あらすじ まとめ。 アニメ「俺ガイル」のあらすじ・全話まとめ

ワイルドスピードシリーズ全作まとめ【見る順番はコレ】最新作までのあらすじ・キャストを完全解説!

あらすじ まとめ

「ハイキュー」の1期は、バレーの 「小さな巨人」に憧れる主人公の男の子が、高校に入ってセッターの相棒を見つけ華麗な才能を発揮していくものの、 インターハイで敗北してしまう物語です。 小学校時代に電気屋のテレビで見た烏野高校の小さな巨人にあこがれてバレーを始めた主人公の日向翔陽ですが、中学校では人数が少なく2年間は公式戦もままなりませんでした。 中学3年生の時に入部してくれた1年生と友達の泉行高・関向幸治の協力もあって何とか公式戦に出場をすることが叶い、相手は「コート上の王様」が所属する強豪の北川第一中学校でした。 結果的に、試合には負けて1回戦敗退をしてしまいますが、セッターの影山飛雄にリベンジを言い渡します。 そして、高校生になった日向翔陽は念願だった烏野高校に入学し、そこで リベンジするはずの相手だった「コート上の王様」こと影山飛雄に出会います。 二人はライバル関係を持っていたため、初めは協力して勝つということができませんでしたが、烏野高校キャプテンの澤村大地の提案によるセッターをかけての試合を進めていく中で、次第とチームで戦うという形が根づいてきました。 そんな中、武田一鉄先生のおかげで、県内でも強豪で中学時代の先輩であり影山飛雄が目標としていた及川徹がキャプテンを務めている青葉城西高校と練習試合が決まります。 試合は第3セットにもつれ込んでいる途中、正セッターである及川徹が怪我から復帰し1点差まで追いつかれてしまいますが、 変人速攻によって烏野高校は勝利しました。 そして毎年恒例のゴールデンウィーク合宿が始まる前に「名勝負。 猫対鳥。 ゴミ捨て場の決戦」と言われるほど因縁深い仲の音駒高校との試合が決まり、新たなコーチである鳥養繋心を迎えて町内会チームとの試合が行われました。 合宿最後の練習試合の日になると、烏野高校は序盤を変人速攻で音駒高校を翻弄しますが、音駒高校のセッターである弧爪研磨によって破られ、 日向翔陽は目で見て打つような新しい速攻を身につけようとします。 その後、インターハイが始まると、1回戦は難なく突破し、2回戦目に伊達工業高校とあたり、試合は何とか烏野高校がリードで進みます。 しかし去年の大会で烏野高校は伊達工業高校に敗北し、東根旭は高いブロックにトラウマを覚えていましたが、何度も支えてくれるチームのおかげで何度もスパイクを打ち、自らの殻を破ることができました。 3回戦は青葉城西高校とあたりますが、日向翔陽の速攻の合図に気づかれて第1セットをとられてしまいます。 しかし、菅原考支がチームの流れを変え、少しずつ点差を埋めていき影山飛雄の冷静さも戻すことができ第2セットを取ることができました。 第3セットが始まり互いに点差が開くことなく進んでいく中、集中力の勝負となり烏野高校は青葉城西高校に追いつきデュースまでもちこむのですが、 及川徹の正確な判断により速攻が止められ敗北をしてしまうのでした。 【ハイキュー】2期のあらすじ内容まとめ 「ハイキュー」の2期は、 インターハイでの敗北から学び、新たなマネージャーや新たなチームとの出会いもあり、その技術を取り込みながらチームの一人ひとりが成長し、春高の準決勝まで制覇する物語です。 新たな目標である春高に向けて動き出した烏野高校は3年生にとっては最後の大会となるため、清水潔子も新たなマネージャーを見つけようとしていました。 そして見つけた新マネージャー候補の谷内仁花は、自分の意見を母親にはっきりと言えない弱点を克服し、無事に東京遠征に加わります。 期末テストを乗り越えて東京遠征に向かうと、音駒高校・梟谷高校・森然高校・生川高校といった東京の強豪校が参加しており、一緒に試合をしていくうちに選手たちは大きな変化を求め始めます。 