郵便 局 年賀状 デザイン。 郵便局年賀状 インターネットお申し込み 【JP POST】

郵便局年賀状 インターネットお申し込み 【JP POST】

郵便 局 年賀状 デザイン

年賀状のシーズン到来です。 今年はどんな年賀状にするか大体の構想は決まっているでしょうか? 私といえば、たまには今までに作ったことのない斬新な年賀状にしてみようと思って、年賀状作りに取り組むのですが、結局いつもとさほど変わらない、シンプルな年賀状になります。 シンプルが良いという考えが自分の中にはびこっているのですね。 変わりたいと言う願望がありながらも結局は冒険しないでおしまいという年賀状作りです。 エプソンの年賀状素材 エプソンの年賀状素材を使うためには、エプソンのサービス「MyEPSON」に登録することが必要になってきます。 お試しで、今、登録してみました。 登録し終わってから気が付きましたが、写真を取っておけば、良かったなと後悔しています。 登録前に、登録の工程を見てみたのですが、エプソン製品の登録という文字があったので、エプソンのプリンターを使っていないと、このサービスに登録できないのかと思いながら進んでみました。 なんせ、我が家のプリンターはbrotherなのです。 それでも登録出来るかどうか興味があったので、住所・氏名などを記入して進んでいくと、たしかにもっているエプソンの製品を登録するかどうか聞かれますが、製品を登録しないという選択肢があるので、そちらで進んでいくと無事に登録することができました。 登録は、住所や電話番号も登録するというものです。 イタズラの登録が多いのでしょうかね。 個人情報を提供するのは抵抗があるという人もいるかもしれませんが、登録することによって、年賀状素材やテンプレートを無料で使えると思うと安いものです。 エプソンの年賀状特集では、2,400種類以上の素材が使えるということで、どのくらいの充実度か見たくて、楽しみに登録してみたのですが、開始時期が11月からということで、今はどのような素材があるのか確認できません。 (これを書いているのは10月12日です。 ) 年賀状が発売になり、このサイトの全貌がわかる時に、またこのページを訪問してみます。 まさかとは思うのですが、エプソンのプリンターでないと印刷できないということは無いと思ってます。 追記 今日、エプソンのサイトに訪問してみました。 年賀状を作るのはまだまだ先なのですが、このサイトのことがちょっと気になっていたので、見てみたのです。 その結果わかることがありました。 昨年のことは覚えていないのですが、今年はつぎの様にジャンル分けがされていました。 フォーマル年賀状 シックな色合い、和柄などのデザインです。 ビジネスにも好評。 Creators collection グラフィックデザイナー太田久美子さんデザインのオリジナル年賀状です。 花物語年賀状 繊細なタッチのイラストに定評があるイラストレーター山本夏子さんデザインの年賀状• 写真が映える年賀状 写真を魅力的に見せる、シンプルなデザイン。 最後の写真が映える年賀状はちょっと変わっていて気になりました。 じっくり見て、使ってみたいと思います。

次の

郵便局 年賀状 2020 無料 ダウンロード

郵便 局 年賀状 デザイン

年賀状は毎年どのようにつくとうかと色々と思案しています。 自分で作る年賀状はてっとり早くていいので、毎年そうしているのですが、セブンイレブンなどのなどの年賀状サービスをたまには使っていたいという気になります。 確かに、自分で作らない年賀状は作業をしなくてもいいので、作成は楽です。 ネットやカタログで素敵なテンプレートを選んで、お願いするという手順。 すごく簡単ですが、毎年どうしても自分で作ってしまいます。 毎年、郵便局のはがき作成ソフトのはがきデザインキットで年賀状を作っています。 毎年、無料でイラストやテンプレートを更新してくれるので、とってもありがたいです。 干支のイラストを使うとなると、毎年更新してくれないと干支が入った年賀状を作ることができないので、本当にありがとうサービスです。 毎年、イラストやテンプレートが刷新されるので、今年はどんなイラストやテンプレートがあるのか見るのも楽しみになっているので、見ているうちに年賀状が完成してしまうというような感じです。 印刷は自宅のプリンターですると、手間がかかるといえばその通りなのですが、あまり普段プリンターを使わないので、年に一回くらい働いてもらったほうが機械としていいのではないかというようにも思っています。 そんなこんなで結局、年賀状は自宅で作ってしまいます。

次の

日本郵便のはがきデザインキットについて

郵便 局 年賀状 デザイン

年賀状を作る時は、いつもどんな感じで作るのか迷ってしまいます。 年賀状をコンビニなどでお願いすると、印刷代がかかります。 お金がかかる分、自分では楽になるのでとてもありがたいサービスだとは思いますが、私は倹約家なので、少しでもお金をかけないように生活しています。 年賀状ももちろん自分で作ります。 今まで印刷サービスに一度もお願いしたことはありません。 せっかく家にパソコンがあるのですから、自分でできることは自分でやろうと思います。 お金の換算ですが、自分で作るととりあえず、人件費はかかりません。 パソコンの電気代も考えません。 実際にちょっと気になるのは、プリンターのインク代です。 テンプレートによっては特定の色ばかり減ってしまいます。 プリンターのインクは、全色をセットで購入しますが、特定の色が減るとそのバランスが、崩れてしまいます。 はやく減った色を単品で購入して、ほかの色との減るバランスを取ります。 年賀状のほかは、あまりプリンターを使うことが無いので、年に一回くらい使ったほうが良いと思います。 はがきデザインキット.

次の