声優 学校 評判。 大阪アミューズメントメディア専門学校【声優科】評判や学費は?

評判の良い声優養成所【徹底比較】あなたにオススメの養成所が見つかる!

声優 学校 評判

東京アナウンス学院は、声優や俳優、タレントやお笑い芸人に至るまで、メディア業界を目指す人を育てる専門学校です。 東京アナウンス学院という学校名からはアナウンサーの学校というイメージが強くなりますが、実際のところは声優と芸人の育成に力を入れている専門学校です。 東京都中野区に複数の校舎を持つ東京アナウンス学院について、以下に評判をご紹介していきます。 東京アナウンス学院の評判 東京アナウンス学院は、数ある声優専門学校の中でも歴史の長い専門学校です。 歴史が長いというのはメリットのようでありながら、校舎が古いというデメリットでもあります。 また、募集人数に対して校舎がそれほど大きくはないので、学校内は酷い混雑という口コミもよく耳にします。 東京アナウンス学院の最大の特徴は、選択授業の種類が非常に豊富な点で、たくさんの授業の中から興味があるものを選んで受講できます。 声優の勉強だけではなく、ダンスやアクション、楽器演奏など幅広く学びたい方には評判が良い学校です。 声優のレッスン以外に興味がない方であれば、声優に絡んだレッスンだけを選んで受講することもできます。 ただし、人気のある授業に関しては抽選になることも多く、希望の選択授業を受けられるとは限りません。 東京アナウンス学院の声優輩出やデビュー実績としては、声優専門学校全体の中で比較すると良い方でしょう。 実態は大半の卒業生が声優養成所に進みますが、中にはプロダクションに所属を決める生徒もいます。 オーディション情報の提供や、オーディションで使用するボイスサンプルの収録など、他の声優専門学校でもやっているようなバックアップは当然してもらえます。 ただし、東京アナウンス学院が提供するオーディション情報のおよそ半数は、声優オーディションではなくお笑いやタレント系のオーディションとなっています。 オーディションの数や声優デビューのチャンスではヒューマンアカデミーがずば抜けていて、年間のオーディション数は350件以上となっています。 それに伴い、近年の声優デビュー実績においては、東京アナウンス学院よりもヒューマンアカデミーの方が高いことが予想されています。 専門学校を長年やってきた実績から、東京アナウンス学院出身の声優もたくさんいますが、オーディションの数からしても今はヒューマンアカデミーの方が有利だと言えます。 東京アナウンス学院卒業生による口コミと評判 クラウドソーシングを利用して、専門学校東京アナウンス学院の卒業生からアンケートを頂きました。 東京アナウンス学院の授業内容や学生の進路、学校の感想などについて回答を頂きました。 私は大学の経済学部を卒業したのですが、小さいころからの声優になりたいという夢を捨てることができずに、東京アナウンス学院の放送声優科に入りました。 高校が進学校だったこともあり、親に声優の専門学校に行きたいと言ったら反対されてしまったため、仕方なく普通の大学に入ったのです。 東京アナウンス学院では私のような境遇の方も多かったので、年齢層は多岐にわたっており、18歳から30代の方まで幅広く通っていました。 働きながら学校に通っている人も多いです。 授業は声優の歴史や文化形成についての座学も多いのですが、それ以上に実践の授業もあります。 とくに特徴的で勉強になったのは、自分の声を録音してそれを他の生徒に匿名で聞いてもらい、フィードバックをもらう授業です。 匿名で聞いてもらうことにより、忌憚なき意見をもらうことができます。 自分はどんなキャラクターの声優に向いていそうだとか、どういうところが改善点なのか教えてくれます。 講師については専属の講師の他に、特別講師として現役の有名な声優さんが多数来校されます。 大きな学校でもあるので設備に関しては申し分なく、練習機材なども多数あり、レコーディングスタジオ風の部屋や鏡張りのスタジオなどがあります。 学校の雰囲気は比較的穏やかです。 厳しさよりもクラスのみんなと仲良くという協調性を意識した雰囲気でした。 学校の立地は新宿からほど近く、所属オーディションなどの提携先も多くありました。 欠点としては実践的であるが、あまりにも生徒数が多いため個別に指導という部分にはやや難があったことです。 また、厳しさという面が非常に少ないため、業界の厳しさはあまり感じられなく、実際に現場に出る機会があると打ちのめされることが多々あるかもしれません。 基礎を学ぶことが多かったのですが、より実践的なものを学びたい場合は、東京アナウンス学院を卒業後に養成所で学ぶ必要があると思われます。 自分で興味のあるレッスンを選択する選択授業はどの声優専門学校でも一般的ですが、選択肢の多さでは東京アナウンス学院はズバ抜けています。 