東京遠征から帰宅後、日向翔陽は「小さな巨人」を育てた鳥養一繋のもとで練習したり、影山飛雄は新たなトスを磨く練習、また、他の選手も新たな武器を持つべく様々な課題に取り組んでいました。 その一方で、春高前の夏合宿が始まる頃、月島蛍はバレーに本気になることができず自分の殻を破れずにいました。 しかし梟谷高校と音駒高校のキャプテン、そして山口忠のおかげでその殻は少しずつ剥がれていき、自らを大きく成長させることに成功します。 また 日向翔陽と影山飛雄は互いの新しいトスとスパイクが合わないため別々で練習をしていきますが、合宿最終日に近づくにつれて、歯車が噛み合うように成功し始めました。 そして、代表決定戦一次予選が開幕し1回戦は扇山南高校と、2回戦は2メートルの選手がいる角川学園高校と試合をして勝利を収めます。 代表決定戦二次予選は1回戦に「アソビ」をモットーにする条善寺高校と、2回戦に小さな巨人のような空中戦をする和久谷南高校と試合をして勝利し、準決勝は前回のインターハイで敗北した青葉城西高校との試合になりました。 序盤から互いに譲りあうことなく点を取り合う中、早い段階で日向翔陽のブロード対策が立てられてしまい、さらに青葉城西高校は新メンバーである京谷賢太郎を投入してきます。 第1セットを取った烏野高校でしたが、第2セットでの開いた点差が詰められない状況になり、それを打開すべくツーセッターと山口忠のジャンプフローターサーブを投入していきます。 しかし驚異の攻撃力を持つ京谷賢太郎と完成しつつある及川徹の威力の高いサーブに翻弄されてしまい、第2セットを取られてしまいます。 第3セットも点差が開かないまま互いにチームの意地を見せることになりますが、ギリギリのところで日向翔陽がブロックの隙間を打ち抜き、烏野高校が勝利するのでした。 【ハイキュー】3期のあらすじ内容まとめ 「ハイキュー」の3期は、 春高の決勝戦で県内最強の高校と試合をして、積み重ねてきた努力を開花させて見事に勝利する物語です。 烏野高校対白鳥沢高校で決勝戦が行われ、全国トップ3の左利きスパイカーである牛島若利が開始から得点を重ねていきます。 烏野高校は牛島若利のスパイクに慣れることができず、第1セットを落としてしまい、第2セットの開始から天童覚のゲスブロックによってスパイクが防がれてしまいます。 しかし烏野高校もトータルディフェンスを駆使し、苛立ちから冷静さを欠いてしまった白鳥沢高校の白布賢二朗のミストスをきっかけに、月島蛍がブロックで叩き落し第2セットを獲得しました。 第3セットは白布賢二朗が冷静さを取り戻し、安定して白鳥沢高校が勝利しますが、日向翔陽の連続ブロックと烏野高校の根性のあるチーム一丸でのレシーブ力で、烏野高校も第4セットを取ることができました。 最終決着がつく第5セットでは、 菅原孝支がセッターとして入ることで流れを持ち込み、日向翔陽が自らテンポを変えるスパイクで白鳥沢高校を打ち破り勝利するのでした。 【ハイキュー】4期のあらすじ内容まとめ 烏野高校は県予選を突破し全国大会に出場が決まりました。 「ハイキュー」4期は、全国大会の物語になると思われます。 影山飛雄の元には全日本ユース強化合宿への招集が、そして月島蛍には宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかります。 同じ1年生ながら差を感じた日向翔陽は、1年生強化合宿に押し掛けることになります。 果たして成長した烏野高校は全国大会でどんなプレーを見せてくれるのでしょうか。 まとめ 4期ではついに全国大会になり、東京合宿でおなじみのチームとの対決や音駒高校との「ゴミ捨て場の決戦」も実現できそうですね。 そういえば音駒高校が活躍する「ハイキュー!!陸VS空」も1月に発売するので楽しみです。 第4期では烏野高校が全国を舞台にどこまで行くことができるのか、また日向翔陽や影山飛雄の成長も期待したいと思います。

