へんてこ 歌詞 意味。 DISH// へんてこ 歌詞&動画視聴

ペーパーバック・ライター Paper back writer:歌詞の和訳と解説

へんてこ 歌詞 意味

だんだん、七夕が、近づいてきました。 笹の葉や七夕飾りをつける、大きな竹や、願い事を書く、短冊などを、もう街では、よく見かけるようになってきましたよね。 短冊にどんなお願いをしようか、どんな事を書こうか、悩んだり楽しんじゃったりするのも、毎年のこうれい行事となっています。 「さ~さ~の~はぁ、さ~らさ~らぁ~」という歌い出しの歌、童謡「 たなばたさま」は、ここ最近、街中でもしょっちゅう流れていて、よく耳にしますよね。 たなばたさまの歌詞とは?どんな感じ? 「たなばたさま」の 歌詞なんですけど、昔なじみで、よく聞いているにもかかわらず、いざ歌詞を思い出そうとしてみると、案外忘れてしまっていたり、違う歌詞で覚えてしまってたりとか、あると思うんですよ で、ご存知のとおり、 作詞/権藤はなよ 補作詞/林柳波 作曲/下総皖一 笹の葉さらさら のぎばにゆれる お星さまきらきら きんぎん 砂子 五しきのたんざく わたしがかいた お星さまきらきら 空からみてる ですよね~ そして「たなばたさま」の歌詞の中には、 古い言い回しや、むずかしい言葉の表現なども、あります。 少しずつ、わかりやすく説明していきますね。 「のきば」とは? のきばって、漢字にすると「 軒端」になります。 文字通り、軒 のき の端 はし という意味で、軒の先端、軒口のことです。 そして軒(のき)とは、建物の壁面より、外に突出している部分のことです。 具体的には、 屋根の下はしとか、庇 ひさし と、呼ばれているところです。 昔は、平屋で一軒家の家が多かったので、庭先や玄関口などの外に、七夕飾りをかざっているかたも、いたんですよね。 もらってきた 竹の葉の先が、風に揺られて、屋根の先にあたっている様子も、多く見受けられたのかもしれませんね。 「砂子」とは? 金銀 砂子って、むずかしい言い回しですよね。 砂子とか、砂粉とか、いわれます。 金箔、銀箔を細かくして、粉状にしたもののことです。 伝統工芸品などに使われています。 蒔絵やふすま絵、色紙などに吹きつけて、装飾をおこなうものなんです。 当時は、とても高価なもので、それこそ、金箔、銀箔の粉を散りばめたように、光り輝いていると、表現しているのかもしれません。 「五色」とは? 五色というのは、中国にある 五行説から伴ったもので、青、黄、赤、白、黒だといわれています。 黒は、縁起の悪い色として、日本では馴染めず、紫と、入れ替わってしまっています。 また、 多種多様な色とか、いろいろな色とか、たくさんの種類の色という意味合いに、使われることもあるんですよ。 次に、これらの内容を踏まえて、歌詞の意味などを、みていきましょうね。 昔からある日本の、テンポのいいリズムで、こどもにとっても、本当に、歌いやすい曲ですよね。 そうはいっても、当の本人は、ぼくも含めて、 聞いたまま覚えたままを、そのまま、 楽しく元気よく歌っていることが多いようです。 親の方も親のほうで、そのかわいい様子を眺めて、ほっこりするのも含めて、イベント自体を楽しんじゃいましょう。

次の

どうゆう意味?