東京アナウンス学院の放送声優科では、以下の必須科目は必ず受講します。 発声発音 声優の基本となる発声法を学び、よく通り聞き取りやすい声を身につけます。 アーティキュレーション 日本語の正しい発音や口の開け方、舌の使い方など声の基本を学びます。 早口言葉や外郎売りなどの練習もします。 ボーカルレッスン 声帯に負担をかけない発声法や正しい発音を学びます。 アニメのメインキャラクターを担当すると必要になることもある"声優としての歌唱力"を身につけます。 ナレーション 文章の内容を的確かつ迅速に理解し、適切な表現をする力を身につけます。 アテレコ 実際に放送されたアニメや映画を題材にして、声をあてる授業を行います。 役作りから台本の分析、セリフ術などを学びます。 演技基礎 演技を基本から学び、台本を読み解く力やキャラクターへの理解力を高めます。 1年間の集大成として舞台発表も行います。 東京アナウンス学院の授業内容や講師に対する満足度は高く、在校生や卒業生の評判も良いと言えます。 しかしその反面、ヒューマンアカデミーやアミューズメントメディア総合学院と比べてデビュー実績が低いのは、学校の声優業界に対する影響力の足りなさとも考えられます。 素晴らしい講師から質の高い授業を受けることも大切ですが、声優デビューするためには声優を輩出した実績を重視することをおすすめします。 東京アナウンス学院出身の有名声優 新井 里美 「とある科学の超電磁砲」白井黒子、「Re:ゼロから始める異世界生活」ベアトリス、「まほらば 〜Heartful days〜」蒼葉梢 石井 孝英 「Dimensionハイスクール」白山純平、「美男高校地球防衛部HAPPY KISS! 」和倉七緒、「ダイヤのA actII」友部先人 石井 マーク 「ガンダムGのレコンギスタ」ベルリ・ゼナム、「カードファイト!! ヴァンガードG」新導クロノ、「ハイキュー!! 」灰羽リエーフ 井上 雄貴 「天使の3P! 」貫井響、「アトム ザ・ビギニング」A106、「愛玩怪獣」渡辺大輔 伊丸岡 篤 「ジョジョの奇妙な冒険」ルドル・フォン・シュトロハイム、「ログ・ホライズン」デミクァス、「されど罪人は竜と踊る」ヘロデル 桜咲 千依 「D. 」渡草三郎 東城 日沙子 「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」アスタロト、「同居人はひざ、時々、頭のうえ。 」矢坂渚、「アニメガタリズ」高円寺美子 中上 育実 「ガールズ&パンツァー」秋山優花里、「BanG Dream!ガールズバンドパーティ!」大和麻弥 中原 茂 「戦国BASARA」毛利元就、「ドラゴンボール超」17号、「聖戦士ダンバイン」ショウ・ザマ 西村 ちなみ 「おじゃる丸」おじゃる丸/小町、「ポケットモンスター サン&ムーン」ニャビー、「スマイルプリキュア! 」沢田奈々 保志 総一朗 「機動戦士ガンダムSEED」キラ・ヤマ、「戦国BASARA」真田幸村、「黒子のバスケ」笠松幸男 細谷 佳正 「文豪ストレイドッグス」国木田独歩、「テニスの王子様」白石蔵ノ介、「黒子のバスケ」日向順平 増田 俊樹 「アイドリッシュセブン」和泉一織、「刀剣乱舞-花丸-」加州清光、「美男高校地球防衛部」蔵王立 松本 健太 「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」山代拓実、「セサミストリート」エルモ、「アイカツ!」徳井十九 南 早紀 「八月のシンデレラナイン」野崎夕姫、「BanG Dream!」大湖里実、「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」白石紬 室 元気 「ブラッククローバー」マグナ・スウィング、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」デルマ、「Re:ゼロから始める異世界生活」チン 山口 勝平 「名探偵コナン」工藤新一/怪盗キッド、「DEATH NOTE」L 山田 唯菜 「アニマエール!」有馬ひづめ、「アイドルタイムプリパラ」幸多みちる、「クロムクロ」ミラーサ 大関 英里 「牙狼〈GARO〉-炎の刻印-」アンナ・ルイス、「アイドルマスター ミリオンライブ! AO入学 一般入学よりも早く入学が決まるため、早く進路決定したい方におすすめの入学方法です。 選考方法は面接と書類選考のみで、大学入試のような筆記試験はありません。 他の入学方法の生徒に先立って、プレスクールで授業を受けられるのが大きなメリットです。 推薦入学 学校や卒業生から推薦してもらう入学方法です。 書類選考のみで面接が免除されたり、指定校推薦の場合は入試費用が免除というメリットがあります。 また、部活などの学内活動や、ボランティアのような社会活動の実績を元に、自分で自分を推薦する自己推薦もあります。 