次の

漫画『キングダム』あらすじをエピソード毎にまとめてみた

あらすじ まとめ

七月中旬。 『九校戦』の季節。 正式名称、『全国魔法科高校親善魔法競技大会』。 そこでは毎年、全国から魔法科高校生たちが集い、熾烈な魔法勝負を繰り広げていた。 ここ第一高校でも、『九校戦』の話題で持ちきり、校内は大いに沸き立っていた。 そして『九校戦』会場への出発当日。 類い希なる実力を持つ、将来の魔法師候補たちによる選手団が組織されていた。 遠征メンバーには、『新人戦』に参加する、一年生の主席生徒・司波深雪と、その兄・達也の姿もあった。 競技に向け心を新たに意気込む深雪だが、一方で達也の表情は晴れず……。 『九校戦』で勝敗を分かつには、選手の運動能力の他に、もう一つ重要なファクターがある。 それは、選手たちが持つCAD 術式補助演算機 の調整 チューニング。 達也によって調整されたCADを手に、第一高校生徒による華麗なる圧勝劇、その幕が開く。 4巻(九校戦編〈下〉)のあらすじ 九校戦中盤の目玉、『新人戦』。 一年生のみで繰り広げられるこの競技は、第一高校の主席生徒・司波深雪の可憐かつ優雅な勝利を披露するステージでもあった。 兄である達也も、参加選手たちが使用するCAD 術式補助演算機 の技師としてチームに参加、妹の活躍する姿に頬を緩ませていた。 劣等生であるはずの達也が調整したCADによって、第一高校生徒の華麗なる圧勝劇が演じられる中、とあるアクシデントによって彼自身も九校戦の選手として参加する羽目になる。 魔法による直接戦闘競技『モノリス・コード』に出場することになった達也。 対戦相手は、『クリムゾン・プリンス』と呼ばれる第三高校一年生のエース・一条将輝だった。 『全国高校生魔法学論文コンペティション』 の季節がやってきた。 日頃の研究成果を魔法装置を使った 『実演』 でプレゼンテーションするこの催し物は、九校戦で成績が振るわなかった学校の雪辱戦とも言える。 魔法学、魔法技能、先端魔法技術を披露する最高の舞台だった。 達也は、第一高校の代表・鈴音のサポートメンバーとして参加、その魔法技能を如何なく発揮していた。 時を同じくして、暗躍する組織の影があった。 諜報員、同じ魔法科高校の生徒、『大陸』 から来た暗殺者……。 華麗なる司波兄妹の活躍に、刮目せよ。 7巻(横浜騒乱〈下〉)のあらすじ 横浜で催される『全国高校生魔法学論文コンペティション』。 この魔法科高校生徒達の晴れ舞台に、突如謎の武装集団が侵入した。 彼らの正体は、『大陸』からやってきた大亜連合軍の魔法師とその機動兵器群。 目的のためには市民殺害も厭わない武装軍によって大混乱に陥る中、司波達也は生徒会メンバーと共に次の行動を模索する。 同時刻。 コンペ会場に、最新鋭魔法技術武装集団、国防陸軍第一〇一旅団独立魔装大隊が現れる。 驚く真由美や克人を尻目に、劣等生・達也は大隊より、戦場の最前線へと向かうよう『上官からの命令』を受ける。 訝しむ魔法科生徒達の中、「お兄様。 8巻(追憶編)のあらすじ 今から三年前。 司波深雪にとって、忘れられない『出来事』があった。 それから、深雪は変わった。 兄との関係も。 中学一年生の司波深雪は、自分の兄が苦手だった。 一体何を考えているのか分からないから。 家族でありながら使用人同然の扱いを受けているにもかかわらず……全く意に介さない。 兄と目が合えば、深雪の口からは、不機嫌な声が出てしまう。 そんな妹に、『ガーディアン』として完璧に付き従う兄。 そこには一切の油断もミスも無い。 そして、一切の『感情』も。 理不尽だとは分かっていても、深雪は兄に苛立ちをぶつけることしか出来なかった。 自分の、ただの我が侭だと分かっていても。 三年前、沖縄で起きた『出来事』によって、二人の心と、その運命が、大きく変わっていく。 9巻(来訪者編〈上〉)のあらすじ 一学年目最終エピソード『来訪者編』! 金髪碧眼の魔法師・リーナが魔法科高校にやってくる! 司波兄妹にとって波乱続きだった西暦二〇九五年もあと一月。 深雪のクラスメイトである北山雫が、USNA 北アメリカ大陸合衆国 に留学することになった。 にもかかわらず許可された理由、それは『交換留学』だからだ。 雫がアメリカに渡り、入れ替わりで魔法科高校に入学したのは、金髪碧眼の留学生。 「司波深雪に劣らぬ美貌」と称される美少女、通称リーナだった。 彼女を見た達也は、瞬時にその『正体』に気づく。 10巻(来訪者編〈中〉)のあらすじ 西暦二〇九五年十二月。 雫との『交換留学生』として、USNA 北アメリカ大陸合衆国 からリーナが魔法科高校にやってきた。 達也は、彼女が大規模破壊兵器に匹敵する戦略級魔法師「十三使徒」の一人であることを瞬時に見抜く。 『吸血鬼』事件の全容は次第に明らかになりつつあった。 達也のヒントと幹比古の古式魔法によって、『吸血鬼』の正体が『パラサイト』と呼ばれる『魔性』であることを突き止める。 しかし、別次元から意図せず招かれたその『来訪者』は、ついに魔法科高校に襲来した。