へんてこ 歌詞 意味

<まえがき> 小学生の息子から、「おとうさん、こいのぼりの歌詞の意味、教えて? 」といきなり、質問されて「屋根より高いはねえ、こいのぼりが屋根よりもず~っと上の方にあるんだよ。 (説明になってませんが、恥ずかしい)」と答えたら息子が「違う! 違う!そうじゃないよ! 別のやつ。 」私は今まで常識と思っていた『こいのぼりの歌』、あの屋根より高い…と思っていたが、そもそも歌のタイトル、歌詞も分からないのでYouTubeで親の意地もあり、調べたら、ありました。 「いらかの波の…」という歌。 この際、私と同じ体験をする方がいるかもしれないので、親の尊厳を守るためにもブログにまとめてみました。 【3】 難解なこいのぼりの歌詞の意味は? 東京音楽学校(現東京芸術大学)を卒業と同時に、同校の助手を勤め、大正6(1917)年、講師を経て、助教授となる。 本格的な作曲活動は大正6(1917)年頃から。 童謡「浜千鳥」「雀の学校」「春よ来い」などの名曲を次々と発表し、童謡・歌曲作家としての地位を確立。 city. aki. kochi. php? 歌詞をウィキペディアから引用してきました。 この歌詞を一つずつ解説していきます。 甍(いらか)の波と雲の波、 重なる波の中空(なかぞら)を、 橘(たちばな)かおる朝風に、 高く泳ぐや、鯉のぼり。 開ける広き其の口に、 舟をも呑(の)まん様見えて、 ゆたかに振(ふる)う尾鰭(おひれ)には、 物に動ぜぬ姿あり。 百瀬(ももせ)の滝を登りなば、 忽(たちま)ち竜になりぬべき、 わが身に似よや男子(おのこご)と、 空に躍るや鯉のぼり。 1番の歌詞の意味は? 1 『甍(いらか)の波と雲の波』の意味 甍=(屋根の)瓦のこと 『屋根瓦の波と雲の波』 sponsored link 4 『高く泳ぐや、鯉のぼり』の意味 『空高く泳いでいる鯉のぼり』 2番の歌詞の意味は? 1 『開ける広き其(そ)の口に』の意味 『こいのぼりの大きく開けた口に』 2 『舟をも呑(の)まん様(さま)見えて』の意味 『船も飲み込んでしまうぐらいに見えて』 3 『ゆたかに振(ふる)う尾鰭(おひれ)には』の意味 『たくましく左右上下に振られている尾ひれには』 4 『物に動ぜぬ姿あり』の意味 『何事にも動揺しない(雄大な)姿である』 3番の歌詞の意味は? 1 『百瀬(ももせ)の滝を登りなば』の意味 百瀬=たくさんの水の流れの速いところ 『(鯉が)百瀬の滝を登るなら』 2 『忽(たちま)ち竜になりぬべき』の意味 『たちまち(一瞬にして)竜(りゅう)になってしまう。 3 『わが身に似よや男子(おのこご)と』の意味 4 『空に躍(おど)るや鯉のぼり』の意味 『(見よ)空に(雄太に)泳いでいる鯉のぼり』 あとがき いつの時代でも親が健やかな子供の成長を願ってお祝いをすることはとても大切な伝統ある行事となっている。 特に、こういう行事には童謡として歌に込められた親の想いというものがある。 改めて、『こいのぼりの歌』を聴いてこどもの成長をしみじみと感じている。 また私の幼少の頃の思い出が蘇ってきて親の有り難さを改めて心底、感じて、感謝しております。

次の

七夕の歌詞の意味! のきばとは何?