一般入学 大学や短大との併願を考えている方は、一般入学を選択することになります。 一般入学とは言っても筆記試験はなく、倍率が高くなるということもないので特にデメリットはありません。 選考方法は書類と面接に加えて、簡単な原稿の朗読があります。 東京アナウンス学院には偏差値という概念はなく、倍率も決して高くありません。 どの入学方法であったとしても、ほぼ落ちることはないと考えて良いでしょう。 通常の入試のような筆記試験はないので、とにかく面接官にやる気をアピールすることが大切です。 東京アナウンス学院放送声優科の学費は、2年間の合計でおおよそ255万円となります。 声優専門学校の2年間の学費は200万円〜280万円が相場となっているので、東京アナウンス学院の学費はやや高めと言ったところです。 なお、東京アナウンス学院は学校法人の専門学校なので、国の教育ローンや各種奨学金制度を利用することができます。 また、東京アナウンス学院を運営する東放学園による奨学金制度もあります。 東放学園の奨学金制度では、入学金や授業料が一部免除されることもあります。 東京アナウンス学院への入学を検討しているなら、事前に資料請求をして調べておきましょう。 まとめ 東京アナウンス学院は授業内容や講師の口コミが良く、毎年入学希望者もそれなりに多い声優専門学校です。 しかしその一方で、ヒューマンアカデミーやアミューズメントメディア総合学院と比較すると、近年の声優デビュー実績ではやや劣っているイメージがあります。 声優になれるかどうかは専門学校選びが大きく関わってきますから、出来るだけ多くの専門学校の資料を集めて、できれば体験入学にも参加して検討しましょう。

次の

全国で評判の声優学校一覧【東京編】

声優 学校 評判

週一回から通えるコースあり 声優の専門学校はどこがいいのか?多くの現役声優や、声優専門学校の卒業生がおすすめするのはヒューマンアカデミーです。 声優専門学校を選ぶにあたって最も大切なことは、プロの声優になれる確率を考えることです。 どんなに綺麗な校舎で、有名な声優の授業を受けられたとしても、結果として声優になれなくては声優専門学校に通う意味はありません。 その点において、ヒューマンアカデミーはおそらく最も多くのチャンスに恵まれる声優専門学校と言えます。 ヒューマンアカデミーでは年間350回以上のオーディションがありますが、オーディションの数では業界最多級となっています。 声優専門学校に通うと、声優プロダクションへの所属オーディションの機会を与えられますが、オーディションの数が多い方が当然プロの声優になれる確率は高くなります。 1月〜3月にかけて行われる校内ドラフトオーディションでは、90社を超える声優プロダクションがヒューマンアカデミーに来校します。 ドラフトオーディション期間中は2、3日に1回はオーディションが開催されていて、40社以上受験する生徒もいます。 毎年の合格者数の全ては公開されていませんが、2017年の青二プロのオーディションでは、ヒューマンアカデミーから6名の生徒が合格しています。 青二プロに6名合格というのは素晴らしい実績で、声優の専門校の中でも過去最高の実績となりました。 年中多くのオーディションの機会があるので、在学中に声優デビューを果たす生徒もたくさんいます。 声優専門学校によってはオーディションが年に数回程度で、弱小プロダクションや無名の芸能事務所のオーディションしか受けられない声優専門学校もあります。 また、 ヒューマンアカデミーの講師は全員が現役で活躍する声優で、テニスの王子様に出演する並木のり子先生や津田健次郎先生、ガンダムZZやときめきトゥナイトの原えりこ先生が指導しています。 全日制クラスに加えて、夜間や土日に受講できるクラスもあります。 社会人や大学生であっても、仕事終わりや休日に週1回から受講することができます。 なお、全国に16校を展開するヒューマンアカデミーは、正確には専門学校ではなく、一般企業が経営する専門スクールに分類されます。 専門学校はカリキュラムの変更に毎回の届け出が必要で、迅速かつ柔軟にカリキュラムを変更しづらい欠点があります。 また、声優講師を採用するにも細かい決まりごとが多く、現役で活躍する声優を講師に招くのに制限が出ることもあります。 そのため、声優の学校の中にはあえて専門学校とはせずに、民間のスクールとして運営することで、他校にはない学校づくりを目指す学校もあります。 ヒューマンアカデミーは専門学校ではありませんが、声優の学校として高い人気と実績を持つ学校です。 在学中から芸歴が積める 声優専門学校を選ぶ際に一番重要なこと、それは声優になりたいという夢を叶えられる確率です。 アミューズメントメディア総合学院では、毎年75社の声優事務所や芸能プロダクションを招いて、一日一社づつの所属オーディションを開催します。 