次の

『ランボー』シリーズ全作あらすじと解説まとめ 『ランボー ラスト・ブラッド』予習復習に

あらすじ まとめ

七月中旬。 『九校戦』の季節。 正式名称、『全国魔法科高校親善魔法競技大会』。 そこでは毎年、全国から魔法科高校生たちが集い、熾烈な魔法勝負を繰り広げていた。 ここ第一高校でも、『九校戦』の話題で持ちきり、校内は大いに沸き立っていた。 そして『九校戦』会場への出発当日。 類い希なる実力を持つ、将来の魔法師候補たちによる選手団が組織されていた。 遠征メンバーには、『新人戦』に参加する、一年生の主席生徒・司波深雪と、その兄・達也の姿もあった。 競技に向け心を新たに意気込む深雪だが、一方で達也の表情は晴れず……。 『九校戦』で勝敗を分かつには、選手の運動能力の他に、もう一つ重要なファクターがある。 それは、選手たちが持つCAD 術式補助演算機 の調整 チューニング。 達也によって調整されたCADを手に、第一高校生徒による華麗なる圧勝劇、その幕が開く。 4巻(九校戦編〈下〉)のあらすじ 九校戦中盤の目玉、『新人戦』。 一年生のみで繰り広げられるこの競技は、第一高校の主席生徒・司波深雪の可憐かつ優雅な勝利を披露するステージでもあった。 兄である達也も、参加選手たちが使用するCAD 術式補助演算機 の技師としてチームに参加、妹の活躍する姿に頬を緩ませていた。 劣等生であるはずの達也が調整したCADによって、第一高校生徒の華麗なる圧勝劇が演じられる中、とあるアクシデントによって彼自身も九校戦の選手として参加する羽目になる。 魔法による直接戦闘競技『モノリス・コード』に出場することになった達也。 対戦相手は、『クリムゾン・プリンス』と呼ばれる第三高校一年生のエース・一条将輝だった。 『全国高校生魔法学論文コンペティション』 の季節がやってきた。 日頃の研究成果を魔法装置を使った 『実演』 でプレゼンテーションするこの催し物は、九校戦で成績が振るわなかった学校の雪辱戦とも言える。 魔法学、魔法技能、先端魔法技術を披露する最高の舞台だった。 達也は、第一高校の代表・鈴音のサポートメンバーとして参加、その魔法技能を如何なく発揮していた。 時を同じくして、暗躍する組織の影があった。 諜報員、同じ魔法科高校の生徒、『大陸』 から来た暗殺者……。 華麗なる司波兄妹の活躍に、刮目せよ。 7巻(横浜騒乱〈下〉)のあらすじ 横浜で催される『全国高校生魔法学論文コンペティション』。 この魔法科高校生徒達の晴れ舞台に、突如謎の武装集団が侵入した。 