれば他の年号も検索結果に出るはず) 過去に掲載されていて削除以来があったのか。。 あくまで不確かで憶測の域を越えられません。 もし仮に1958年生まれならば、55~56歳です。 森昌子さんや久本雅美さん、小室哲哉さん、 マドンナなどがこの年生まれです。 個人的には「誰が何歳だっていいじゃん!」 というタイプなのでこれ以上の追求はやめました。 …というところでしょうか。 無難なところで55~60代? かけ離れていたらごめんなさい>< 何歳でも、いくつになっても、若々しく元気で、 美しくて癒やしとパワーをもらえる歌声を 私達に届けて欲しいです^^.

次の

「いつも何度でも [千と千尋の神隠し]」(木村 弓)フルmp3の無料&安全ダウンロード方法を紹介!

木村 弓 いくつ

人物 [ ] 在学中にアメリカに留学し、でピアノを専攻。 (平成13年)映画『』の主題歌「」で一躍脚光を浴び、同年の『』に特別ゲスト(正式出場歌手としての出演もマスコミ報道で取り沙汰された)として出演し同曲を歌唱。 金賞(いつも何度でも)受賞。 第56回毎日映画コンクール音楽賞、主題歌賞受賞。 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ]• ()映画『』主題歌• 水の三拍子()PS2用ゲームソフト『』主題歌 アルバム [ ]• 花の星(2002年7月17日)• 空も海も風も(2002年11月21日)• 流星(2003年11月21日)• 浜辺の歌(2004年5月26日)• 愛されていると(2004年12月8日)• 翼(2006年10月25日) その他 [ ]• 「」映画『』主題歌(2004年10月27日)作曲 出演 [ ]• (2001年12月28日、テレビ朝日)• (2005年5月22日・2007年5月26日・2009年11月3日、)• (2011年1月1日・2020年4月5日、) 外部リンク [ ]•

次の