2018年度東京校の卒業生を例にあげると、実に73. 生徒は希望する声優事務所の所属オーディションを自由に受験することができるので、それが高い"就職率"へとつながっています。 また、アミューズメントメディア総合学院では、在学中から仕事をさせてもらえるのも人気の理由の一つです。 アミューズメントメディア総合学院のグループ会社には、アニメコンテンツの制作会社や、プロダクションエースという声優業界では有名な声優事務所があります。 専門学校に在学中からそれらグループ会社の仕事をさせてもらうことができて、それはそのまま自分の芸歴となります。 そのこともアミューズメントメディア総合学院の卒業生が高い評価を受けている理由の一つです。 全日制のクラス以外にも、声優専門学校としては珍しい土日や夜間のクラスがあるのも特徴です。 仕事や大学と、声優専門学校を両立させたいということであれば、週1から受講できるアミューズメントメディア総合学院はおすすめです。 東京、大阪、横浜に校舎があるので、関東や関西圏にお住まいの方は一度資料に目を通してみることをおすすめします。 バリエーション豊かな選択授業 1クラスは20人ほどの人数ですが、年度によっては10クラスを超えるほど生徒が多い人気の声優専門学校です。 日本で初めて本格的に声優育成をはじめた専門学校として有名で、歴史の長さからも多くの声優を輩出しています。 テレビアニメ「それが声優」に学内オーディションで選ばれた学生が出演するなど、オーディション参加のチャンスを積極的に提供している専門学校なので、 在学中から声優デビューできる可能性もあります。 1年目は基礎訓練が中心で、2年目からはバリエーション豊富な選択授業となります。 2年目の選択授業では三味線、落語、英会話など、色々な授業を選んで受けることができます。 人気のある授業は抽選になり受講できないこともありますが、興味がある好きな分野の勉強ができます。 授業や部活で他のクラスの生徒や先輩と接する機会が多い専門学校なので、社交的なタイプの人はたくさんの友達をつくりやすい環境になっています。 授業が豊富なだけあって教室の数も多く、授業が終わった後に部屋を貸し切って自主トレーニングに励むこともできます。 しかし、声優事務所への所属率はアミューズメントメディア総合学院ほど高くはなく、卒業後にそのまま声優事務所に所属となる生徒は多いとは言えません。 専門学校卒業後は声優として仕事をしたいということなら、上位2校の方がおすすめです。 とは言え声優の専門学校として最長となる40年以上の歴史があり、これまでにも有名声優を輩出してきた実績があります。 先生や職員の方々は親身になって相談してくれる方が多いようで、口コミも良い方の声優専門学校ではあります。 講師に現役声優は必須 声優専門学校の講師は必ずしも現役の声優というわけではなく、演出家や俳優から、音響監督やダンサーまで、色々な人が講師を務めます。 声優は俳優と同じように人やキャラクターを演じるお仕事なので、俳優や演出家の授業はとても大切です。 また、最近の声優は舞台に立つことや歌うことも多いので、色々なジャンルのプロから学ぶのはおすすめできます。 だけどやっぱり声優になりたいのであれば、現役の声優による授業は必須と言えます。 声優業界は年々変化していますし、昔と今では色々な面で大きく違います。 現役で活躍する声優が講師にいることで、 これからの声優業界で通用するリアルタイムなレッスンを受けることができます。 声優専門学校のカリキュラムは、毎年変わらずに同じままではダメということです。 声優専門学校を選ぶ際には、必ず現役の声優がいる専門学校を選ぶことをおすすめします。 声優学科がメインの専門学校か アニメのブームに乗っかって、ここ数年で声優の専門学校は東京を中心にかなり増えました。 それらの声優専門学校の中には、声優やアニメーターを育てる専門の学校もあれば、音楽や俳優の専門学校に、新たに声優学科が新設されたようなところもあります。 アニメのブームに先立ち声優を志望する若者が増えているため、声優・アニメに関係のない専門学校でも声優科を新設する傾向にあります。 そのような専門学校が全て悪いわけではありませんが、施設や設備が足りていない可能性がありますし、常勤講師は他の学科の講師が掛け持ちで務めていて、現役声優は月に一度来る外部講師という可能性もあります。 また、音楽やダンスの専門学校に併設されている声優科の口コミとして多いのが、他の学科の学生や学校の雰囲気に馴染めないという口コミです。 声優専門学校は東京など関東を中心にたくさんありますから、とりあえずは声優やアニメーションを専門とする学校の中から探してみることをおすすめします。 オーディションと就職率 声優に限らず専門学校に行く目的は、その分野で就職するためだと思います。 