彼らの正体は、『大陸』からやってきた大亜連合軍の魔法師とその機動兵器群。 目的のためには市民殺害も厭わない武装軍によって大混乱に陥る中、司波達也は生徒会メンバーと共に次の行動を模索する。 同時刻。 コンペ会場に、最新鋭魔法技術武装集団、国防陸軍第一〇一旅団独立魔装大隊が現れる。 驚く真由美や克人を尻目に、劣等生・達也は大隊より、戦場の最前線へと向かうよう『上官からの命令』を受ける。 訝しむ魔法科生徒達の中、「お兄様。 8巻(追憶編)のあらすじ 今から三年前。 司波深雪にとって、忘れられない『出来事』があった。 それから、深雪は変わった。 兄との関係も。 中学一年生の司波深雪は、自分の兄が苦手だった。 一体何を考えているのか分からないから。 家族でありながら使用人同然の扱いを受けているにもかかわらず……全く意に介さない。 兄と目が合えば、深雪の口からは、不機嫌な声が出てしまう。 そんな妹に、『ガーディアン』として完璧に付き従う兄。 そこには一切の油断もミスも無い。 そして、一切の『感情』も。 理不尽だとは分かっていても、深雪は兄に苛立ちをぶつけることしか出来なかった。 自分の、ただの我が侭だと分かっていても。 三年前、沖縄で起きた『出来事』によって、二人の心と、その運命が、大きく変わっていく。 9巻(来訪者編〈上〉)のあらすじ 一学年目最終エピソード『来訪者編』! 金髪碧眼の魔法師・リーナが魔法科高校にやってくる! 司波兄妹にとって波乱続きだった西暦二〇九五年もあと一月。 深雪のクラスメイトである北山雫が、USNA 北アメリカ大陸合衆国 に留学することになった。 にもかかわらず許可された理由、それは『交換留学』だからだ。 雫がアメリカに渡り、入れ替わりで魔法科高校に入学したのは、金髪碧眼の留学生。 「司波深雪に劣らぬ美貌」と称される美少女、通称リーナだった。 彼女を見た達也は、瞬時にその『正体』に気づく。 10巻(来訪者編〈中〉)のあらすじ 西暦二〇九五年十二月。 雫との『交換留学生』として、USNA 北アメリカ大陸合衆国 からリーナが魔法科高校にやってきた。 達也は、彼女が大規模破壊兵器に匹敵する戦略級魔法師「十三使徒」の一人であることを瞬時に見抜く。 『吸血鬼』事件の全容は次第に明らかになりつつあった。 達也のヒントと幹比古の古式魔法によって、『吸血鬼』の正体が『パラサイト』と呼ばれる『魔性』であることを突き止める。 しかし、別次元から意図せず招かれたその『来訪者』は、ついに魔法科高校に襲来した。

次の