へんてこ 歌詞 意味

もくじ• てるてる坊主の見るからにコワい歌詞とは!? 童謡「てるてる坊主」の コワい歌詞。 まずはご覧ください・・・。 てるてる坊主 作詞:浅原鏡村 作曲:中山晋平 1番 てるてる坊主 てる坊主 あした天気に しておくれ いつかの夢の 空のよに 晴れたら金の鈴(すず)あげよ 2番 てるてる坊主 てる坊主 あした天気に しておくれ 私の願(ねがい)を 聞いたなら あまいお酒を たんと飲ましょ 3番 てるてる坊主 てる坊主 あした天気に しておくれ それでも曇(くも)って 泣いたなら そなたの首を チョンと切るぞ 3番!!!! 童謡ですよね・・・! わらべの歌ですよね・・・!? ちょっと怖すぎやしませんか!? 残酷さが直球ストレートすぎて、意味も分からず子供が歌っていたらちょっと母さんトラウマよ・・・。 なぜこんな歌詞になったのか!? 気になる 歌詞の意味は!? それには2つの説がありました! スポンサーリンク 中国の伝説になぞらえた!? てるてる坊主の発祥は、 中国の 「晴娘」という伝説と言われています。 その「晴娘」のエピソードが、 「死」を連想させる なんとも物悲しいものでした! 童謡の「てるてる坊主」の歌詞も、その伝説になぞらえてるのでは!?という説があります。 気になる「晴娘」のお話とは・・・ 昔、北京に「晴娘(ニンチャン)」という名の、1人の美しい娘がいました。 晴娘は、切り紙が得意な娘で、その腕は皇宮のお后たちが遣いに買いに行かせるほどでした。 ある年の6月。 北京を大雨が襲います。 街は雨水であふれ、人々が様々なご祈祷で雨を静めようとしても、一向にやむ気配はありませんでした。 水で覆われてしまった街を見た晴娘は、ある夜、天に向かって祈りました。 「どうか、この雨が止みますように・・・」 すると、突然空から大きな声が響きました。 「晴娘よ、東海龍王がそなたを太子の妃にとご所望じゃ。 もしも従わなければ、北京を水没させようぞ」 その声を聴いた晴娘はこう答えました。 「命に従って天に上ります。 どうか雨を止めてください」 その瞬間、大きな風が吹き、晴娘の姿は消えました。 そして雨はやみ、久方ぶりの日差しが差したのです。 これ以来、人々は、大雨を止めるために犠牲になった晴娘をしのび、雨が降り続くときには、切り紙で作った人形を門にかけるようになったそうです。 その人形とはこちら。 てるてる坊主の歌詞からは、 晴れたらご褒美を。 願いがかなわず曇ったなら首を・・・という意味が受け取れます。 もしも曇ってしまったならば、 てるてる坊主の首をとり、 晴娘の命のように神様に差し出せば、 今度は晴れになるかもしれない・・・。 という、二重の願いが込められていると推測できます。 最近の日本でも、梅雨がやってくると決まって大雨の被害が出ています。 時代が変わっても、人間の力は自然の力に及ばないんですね。 無邪気な子供ならではの一面・・・? てるてる坊主のギョッとする歌詞。 その歌詞に込められた意味には、もう1つの説があります。 それは、 「無邪気な子供の持つ一面」です。 例えば、物心がついたばかりの子供は、けっこう平気で、虫の足をちぎったりカエルを解剖したりしますよね。 そういう、 子供の無邪気ゆえの残酷さをてるてる坊主の歌詞は表しているそうです。 そして、忘れてはいけないのが、てるてる坊主の童謡が作られた時代背景。 作られたのは 大正時代です。 現在より栄養状態はよくなく、戦争も起こりました。 子供たちにとって、 「死」は今よりもずっと身近なものでした。 そんな厳しい現実が、てるてる坊主の歌詞に含められたと考えられます。 「歌はその時代を反映する」と言われますが、てるてる坊主の童謡も、例外ではないのかもしれませんね。 まとめ 晴れの日を願う童謡「てるてる坊主」 その歌詞の意味をまとめると、次のようなことになります!• 大雨が止むのと引き換えに 犠牲になった「晴娘」の物語になぞらえた• 無邪気な子供が時に見せる 残酷さを表現した• 「死」が今よりずっと身近にあった、 大正時代の世相を反映した 私は最初、この歌詞を見たときは「ひょえ~なんてオカルトチックな!!」という、まるで心霊番組を見ているときのようなちょっと面白半分の気持ちでした。 しかし、歌詞の意味を調べていくうちに 「こんな背景をもつ歌が、 これからできる時代になってはいけないな!」 という気持ちになりました。 今の子供たちが、幸せな言葉を紡いだ歌を歌い続けていけるように、大人がしっかり社会を作っていかねばな~!!と思う今日この頃です。 こちらの記事もあわせて読むと豆知識が増えますよ!.

次の