声優専門学校における就職とはつまり、声優事務所の所属オーディションに合格して、所属声優となることです。 声優専門学校を選ぶ上で最も大切なのは、 声優事務所へ所属できる確率です。 声優専門学校によって就職へのバックアップはそれぞれ違いますが、大手の専門学校や業界で有名な声優専門学校になると、毎年芸能プロダクションを学校に招いて学校単独でオーディションを開催します。 のように90社以上の声優事務所や芸能プロダクションが来校するところもあれば、10社程度しか来ないところもあります。 そもそも学校に声優事務所が来ないところもあり、そのような声優専門学校の場合だと、 自分でオーディションに一般応募することになります。 また、オーディション対策がしっかりされている声優専門学校だと、オーディションの模擬トレーニングを何回もシュミレーションするので、それが高い所属率へとつながります。 その声優専門学校に通ったら、自分はどの程度の確率で声優になれるのか?声優専門学校を選ぶ上ではその点についてよく考えることをおすすめします。 学費・費用は全てチェック 声優専門学校の選び方に関して、学費をチェックするのは言うまでもありません。 各声優専門学校の学費を調べる際には、入学金や年間の受講料だけでなく、 在学中に別途かかる費用についても調べておくことをおすすめします。 声優専門学校の中には、海外研修や合宿やらで、授業料以外にも費用がかかるところもあります。 学費一覧についてはホームページでは詳しく書かれていないことも多いので、資料を請求したり、時間があれば入学説明会にも足を運んでみることをおすすめします。 こちらのページでは、東京または関東近郊にある声優の専門学校を一覧でご紹介しています。 その他の地域の声優専門学校一覧については、各都道府県のページをご覧ください。 東京アニメ・声優専門学校 2011年開校と、業界では比較的新しい声優専門学校です。 実績としてはそれほど多くはなく、有名声優の輩出などもあまり聞きません。 卒業生の事務所所属実績もそれほど良いとは言えないようで、 声優事務所に直接所属となる人は少数です。 専門学校に声優事務所を多数招いて大規模なオーディションを開催していますが、ほとんどの生徒は声優養成所に合格する程度です。 事務所所属や声優デビューに向けて、講師によるサポートはあるものの、それほど高い実績を上げられていないのが現状です。 校風が自主自立といったような雰囲気の専門学校なので、 自分からガンガン行くタイプでないと、声優デビューにしても授業にしても置いていかれそうです。 しかし講師には有名な声優や実績の多い声優が何人かいて、授業内容や設備に関しては評判が良い声優専門学校です。 東京アニメ声優専門学校に好きな講師がいるとかであれば選ぶのもありですが、それ以外には特にメリットがないようにも思います。 東京声優アカデミー 1930年創立の東京声優アカデミー、声優の専門学校となったのは最近のことですが、非常に長い歴史を持つ専門学校です。 教室がそれほど広くはないので、入学生が多い年には1クラス40人ほどとなり、 人数と設備が見合わなくなるのがデメリットです。 機材もそれほど多くはなく、アフレコのような実践的な授業にもやや影響がでていると感じます。 設備は少ないけれど学費が安いわけでもないので、その点は大きなデメリットと言えます。 良い評価を受けている点としては、 声優の専門学校としては珍しく担任性を導入している点です。 担任は講師ではないので、技術的な質問ではなく、進路相談や下宿生活の悩みなど、色々な相談に乗ってもらうことができます。 地方から東京に出てきて、一人暮らしで不安が多いということなら、担任のいる東京声優アカデミーもおすすめできます。 また、講師には現役で活躍する有名俳優が名前を連ねています。 専門学校東京クールジャパン 声優専門学校の中ではあまり知られていない東京クールジャパンですが、元をたどれば東京ビジュアルアーツの姉妹校です。 東京ビジュアルアーツの声優学科と、姉妹校だった東京ネットウェイブが統合されて、2019年から専門学校東京クールジャパンとして生まれ変わりました。 東京ビジュアルアーツ時代はフレンドリーな講師陣の評判が良く、講師と学生の距離感が近い声優専門学校でした。 しかし反対に、自分からアグレッシブに学ばないとしっかりとした声優の技術を身に付けることができず、真剣に学ぶには甘い環境と言う声もありました。 自分からどんどんやる生徒には良い専門学校ですが、受け身の生徒には合わない専門学校とも言えます。 しかし東京クールジャパンの講師陣に関しては、東京ビジュアルアーツの頃とは変わっている可能性があります。 現在の東京クールジャパンのホームページで公開されている講師に関しては、それほど有名な現役声優はいません。 それでも東京ビジュアルアーツの姉妹校であれば、楽しい授業にしてくれるのではという期待はあります。 東京ビジュアルアーツと統合された東京ネットウェイブに関しては、開校から間もなく統合されたことにやや不安が残ります。 東京クールジャパンは新たに生まれ変わった専門学校とのことですが、東京ビジュアルアーツと東京ネットウェイブが統合した専門学校ですから、近い校風であることは考えられます。 東京ビジュアルアーツ時代の声優デビュー実績などは具体的には公開されていませんが、業界で聞く限りではそこそこの実績を上げているようです。 しかし東京クールジャパンはまだ実績がほとんどなく、卒業生の口コミなどの情報もほとんどないため、選ぶにはリスクがあると言えます。 さらに学費に関しては他の声優専門学校と比較して高めの設定になっているので、受験前には確認しておきたいところです。 現時点では具体的な実績や情報が少ない東京クールジャパンですが、これからに期待したい声優専門学校ではあります。 日本工学院専門学校 八王子校に加えて最近蒲田にも新校舎が設立されましたが、どちらの校舎も学校の規模が非常に大きく、 声優科がある専門学校の中では最大級となっています。 キャンパスにはホールやスタジオが併設され、まだ施設が新しいので校内が綺麗です。 ディズニーランドと同等の広さの敷地内には、図書館やコンビニ、マックなどもあるので、大学のような学校生活を送ることができます。 しかし、日本工学院専門学校の最大のデメリットは、声優デビュー実績がそれほど高くはないことです。 卒業生の大半は声優養成所へと進み、また一から声優の勉強に励んでいます。 中には声優になるという夢に限界を感じて、一般就職する学生もいます。 日本工学院専門学校はいわゆる「なんでも専門学校」で、IT・医療系・デザイン系など多数ある学科の中に声優科もあります。 声優やアニメーションの専門校ではないので、その点においてもおすすめはできません。 東京とは言え八王子や蒲田にあるので、立地的にもそれほど良い場所とは言えないでしょう。 尚美ミュージックカレッジ専門学校 専門学校の名前の通り音楽系の専門学校です。 歌やダンス、パントマイムなどもカリキュラムに組み込まれていて、音楽系の学科の生徒と共同で行う制作活動などもあります。 他学年との交流が多く、声優専門学校の雰囲気としては良いと感じられます。 歌やダンスの授業がとても多く、ボイトレだけではなく、ライブパフォーマンスのレッスンなどもあります。 色々なことに挑戦できる反面、アテレコや演技など声優の授業だけをやりたい人にとってはもどかしいという口コミもあります。 また、設備や機材も声優科メインではなく、音楽系の学科を中心に導入されています。 音楽業界では人気のある専門学校なのですが、有名な声優の卒業生と言ったら大須賀純さんくらいで、尚美ミュージックカレッジ専門学校卒業の声優はほぼ見当たりません。 アニメや外画のアフレコよりも、アニソンのボーカリストを目指すのであれば選択肢に入れても良い専門学校です。 ただし、アニソンボーカリストとして仕事を続けるのは声優よりも難しいので覚悟が必要です。 また、学費は妥当な金額で決して高いわけではありませんが、 入学してから授業料以外にかかるお金が多いので、入学を検討しているならそのあたりも調べておくことをおすすめします。 東京アニメーター学院専門学校 声優専門学校の中では老舗になる東京アニメーター学院専門学校ですが、学費が安いというのが特徴の一つです。 卒業後でも教室や機材を無料で借りることができて、練習やボイスサンプルの収録をさせてもらうことができます。 声優専門学校を卒業後にマネジメント契約を勝ち取れなった人でも、自主練の場が確保できるのは評価できるポイントです。 腹式呼吸や滑舌などの基礎に始まり、マイクの使い方やスタジオでの動き方など、声優に必要なものを全て教えてくれる声優専門学校です。 しかし、東京アニメーター学院専門学校は声優業界においてそれほど高い評価を受けているわけではなく、卒業生で活躍している声優も他の声優専門学校に比べて少ない印象です。 声優デビューを勝ち取った卒業生たちでも、目立つ活躍をしていたり、売れている声優がほとんどいないのが気になるところです。 在学中にはアニメに出演させてもらえたりすることもあるようですが、卒業してから声優として活躍している人は、学校の歴史の長さを考えるとかなり少ないと言えます。 よほどの理由がないのであれば、声優業界での影響力が強く、業界人からの印象も良い他の声優専門学校を選ぶことをおすすめします。 デジタルアーツ東京 学校法人菅原学園が経営母体の声優専門学校で、東京以外にも仙台に校舎があります。 ビジュアルアーツと名前は似ていますが、全く別の声優専門学校になります。 他の声優専門学校に比べて、こじんまりとまではいきませんが、 声優科の規模は小さい印象です。 マンモス校が苦手で、できるだけ生徒数が少ない専門学校が良ければ候補に挙げても良いかもしれません。 しかし、実績としては決して良いとは言えず、学校の評判としてもあまり良い話は聞きません。 卒業前には学内に声優事務所や芸能プロダクションを招いてオーデイションを開催しますが、 多くの生徒は事務所所属ではなく養成所に入所となっています。 在学中でも才能があって気に入られた子は仕事をさせてもらえることがありますが、そのような一握りの子だけが卒業後にプロダクション所属を勝ち取っているようです。 卒業生の中には一般企業に就職して、声優とは全く関係のない仕事に就く人もたくさんいます。 卒業生の進路や実績を考えると、ランキングでご紹介している声優専門学校の方がおすすめかと思います。 東京アニメーションカレッジ専門学校 東京アニメーションカレッジは、声優関係の学校の中では比較的新しい専門学校です。 そのため校舎や設備が綺麗で、 放課後や授業開始前の時間には全ての教室が生徒の自主練のために解放されます。 それだけではなく、東京アニメーションカレッジ専門学校の卒業生であれば、いつでも教室や機材を無料で使うことができます。 講師の評判に関しては良い口コミと悪い口コミの両方を聞きますが、授業内容の質はそこそこ良く、声優を学ぶ上ではおすすめできる声優専門学校です。 アミューズメントメディア総合学院を上位におすすめとした理由としては、実績ではやはりAMGが上回るからです。 東京アニメーションカレッジでは、声優に関すること以外の授業にも力を入れていて、一般企業への就職対策もしています。 しかしそれは裏を返せば、専門学校卒業の時点で、 声優デビューできずに諦める人もたくさんいると言うことです。 最近はほとんどの学生が声優業界へ進んでいることをアピールしていますが、そのうちの何人がプロの声優としてデビューしているかまでは明らかにしていません。 東京アニメーションカレッジ専門学校では、その辺りの数字は非公開のようですが、 声優デビューしている卒業生はそれほど多くはないと思われます。 まだ歴史が長くはない声優専門学校ですから、卒業生で有名な声優が少ないのは当然かもしれませんが、アミューズメントメディア総合学院の卒業生には若いうちから活躍して有名になっている声優もたくさんいます。 加藤英美里さんはそのうちの一人で、アミューズメントメディア総合学院を卒業後2004年に声優デビュー、それから4年後には声優アワードの新人賞と歌唱賞をW受賞しています。 アニカレは少人数制の担任付きクラスの評判が良く、声優専門学校としてはおすすめできますが、実績においてはやはりアミューズメントメディア総合学院の方が上を行きます。 ESPエンタテインメント 以前は原宿に声優科だけの「ESPアニメーション声優専門学校」がありましたが、2018年より音楽系の系列専門学校「ESPエンタテインメント」に統合され、音楽アーティスト科声優アーティストコースとなりました。 声優科だけの単独系列校の頃は設備全てが声優になりたい生徒のためにつくられていましたが、 声優科を縮小した今では微妙なところです。 また、本来は音楽業界を目指すための専門学校なので、声優科の卒業生の口コミには学校に馴染めなかったという声もあります。 設備は充実していて良い機材を使っているようですが、他の声優専門学校のように生徒が自主練で使えるものが少なく、何かと許可を取る必要や制限が多くなっています。 就職のサポートは手厚く充実しているのですが、声優事務所への所属率では、アミューズメントメディア学院と比較してかなり低くなります。 卒業前には、毎年30社以上のプロダクションが来校する所属オーディションを受けられます。 反対にESPエンタテインメントの評判の良いところというと、 1クラス10人程度からなる少人数制のクラスを採用しているところです。 人見知りの方には難しい環境かもしれませんが、1人1人をじっくり見てもらえるので少人数制は評判です。 講師には現役で活躍する声優もいて、厳しいレッスンというよりもどちらかとフレンドリーな応対の講師が多いようです。 東京以外にも、大阪と福岡にそれぞれ校舎があります。 また、ダンス系の専門学校に入っている声優科の卒業生の口コミに多いのが、他の学科の生徒や学校の雰囲気に馴染めず、声優科が浮いているような感じがしたという声です。 ダンスが上手い声優を目指すなら選択肢に入れても良いかもしれませんが、アニメや外画吹き替えを中心に声優の仕事をしたいということなら、声優科がメインの専門学校を選ぶことをおすすめします。 声優専門学校の選択は、声優を目指す上で非常に重要な選択となります。 安易に決めてしまうのではなく、気になる声優専門学校には必ず資料請求をして、できればオープンキャンパスにも参加しましょう。

次の

【プロの声優が教える!】声優専門学校おすすめランキング20!

声優 学校 評判

東京 このページでは、東京でおすすめの声優学校を紹介します。 東京でおすすめの声優学校 首都・東京には数多くに声優学校が開校しています。 以下にその代表例を紹介しますので、ぜひチェックを! 総合学園ヒューマンアカデミー 特徴 希望者全員がオーディションを受験可能というシステムを徹底。 プロダクションと協力したインターンシップ制度でプロと同じ現場で実績を積めます。 アニメや映画、ナレーションなどに出演している講師が多数在籍し、現場に必要なノウハウを徹底指導。 個人レッスンで学べない内容は、定期開催されるセミナーで受講可能で優秀な生徒には大手事務所やレコード会社に積極的に紹介してくれます。 渋谷校…JR渋谷駅 東口 徒歩3分、東京メトロ渋谷駅 出口15 徒歩3分• 池袋校…JR池袋駅 西口 徒歩3分、東京メトロ池袋駅 C6出口 徒歩30秒• 東中野校…JR東中野駅 西口 徒歩1分、東京メトロ落合駅 2b出口 徒歩3分、都営大江戸線東中野駅 A1出口 徒歩1分 エイベックス・アーティストアカデミー 特徴 エイベックスが運営するアーティスト養成機関として人気で、受講生が主役となるさまざまなイベントも開催。 ヴォーカルやダンス、アクターコースなども開設され、複数受講も可能です。 39校紹介しています。 地方出身の方が声優を目指すとなるとまず上京するというのが一般的になっています。 ではなぜ東京に数多くの声優学校があるのでしょうか? それは声優の仕事が基本東京で行われているからです。 録音スタジオや事務所など声優の仕事に関わりがある施設の多くは東京にあります。 声優の仕事が東京で行われているということはオーディションなども東京で行われことが多くなってきます。 そのため声優の学校は東京に集中しているのです。 学校が多いことはいいことでもありますがその中から選ぶのは大変です。 しっかり自分に合った学校を見つけましょう! 東京都出身の声優は? 東京都出身の有名声優は、数多くいます。 その一例を見てみましょう。 名前 代表作 井上麻里奈 『みなみけ』/南夏奈 『スマイルプリキュア! 』/緑川なお 『進撃の巨人』/アルミン・アルレルト 『さよなら絶望先生』/木津千里 『僕は友達が少ない』/三日月夜空 下野紘 『ラーゼフォン』/神名綾人 『バカとテストと召喚獣』/吉井明久 『神のみぞ知るセカイ』/桂木桂馬 『戦勇。 』/ラッド・ルッソ 雨宮天 『一週間フレンズ。 』藤宮香織 『アカメが斬る! 』/アカメ 『七つの大罪』/エリザベス 『パンチライン』/成木野みかたん 『プラスティック・メモリーズ』/アイラ 石川界人 『翠星のガルガンティア』/レド 『凪のあすから』/木原紡 『ハイキュー!! 』/影山飛雄 『とある飛空士への恋歌』/イグナシオ・アクシス 『境界のRINNE』/六道りんね 三森すずこ 『ラブライブ! 東京出身だと良く言われるのが、「上京のつらさを知らないから根性がない」とか「地方の人間と比べると恵まれ過ぎていて向上心にかけている」など、今でこそ減ってきてはいるが東京出身者への多少の偏見はいまだあるのではないだろうか。 しかし、こうして見てみると皆さん第一線で活躍している方々ばかり!本人のやる気次第で道は開けてくるのです。 都内在住の声優志望さんは、成功した先輩を目指して頑張ってみましょう! 他の地域のスクールも見る•

次の